ただいまの口コミ 76,262 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,552件)

シミ取り治療 の美容皮膚科を探す

ホンネの口コミ9,396件。シミ取り治療の治療を実際に受けた人の口コミを参考にした病院、クリニック選び。症例写真、費用等の詳しい情報も掲載。

年齢と共に気になるのが顔のシミで、毎日お手入れしてもなかなか薄くならず濃くなる一方です。口コミで評判の高い美容液を使用しても、なかなか効果を実感できないものです。美容液は値段も高く種類も多く、自分に合う物を見つけるためたくさん購入してかなりの出費になってしまうこともあります。また、シミに似ている肝斑には飲み薬がありドラッグストアで簡単に購入できますが、こちらも即効性がないため長期間飲み続けないとなりません。そして肌の悩みでシミ以上に気になるのが毛穴です。しかし広がってしまった毛穴を美容液等で小さく目立たなくすることは難しいです。いずれにしてシミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療等の肌の悩みには、市販の美容液や飲み薬を使用するよりも専門の美容クリニックで行うのが一番です。

シミ取り治療のホンネ口コミ 9396

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [2834]
4.5 [2584]
4.0 [1893]
3.5 [1202]
3.0 [659]
2.5 [177]
2.0 [37]
1.5 [8]
1.0 [2]

治療者の分布

男女比

  • 女性-96%
  • 男性-4%

年齢層

  • 10代-0%
  • 20代-16%
  • 30代-37%
  • 40代-35%
  • 50代-10%
  • 60代以上-2%

シミ治療・肝斑・毛穴治療なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

肝斑を薄くするレーザートーニングの効果や注意点について

口コミ広場編集部

中村寿 医師

年齢を重ねてくると多くの人で共通する肌トラブルのひとつがシミです。そんなシミにはいくつもの種類があり、それぞれで予防法や治療法が異なることをご存知でしょうか。 とくに老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と肝斑(かんぱん)のふたつは、見た目は同じようなシミに見えても、実はまったく異なるタイプのシミです。そのため、日頃のスキンケアや治療法は正しい知識を持って慎重に見極めなければなりません。 そこで今回は30歳を超えたあたりから目立ち始めるとされる女性特有のシミである「肝斑」に焦点を当てて、効果的な治療法のひとつとして注目されている「レーザートーニング」について効果や注意点、クリニックの選び方などを交えて詳しく解説します。

保険適用で受けられるシミ(アザ・イボ)治療の種類

口コミ広場編集部

花房火月 医師

メイクで一生懸命隠しても、薄ぼんやりと目立ってしまうシミ。一度気になり始めると、直ちにどうにかしたくなってしまうものです。近頃では、内服薬やレーザーなどシミ治療もどんどん進化して最新の方法が開発されてきており、かつてよりその治療効果に大いに期待が持てるようになりました。 ただその反面、「効果のあるレーザー治療って結構高額な費用がかかりそう...」とご不安になられる人も少なくないでしょう。いっそのこと、シミ治療が健康保険適用で受けられるなら安心なのに...という思いを抱く方も多いのではないでしょうか。 今回は、シミでお悩みの皆様のために保険適用で受けられるシミ(アザ・イボ)治療の種類について徹底解説いたします。

くすみを解消するレーザー治療の種類と効果や選び方

口コミ広場編集部

花房火月 医師

なんだか肌の色が暗く、化粧ののりも悪いというときにまず疑う必要があるのは、何らかの原因によっておこっているくすみですよね。 くすみの原因は実にさまざまで、自分自身によるセルフケアのみで改善を目指すことができる場合もありますが、くすみの状況によって、しっかりと解消するためには美容外科や美容外科などでの治療が必要になることもあります。 それでは、くすみが起こる原因や、くすみを改善できるといわれているレーザー治療の効果についてご紹介していきましょう。

そばかすを早く治すために効果的な治療方法とは

口コミ広場編集部

多くの女性を悩ます肌トラブルのひとつにシミがありますが、一言でシミと言っても、シミには複数の種類があります。 その中でも大多数を占めるものが老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と肝斑(かんぱん)と呼ばれる2つで、全体の半数以上が老人性色素斑に該当し、おおよそ数割は肝斑だとされています。つまり、一般的にシミという場合のほとんどは老人性色素斑もしくは肝斑のいずれかと考えてよいといえます。 しかし、なかにはシミの種類の見分けがつきにくいものもあります。 その一つが今回特集する「雀卵斑(じゃくらんはん)」です。雀卵斑は正式名称ですが、一般的には「そばかす」として知られています。今回は雀卵斑(そばかす)について他のシミとの見分け方や原因、早く治すための治療法などを含めて解説します。

顔にシミができる原因は紫外線だけではない!

口コミ広場編集部

外出時のUV対策はバッチリやってるのに、なんでシミが増えてくるの? と、このような事で悩んではいませんか?実は皆様が悩んでおられるそのシミは紫外線の影響だけでなく、他の原因が潜んでいるかもしれないのです。 今回は、「紫外線以外の顔にシミができる原因」について、近年の研究で明らかにされている最新理論も含め、あらゆる角度から徹底解説いたします。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

特集ページ

美容医療パーフェクトガイド

美容医療パーフェクトガイドをすべて見る

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の基礎知識 入門編FAQ

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
シミ取りの効果は?
A
しみには多くの種類があり、原因も様々です。自分にぴったりの治療方法を受ける必要があります。 シミ取り治療は様々な治療方法があり個人の体質、症状にあった手術方法を受けることにより高い効果を得られます。 治療前に、治療方法の内容、治療の流れ、効果など気になることがありましたら予め医師に相談するようにしましょう。
Q
シミ取りの治療後に化粧はできますか?
A
強いレーザー治療などの場合は一週間ほど控えたほうが良いですが、ダウンタイムの短い手術方法もあるので、最短ですと当日からお化粧が可能なようです。 多様な治療方法がありますので個人の要望にあった治療方法を受けることが可能です。自分にあった治療を行うためにも、よく医師と相談しましょう。
Q
シミ取りの治療中に気を付けることはありますか?
A
3週間に1回程度の頻度で、継続して治療を行います。 治療期間中は肌が紫外線に対して敏感になっているため、紫外線に注意し日焼け止めを常用するなどのケアを行うと良いでしょう。
Q
治療後に痛みや副作用は残りますか?
A
レーザー治療による副作用ですが医療用レーザーは人工的に作られた光であり有害光線とは異なりますので害となるような副作用はありません。 また、痛みもほぼありません。施術後、軽く腫れることがありますが、2,3日で治ります。

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 9,396

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,359人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!