ただいまの口コミ 73,069 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,578件)

タトゥー除去のおすすめクリニック・口コミ

  • 現在の検索条件
  • タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)
クリニック検索条件の変更と絞り込み
メンズ版の治療案内はこちら   

プールや温泉に入れない・結婚式でドレスを着たいなどの理由で、タトゥーを除去したいという方が増えてきています。タトゥー除去には様々な治療方法があります。レーザー照射法は、レーザーをあてることで強い熱と衝撃を生じさせ、タトゥーを除去する治療方法です。また、皮膚切除法は、タトゥーの入った部分の皮膚を切り取り、周りの皮膚を縫い合わせることで、除去をする治療法です。さらに、皮膚移植・アブレーション(削皮術)などがあります。医師と相談して、それぞれの治療方法の特徴を掴み、自分に合った治療を選択しましょう。このページではタトゥー除去の満足度・ランキング・口コミレポートを表示しています。

タトゥー除去のホンネ口コミ 652

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [260]
4.5 [158]
4.0 [123]
3.5 [68]
3.0 [24]
2.5 [5]
2.0 [1]
1.5 [0]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-75%
  • 男性-25%

年齢層

  • 10代-3%
  • 20代-36%
  • 30代-44%
  • 40代-17%
  • 50代-1%
  • 60代以上-0%

タトゥー除去なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)の施術方法から絞り込む

スペシャルインタビュー

タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

レーザーだけで完全にタトゥー除去するのは難しい? 本当にキレイに消すために必要な治療法とは

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

若い頃に入れてみたものの、後になって消したくなったタトゥー。入浴施設やプールなどでの入場規制といったトラブルの他、デザインに対しての価値観が変わったなど、様々な理由でタトゥー除去を行う人が増えています。 タトゥー除去を行うためには皮膚切除やレーザーによる治療法がよく知られており、最近は特に手軽に行えるという事からレーザーによる治療が人気です。 しかし、実はこのレーザーによるタトゥー除去。ただレーザーを当てて色素を消せばいいというわけではなく、本当にキレイにタトゥーを消すためには更に一歩踏み込んだ治療が必要となる事はあまり知られていません。 今回は、タトゥーを本当にキレイに除去するための治療法の選び方をご紹介します。

【タトゥー除去】

クリニカ市ヶ谷

【Qスイッチルビーレーザー】 ✤Qスイッチルビーレーザーは皮膚内部の色素を効果的に破壊し除去します。 刺青の色素のみを選択的に破壊し、消す装置です。 コラーゲンなどの正常組織を傷つけることがありません。 血管にも損傷を与えづらいため、照射後に皮下出血を生じることはごくまれです。 【刺青切除縫合】 ✤形成外科医が最も訓練を受けるのが縫合技術です。 小さなタトゥーは、1回の手術で切除できるため非常に早く消すことができます。 大きなタトゥーは、切除縫合を2回、3回と繰り返して除去することができます。 【植皮術】 ✤大きな刺青を消すには、植皮ができるクリニックかどうかが決め手です。 非常に大きな刺青の場合や、ある程度小さいけれど、治療を急いでいる場合などは植皮術も選択できます。 特に大きな刺青や、下肢などの刺青を消す際の植皮では、術後の安静が手術成功の決め手となりますので、入院施設のあるクリニックや病院での治療が理想的です。 当クリニックは東京都心にありながら入院施設を完備しておりますので、安心して手術を受けることができます。

デュアルレーザー治療

千葉中央美容形成クリニック

デュアルレーザー治療は、エルビウムヤグレーザーと従来のQスイッチヤグレーザーを組み合わせたコンビネーション治療です。刺青の入っている部位や大きさ、カラーに左右されず、一度の治療で除去が可能となりました。従来のレーザー治療で1年以上かかってしまったもの、剥削法(アブレーション)でしか対応できないようなタトゥーや刺青にも、デュアルレーザー治療は有効です。 ◇「エルビウムヤグレーザー」+「Qスイッチヤグレーザー」 表皮から真皮層をエルビウムヤグレーザーで真皮層を30〜40%残して削ります。その後、Qスイッチヤグレーザー(スペクトラ)で真皮層の深層部に残った色素(刺青やタトゥー)にレーザーを照射していきます。 ■デュアルレーザー治療のココがポイント! デュアルレーザー治療なら、1度の治療でカラータトゥーも刺青の大きさも問題ありません。今まで治療に時間がかかって刺青・タトゥー除去を躊躇されていた方にも適用。 ● 足首や指先にポイントで入っているタトゥーの場合、レーザー治療だと数回の治療が必要で時間がかかってしまうが、デュアルレーザー治療なら1回の施術で除去が可能! ● 肩や背中に入っているハガキ大くらいある大きさのタトゥーや刺青でも1回の施術で除去が可能! ※1回のデュアルレーザー治療で除去できるタトゥーや刺青は、入っている部位や大きさによります。

タトゥー除去とは、

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

タトゥー(刺青)除去には様々な施術方法があります。 ●レーザー シミ治療でも用いるレーザーを使い、タトゥー(刺青)を消していく方法です。 メスなどで皮膚を切ることがないので傷跡が残る心配が非常に少なく、 また少ないダウンタイムでタトゥー(刺青)を消していくことができます(症例により完全に消えないことも有ります)。 目立つ場所に入れてしまったタトゥー(刺青)を消したい方、ダウンタイムが気になる方、また女性の方にもおすすめです。 ●切除 タトゥー(刺青)を直接切り取る方法です。 タトゥー(刺青)が入った皮膚をデザインに沿って切り取ってきれいに縫合します。 少ない手術回数でタトゥー(刺青)を確実に消すことができます。 小さいタトゥー(刺青)を確実に除去したい場合にはお勧めです。 ●削皮 「削皮(さくひ)法」は形成外科特有の採皮刀を用いて、タトゥー(刺青)を削り取ります。 一度の手術で、広範囲(体表面積数%まで)のタトゥー(刺青)を取り除くことができます。 削った後の皮膚は新しい皮膚が再生するのを待ちます。 結果として熱傷(火傷)のような瘢痕(傷跡)が残ります。 「レーザー除去法」のように治療回数で長期に及ぶことはなく、また「切除法」のように縫合した瘢痕(傷跡)が残ることもありません。 広範囲のタトゥー(刺青)を、できるだけ少ない治療回数で消したい場合には、お勧めの治療法となります。 ●植皮 切除した部位に別部位から採取した皮膚を移植する方法が「植皮」です。 「植皮」は、全層植皮と分層植皮があります。 ①全層植皮:面積は狭いが簡単に(単純に)切除することが難しい指や手背(手の甲)のタトゥー(刺青)を一度の手術で取り除くことができます。 ②分層植皮:肩甲骨を覆うようにあるようなや比較的広範囲におよぶタトゥー(刺青)を一度の手術で取り除くことができる効果的な方法です。 しかし、採取部位(採皮部)が損傷することによるため、採皮部位など慎重に検討をしないといけません。 ●削皮+レーザー 2種類のタトゥー(刺青)除去法の組合せで行う手術であり、お互いの欠点を補うのが「削皮+レーザー法」です。 「削皮法」は、広範囲におよぶタトゥー(刺青)を一度の手術で取り除くことができる効果的な方法ですが、 皮膚(真皮層)の深部まで沈着した色素へは深く除去せざるを得なく、その場合は皮膚の治癒に時間を要します。 結果的に傷が汚くなる、といった欠点もあります。 そこで「レーザー除去法」を組み合わせることによって、この欠点を補い、深く入ったタトゥー(刺青)も浅い創面で消すことを可能としたのが 「削皮&レーザー法」となります。 単純な「削皮法」と比較するとダウンタイムを少なくしてタトゥー(刺青)を消すことができます。 クリニック毎に対応施術が異なりますので、お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

ペアリングレーザー治療

札幌中央クリニック

日本で数台しかないピコレーザー(エンライトン)とエルビウムヤグレーザーによる、ペアリングレーザー治療。今まで1年くらいかけてレーザーで除去治療を行っていた方も、たった1回の治療で刺青・タトゥー除去が可能です。最初にエルビウムヤグレーザーで表皮から真皮層を削り、その後真皮層に残ったインク粒子をピコレーザーで破壊していきます。ペアリングレーザーは、刺青・タトゥーの入っている部位や大きさ、色の影響を受けません。 ① 局所麻酔 ② エルビウムヤグレーザー 表皮から真皮層をエルビウムヤグレーザーで削ります。剥削法(アブレーション)と比べて真皮層を30~40%ほど残すことで、皮膚の上皮化がスムーズになります。浸食も少なくなるため、刺青・タトゥーの大きさに左右されずに除去が可能となりました。 ③ ピコレーザー 真皮層深くに残ったタトゥーインクの粒子にレーザーを照射。 表皮がなくなった状態へピコレーザーを照射すると、奥深く入っているタトゥーインクの粒子にも1度で反応させることが可能! ④ 施術後 軟膏塗布した後に、専用のパットを貼ってお帰りいただけます。 治療後の状態 1週間程度で新しい皮膚がほぼ出来上がります。 1週間〜1ヶ月間、新しい皮膚に赤みがあります。 1ヶ月〜3ヶ月頃から赤みが徐々に消えていき、色素沈着(茶色っぽい跡)がみられます。 3ヶ月目以降から火傷のような傷で目立ちにくくなっていきます。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

特集ページ

美容医療パーフェクトガイド

美容医療パーフェクトガイドをすべて見る

タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)の基礎知識 入門編FAQ

タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
皮膚を切らなくても刺青除去することは可能ですか?
A
レーザー照射法を用いることにより皮膚を切ることなくタトゥーを除去することが可能です。効果も高いので、最近人気の施術です。
Q
アイラインのアートメイクも除去できますか?
A
可能です。レーザーにて数回照射し色素を薄くしていきます。初回は腫れや違和感を感じる方がいますが回数を重ねるにつれ収まってきます。 効果も回を重ねるごとに増していきます。完治までに必要な照射回数は個人によって異なりますが色の薄いアートメイクならば1回のレーザー治療で効果的に除去できる場合もございます。 治療方法も数種類ありますので、自分にあった治療をするためにも担当医師とよく相談しましょう。
Q
タトゥー除去中に痛みはありますか?
A
レーザーによるタトゥー除去では、輪ゴムではじかれた程度の痛みがあります。痛みに弱い方向けには簡単な麻酔を使用する方法もあるようです。 切除法には麻酔を打ちますので痛みはほぼ感じません。麻酔注射の痛みが苦手な方にも、貼る麻酔を用いる治療方法を用意している病院・クリニックも あるようですので治療方法の説明時に確認してみるといいでしょう。
Q
刺青除去の治療後に気を付けたほうがいいことやダウンタイムはありますか?
A
手術方法により異なりますが湯船には入れない、手術後包帯を巻くなどが一般的です。 手術後の痛みはほとんどありませんが少し腫れることがあります。腫れは2,3日程度で収まる事が殆どのようです。

タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

タトゥー除去(刺青・入れ墨を消す治療)の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 652

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,336人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!