ただいまの口コミ 76,262 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,552件)

その他の美容医療 の病院・クリニックを探す

ホンネの口コミ119件。その他の美容医療の治療を実際に受けた人の口コミを参考にした病院、クリニック選び。症例写真、費用等の詳しい情報も掲載。

日本国内では、美容外科や美容皮膚科に通院をする女性が年々増加しているといわれています。特に、整形手術や脂肪吸引術などについては、多くのクリニックに導入が進められていますが、その他の治療についてもある程度まで理解を深めることが有効です。例えば、しみやしわなどの肌トラブルなどを上手く解消できる治療は、各クリニックごとに様々な特徴があるため、事前にウェブサイトや雑誌などを用いて情報収集に励むことが大切です。ここ数年の間では、その他の治療法がアピールされているクリニックも目立っており、大勢の美意識の高い女性からの注目が集まっています。今後も、従来の治療とそのほかの治療を組み合わせることがさらに一般的になるとみられます。

その他の美容医療のホンネ口コミ 119

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [29]
4.5 [25]
4.0 [21]
3.5 [17]
3.0 [17]
2.5 [7]
2.0 [2]
1.5 [0]
1.0 [1]

治療者の分布

男女比

  • 女性-98%
  • 男性-2%

年齢層

  • 10代-0%
  • 20代-22%
  • 30代-29%
  • 40代-33%
  • 50代-13%
  • 60代以上-3%

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

二重、鼻、汗、わきが、豊胸、脂肪吸引、若返り、肌、薄毛、脱毛、小顔、唇、刺青、ピアス、歯☆クリック☆

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

その他の美容医療の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

その他の美容医療の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

美白の内服薬「トラネキサム酸」

けやき美容クリニック静岡院《閉院しました》 沼津院へどうぞ

トラネキサム酸内服とは? 人工合成されたアミノ酸であり、抗炎症作用、抗アレルギー作用や止血作用を目的として処方されるお薬ですが「メラニン生成を抑制」する作用があることから美白作用、特に肝斑に有効的といわれています。 2002年に厚労省から美白効果で承認がでてるとのこと。トランサミンという医薬品でジェネリックも複数でています。 体の内側からの治療(内服治療)になりますので確実な効果も期待できます。加えてシミ予防の作用もある、ビタミンC,ビタミンEと併せて服用することでより効果が高まる言われています。 更に、おシミ・肝斑に有効的なレーザー治療と上記3種(トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンE)を内服していただくことで、美白・メラニン抑制・抗酸化作用・色素沈着改善・代謝促進などの効果でより早く 改善が見込めます。 〇内服方法〇 1日3回 (朝・昼・夜) ※飲み忘れてしまった場合は服用せず飛ばして飲んでください。 ◆こんな方におススメ◆ ・最近シミが増えてきた ・そばかすが気になる ・肝斑が広がってきた ・くすみが気になるなど ◇注意事項◇ ・ご持病がある方は医師までお知らせください。 ・服用中のお薬がありましたらお教えください。

飲む紫外線対策「ヘリオケアウルトラD」

けやき美容クリニック静岡院《閉院しました》 沼津院へどうぞ

ヘリオケアはヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され、34カ国以上で販売されている"飲む"日焼け止めです。シダ植物から抽出されたFernblock®という主成分は、臨床結果が世界中の皮膚科学会で発表されており、有効性が認められている成分です。化学薬品は一切使用しておりません。年間を通して服用いただくことで、体の内側から紫外線によるメラニン生成やDNA損傷を防ぎ、シミやしわの予防につながります。 ※ 飲む日焼け止めは、従来の塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線の影響を予防することができるものです。塗る日焼け止めをご使用の上、服用ください。 飲む日焼け止め(ヘリオケア)は、こんな方におススメ 体の内側から紫外線対策をしたい方 紫外線によるしみ、しわを予防をしたい方 日焼けによる皮膚のダメージをケアしたい方 ヘリオケアの効果①(抗酸化作用) お肌のシミは、紫外線を浴びた肌が活性酵素を生成し、過剰に生成されてしまったメラニンが排出されないことでできてしまいます。ヘリオケアの主成分FernBlock(Polypodium Leucotomos)は、強力な抗酸化作用で活性酸素の生成をストップすることで、シミを根本から予防します。 ヘリオケアの効果②(免疫防御作用) 「ランゲルハンス細胞」は肌の免疫機能の維持に必要な細胞ですが、紫外線を浴びるとその数が減ってしまいます。ヘリオケアはそのランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果があり、肌の免疫機能を正常に保ちます。 ヘリオケアの効果③(DNA保護作用) 紫外線は、お肌のDNAにもダメージを与えますが、ヘリオケアはDNA損傷によるダメージにも効果的です。お肌の回復を早めることで、皮膚がん対策にもなります。 ヘリオケアの効果④(皮膚構造維持作用) 紫外線を浴びたことによるシミやシワ(光老化)の原因には、線維芽細胞の損傷・MMP(マトリックス分解酵素)増加によるコラーゲンの減少が挙げられます。ヘリオケアは、線維芽細胞のダメージ軽減、MMPの抑制により、肌のコラーゲンを保護し、光老化を軽減させます。 ヘリオケアの使用方法 日光を浴びる30分前に1カプセル服用してください。 ▼長時間日光を浴びる場合 4時間後に1カプセルを追加で服用してください。 ▼サプリメントとして摂取する場合 毎朝1カプセル服用してください。 ※飲みにくい場合は、飲み物やヨーグルトと一緒に服用していただいても構いません。

腸内洗浄について

セントローズクリニック仙台

最近、腸内洗浄をされる方が増えています。 腸内洗浄はその名のとおり、腸へ直接お湯(滅菌した蒸留水)を流しこみ、洗浄していく治療です。 便秘で困っている方や、宿便を取りたい方はもちろん、美肌効果、ダイエット効果もある優れた治療です。 一度の治療で体重が1キロ落ちる方も中にはいらっしゃいます。 この治療を続けている方は、便秘が改善されたことはもちろんですが、お肌がみなさんキレイです。 腸内環境を整えることで、女性にとってうれしいことが盛りだくさんな治療です。 是非一度お試しください。

化粧品に含まれるレチノールと処方箋が必要なトレチノインの違い

大塚美容形成外科

大手化粧品メーカーがこの夏発売を開始した純粋レチノール配合のシワ改善化粧品が人気のようです。大々的にテレビCMや雑誌広告もしているので「純粋レチノール」という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。レチノールはビタミンAのことで化学的にはレチノイドと呼ばれています。 メーカーのホームページによるとレチノールの効果として  ・表皮ヒアルロン酸の生成  ・各層水分量の増加  ・肌を柔軟にする  ・シワを改善する と、書かれています。アンチエイジングの化粧品として非常に魅力的です。 ビタミンAは、表皮のターンオーバーを促進する効果があります。ターンオーバーとは、基底層で新しく生まれた細胞が古い細胞を押し上げていき、角質層に到達すると皮膚を守る役割(角化)を果たし、その後垢となって剥がれ落ちていくことです。表皮細胞は日々生まれていますので、このターンオーバーが繰り返し行われています。 若々しくみずみずしいお肌でいるためには、このターンオーバーのサイクルリズムを崩さないことが大切です。通常28日程度の周期と言われています。しかし、加齢に伴いターンオーバーの周期が、30日、40日といった具合に長くなっていってしまいます。 ビタミンAは、ターンオーバーを促進し、早すぎず遅すぎずの正常なサイクルに整える役割をしています。 美容外科で取り扱っている薬剤に『トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)』というものがあります。 レチノールと名前が似ていますが違うものです。トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)はビタミンAの誘導体(化合物)で、作用はレチノールの50倍~100倍の強さがあり、シミ、シワ・ニキビ跡治療などの肌再生医療に使用しています。個人差はありますが、肌のターンオーバーを約14日に加速します。古い角質とともにメラニンも排出されるため、シミをなくす効果が期待できます。しかし、その作用の強さから誤った使い方をしてしまうと、かえって肌を痛めてしまう可能性があります。 トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)と併用することが多いのがハイドロキノンです。 ハイドロキノンは、メラニンを生成する酵素の働きを弱めたり、メラサイト(メラニン色素を生成する色素細胞)を減少させたりする作用があり、新しいシミができるのを予防してくれます。 トレチノインと併用することで【シミ・シワの改善】【美白・美肌効果】の両方を期待することが可能です。 ただし、ハイドロキノンは、日光に弱いという特性を持っているため、日焼け止めの使用を忘れずに行うようにしてください。 トレチノインもハイドロキノンもその作用の強さから、使用方法や使用期間など医師より細かな注意事項があります。必ずカウンセリングを受けてから使用を開始しなければなりません。

季節の変わり目に免疫力アップのビタミン点滴

セントローズクリニック仙台

3月に入り、気候もだんだん暖かくなってくるころでしょうか。 しかし、まだ寒い日があったりと、気候変動で体調を崩しやすい季節でもありますね。 そのような時期は、ビタミンCの点滴で、栄養を直接血管から取り入れていくのがおすすめですよ。 免疫力を高め、疲労回復のお手伝いもしてくれます。 さらには、美肌効果も! この時期におすすめなビタミン点滴を是非試してみてはいかがでしょう。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

その他の美容医療の基礎知識 入門編FAQ

その他の美容医療に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
美容整形や脂肪除去、アンチエイジングなどの施術以外に美容クリニックではどのような施術を受けることができますか
A
美容整形や脂肪除去、アンチエイジング施術など以外にも美容クリニックによっては腸内の老廃物を体外に排出させる腸内洗浄、いびきの手術、体内の様々な老廃物を体外に排出させるデトックス施術などを行っているところもあります。しかし、これらの施術・治療はすべての美容クリニックで行われているというわけではないので、施術を受けることを考えていて、実際に施術を希望する際は事前にどこの美容クリニックで施術が行われているかを調べた上で、診察を受けることをお勧めします。
Q
腸内洗浄、いびきの手術、ボトックス施術は日帰りで行うことはできますか
A
いずれの施術も多くの場合、レーザーや超音波などを用いた専用の設備を使うことでメスや全身麻酔を使用するといったことがほとんどないため、その日のうちに施術を受けて帰宅することが可能です。ただ、施術と診察・カウンセリングを行う日が別々の場合もありますので、事前に施術を行う美容クリニックに確認してから施術を受けることをお勧めします。また、施術後の経過観察や診察のために、数日から数週間おきに通院が必要な場合もあります。
Q
腸内洗浄、いびきの手術、ボトックス施術は数回受けなければ効果は得られないのでしょうか
A
腸内洗浄、いびきの手術、デトックス施術のいずれもほぼ1回の施術で効果を得ることができます。また、入院や通院も腸内洗浄やデトックス施術の場合、その後の通院もほとんど必要ありません。ただ、いびき治療に限り、レーザーを用いた施術が効果がない場合は通常のメスを用いた施術を行う、数週間おきに手術後の経過観察が必要となってくることから、入院もしくは通院の必要が出てきます。
Q
腸内洗浄、いびきの手術、ボトックス施術は美容クリニックの他の施術と同じように自費診療となるのでしょうか
A
デトックス、腸内洗浄はどちらも保険適用外となるパターンが多いため、原則として自費診療となります。いびきの手術も原則自費診療となりますが、施術の一部は保険適用内になることから、治療費の一部は保険料から負担になる場合もあります。なお、保険料から負担されるかどうかは施術内容や美容クリニックによって異なってくるため、事前に施術を受ける美容クリニックに相談することをお勧めします。

ホンネをチェック!

その他の美容医療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 119

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,359人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!