ただいまの口コミ 73,194 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,572件)

婦人科形成のおすすめクリニック・口コミ

  • 現在の検索条件
  • 婦人科形成(女性器の整形)
クリニック検索条件の変更と絞り込み

婦人科形成(女性器の整形)は、美容外科クリニックに導入されている整形手術の中でも高度な技術が求められます。特に、婦人科形成(女性器の整形)を希望する女性のほとんどは若年層に集中しており、異性のパートナーに好意を持ってもらうためにも、理想的な効果を得ることが大きなテーマとして位置付けられています。婦人科形成(女性器の整形)の手術の際には、医療用のレーザーが用いられることが一般的とされ、手術中には麻酔を利用するために痛みや不快感を感じることがありません。また、手術の後にはすぐに退院をすることもできるため、多忙な生活を送っている現代女性にとっても理想的なものとしてとらえられています。今後も、婦人科形成(女性器の整形)の手術の内容について、あらゆるメディアで取り上げられることが見込まれています。

婦人科形成のホンネ口コミ 1052

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [408]
4.5 [332]
4.0 [166]
3.5 [87]
3.0 [30]
2.5 [15]
2.0 [6]
1.5 [2]
1.0 [1]

治療者の分布

男女比

  • 女性-100%
  • 男性-0%

年齢層

  • 10代-1%
  • 20代-40%
  • 30代-31%
  • 40代-22%
  • 50代-4%
  • 60代以上-0%

婦人科形成なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

婦人科形成(女性器の整形)の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

婦人科形成(女性器の整形)の最新口コミ

美容医療コラム

デリケートゾーンの形を整える小陰唇縮小術について

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

普段は人の目に触れる事が無いデリケートゾーン。人に見られないという事は、裏を返せば自分以外の人の状態もよく分からない部分であり、それだけに色々と気になってしまうという女性は多いのではないでしょうか。 そんなデリケートゾーンのよくある悩みとしては、黒ずみやニオイといったある程度セルフケアで改善していけるものだけではなく、その形状についての悩みを持っている方も多いと思います。 今回は、そんなデリケートゾーン悩みやコンプレックスを解消する手法の一つ、婦人科形成術である「小陰唇縮小術」について、施術方法、術後経過などあらゆる角度から詳しくご紹介します。

婦人科形成のここがポイント! ~手術範囲の選び方~

あいち栄クリニック

婦人科形成は美容医療の中でも最もデリケートなジャンルの一つに入ります。 部位的なデリケートさもさることながら、「何が正常で何がおかしいか」がお客様ご自身もはっきりしない場合が多いことが起因しています。 (他人の外陰部なんて女性同士であればなおさら見ることは少ないでしょうからね。) どんな形状であれ概ね「正常」であることは間違いないですが、美しく仕上げる為には「どの部位を治療するか」がポイントとなってきます。今回は基本的な範囲であります「小陰唇」「包皮」「副皮」にフォーカスしてお話したいと思います。 【小陰唇】 いわゆる「割れ目」の横についているヒダです。 ほぼ10割のお客様がこちらの部位を気にされていらっしゃいますね。 ・単純に大きい ・左右差がある ・下着や椅子、自転車のサドルで挟んでしまう ・ヒダの付け根に悪臭のある垢が溜まってしまう などが多くの切除理由でしょう。立っていただき足を閉じたときに正面から見て丁度はみ出さないくらいであれば問題ないことがほとんどです。 しっかり切除すると「ツッパリ感」や粘膜が外側にめくれ「ひりひり感」が出る場合があります。 【包皮】 クリトリスを覆っている皮膚です。あまり気にされる方は少ないですが男性でいう『包茎』と同じ状態だと考えていただければ結構です。 男性と違い機能的に問題があることは少ないですが ・悪臭のある垢が溜まる という理由で切除されるかたが多いです。また、 ・小陰唇と繋がっていて、明確な区別ができない 場合は切除範囲に加えます。 加えて ・感度がよくなるため、性生活の充実 を目的に切除される場合もあります。外観だけでなくQOLも考えた上で切除もありますね。 どちらにせよ先ほど書きましたように男性でいうペニスに相当する場所ですので、皮ふ切除しクリトリスが露出すると擦れて「ヒリヒリ感」が出る場合があります。 「性行為時の勃起により露出する程度」に調整して切除するのが良いでしょう。 【副皮】 前2者は割と有名ではありますが、副皮に関しては認知度が一気に落ちます。 小陰唇の前方・包皮の側方・・・ちょうどイカのエンペラのような皮膚の余剰です。 今までの経験から言うと存在している方は半々・・・といったところでしょうか。 多くの場合小陰唇と複雑に結合しており、副皮を切除しないで小陰唇だけを切除された場合、本当にイカのエンペラ状の仕上がりになってしまいます。 やはりこちらも悪臭のある垢が溜まりやすい場所でもあるので、副皮がある場合は小陰唇とセットでの切除をおススメします。 以上まとめると ・小陰唇が基本施術 ・包皮はどちらでもよいが、小陰唇と連続している場合は切除 ・副皮がある場合は切除 となります。あとは何度も出ていますが臭いや垢、性生活の充実など機能面だけでなくQOLの改善といった意味でも術式を選ばれるとよろしいかと思います。 いかがでしたか? 実際のカウンセリングでは症例写真やご自身の外陰部をお写真で一緒に見ながら、最適な切除範囲をご提案させていただいております。 異性だからこそ提案できる美しさがあります。 婦人科形成でお悩みの方は是非あいち栄クリニックにご相談ください。

小陰唇縮小術とは

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

小陰唇縮小術は、女性器の小陰唇を部分的に切除して、小さく形を整える治療です。 小陰唇のお悩みは婦人科・女性器の悩みの中では最も多く、年齢も10代から70代くらいまで幅広い方が治療されます。 小陰唇は色や大きさなどの小陰唇は個人差が大きく、また繊細な部分なので丁寧な治療技術が必要です。 こんな方にオススメです、 □小陰唇の大きさが気になる □左右で大きさが異なる □大きさや形のことをパートナーに指摘された □汚れが溜まりやすく、臭いが気になる □尿が小陰唇に引っ掛かり排尿しづらい □小陰唇の外見(大きさ、色素・黒ずみ、左右差、形のいびつさ、など)が気になる。 □男性経験が多いと思われないかが気になる。 □ジーパンをはいた時や自転車のサドルに座った時などに違和感を感じる、あるいは痛い。 □かゆみや炎症などを起こしやすい。 □介護の為に、見た目を整えたい。 当てはまる方は、一度クリニックにご相談に行ってみてはどうでしょうか。

夫やパートナーとのSEXが痛くて苦痛…『性交痛』の悩み

オザキクリニックLUXE新宿

夫やパートナーに言えないけど、実は『性交痛』で悩んでいるという方、いませんか? 『性交痛』は、性交渉の時に膣の入り口や奥に感じる痛みのことです。夫やパートナーとの関係を壊したくないため、我慢している方が多いようです。『性交痛』といっても原因がいくつかありますので、ご紹介いたします。 ◆『性交痛』の原因1~炎症による痛み~◆ 性交渉のときに膣内が擦れて痛みを感じる場合には、膣ガンジダの疑いがあります。膣ガンジダとは、膣内の常在菌でカビの一種であるカンジダ真菌が、異常増殖して起こる膣の炎症です。性交痛のほかに、外陰部や膣のかゆみ、白いぼろぼろしたおりものなどが症状として現れます。 対処法としては、婦人科で診察を受けること。膣ガンジダである場合には、膣内洗浄や抗真菌薬の投与、外陰部の炎症やかゆみを抑える塗り薬による治療が行われます。 また、婦人科の診察で炎症の原因が性感染症であった場合には、原因となるウィルスや菌に有効な薬が処方され、効き具合など様子をみながら治療を受けることになるでしょう。 ◆『性交痛』の原因2~膣が濡れにくい摩擦による痛み~◆ 膣が濡れにくくなっていると、摩擦で痛みを感じやすく、傷つきやすいため炎症などの原因になりかねません。濡れにくくなる原因は加齢によるもの、精神的なものが考えられますが、以下のような対処法があります。 ◎潤滑剤や保湿剤の使用◎ 男性器を挿入する際、滑りを良くする潤滑ゼリーやローションのほか、膣の乾燥を防いでくれる保湿クリームなどを使用することで痛みを解消することができます。これらの薬剤は薬局で市販されており、インターネットでも購入できます。ただし、薬剤の効果は、乾燥や摩擦による痛みを一時的に改善することができるものです。 ◎ホルモン錠剤の服用◎ 更年期から閉経後に膣が萎縮して濡れにくくなる場合は、萎縮性膣炎の症状と考えられます。萎縮性膣炎は、閉経に伴って女性ホルモン・エストロゲンが減少することにより、膣の潤いが低下し、外陰部や膣が乾燥・萎縮して雑菌の繁殖をまねくことで起こる膣炎です。萎縮性膣炎による潤い不足が性交痛の原因である場合には、膣内にエストロゲンを投与することで、粘液の減少や膣壁の乾燥を食い止めることができます。エストロゲンの投与は、婦人科での処方が一般的ですので、まずは婦人科を受診する必要があります。 ◎ヒアルロン酸注射による治療◎ 加齢によって膣壁が硬く委縮し濡れにくくなる『委縮性膣炎』では、、膣内を潤すことができずに性交渉の際、痛みを伴います。ヒアルロン酸注射による治療では、膣壁に薄くまんべんなく潤い成分ヒアルロン酸を注入することで、硬くなった膣壁を柔らかくふっくらと改善します。また、薄くなってしまった膣壁を本来の肉厚な状態へ戻すこともできるため、膣のゆるみ改善にもなります。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分であるため安全性が高く、施術直後から効果を実感できます。 ◆『性交痛』の原因3~処女膜が厚く硬いための挿入困難による痛み~◆ 何度挿入しても入り口に痛みを感じる場合は、まれに「処女膜強靭症」である可能性も考えられます。処女膜は膣の入り口にあるひだ状の粘膜で、その形は一人ひとり異なり、個人差があります。特に処女膜が厚く硬いために、性交渉の際に強い痛みを感じる症状を「処女膜強靭症」と呼びます。 「処女膜強靭症」が性交痛の原因と考えられる場合は、処女膜を丁寧に切除して膣の入り口を広げる必要があり、美容外科などで処女膜を切開する治療によって症状を改善することができます。痛い思いを繰り返すことでトラウマになってしまい、「処女膜強靭症」を手術で改善しても濡れにくくなってしまう方もいらっしゃいますので、我慢しすぎずまずは婦人科形成に詳しい医師に診てもらうことをおすすめします。 このように『性交痛』といっても原因がさまざまです。自分の原因はどれに該当するのか、ぜひ参考にしてみてください。

相談しづらいデリケートゾーンの悩み…『小陰唇』のトラブル

オザキクリニックLUXE新宿

◆相談件数が最も多い『小陰唇』のトラブル◆ 小陰唇は尿道口や膣にばい菌などが入らないようにする役割を持っていますが、小陰唇が大きくはみ出していると外部からの刺激を受けやすくなります。すると、汚れや細菌が溜まって臭いが強くなったり、下着や自転車のサドルなどの摩擦で黒ずんできたり擦れて痛みを伴うなど、さまざまなトラブルが起きやすくなります。 ~こんなお悩みはありませんか?~ ・衣服や下着に擦れて痛みを感じやすくなる ・小陰唇のヒダが大きくはみ出して目立つ ・小陰唇がたるんで肥大してきた ・小陰唇の大きさに左右差がでたり形が崩れる ・擦れた部分に色素沈着が起きて黒ずんでくる ・パートナーとの性行為に自信がなくなる ・汚れが溜まりやすく臭いが気になる ・尿が小陰唇に引っかかり排尿しづらくなる ◆小陰唇トラブルが起こる原因はなに?◆ 小陰唇がなぜ大きくなるのかは、主に以下の要因が考えられています。 ・生まれつき小陰唇が大きくなる”先天性”によるもの ・思春期や妊娠・出産などホルモンバランスによるもの ・小陰唇の老化に伴う菲薄化やゆるみによるもの 一般的な小陰唇の大きさは小陰唇の外側から膣口にかけて約2cmぐらいと言われています。小陰唇の形には個人差がありますので人によっては2cm以上でも気にならない方もいますが、正面から見た時に小陰唇が明らかに大きくはみ出している場合や、触った時に大きさや形に違和感を感じる場合は、小陰唇が肥大している可能性があります。 ◆小陰唇の治療法◆ 小陰唇トラブル治療法は『小陰唇縮小術』が一般的です。小陰唇の余分な部分を切除し、形を美しく整える治療です。摩擦による痛みや色素沈着、汚れがたまってしまうことで起きる臭いなどを根本から解決することができます。 また、『大陰唇』が痩せてしまっていることで、『小陰唇』が目立っている場合は『大陰唇増大術』で改善される場合があります。ヒアルロン酸や脂肪を大陰唇に注入することで本来の膨らみを取り戻し、注入した潤い成分により見た目をふっくらハリのある印象へ改善します。 ◆まとめ◆ デリケートな部位であるために、だれにも相談できず悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。最近では、最新レーザー治療など、さまざまな治療法があります。「私だけかも…」と不安にならず、ぜひ婦人科形成に詳しい医師に相談してみてください。

美容医療コラムをもっと見る

婦人科形成(女性器の整形)の基礎知識 入門編FAQ

婦人科形成(女性器の整形)に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
女性器の整形とはどのようなものですか?
A
女性器の整形とは、小陰唇縮小やクリトリス包茎、処女膜再生などを指し、直接セックス・性器に関わるものです。婦人科で相談することができます。 性器の形は他人と比べにくく、だからこそ自分の性器の形が気になってしまうものです。 しかし、たくさんの症例にあたった経験豊富なドクターならば、あなたに整形が必要かどうか的確に診断してくれるので、気になる場合はカウンセリングをうけてみるといいでしょう。
Q
女性器をどうやって整形するのですか?
A
女性器の整形はほとんどが部分切除と縫合です。 たとえば小陰唇の縮小手術ならば、余分に肥大した部分を切除し、縫合します。手術はすべて局所麻酔で行い、溶ける糸で縫合してもらうため、施術中の負担は少ないかと思います。 また、処女膜再生の場合は、膣の粘膜を少しつまんで縫合します。このように、整形部分により手術方法は異なりますが、切除と縫合が主な内容になり、抜糸の必要がないのが特徴的です。
Q
女性器の整形をするとどのような効果がありますか?
A
女性器の悩みは人それぞれなので、効果もそれぞれです。 パートナーに指摘された、パンツやズボンで擦れて痛い、黒ずみが気になる、などそれぞれの悩みに合わせて整形する部分を決め、悩みを解決します。 たとえば、小陰唇の縮小手術の一例では、肥大した部分を切除することで、大陰唇との間に恥垢が溜まりやすかったという悩みが解消されました。 また、性器が整えられたりハリが出たりすることで、女性としての自信や喜びがわいてきます。ある種のアンチエイジング術といえるかもしれません。
Q
女性器の整形にはどのくらいの痛みやダウンタイムがあるのでしょうか?
A
女性器は大変デリケートな部分なので、手術は大変そうだと思う方は多いかもしれません。 しかし、手術中は局所麻酔でほば無痛状態ですし、施術時間も20~30分程度と短いので、意外に負担が少ないのです。 ただし、性器には血流が流れやすいので手術直後は腫れたり出血したりすることがあります。激しく痛む場合はすぐに診察を受けましょう。 大きなダウンタイムはありませんが、4週間ほどセックス・激しい運動をさけましょう。また、1週間ほど入浴や飲酒に制限がかかる場合があります。

ホンネをチェック!

婦人科形成(女性器の整形)の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 1,052

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,337人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!