ただいまの口コミ 86,478 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,202件)

鼻整形 の美容外科を探す

美容外科で鼻整形を実際に受けた人の口コミ2,008件。鼻の整形を体験した人が書いた治療の効果や痛み、術後の経過、費用等の体験談を参考に、人気の病院、クリニックを探してみましょう。実際の料金の安いクリニックを探したり、医師の一覧、症例写真一覧で検索することもできます。

日本人に多い顔の悩みの一つが鼻です。顔の中心にあるパーツだけにコンプレックスを抱えやすいパーツとも言えるでしょう。具体的には、鼻の大きさや形、高さ、鼻筋などと言ったいろいろなケースがあります。美容整形では、ヒアルロン酸注射や脂肪溶解注射と言ったいわゆるプチ整形やの他、シリコンや耳の軟骨などを埋入する方法で鼻を高くする施術などであなたの理想の鼻に近づけることが可能です。

鼻整形のホンネ口コミ 2008

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [724]
4.5 [570]
4.0 [340]
3.5 [219]
3.0 [98]
2.5 [40]
2.0 [10]
1.5 [7]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-93%
  • 男性-7%

年齢層

  • 10代-5%
  • 20代-61%
  • 30代-21%
  • 40代-9%
  • 50代-3%
  • 60代以上-1%

【高い鼻へ】ヒアルロン酸・プロテーゼ・プチスレッドノーズによる共立式隆鼻術。

医師がみずから時間をかけてデザイン。美しさ、自然さに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す


 鼻整形のクリニック一覧を見る

鼻の整形の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

鼻の整形の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

憧れは“細く筋の通った高い鼻”。低い鼻を高くする方法 -マッサージ、矯正、整形手術など-

口コミ広場編集部

目鼻立ちという言葉があるように、顔の中心にある鼻はとても目立つパーツで、美しさを決定づける非常に大きな要素です。 そんな鼻の悩みとして、特に多いものといえば「低い鼻をなんとかしたい」というものではないでしょうか。鼻筋が通って高さがあり、綺麗な形である事は、多くの人のあこがれでもあります。 今回は、そんな鼻を高くする方法について、マッサージによる方法の効果から美容整形の手法、そしてメイクでの鼻の高さを演出する方法まで、様々な角度からご紹介します。

シリコンインプラントやヒアルロン酸注入で鼻を立体的に美しく

プリモ麻布十番クリニック

鼻のお悩みで最も多いのが【鼻を高くしたい】【鼻筋を通したい】というお悩みです。 鼻を高くし鼻筋を通す方法には、シリコンインプラントやヒアルロン酸注入による隆鼻術があります。 【シリコンインプラントによる隆鼻術】 シリコンインプラントを用いて、スッとした理想の鼻筋にする施術です。 鼻の穴の中から挿入するため外見からは、傷跡は目立たず、触り心地もとても自然な感触です。 また鼻骨の骨膜下にインプラントを挿入し、糸で固定するプルアウト固定という方法を用います。 最適な位置固定するため、インプラントが安定し動くことはありません。 そのため変形のリスクが低く、的確にまっすぐに挿入することが可能です。 一人一人のお好みの希望に合わせデザインをすることが可能なため、バランスのとれた理想の鼻筋に近づけることができます。 【ヒアルロン酸による隆鼻術】 ヒアルロン酸を鼻背に注入にすることで、メスを使わず気軽に鼻を高くすることができる施術です。 施術時間も短く、痛みや腫れも少ないため、施術後からすぐに化粧も可能です。 ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する自然な成分のため、アレルギーや副作用の心配がありませんが、体内に吸収されてしまうので、効果を持続させるには継続的に注入が必要となります。 ヒアルロン酸は種類が豊富で硬いものから柔らかいものまであるため、ご希望や用途に合わせ数種類のヒアルロン酸を使い分けます。 鼻にお悩みを抱えている方は、まずはご相談からしてみてはいかがでしょうか。

小鼻を小さくする整形手術の方法って?リスクやダウンタイムはあるの?

口コミ広場編集部

弓削田浩主 医師

鼻は顔の中心にあるパーツのため、非常に目立つ部位。特に、小鼻が横に広がっていたり、張り出していると、どうしても顔の中で目立ってしまうものですよね。そんなお悩みを解消して女性らしい小さな小鼻にするためには、皮膚を切開して縫い縮める「小鼻縮小術」という方法があります。鼻の整形手術の中ではポピュラーな方法ですが、一体どんな特徴のある手術なのでしょうか?その詳しい方法や、気になるリスクなどについて解説していきます。

あなたの“なりたい”を、具体的に導くのがプロの仕事

十仁美容整形

オーダーメイドのシリコンで 骨格に合った自然な仕上がりに ━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆ 鼻の手術式はだんご鼻など先の丸い鼻を細く整える「鼻尖(びせん)縮小」、鼻筋の隆起した部分を切り取る「わし鼻修正」、鼻の下の皮膚を5mm程度切り取り鼻と唇の距離を縮める「鼻下長修正」などもありますが、鼻を高くして整え、半永久的に顔全体に立体感をもたせる手術といえば「隆鼻(プロテーゼ)」です。 「隆鼻(プロテーゼ)」は、鼻骨部分にインプラント(シリコン)を入れて鼻を高くする方法ですが、当院の場合はレントゲンを撮って鼻骨の形を確認するだけでなく、症例によっては鼻を石膏で型取りする場合もあります。 そして、これまで何十万個ものインプラントを作ってきた熟練の職人が、その患者様の顔型とイメージに合う世界にひとつだけのインプラントを制作します。 また、仕上がったインプラントは、職人さんが作ったからそれでよしではなく、担当医がミリ単位で綿密にチェックをして患者様のイメージと少しでも違っていれば作り直してもらいます。 「隆鼻(プロテーゼ)」は、経験の少ない医師が出来合いのインプラントを使うことでトラブルが起きることもあり、患者様の中には“「隆鼻(プロテーゼ)」は「こわい」”とおっしゃる方もいます。 しかし、適切なインプラントを使って熟練の医師が手掛ければ危険は少なく、劇的に鼻の形を変えることができる手術です。 軟骨を取るなど、他の部分を傷つける必要もないので体への負担も少なく、術後に気に入らなかったら抜いたり、別の形に入れ直したりすることもしやすいので非常にメリットの多い手術式です。 美人をつくるのは高技術と L字型インプラント ━━━━━━━━━━━━◇◆◆ 鼻に使うインプラントには、鼻の根元だけにインプラントを挿入して鼻筋を美しくする「I字型と鼻の根元から先端までの鼻筋を通して高くする「L字型の2種類があります。 「I字型」は、鼻筋から眉間にかけてだけを高くしたいとおっしゃる方にはいいと思うのですが、鼻先も低い方の場合だと「L字型」を使った方が自然な雰囲気でぐっと形がよくなることが多いですね。 例えば、女優の北川景子さんのように上品で日本人らしい鼻筋を作ることができます。 また、鼻の形は丸いですよね。 そのため「I字型」の場合、鼻の丸い形の骨の上に置くとずれやすいんです。 一方、「L字型」は、鼻先まで固定されるので一度しっかり入ってしまえば安定感があります。 ただし、「L字型」は、難易度が高いので扱える先生が少ない。もし、他のクリニックで行わなくなっても当院はインプラントづくりからこだわって「隆鼻(プロテーゼ)」を行い続けることでしょう。 そのため、「L字型」を提案できないクリニックでは、ヒアルロン酸を注射するだけで終わってしまうこともあるそうです。 ヒアルロン酸注射の効果は一時的であり、鼻の形も思い通りにはなりません。 当院でもヒアルロン酸を注射することはありますが、手術をする前にイメージをつかんでもらうためというケースが多いですね。 鼻は化粧でごまかせないパーツ。 まずは無料カウンセリングを ━━━━━━━━━━━━◇◆◆ いくらメイクのスキルを磨いてもカバーできないのが鼻です。 ノーズシャドウを入れて鼻筋を高く見せることはできても鼻の形を変えることはできません。 もし悩んでいるなら、まずは無料カウンセリング(1回)にいらしてください。 遠方の場合は、カウンセリングの代わりにメールや電話でご相談にのることもできます。 カウンセリング中に当院から手術を強要することは一切ありません。 それどころか当院では、手術をご希望される患者様もカウンセリング当日は説明だけにとどめ、その内容を一度持ち帰って検討してもらうようにしているんですよ。 高い技術はもちろんカウンセリングの段階から丁寧にコミュニケーションを取り、患者様によりよい仕上がりを提供する。 これが、美容整形のパイオニアであり続ける当院のプライドです。

続・鼻の広がりを抑える≠鼻翼縮小 ~アプローチを変える~

あいち栄クリニック

鼻の手術はなかなか奥深くて、同じ悩みでも十人十色の術式選択になることも多々あります。 さて前回は「鼻の広がりを抑える」のは鼻翼縮小だ。 ・・・ではなく、お顔や全体のバランスをみて複合的手術になることが多い!!!というコラムを書かせて頂きました。 (参照: https://clinic.e-kuchikomi.info/nose/column/1535928 ) 今回は鼻の横の広がりを、違ったアプローチから見ていくことを書きたいと思います。 前回書かせていただきましたように鼻翼縮小は確かに小鼻を小さくしますが、他とのバランスを崩しやすい場所でもあります。 ですので「あえて」鼻翼縮小はせずに、他を変えることで目立たなくすることを考えます。 ①鼻筋を通し目線をずらす。 鼻筋がはっきりせず鼻翼が余計広がってみえる方にお勧めです。 シリコンプロテーゼを挿入、もしくはヒアルロン酸で鼻筋を通してあげることで目線がずれ、鼻の横の広がりが目立ちにくくなる場合があります。 (あくまで判断する人の問題・・・ですが) ②鼻先を持ち上げることで、横の広がりを縦方向に引き上げる。 鼻尖形成、軟骨移植、鼻中隔延長などを用いて、ちょうどテントを立てるかのように「鼻をつまむ」方向に鼻先を持ち上げてあげます。皮膚が尖端方向に引っ張られることで鼻翼の広がりが改善されます。 こちらの方法は近年では「溶ける糸による治療」もありますので、鼻翼縮小を考える前に鼻先の改善から図る方も多いですね。 さて、「続・鼻の広がりを抑える≠鼻翼縮小」はいかがでしたでしょうか? 最近ではヒアルロン酸も良い素材になり、糸で持ち上げるという比較的新しい治療もあります。 いわゆる『プチ整形』の範疇でまずはだいたいの形をイメージすることが容易となり、ダウンタイムも短いことから比較的受け入れやすくなってきているとは思います。 鼻はトータルバランスです。 色々な角度からあなたの鼻を考えてくれるクリニックにお任せするとよいかと思います。 鼻を変えれば世界は変わる!お鼻の悩みは”あいち栄クリニック”にご相談ください。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

  症例紹介

症例紹介をもっと見る  

特集ページ

美容医療パーフェクトガイド

美容医療パーフェクトガイドをすべて見る

鼻の整形の基礎知識 入門編FAQ

鼻の整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
エンドプラストとはなんですか?
A
鼻の整形で鼻を高くする場合に使用するジェル状のプロテーゼ(シリコン樹脂)です。エンプラストを使用した手術は手術痕が小さく、吸収されないという特徴を持っています。また、固形ではなく、注入量を調整できるため、微妙な調整が可能となり修正も容易です。ダウンタイムについては2日程度腫れることがあります。
Q
鼻整形でヒアルロン酸注射の効果はどのくらい続きますか?
A
個人差はありますが、目安は1年程度です。時間経過により自然に体内に吸収され元の状態に戻ります。鼻整形の効果が実感できなくなってきたら、再度治療していただくことができます。効果を持続させるためには定期的にメンテナンスされることをおすすめしています。
Q
鼻の整形で使用するヒアルロン酸は体内に吸収されても安全ですか?
A
ヒアルロン酸は効果が切れるころには自然に体内に吸収されています。元から体内にある物質なので、悪影響はなく、アレルギーも出ないと言われています。注入量につきましても個人の状況、希望される効果によって適切な量に調整してもらえます。また、注入するヒアルロン酸の種類にも細心の注意を払い決定します。これにより高い効果と安心が得られます。
Q
ヒアルロン酸注射をした場合、腫れなどはありますか?
A
術後の腫れや痛みは個人差がありますがほとんど感じない方が多いようです。鼻の整形は腫れても数日でひきます。また、肌がはっていると感じる方もいますがこちらも数日で収まります。気になる方はアフターケアが用意されている病院・クリニックもあるので医師に相談してみましょう。

鼻の整形の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

鼻の整形の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 2,008

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,352人以上 の医師陣が回答!
総回答数 28,000件以上!