ただいまの口コミ 72,792 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,578件)

薄毛治療のおすすめクリニック・口コミ

  • 現在の検索条件
  • 薄毛治療・AGA・発毛
クリニック検索条件の変更と絞り込み
メンズ版の治療案内はこちら   

最近CMなどでもよく耳にするAGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。遺伝や生活習慣が原因とされ、成長しきれていない細く短い毛が抜けることで薄毛が拡大していきます。プロペシアという治療薬の服用、各種ビタミン剤・抗炎症剤などの複合的服用により治療が行われます。薄毛克服へのアプローチ方法としては、脱毛を防ぐ・発毛(髪の毛を生やす)・育毛(髪の毛を育てる)などがあり、育毛剤を使用することだけが薄毛治療だけではありません。薄毛だけでなく、美容分野でも、医療用のまつ毛育毛剤(ラティース)などもご紹介しています。

薄毛治療のホンネ口コミ 354

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [73]
4.5 [85]
4.0 [81]
3.5 [55]
3.0 [30]
2.5 [13]
2.0 [1]
1.5 [0]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-40%
  • 男性-60%

年齢層

  • 10代-1%
  • 20代-28%
  • 30代-35%
  • 40代-25%
  • 50代-9%
  • 60代以上-1%

薄毛治療なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す


 薄毛治療のクリニック一覧を見る

薄毛治療・AGA・発毛の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

薄毛治療・AGA・発毛の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

AGAはシャンプーやヘッドスパでは治らない?

親和クリニック新宿(自毛植毛・薄毛治療 専門)

AGAは遺伝子レベルで起こることである上、現代の科学や医療ではまだ解明されていないことも多く、AGAによる薄毛自体を根絶することは現時点では不可能です。 AGAが遺伝子レベルで始まる問題なのであれば、現在の育毛・発毛・増毛などと呼ばれる治療法には役に立たないものも少なくありません。 例えば、育毛ができると宣伝されるシャンプーやトリートメント、髪に良いとされるヘッドスパやマッサージ。飲めば効くと喧伝されるサプリ・・はっきり言って、これらに医学的根拠はなく、AGAに効いたり、育毛に役立ったりすることはありません。 AGAの本質を知ると、これらの方法では薄毛の悩みを決して解消できないことが改めてよくわかると思います。 AGAの本質をしっかり理解し、有効的な治療を行いましょう。

「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」の違い

親和クリニック大阪(自毛植毛・薄毛治療 専門)

・発毛 「発毛」とは、これから生えてくる髪の毛に対して行う薄毛対策です。 頭皮環境を整え、これから生えてくる髪の毛を育ち易くし薄毛を解消させます。 方法としては、発毛シャンプー、発毛マッサージ、生活環境の見直しなどが挙げられます。 主に頭皮環境や体質などの問題で髪の毛が生え難い方が行う薄毛対策となります。 「発毛」とは既に生えている髪の毛に対して行う薄毛対策です。 ・育毛 発毛と似ていますが、育毛の場合は既に生えている髪の毛を伸ばすことでボリュームを出し薄毛を解消させます。 方法としては、育毛シャンプー、育毛剤、育毛マッサージなどが挙げられます。 主に、髪の毛は生えているが短い、細い、直ぐに抜け落ちてしまう方が行う薄毛対策 となります。 ・増毛 「増毛」とは既に生えている髪の毛に人口毛髪を結びつける薄毛対策となります。 髪の毛1本に5~6本の人口毛髪を結びつけてボリュームを出し薄毛を解消させます。 付け毛、エクステンション、カツラなども広い意味では増毛となります。 方法としては、カツラメーカーなどが展開している増毛サービスの治療を受け増毛を行います。 発毛、育毛のように身体本来の力に期待するのではなく、物理的な手段で確実に薄毛を改善したい方が行う薄毛対策になります。 ・植毛 「植毛」とは、後頭部の自分髪の毛を少ない部分に移植する薄毛対策となります。 手術により自分の髪の毛を薄毛となっている部分に植えつけ、ボリュームを出し薄毛を解消させます。 方法としては、医療クリニックでの手術により植毛を行います。 発毛、育毛は人により効果がまちまちですので、確実に薄毛を解消したい場合は増毛か植毛になってきます。 ただ増毛の場合は、人口毛髪となるので違和感は少なからずあります。 対して植毛は自分の髪の毛となりますので見た目上ほぼ違和感はありません。 その分掛かる費用は高くなりますが、確実かつ自然な仕上がりを求める方は植毛が最もおすすめと言えます。 それぞれで方法や効果も変わってきますので、各薄毛対策の特徴を理解し、また自分の薄毛症状を考慮した上でどの薄毛対策をするか決めるのがいいでしょう。

薄毛治療は遅く始めるほど効果が薄くなる

親和クリニック名古屋(自毛植毛・薄毛治療 専門)

多くの薄毛治療経験者が、早いうちに薄毛治療を受けなかったことで後悔しています。 なぜなら薄毛治療はだいぶ進行が進んでしまった後で開始しても、なかなかいい結果を 生み出すことが出来ないからです。 薄毛は本人でも気づかないくらいのスピードで少しずつ進行していきます。 中でもAGAは女性の脱毛症と比べて進行を止めるのが難しいので、特に男性の方は注意が必要です。 また、AGAは遺伝的な要素が非常に強いため、若いうちから注意が必要です。 薄毛治療はいつでも始めることができますが、いつでもできるからといって後回しにすると、後悔することになるかもしれません。 薄毛の治療には自分の毛髪を移植する「自毛植毛」が最も効果的です。 薄毛が気になりだしたら、薄毛治療を行っているクリニックを受診することをお勧めします。

男性と女性の薄毛の違い

親和クリニック名古屋(自毛植毛・薄毛治療 専門)

■異なる抜け毛の原因とメカニズム 男性と肩を並べて社会の第一線で活躍する女性が増えた今、男性と同じように抜け毛の悩みを抱える女性が増えていますが、その原因と症状は男女によって大きく異なります。 まず男性の場合、多くの薄毛の原因が男性ホルモンの影響による体質的なもので、生え際や頭頂部を中心に薄毛が進行。高い確率で親から子へ、孫へ、薄毛になりやすい体質が遺伝していきます。 一方、女性は言うまでもなく男性ホルモンの影響を受けにくく、薄毛になる原因の多くは、日常生活のストレスや髪の毛にダメージを与える過度なヘアケア、毛染めなどのファッション、ダイエットなどの栄養不良といった生活習慣にあります。 症状も男性とは異なり、頭頂部を中心として全体的に薄毛になるケースがほとんど。薄毛の原因や体質に合った発毛や育毛対策や生活習慣の改善によって、豊かな髪の毛を確実に取り戻すことができるわけです。また、女性の薄毛の特徴として、若年より中高年の方の方が改善しやすい傾向にあります。 ■女性の薄毛対策は生活習慣の改善と頭皮ケアから 男性の薄毛は、毛が抜けて薄くなりますが、女性の場合はすべてが抜けるのではなく、髪の毛1本1本が細くなり、全体のボリュームが小さくなるのが特徴。 だからこそ、男性以上に頭皮にダメージを与える原因を取り除くことが、健康で強い髪を蘇らせる近道になるのです。 毛髪の根元には皮脂腺があり、つねに皮脂を分泌しています。女性は男性に比べて皮脂量が少ないと言われていますが、この皮脂を余分に残していると毛穴が詰まり、髪が伸びにくい環境になってしまいますので、まず頭皮を清潔にすることを心がけてください。 そして、仕事や家事、子育てを原因とする生活のストレスを解消し、バランスのとれた食べ物を規則正しい時間に食べること。 もちろん十分な睡眠やウォーキングなどの適度な運動も有効です。 女性の薄毛対策のポイントは、すぐに成果が現れなくても決してあきらめずに、発毛や育毛に良い対策や生活を習慣づけることが大切です。そうすれば、年齢に関係なく、どなたにも元の豊かな黒髪がよみがえる可能性があります。

そもそも薄毛とは・・・

親和クリニック大阪(自毛植毛・薄毛治療 専門)

■薄毛は大人の男の証 一般的に男性の多くは、成長し、20歳の成人を迎えると、少しずつ頭髪が薄くなっていきます。 この生理現象を「男性型脱毛症」といいます。 男性型脱毛症とは、男性ホルモンの一つであるテストステロンが、5αリダクターゼという毛母細胞中の酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、髪の毛を生み出す毛母細胞を萎縮させ、髪の毛の成長をストップ。髪の毛1本が持つ本来の寿命より早く抜け落ちてしまうことをいいます。ただし、このDHTの毛母細胞に対する作用は、人種や性別、遺伝・環境因子などによって大きく異なります。成人するすべての男性が同じように薄毛にならず、その進行具合に個人差が生じるのはそのためなのです。 ■“抜け毛”の心配が薄毛を進行させる? 髪の毛が抜けること=薄毛というわけではありません。薄毛とは、「寿命を終えた髪の毛が抜けた後に、新しい髪の毛が正常に生えてこない」状況になるということ。髪の毛には、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれるある周期があり、一定期間成長した髪の毛はやがて自然に抜け落ち、新しい髪に生え替わるのです。髪の毛が生まれてから死ぬ(抜ける)までの“寿命”は平均で2年〜6年だと言われています。 頭髪全体の中で抜ける前の休止期に入っている髪の割合は全体の10%。つまり髪の毛が約10万本ある場合、約3ヵ月の間に1万本、健全な髪と頭皮の状態の方の場合は、1日50〜70本くらいは抜けるのが普通となります。髪の毛が薄くなるとほんの少しの抜け毛が気になりますが、この程度であれば自然の範囲内。余計な心配がストレスとなって薄毛を進行させないように注意したいですね。 ■知っておきたい薄毛の原因 一口に薄毛と言ってもその原因はさまざま。大きくは次の4つに分類されています。 (1)「遺伝的要素」を原因とするもの。先に述べた男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5αリダクターゼ)の2つを両親から一定以上多く受け継いでしまった場合、この2つが過剰に結び付いて、脱毛ホルモン(DHT)が生まれやすくなります。 (2)「皮脂分泌過剰」。過度な皮脂は髪や頭皮に適度な潤いを与えたり、頭皮や毛穴を保護してくれる役割を持ちますが、多すぎると皮脂と汗が混ざり合って毛穴を塞ぎ、新しくできた皮脂が毛穴の内側に溜まって固着力が低下し、髪が抜けやすい状態になります。 (3)現代人の宿命とも言える「ストレス」。ストレスが自律神経やホルモンのバランスを乱し、血流が悪化。毛根に栄養分を十分運べなくなり、髪の毛が育たなくなります。 (4)「血行不良」です。偏った食事や睡眠不足などの不摂生、過度なダイエットにより、頭皮の血流が悪くなり、髪に栄養が行き渡りにくくなります。もちろん、血流を悪くするたばこのニコチンは薄毛の大敵です。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

美容医療パーフェクトガイド

美容医療パーフェクトガイドをすべて見る

薄毛治療・AGA・発毛の基礎知識 入門編FAQ

薄毛治療・AGA・発毛に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
発毛と増毛の違いとは?
A
人の髪には、生えてから抜けるまでの一連の周期があります。その周期を正常化して、髪が自分の力で生えるように促すのが発毛や育毛になります。 周期を正常化することができれば、新たな発毛を期待することができます。それに対し、増毛とは髪の毛の薄くなっている部分に人工的に髪の毛を増やす方法になります。 即効性があり、見た目を自分の思い通りにすることができます。発毛と増毛を併用して髪の毛を増やすことも可能です。
Q
発毛剤と育毛剤の違いはなんですか?
A
育毛剤とは今ある髪に働きかけるものです。血行促進や栄養補給を行うことで、抜け毛を予防し今ある髪を丈夫に育て、フケやかゆみを抑えてくれます。 頭皮環境を整えて薄毛部分からの発毛が期待できます。それに対して発毛剤は、「発毛促進剤」とも呼ばれ、発毛をさせる、ということです。 もっとも発毛の力が強く、地肌が見えてしまっている毛穴から、再び発毛を促す効果を持っています。
Q
発毛治療を行えば、確実に発毛しますか?
A
100%すべての人が発毛する!というわけには行きませんが、大多数の人は正しい治療を受ければ発毛を実感できます。 薄毛の理由は、全身の状態であったり、メンタル面であったり、生活習慣であったりと一人ひとり異なります。そのため、当然治療法も一人ひとり異なります。 間違った治療法で発毛させようと思うとうまくいかないですので、自分にあった正しい治療法で発毛するようにしましょう。
Q
男性型脱毛症とはどういったものですか?
A
最近ではAGAとも言われ、男性の脱毛症の約9割がこの男性型脱毛症になります。これは、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる症状です。 髪の毛には生え変わる周期があるのですが、この髪周期が狂うことによりこの症状が現れます。この髪周期を元に戻してあげる(育毛)ことにより改善することができます。

薄毛治療・AGA・発毛の関連コンテンツ

親和クリニック

ホンネをチェック!

薄毛治療・AGA・発毛の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 354

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,335人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!