ただいまの口コミ 76,786 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,548件)

美容整形 の美容外科を探す

美容外科で美容整形を実際に受けた人の口コミ29,345件。美容整形(美容外科)を体験した人が書いた治療の効果や痛み、術後の経過、費用等の体験談を参考に、人気の病院、クリニックを探してみましょう。実際の料金の安いクリニックを探したり、医師の一覧、症例写真一覧で検索することもできます。

美容整形には、ヒアルロン酸やボトックスなど注射を使った施術から、切開や骨削りなどを必要とする大きな手術まで様々な施術法があります。まずは、あなたのお悩みや目的に合った適切なクリニックを見つけましょう。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

二重、鼻、汗、わきが、豊胸、脂肪吸引、若返り、肌、薄毛、脱毛、小顔、唇、刺青、ピアス、歯☆クリック☆

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

美容整形(美容外科)のお悩み・目的から探す

美容整形(美容外科)の施術一覧。あなたのお悩み解決にピッタリのクリニックを探してみましょう。

美容整形(美容外科)の最新口コミ

スポンサードリンク

美容医療コラム

ボトックス注射で改善できるしわとそうでないシワの違い

口コミ広場編集部

弓削田浩主 医師

年齢とともに気になってくる肌のトラブルといえば、多くの人が思い浮かべるものがシミとシワではないでしょうか。 シミについては紫外線をしっかり防いでいればある程度予防する事が可能とよく知られていますが、一方でシワについては年を取ると誰でも出来てしまうものと諦めている人が多いかもしれません。 そんな加齢によって生じる肌トラブル「シワ」を解消する美容医療の一つがボトックス注射で、シワが気になる場所に注射を打つだけで簡単に悩みが解消できると、高い人気を誇っています。 しかし、このボトックス注射で解消できるシワは一部のシワのみ。今回は、ボトックス注射によるシワ解消の効果や、解消できるシワの種類などについて詳しく解説いたします。

自力で二重まぶたにする事は可能? 方法別の効果について

口コミ広場編集部

弓削田浩主 医師

手っ取り早く二重まぶたを作るのなら、美容整形に勝るものはありません。しかし、切開しないプチ整形であっても、術後には多少なりともダウンタイムが必要になりますし、万が一の失敗も怖いという方は多いですよね。 そのようなときに利用できる、自力で二重まぶたをつくる方法について、それぞれの効果やデメリットなどを詳しくご紹介していきます。

小鼻を小さくする整形手術の方法って?リスクやダウンタイムはあるの?

口コミ広場編集部

弓削田浩主 医師

鼻は顔の中心にあるパーツのため、非常に目立つ部位。特に、小鼻が横に広がっていたり、張り出していると、どうしても顔の中で目立ってしまうものですよね。そんなお悩みを解消して女性らしい小さな小鼻にするためには、皮膚を切開して縫い縮める「小鼻縮小術」という方法があります。鼻の整形手術の中ではポピュラーな方法ですが、一体どんな特徴のある手術なのでしょうか?その詳しい方法や、気になるリスクなどについて解説していきます。

女性化乳房について

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

女性化乳房とは、男性にもかかわらず女性の様な乳房が有る状態のことです。 女性のような乳房の膨らみが見られることから「女性化乳房」と呼ばれます。 「女性化女房」と検索される場合もありますが、女性化乳房の誤りに過ぎません。 大きくは、乳腺組織が肥大する真性女性化乳房と、乳房の脂肪が増加するものの乳腺組織の肥大はみられない偽性女性化乳房と鑑別する必要があります。 過去に、筋力増強目的でステロイド(同化ホルモン)を内服している場合などの副作用として話題になったこともあります。 【分類】 <乳腺組織に着目した分類> 真性女性化乳房:乳腺組織が増殖する女性化乳房 偽性女性化乳房:乳腺組織の増殖はなく、脂肪組織によって乳房があるように見える女性化乳房 <遺伝子的背景を考慮した分類>・・・真性女性化乳房の中でも、遺伝子的な背景を考慮した分類 続発性女性化乳房:加齢や肝疾患・甲状腺中毒症・薬剤服用などにより後天的に発生する女性化乳房 遺伝性女性化乳房:小児期より発症し先天性ないし遺伝性と考えられ、思春期前から発症して反復性の乳房増大および低身長等となる女性化乳房 とされます。 更には、形態的にも分類がされています。乳房の形に着目した分類です。 Grade-I 極軽症:乳輪部の拡大・肥大 Grade-II 軽症:乳房下部皺より乳頭・乳輪が上 Grade-III 中等症:乳房が下垂し、乳頭・乳輪部が乳房下部皺と同じか1cm以内 Grade-IV 重症:乳房が下垂し、乳頭・乳輪部が乳房下部皺より1cm以上下方 【原因】 乳腺組織の肥大による真性女性化乳房は、思春期や更年期によるホルモンバランス乱れ、肝臓等の内臓系の疾患や薬剤性によるものがあります。 単なる脂肪沈着である偽性女性化乳房は、上記の異常が見られず、脂肪沈着により形態だけが女性化したものとされます。 真性女性化乳房の中でも遺伝性女性化乳房症は、エストロゲン過剰により発症します。ですから、エストロゲンの過剰産生を抑制することで発症や再発を防止できる可能性があります。(当院ではエストロゲン検査も可能となっております。) 【診断】 上記のように分類がありますが、しかしながら実際の診断には、 乳腺の肥大:乳腺そのものが肥大していて、比較的固い印象な乳房です。お饅頭が入っているように蝕知できます。 脂肪の沈着:乳房全体が柔らかく膨らんでいる場合です。乳腺との区別がなく全体的に脂肪を認めます。 また、既往歴(今までの病気やケガ)や薬物使用の内容を確認し、状況に応じて採血検査(女性ホルモン等も含みます)や画像診断(MRIやCT)を行います。片側の場合には男性の乳がんも考慮する必要があります。 【治療】 治療は、原則手術となります。 ①乳輪部および乳輪周囲の肥大であれば、Grade-I、Grade-II、乳輪下切開により乳腺部を切除します。乳腺部は病理検査により乳腺であることや異常がないことを確認してきます。(保険診療・自由診療) ②乳房肥大が軽症・中等度であれば、Grade-II、Grade-III、乳房下の沈着脂肪を吸引します。(自由診療) ③乳房肥大が重度であれば、Grade-IV、乳房を切除するような手術となります。その際は、乳輪・乳頭を頭側(上方)に移動しなければなりません。(自由診療) 【女性化乳房手術のリスク】 手術ですから、デメリットであるリスクも伴います。 ①乳腺切除 切除の場合、Grade-IやGrade-IIでは、乳輪下に切開線が入ります(左右それぞれ2~3cm)。乳輪が大きな方や乳輪の境目がわかりにくい方などは、切開線が僅かに白く残ってしまう場合もあります。他には、皮下出血や、非常に稀ですが場合により組織の壊死の可能性があります。これは、乳輪・乳頭部の血流を皮下出血が阻害することによると考えられます。 ②乳房切除 乳房下や乳輪周囲に沿って切開線が入ります(左右それぞれ15~25cm)。長い縫合線であるため、部分的に色素沈着になってしまう可能性もあります。その場合、傷跡治療として改めて修正を行う場合もあります。 ③脂肪吸引 吸引の場合、左右2か所(合計4カ所)に数mmの切開線が入ります。傷は時間と共に気にならなくなることが多いのですが、稀に肥厚性瘢痕になることもあります。その際は、傷跡治療として改めて切除術を追加することもあります。 現在、東京都内では、保険診療で女性化乳房を行っているクリニックは非常に数が少ないので、お悩みの方は、良くお調べになってから一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

【フェイスリフト】で タルミ改善

ノエル銀座クリニック(美容整形外科・美容皮膚科)

<フェイスリフトとは?> フェイスリフトは、鼻を高くする、一重を二重にするといった美容形成手術とは違い、若返り/アンチエイジングのための手術です。 「タルミを引き上げて、若いころのお顔立ちに戻る手術」ともいえます。 <たるみの発生原因> 1.加齢 2.紫外線によるコラーゲンの減少 3.筋肉の衰え タルミは、加齢や紫外線によるコラーゲンなどの減少・変性により皮膚の弾力や張力が失われることに加え、筋肉の減少や張力の低下によって、重力により皮膚や筋肉が下にさがることで生じます。 モデルさんや女優など、どんなにきれいな人でも加齢とともにタルミがでてきます。頬にあった筋肉、皮膚が下に移動するため頬がくぼんで、その下が逆に膨らみ、一般的にたるむと顔の輪郭が四角くなります。 フェイスリフトは皮膚だけでなく、たるんだ筋膜・筋肉も引き上げて元の位置にもどすため、若い頃と同じ輪郭に戻ります。 <フェイスリフトの適応年齢> フェイスリフトに年齢制限はありませんが、40歳前後の方が最も多いです。 この年代は、タルミが気になりだす頃です。 タルミが初期のこの頃に手術をすると劇的な変化がないため、周囲の人からは「痩せてキレイになったの?」としか言われないような、気付かれにくいメリットがあります。 40歳からの10年が、30代のハリや衰えと違い、お顔のタルミに差が出てくる時期です。 しかし最大のメリットは、術後10年以上たっても元の状態に戻ることはなく、若い顔立ちを維持できることです。今より老けていくことと、今より若くなるのでは大違いです。 また一生に一度しか受けられないものではありません。10年、15年経って、また加齢によるタルミが気になれば、何度でも手術が受けられます。40歳前半で受けた方が、60歳前後で再び受けるケースも珍しくありません。 フェイスリフトはこめかみ、ネックのリフトアップを合わせて行うがいいと考えております。 特に首まわりまでしっかり皮膚の剥離して、筋膜・筋肉から引き上げを行わないと本来の顔全体の若返り効果が得られないためです。

美容医療コラムをもっと見る

スポンサードリンク

  症例紹介

美容医療パーフェクトガイド

美容医療パーフェクトガイドをすべて見る

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 76,786

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,363人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!