ただいまの口コミ 83,855 件! メンテナンスのお知らせ

クリニックを探す (登録クリニック2,206件)

豊胸手術 の美容外科を探す

美容外科で豊胸手術を実際に受けた人の口コミ956件。豊胸手術(胸の整形)を体験した人が書いた治療の効果や痛み、術後の経過、費用等の体験談を参考に、人気の病院、クリニックを探してみましょう。実際の料金の安いクリニックを探したり、医師の一覧、症例写真一覧で検索することもできます。

豊胸手術は、豊胸手術は顔の整形手術に次いでニーズの多い美容整形治療です。豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、主流なのは生理食塩水バッグやシリコンバッグなどの人工物を入れる方法です。入れる人工物によって長所や短所があるようです。
近年ではヒアルロン酸などを使用したプチ豊胸治療も行われています。
バストの悩みとしては、他に乳輪や乳頭の悩みがあります。陥没乳頭や乳輪の縮小術なども多くの美容外科、形成外科で行なわれています。

豊胸手術のホンネ口コミ 956

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [282]
4.5 [289]
4.0 [195]
3.5 [106]
3.0 [56]
2.5 [25]
2.0 [2]
1.5 [1]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-100%
  • 男性-0%

年齢層

  • 10代-1%
  • 20代-35%
  • 30代-37%
  • 40代-21%
  • 50代-6%
  • 60代以上-1%

豊胸手術なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す


 豊胸手術のクリニック一覧を見る

豊胸手術(胸の整形)の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

豊胸手術(胸の整形)の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

女性化乳房について

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

女性化乳房とは、男性にもかかわらず女性の様な乳房が有る状態のことです。 女性のような乳房の膨らみが見られることから「女性化乳房」と呼ばれます。 「女性化女房」と検索される場合もありますが、女性化乳房の誤りに過ぎません。 大きくは、乳腺組織が肥大する真性女性化乳房と、乳房の脂肪が増加するものの乳腺組織の肥大はみられない偽性女性化乳房と鑑別する必要があります。 過去に、筋力増強目的でステロイド(同化ホルモン)を内服している場合などの副作用として話題になったこともあります。 【分類】 <乳腺組織に着目した分類> 真性女性化乳房:乳腺組織が増殖する女性化乳房 偽性女性化乳房:乳腺組織の増殖はなく、脂肪組織によって乳房があるように見える女性化乳房 <遺伝子的背景を考慮した分類>・・・真性女性化乳房の中でも、遺伝子的な背景を考慮した分類 続発性女性化乳房:加齢や肝疾患・甲状腺中毒症・薬剤服用などにより後天的に発生する女性化乳房 遺伝性女性化乳房:小児期より発症し先天性ないし遺伝性と考えられ、思春期前から発症して反復性の乳房増大および低身長等となる女性化乳房 とされます。 更には、形態的にも分類がされています。乳房の形に着目した分類です。 Grade-I 極軽症:乳輪部の拡大・肥大 Grade-II 軽症:乳房下部皺より乳頭・乳輪が上 Grade-III 中等症:乳房が下垂し、乳頭・乳輪部が乳房下部皺と同じか1cm以内 Grade-IV 重症:乳房が下垂し、乳頭・乳輪部が乳房下部皺より1cm以上下方 【原因】 乳腺組織の肥大による真性女性化乳房は、思春期や更年期によるホルモンバランス乱れ、肝臓等の内臓系の疾患や薬剤性によるものがあります。 単なる脂肪沈着である偽性女性化乳房は、上記の異常が見られず、脂肪沈着により形態だけが女性化したものとされます。 真性女性化乳房の中でも遺伝性女性化乳房症は、エストロゲン過剰により発症します。ですから、エストロゲンの過剰産生を抑制することで発症や再発を防止できる可能性があります。(当院ではエストロゲン検査も可能となっております。) 【診断】 上記のように分類がありますが、しかしながら実際の診断には、 乳腺の肥大:乳腺そのものが肥大していて、比較的固い印象な乳房です。お饅頭が入っているように蝕知できます。 脂肪の沈着:乳房全体が柔らかく膨らんでいる場合です。乳腺との区別がなく全体的に脂肪を認めます。 また、既往歴(今までの病気やケガ)や薬物使用の内容を確認し、状況に応じて採血検査(女性ホルモン等も含みます)や画像診断(MRIやCT)を行います。片側の場合には男性の乳がんも考慮する必要があります。 【治療】 治療は、原則手術となります。 ①乳輪部および乳輪周囲の肥大であれば、Grade-I、Grade-II、乳輪下切開により乳腺部を切除します。乳腺部は病理検査により乳腺であることや異常がないことを確認してきます。(保険診療・自由診療) ②乳房肥大が軽症・中等度であれば、Grade-II、Grade-III、乳房下の沈着脂肪を吸引します。(自由診療) ③乳房肥大が重度であれば、Grade-IV、乳房を切除するような手術となります。その際は、乳輪・乳頭を頭側(上方)に移動しなければなりません。(自由診療) 【女性化乳房手術のリスク】 手術ですから、デメリットであるリスクも伴います。 ①乳腺切除 切除の場合、Grade-IやGrade-IIでは、乳輪下に切開線が入ります(左右それぞれ2~3cm)。乳輪が大きな方や乳輪の境目がわかりにくい方などは、切開線が僅かに白く残ってしまう場合もあります。他には、皮下出血や、非常に稀ですが場合により組織の壊死の可能性があります。これは、乳輪・乳頭部の血流を皮下出血が阻害することによると考えられます。 ②乳房切除 乳房下や乳輪周囲に沿って切開線が入ります(左右それぞれ15~25cm)。長い縫合線であるため、部分的に色素沈着になってしまう可能性もあります。その場合、傷跡治療として改めて修正を行う場合もあります。 ③脂肪吸引 吸引の場合、左右2か所(合計4カ所)に数mmの切開線が入ります。傷は時間と共に気にならなくなることが多いのですが、稀に肥厚性瘢痕になることもあります。その際は、傷跡治療として改めて切除術を追加することもあります。 現在、東京都内では、保険診療で女性化乳房を行っているクリニックは非常に数が少ないので、お悩みの方は、良くお調べになってから一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

授乳後のお悩みを解決する豊胸術

大塚美容形成外科

学校の夏休みまであと1か月を切りました。お子様連れでの旅行やレジャーを企画されている方も多いと思います。出産、授乳を経てお子様が成長される楽しみと反比例して、バストが垂れたり、小さくなったりすることにコンプレックスを持つ方もいらっしゃいます。 特にお子様が小さなうちは、一緒にプールや海に入る必要があり、自分の水着姿に自信がないとお思いの方も多いようです。当院にもよくこういったママさんがご相談にご来院されます。 豊胸術には豊胸バッグ挿入、自己脂肪注入、ヒアルロン酸注入など様々な種類があります。 豊胸バッグ挿入や自己脂肪注入(ピュアグラフト)は定着すると半永久的な持続性が期待できますが、メスを使う施術のためダウンタイムが長くなるというデメリットがあります。 一方、ヒアルロン酸の注入による豊胸術は、ヒアルロン酸は体内にある成分でアレルギー反応がなく注入するだけなのでダウンタイムもほとんどないメリットがあります。しかし、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくため持続性は2年ほどと短く、注入後時間をかけて徐々に元のサイズに戻ってしまうため、ある程度の大きさとハリのあるバストを維持するためには定期的にヒアルロン酸を注入する必要があるのです。

豊胸術-人工乳腺法-

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

豊胸術-人工乳腺法-はこのような方にオススメです。 □2サイズ以上大きくしたい。 □持続的な効果を期待する。 □生まれつき左右差が大きい。 □コストパフォーマンスにもこだわりたい。 人工乳腺法の手術方法は、 ●大胸筋下は、形がなだらかで自然です。 大胸筋と小胸筋の間に人工乳腺バッグ(インプラント)を挿入します、大胸筋は分厚い筋肉なので、バストに触れた時、人工乳腺バッグ(インプラント)の感触がしないのが特徴です。 乳腺や皮下脂肪が少ない方、皮膚が薄い方におすすめです。 ●乳腺下は、人工乳腺バッグの「動き」や「柔らかさ」がよく出ます。 乳腺と胸筋膜の間に人工乳腺バッグ(インプラント)を 挿入します。 谷間を作りたい方、バストが下垂している方におすすめです。 アフターケアについて、 人工乳腺法による豊胸術の後は、すべての患者様に1年に1回、将来にわたる「定期検診」が必要です。 定期検診では、バストの美容面に変化はないか、健康や機能は保たれているか、中に入れている人工乳腺バッグ(インプラント)に問題がないかなどをチェックします。 さらに、この定期検診には、乳がん検診も含まれます。 乳腺診療の専門クリニックに依頼をすることで、人工乳腺法による豊胸術を受けた後も安心して乳がん検診を受けていただくことができます。 お悩みの方は、一度近くのクリニックにご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

施術方法によって異なる、下着着用までの期間

ヴェリテクリニック

バストの整形方法と言っても、方法は実にさまざまです。同じ豊胸手術にもメスを入れるものと入れないものがあるため、ダウンタイムにも差があります。 ・シリコンバッグを挿入した場合 入れたシリコンバッグがズレないよう、術後3日間はバストバンドを装着して固定します。3日後からは、シャワーを浴びる際などはバンドを外すことができるようになりますが、それでもバスタイム以外は装着していなくてはなりません。手術から1週間後の抜糸を迎える頃には、バストバンドは外せるようになりますが、そこから3週間はスポーツタイプのブラジャーを着用する必要があります。この時はまだ固定されていないため、ワイヤータイプのブラジャーは装着しないよう注意しましょう。手術から1ヶ月が経つ頃にはシリコンも安定してくるため、ワイヤー入りのものを着けることができるようになります。 ・脂肪注入による豊胸手術 シリコンとは違い、固定し続けないとズレてしまうということはありません。しかし、手術から抜糸をするまでの1週間はブラジャーの着用はNG。脂肪注入した箇所へ強い圧がかかると痛みが強くなってしまうことがあるためです。患部から麻酔液や血液がにじんでしまった時のために軽くガーゼを当てる程度にしておきましょう。抜糸の後はブラジャーの着用も可能になりますが、術後3ヶ月程は脂肪が吸収されていない状態が続くので、仕上がりの予定よりも大きなバストになっています。痛みを防ぐためにも、ゆったり目のものを着けておくと良いでしょう。 ・ヒアルロン酸による豊胸手術 手術の直後から装着することができますが、バストが潰されないよう、ゆったり目のものを選ぶことが大切です。 ・乳頭・乳輪の縮小や陥没乳頭 乳首を縫合してあるため、傷跡を圧迫したり擦ったりすると痛みが生じます。特に抜糸までの期間は痛みが強めに出るため注意しましょう。抜糸が済めば状態が安定してきますが、術後1ヶ月はきつ目のブラジャーは避けるなどの配慮が必要です。 ・乳房縮小の手術 麻酔をするなど比較的大掛かりなものになるため、こちらも術後1ヶ月はワイヤーなしのブラジャーを着用するようにしましょう。様子を見ながら、1ヶ月後からはワイヤーの入ったものも着用可能です。 バストの手術にも、メスを使うものと使わないもの、ダウンタイムが長いものと長くないものがあることがわかりました。また、同じ施術方法であっても、切除をする範囲などによっても術後の経過は異なります。そのため、上記の説明を目安と考えいつから下着をつけるのか、まずは手術のプランを立てる際に美容外科の担当医師に相談してみることから始めてみましょう。

バスト整形の代表格「豊胸」は施術方法が多彩

ヴェリテクリニック

当然のことながら、美容外科術後の経過は手術の方法によって異なります。そこで、バストの整形にはどのような施術方法があるのかをご紹介します。まずはバストの整形で圧倒的に多く見られる豊胸の施術について見てみましょう。 豊胸手術には、シリコンなどのバッグを挿入する方法、脂肪を注入する方法、ヒアルロン酸を注入する方法があります。バッグを挿入する施術が主に行われていて、これらは「バッグ挿入法」、「プロテーゼ法」とも呼ばれています。確実にボリュームアップしたい方や効果の持続性を求める方に最適な方法で、施術の際は脇の下を切開してシリコンなどが詰まったバッグを入れることでバストを大きくしています。また、この時のバッグの入れ方によっても、「筋膜下法」、「乳腺下法」、「大胸筋下法」に分けられます。 筋膜下法は、乳腺と大胸筋の間にある筋膜の下にスペースを作ってバッグを挿入する方法です。大胸筋を剥がさずに行うことができるため、術後の回復が早く、バッグの型崩れを防ぎ高い持続性を誇ります。この筋膜下法を主流としている美容外科クリニックが多く見られます。 乳腺下法は、乳腺と筋肉の間にバッグを挿入する方法。こちらも大胸筋を剥がさずに行うため、術後の痛みは少なくて済みます。ただし、バッグの縁の部分が浮くなどして段差が生じることが稀にあります。もともとある程度バストにボリュームがある方や脂肪がある方などに適した方法です。 大胸筋下法は、大胸筋を剥がしてバッグを挿入する方法です。筋肉の下に入れるため、バッグが入っていることがわかりづらくなりますが、他の方法に比べ術後の痛みが大きく、感触にも硬さが出てしまいます。 また、使用するバッグにも、シリコンの他、「生理食塩水」、「バイオジェル」など種類があります。主に使われるのはシリコンで、最近は技術が進歩したこともあり、姿勢に合わせて流動的に形を変えることができるようになったり、MRIなどに映らないようになったりしました。生理食塩水は人の血液と等しい浸透圧の代用血液のことで、もし体内で破れてしまったとしても人体に影響を及ぼすことはありませんが、現在ではあまり使われていません。 脂肪を注入する方法は、患者さん自身の太ももやお尻から脂肪を吸引し、それを胸に注入して行われています。バッグを用いる方法とは違い注射で注入するため、メスを使用する必要がなく身体への馴染みが良いのが特徴。下半身の脂肪吸引も同時にできるというメリットもあります。ただし、一度に取れる脂肪の量は最大800cc程度、注入できる脂肪量は320ccと限られています。脂肪が少ない方の場合は吸引できる量に限りが出てきてしまうため、注意が必要です。 豊胸手術には、ヒアルロン酸注射を行うという手軽な方法もあります。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので安全性が高く、事前に脂肪吸引などをする必要もないため、施術はわずか20分程度です。注入する場所が選べたり、数回に分けて注入することもできたりするなど自由がきくという点がメリットです。ただし、バッグを入れる方法や脂肪注入などの持続性が半永久的なのに対し、ヒアルロン酸の効果は3年程と短くなっています。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

  症例紹介

症例紹介をもっと見る  

豊胸手術(胸の整形)の基礎知識 入門編FAQ

豊胸手術(胸の整形)に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
ヒアルロン酸注入などによるプチ豊胸はどのくらいの期間効果が継続しますか?
A
体に吸収されてしまうので、2年程度です。
Q
豊胸手術をすると乳がんになりやすくなりますか?
A
豊胸手術を行うことと乳がんになることとの因果関係は証明されていません。
Q
脂肪を注入する場合、どのくらいバストアップできますか?
A
定着した最終的な仕上がりでは、1~2カップ程度のバストアップが一般的です。
Q
仕事はいつから可能ですか?
A
激しい動きを伴わないデスクワークなら翌日から可能です。心配な方は担当医に仕事内容を相談しましょう。

ホンネをチェック!

豊胸手術(胸の整形)の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 956

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,353人以上 の医師陣が回答!
総回答数 28,000件以上!