ただいまの口コミ 73,069 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,578件)

痩身、メディカルダイエットのおすすめクリニック・口コミ

  • 現在の検索条件
  • 痩身、メディカルダイエット
クリニック検索条件の変更と絞り込み
メンズ版の治療案内はこちら   

メディカルダイエットは美容外科というよりは美容内科というものです。広い意味ではメソセラピーなどの治療もメディカルダイエットに入りますが、ダイエット=減量と考えると、やはり薬物療法や食生活の指導などが中心となります。
欧米を中心に肥満は世界人類の敵とさえ言われるほど深刻な問題です。肥満はメタボリックシンドロームといって、様々な生活習慣病のリスクを高めるからです。
薬物を使った肥満治療や極度なカロリー制限などはやはり医師の指導の下で行なわなければ危険です。自己流の無理なダイエットではなくメディカルなダイエットを検討してみてはどうでしょうか?

痩身、メディカルダイエットのホンネ口コミ 1691

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [416]
4.5 [411]
4.0 [330]
3.5 [276]
3.0 [150]
2.5 [56]
2.0 [24]
1.5 [1]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-97%
  • 男性-3%

年齢層

  • 10代-1%
  • 20代-43%
  • 30代-32%
  • 40代-20%
  • 50代-4%
  • 60代以上-1%

痩身・メディカルダイエットなら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

痩身、メディカルダイエットの施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

痩身、メディカルダイエットの最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

脂肪燃焼注射(ダイエット注射)について

けやき美容クリニック 沼津院

脂肪燃焼注射(ダイエット注射)とは? 脂肪燃焼注射(ダイエット注射)とは、体脂肪の増加を抑制し、脂肪のつきにくい体質に改善するために、L-カルニチンやαリポ酸などを注射することでダイエットの補佐をしていく注射のことです。 脂肪燃焼注射は、なかなか落ちない脂肪や、脂肪がつきやすい体質を「ダイエット注射」によって、体質から改善していきます。 脂肪燃焼注射の成分は? ●L-カルニチン 高い「脂肪代謝」の効果があります。 脂肪が体内で燃焼する際には、この「L-カルニチン」が必要です。カルニチンは、体内の脂肪を細胞外へ運び出し、エネルギーとして使われやすい形に変える働きがあります。 しかし、αリポ酸同様に年齢と共に減少する為に、肥満の原因になります。 体脂肪増加抑制の作用があるαリポ酸との併用(混合)注射により、よりダイエット効果が期待できます。 ●α-リポ酸 ブドウ糖をミトコンドリアに届け、効率よくエネルギーに変換します。 新陳代謝を促進し、体脂肪の増加を抑えます。 リポ酸は年齢とともに生産量が減り代謝が落ちるため、このαリポ酸を補充することにより、ダイエット効果がより期待できます。 リポ酸は、別名チオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、細胞のミトコンドリア内で働く補酸素です。 αリポ酸は、ブドウ糖を細胞内のミトコンドリアへ届け、熱エネルギーの生産を高めて新陳代謝を増進促進し、それによる体脂肪の増加を抑制します。 「脂肪燃焼注射」が人気の理由は、 施術はダイエット点滴より早く、クリニックによりますが、わずか10分ほど。お買い物やお仕事の合間に気軽に受けれることができます。 仕事が忙しくて、食事制限や運動の時間が取れない方に最適です。 お気になる方はぜひお近くのクリニックにご相談されてはどうでしょうか。

美容外科でできる足痩せ手術の正しい選び方

ヴェリテクリニック

現在の主な施術方法として以下の4種類(脂肪吸引、脂肪溶解注射、下腿筋萎縮術(TCR)、ボトックス注射)をご紹介します。 ・脂肪吸引 太ももやお腹を中心に行う施術方法として知られることの多い脂肪吸引ですが、ふくらはぎにも用いられることがあります。 人によっては、足首やふくらはぎ周りの筋肉発達だけでなく、その周りに脂肪を溜め込んで痩せにくくなっていることがあります。その場合はこの脂肪吸引という選択もあります。 脂肪吸引は今でこそポピュラーな施術になりましたが、ドクターの腕次第では表面が凸凹になってしまうなど、経験豊かなクリニックで受けなければ難しい施術の一つです。入院の必要はありませんが、腫れや内出血が1週間程度続き、施術後3週間程度は激しい運動はできませんが、効果が高く、メリットは施術した後も脂肪がつきにくいという点です。 ・脂肪溶解注射 ヨーロッパやブラジルでは、脂肪溶解注射で行う部分痩せの方法が確立されてきています。特徴として徐々に除去していく手法で、痩せたい部分に2センチ単位で細かくアプローチしていきます。痛みや腫れが少ないのが魅力ですが、結果が出るのに時間を要し、除去する脂肪の量によって通院回数に差が出ます。 ただし、こちらの方法は筋肉よりも脂肪の方が足痩せに影響している場合に用いた方が効果が期待できます。筋肉が張り出してきて足のラインに影響している場合は、他の選択をすることも必要になると言えます。 ・下腿筋萎縮術(TCR) 下腿(かたい)とは膝から下の部分を指しますが、この「下腿筋萎縮術」とは、ふくらはぎ周りにある大きな3つの筋肉、腓腹筋2種とヒラメ筋で構成されています。この3つの筋肉にアプローチする方法です。つま先で立つと、ししゃもの様な足を作るコブができますが、この3つの筋肉が収縮することで作られます。 大きなメリットとしては、手術で切開する大掛かりなものではないことです。高周波を用いて関連する筋肉の神経伝達を遮断し、筋肉を細くしていく方法である為、ダウンタイムが少ないタイプの施術法になります。 一般的な施術方法としては、長い針を下腿部分に刺し、筋肉の中に高周波を流して筋肉を焼いて萎縮させます。針を入れる為の部分には小さく切開したり縫合したりする場合もあります。 術後は、1ヶ月程度の腫れや内出血、歩行時の痛みなどが2週間〜3ヶ月ほど続くことが予想されます。術後は腫れがある為、足痩せとしての実感は腫れが引く1ヶ月後からで、その後も6ヶ月程度で筋肉の萎縮が進行していきます。結果に時間がかかる分、後に左右差が出たりなどして自分が思ったよりも細くならない場合もあるため、注意が必要です。施術者の腕が未熟だと重要な神経や血管を損傷するなどのトラブルの可能性もあるので、美容外科選びをきちんと行い、ドクターと相談しながら選択する必要があります。 ・ボトックス注射 上記の施術方法よりももっと簡単に足痩せを実現したい、より安全な方法で行いたいという要望に答えるべく、ボトックス注射をするだけで足痩せを実現する手があります。 ボトックスは、顔周りのシワなどで効果を発揮することで有名ではありますが、そのメカニズムが足にも役立ちます。このボトックスはA型ボツリヌス毒素を使って筋肉と神経の結合部に働きかけて筋肉の動きを弱めてくれる働きをします。具体的には、筋肉が収縮する時に生み出される“アセチルコリン”という物質の動きをブロックすることで筋肉自体の働きを抑制することができます。1989年に米国で承認されて以来、各種疾患の治療に応用されているものです。 このボトックスを、ふくらはぎの盛り上がりの箇所である筋肉に注射します。この筋肉に注射することによって、筋肉の働きを弱めて気になる盛り上がり部分を減少させ、足を細くすることが可能です。まず気になるのは安全面ですが、このボトックス注射では通常歩行する際に必要になる筋肉は落としません。 ボトックスを注入する注射は細いものがほとんどであり、痛みの心配はありません。気になる人は麻酔クリームなど準備しているクリニックもあります。ダウンタイムがほとんどなく、治療自体も5分程度で終了します。1回でも効果が見込めるのも魅力の1つです。 デメリットとしては、通常の美容整形より多量のボトックスが必要になることです。また、徐々に元に戻ってしまうので、効果が切れてしまう6ヶ月以内に再度注射をしていく必要があります。追加治療は3ヶ月以上開ければ可能です。 また、筋肉に対して直接アプローチする治療法である為、施述後しばらくはダルさが出たり等、歩行への影響が考えられます。通学や通勤、仕事上で歩行が多い場合は予め普段通りの生活がすぐにできないことも想定した上で、治療時期を選ぶことをおすすめします。

疲労回復、冷え、肩こりに効果のインディバ療法

セントローズクリニック仙台

みなさま、こんにちは。 12月中旬になりほんと寒くまりましたね、体調など崩していませんか? 寒くなると体調も落ち込み、体も硬直してしまいます。 本日ご紹介するのはインディバ療法です。 この治療は高周波温熱マシンで体内に高周波エネルギーによって熱を発生させ、体の内部から温める事で、内臓の機能を高め、血行やリンパの流れを急速に改善し基礎代謝を上げる事ができ、深部の固い脂肪も効果的に燃焼しやすくなります。また、基礎代謝が上がる事により体全体の体質改善、肩こり解消、疲労回復、ダイエット、更年期障害など、女性には最高の治療と言われています。また、体の中から温めますので全身がポカポカになり冷え性の改善にも高い効果があります。深部から温まるのでリラクゼーション効果も与えます。 痛みはまったくありませんが、リンパの流れが悪い部分や脂肪の多い部分はあつく感じる事がありますが、少しづつ改善されます。 これからますます、寒くなる時期でございます、体質改善に少しでもご興味がありましたら、一度、体験下さい。

BNLSの進化版!!アディポトロフィン!!

セントローズクリニック仙台

皆さま、こんにちわ。 最近は急激に気温が下がり、朝晩冷え込みが厳しくなってきましたね~。 風邪には気をつけましょ~(^^♪ さて、今回は、話題のBNLSの進化版のご紹介です。 その名もアディポトロフィンです。 BNLSは小顔治療効果が高いと言われていますが、その進化版となります。 スペイン製の脂肪溶解注射で、ヨーロッパで人気のメスを使わずにキュっと引き締まった フェイスラインをつくる治療です。 メディカルハーブを主要成分としており、脂肪溶解作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用を有し、注入部位の痛みや腫れ、熱感が殆どない、負担の少ない治療となっております。

寝ながら痩身『ゼルティック』

グローバルビューティークリニック

楽痩せの最先端 ゼルティック coolsculpting <FDA認可> FDAが痩身のカテゴリーでの承認に大変厳しいのは有名です。 その中で皮下脂肪の減少で初めて認可された医療機器となります。(医療機関のみでしか受けることができません。) 脂肪を冷却し凍らせることで脂肪細胞を破壊する痩身マシーンです。 脂肪は、水よりも固まる温度が高いため冷却すると皮膚や血液よりも先に脂肪の脂分が固まります。壊れた脂肪細胞は代謝によって体外へと排出されますので、安全性が高く、リバウンドが少ない治療となります。 <施術可能部位> 腹・ウエスト・腰・背中下・二の腕・内もも・膝上・副乳・あご下 患者様のご希望と脂肪のつき方を考慮しながら必要に応じたサイクルで施術させて頂きます。 中々脂肪が落ちない方へおすすめの治療です。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

痩身、メディカルダイエットの基礎知識 入門編FAQ

痩身、メディカルダイエットに関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
メディカルダイエットとは?
A
メディカルダイエットとは、ひとりひとりに合った体質や生活習慣に合わせて、医師や専門家の管理のもと行うダイエットの事です。 自分でダイエットするとなると極端な食事制限や食事を抜いたりしてしまい健康を害してしまう危険性があります。また、リバウンドする危険性もあります。 そのため、専門家にマンツーマンでついてもらい、生活習慣の見直しや体質改善をしてもらうのです。
Q
メディカルダイエットはどういった流れで行われるのですか?
A
メディカルダイエットは一人ひとりに合ったダイエットメニューにより行われます。そのため、最初に採血や体重測定や体脂肪測定といった体の状態をチェックします。 その結果を細かく分析し、個人の体質や生活習慣などを割り出していきます。そして、オリジナルのダイエットプランを実践していくという流れになります。
Q
メディカルダイエットはどのような種類があるのですか?
A
メディカルダイエットといっても、方法は様々あります。おおまかには、食事療法・運動療法・内服や点滴といった三種類に分けられると思います。 食事療法では、毎日の食事の管理を行います。運動療法では、病院やクリニックでの独自のエクササイズを実践します。内服・点滴では、脂肪燃焼効果を上げるダイエットピルや各種点滴の投与をしていきます。

ホンネをチェック!

痩身、メディカルダイエットの
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 1,691

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,335人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!