ただいまの口コミ 73,069 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,578件)

メンズ版の治療案内はこちら   

お悩み・目的から美容外科・皮膚科・歯科を探す

様々なお悩みを解決する美容医療。あなたのお悩み解決にピッタリのクリニックを探してみましょう。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

二重、鼻、汗、わきが、豊胸、脂肪吸引、若返り、肌、薄毛、脱毛、小顔、唇、刺青、ピアス、歯☆クリック☆


地域から美容外科・皮膚科・歯科を探す

スペシャルインタビュー

スポンサードリンク

美容医療コラム

何回やればOK?部位別に医療レーザー脱毛で必要な施術回数を紹介

口コミ広場編集部

竹内孝基 医師

クリニックの医療脱毛レーザーは、サロンの光脱毛より効果が高いのが特徴です。サロンで行っている光脱毛は、永久脱毛 を実現することは不可能と言われています。一方、医療レーザー脱毛の場合、5回程の施術で脱毛が完了する場合が多いです。 とはいえ、医療レーザー脱毛で効果が現れる回数は、部位によっても多少の差があります。 そこで、医療レーザー脱毛で効果が出るまでには何回脱毛する必要があるのか、部位別に説明したいと思います。

医療脱毛中に日焼けはNG! 脱毛前後でしっかりとケアが重要!

口コミ広場編集部

竹内孝基 医師

紫外線の強い季節は海やプールに行かなくても、長時間外にいるだけで日焼けをしてしまいますよね。日焼けをすると、レーザー脱毛や光脱毛の施術を受けられなくなってしまいます。今回は、脱毛時に日焼けをしてはいけない理由と、脱毛前の注意点やアフターケアについて詳しくご紹介します。

脱毛の種類とそれぞれの効果の違い

口コミ広場編集部

竹内孝基 医師

脱毛と一言に言っても、その種類は様々ですよね。特に近頃では、エステサロンやクリニックでも最新機械がどんどん導入されたり、セルフ脱毛では、あらゆる種類の脱毛グッズも多く発売されています。 ただ、同じ脱毛を行うなら、できる限り永久的に効果が見込めそうな方法で行いたいものです。 今回は、昨今主流になっている脱毛の種類についてのご紹介と、それぞれの効果の違い、そして永久脱毛とはどういったことなのかも含め徹底検証いたします。

実はワキ汗だけじゃない!! 多汗症ボトックスについて解説

CHRISTINA clinic GINZA(クリスティーナクリニック銀座)

こんにちは。CHRISTINA CLINIC銀座です。 CHRISTINA CLINIC 銀座は、2018年06月に銀座に開院した医院・診療所です。 美容医療クリニックとして美容内科・美容皮膚科の診察・診療を受け付けています。 本日は、CHRISTINA CLINIC 銀座 多汗症ボトックス についてご紹介致します。 ★ボトックスの作用機序 ボトックスは、末梢の神経筋接合部における神経終末内でのアセチルからコリンの放出を抑制します。このアセチルコリンの放出が抑制されることにより神経筋伝達が阻害されます。 人間には、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺があり、汗のほとんどは「エクリン汗腺」から出るものです。このエクリン汗腺は主にコリン作動性神経により調節されていることから、ボトックスがコリン作動性神経および汗腺の接合部において、神経終末でのアセチルコリン放出抑制により神経伝達物質を阻害し、発汗を抑制すると考えられています。 ★脇ボトックスの施術ポイントと持続期間 脇汗を止めるには、手術で汗腺自体を取り除くという方法もありますが、痛みや腫れ、傷跡が残ります。その点ボトックス注射は、薬剤を注入するだけですから、気軽に試せます。しかし、汗腺自体を取り除くわけではないので、効果は永久的ではありません。持続期間は、平均で約半年ほどです。「手術まではしたくないが、脇汗を止めたい」という方にピッタリの施術です。 ★脇以外の多汗症にも最適 ボトックス注射は、脇だけでなく、手や足、額や頭皮、うなじにも可能です。 施術は脇と同じで、注射だけですむので、傷跡が残らず手軽に受けられる点が良いですよね。 汗の量を気にすることなく生活するために、気になった方はお気軽にご相談ください。

高濃度ビタミンCの効果って?? 松島先生が詳しく解説!!

CHRISTINA clinic GINZA(クリスティーナクリニック銀座)

こんにちは。CHRISTINA CLINIC銀座です。 CHRISTINA CLINIC 銀座は、2018年06月に銀座に開院した医院・診療所です。 美容医療クリニックとして美容内科・美容皮膚科の診察・診療を受け付けています。 本日は、CHRISTINA CLINIC 銀座 高濃度ビタミンC点滴 についてご紹介致します。 ★高濃度ビタミンCとは 血液中のビタミンC濃度を一過性に上げることで、美肌治療やアンチエイジング、疲労回復に高い効果を発揮します。 ビタミンCは体内では合成できません。そのため、外から補充する必要があります。しかし経口摂取の場合、大量に摂取しても血中濃度がある程度に達すると、それ以上は上がりません。 また、ビタミンCは酸化しやすいため、内服では全身に行き渡る前に酸化してしまい、ビタミンC本来の効果が発揮できません。 しかし点滴の場合は、サプリメントに比べ20~50倍もの無添加ビタミンCを直接血管内に注入するので、ビタミンCを酸化させることなく、血液中のビタミンC濃度を急激に上げることができ、短時間で全身に行き渡らせることが可能です。 ビタミンCは余分に摂取しても尿から排出されますので副作用の心配はありません。逆に身体にストックの効かない成分なので定期的に摂取する必要があるのです。 ★高濃度ビタミンCの効能 ・メラニンの合成抑制 メラニンの生成を抑制し、シミや色素沈着を薄くして、お肌を明るくします。 ・コラーゲンの合成促進 肌の張りや弾力のもととなる繊維芽細胞の働きを高め、シワ・たるみを改善します。 ・抗酸化作用 強力な抗酸化作用で老化の原因となる活性酸素を除去し、お肌の若返りに効果を発揮します。 ・肌の保水力促進 ビタミンCはお肌の水分を保つセラミドの生成も促すので、お肌にうるおいを与え、乾燥肌を予防します。 ・皮脂の過剰分泌抑制 過剰な皮脂の分泌を抑え、ニキビをできにくくします。 ・免疫力アップ リンパ球の働きを高めることで免疫力を増強させ、風邪やウイルスによる感染症を予防します。また、抵抗力がつくことで健康な体へとつながります。風邪予防、疲労回復にも効果的です。 ・抗アレルギー作用 アトピー性皮膚炎の改善にも有効とされています。 ★高濃度ビタミンC点滴を受けられる方へ G6PD欠損症という遺伝子の病気の方は、一定量以上のビタミンCを点滴すると赤血球が破壊され溶血発作を起こすリスクがございます。 日本人がこの病気である確率は0.5%以下と稀ではありますが、「ない」とは言い切れないため検査が必須となります。 当院では、G6PD欠損症の有無を調べる為の血液検査を扱っておりません。 誠に申し訳ありませんが、他院で一度受けたことのある方のみの点滴施術となりますこと、ご了承ください。

美容医療コラムをもっと見る

特集ページ

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 73,069

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,336人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!