ただいまの口コミ 83,993 件! メンテナンスのお知らせ

クリニックを探す (登録クリニック2,207件)

美容医療コラム

最新の美容医療情報や美容整形術のポイントなど、美容外科・皮膚科治療の詳しい情報や普段表に出てこないような美容医療の裏話などを、美容医療の専門家が発信!

メンズ版の治療案内はこちら   

脱毛や除毛後に炎症やかゆみなど肌荒れが起こる原因と対策方法

口コミ広場編集部

渕上淳太 医師

脱毛に関心があるけれど、敏感肌などで脱毛の刺激によって肌が痛むことを心配している人もいるのではないでしょうか。ネットの脱毛に関するクチコミでは痛みや赤みなどの炎症が起きたという声も見られます。脱毛後のかゆみや赤みなどの炎症は日頃のスキンケアと深い関係があります。 そこで今回は脱毛後のかゆみなどの炎症を防ぐ方法や、脱毛後のスキンケア法なども含めて脱毛と炎症の関係性について解説します。

埋没法をした後に腫れる理由と腫れを抑えるための注意点

口コミ広場編集部

藤本卓也 医師

術後の当日からメイクが可能で、仕事も休むことなく、メスを使わずパッチリ二重瞼に!美容クリニックの二重整形術、埋没法の広告を見ていますと、まるで美容室に行く感覚で憧れのパッチリ二重になれるような内容が散見されます。 しかし、いくらお手軽な二重整形の埋没法と言えど、体の組織に「麻酔」、「糸」、「針」を使用して行う施術であることには変わりがない為、ダウンタイムという術後回復期間が必要になります。その顕著な術後症状の一つが、「腫れ」です。 それにしても、この腫れは一体なぜ起こるのでしょうか?また、この腫れを抑えるために何か事前対策が打てないのでしょうか? 今回は、二重整形埋没法の術後症状である「腫れ」について、あらゆる角度から徹底解説していきます。

傷跡治療・修正について

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

傷跡治療・修正のポイントは、 ①どの部位に傷跡があるのか ②大きさはどの程度か ③どの様な過程で傷跡になったのか です。 これらは治療の方針を決めるのに非常に重要となります。 部位や大きさ、そして色などを評価しながら、時には性別を考慮して 単純切除術、シリアル切除術、アブレージョン(削皮術)、等の方針を決定していきます。 関節部位の場合や、非常大きな面積の場合には、術者を選ぶ際に注意が必要です。 中には関節の動きが悪くなり生活に支障を来したりすることがあったり、大きな面積を一度に行って、脱水に陥り命の危険を冒したりします。 単純に切るだけと思っていらっしゃる方もいるでしょうが、術前の評価や術者の技術が非常に重要になるのです。 ◆切除術 傷跡(瘢痕)を直接切り取る方法です。 傷跡(瘢痕)が入った皮膚をデザインに沿って切り取ってきれいに縫合します。 少ない手術回数で傷跡(瘢痕)を確実に消すことができます。 小さい傷跡(瘢痕)を確実に除去したい場合にはお勧めです。 単純に切除縫合と言っても、医師の熟練した技術が必要です。 縫合方法で、術後しばらくした後の傷の状態が違ってきます。 ◆アブレージョン(削皮術) 「削皮(さくひ)法」は形成外科特有の採皮刀やCO2レーザーを用いて、傷跡(瘢痕)を削り取ります。 一度の手術で、広範囲(体表面積数%まで)の傷跡(瘢痕)を取り除くことができます。 削った後の皮膚は新しい皮膚が再生するのを待ちます。 結果として新たに熱傷(火傷)のような瘢痕(傷跡)を作ることになります。 「「切除法」のように縫合した瘢痕(傷跡)が残ることもありません。 広範囲に広がった傷跡(瘢痕)を、できるだけ少ない治療回数で消したい場合には、お勧めの治療法となります。 ◆植皮術 切除した部位に別部位から採取した皮膚を移植する方法が「植皮」です。 「植皮」は、全層植皮と分層植皮があります。 ①全層植皮:面積は狭いが簡単に(単純に)切除することが難しい指や手背(手の甲)の傷跡(瘢痕)を一度の手術で取り除くことができます。 ②分層植皮:肩甲骨を覆うようにあるようなや比較的広範囲におよぶ傷跡(瘢痕)を一度の手術で取り除くことができる効果的な方法です。 しかし、採取部位(採皮部)が損傷することによるため、採皮部位など慎重に検討をしないといけません。 研鑽を積んだ医師ならではの手法であり、高い技術を要します。 特に手周囲を扱う場合は、手外科を専門に学ぶ必要があり、非常に高い知識が問われる手技です。 クリニック毎に施術方法が異なりますので、お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーンの形を整える小陰唇縮小術について

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

普段は人の目に触れる事が無いデリケートゾーン。人に見られないという事は、裏を返せば自分以外の人の状態もよく分からない部分であり、それだけに色々と気になってしまうという女性は多いのではないでしょうか。 そんなデリケートゾーンのよくある悩みとしては、黒ずみやニオイといったある程度セルフケアで改善していけるものだけではなく、その形状についての悩みを持っている方も多いと思います。 今回は、そんなデリケートゾーン悩みやコンプレックスを解消する手法の一つ、婦人科形成術である「小陰唇縮小術」について、施術方法、術後経過などあらゆる角度から詳しくご紹介します。

シワをのばす!タルミを上げる!だけじゃあない!!

東京中央美容外科世田谷院

東京中央美容外科世田谷院院長の村田です。 今回は、【本来は、自分のカラダが作りだしてくれる】はずの成分、「コラーゲン」についての説明です。 皮膚コラーゲンの量が、もし10代のまま一生減らなかったら・・・。 皮膚のシワやタルミができてしまうのを、かなり抑えられるのは確かです。 医学的に言えば、一番てっとり早く、減ってしまったコラーゲンを再び増やす方法は、皮下に傷を作ることです。乱暴な話のように聞こえますが、スレッド(糸)リフトや超音波リフトで皮下にコラーゲンが増えるのは、この理論の応用です。 通常、浅い切り傷は数日でくっつきますよね。医学的には癒合といいますが、これは傷のできたエリアに数日でコラーゲンが増えて、支持組織として皮膚と皮膚をつないでいるのです。 ヒトのカラダはこういった反応をすごく迅速に行うことができるのです! スレッドリフトに使う糸は、人体への悪影響が少ないもののやはり異物です。糸が通過した場所には見えないけど傷が出来ています。糸の周りの組織を修復しようと、カラダがコラーゲンを作ってくれるのです。 超音波リフトも、もちろん表面からはわかりませんが、皮下に無数の熱による傷をつけます。皮下ではその傷を修復しようと、カラダがコラーゲンをしっかりと作ってくれるでしょう。 コラーゲンの材料はアミノ酸です。カラダがしっかりとコラーゲンを作ってくれるように、アミノ酸(タンパク質)を適度に含んだ食事を摂ることも忘れずに!!

シミが悪化した場合

サクラアズクリニック天神【ドクタースタッフ全員女性】

シミが悪化した場合 【放っておくとこんなことに・・・「これぐらい平気」は、平気じゃないんです】 「大丈夫!」と思って放ったらかしだとどうなるの? 「シミ・そばかす」といっても、症状や状態は様々です。 症状の初期段階ではシミもそばかすもそんなに目に見えないから大丈夫と思って放置しがち・・・ お肌の深部では、メラニンが増殖しているかもしれないので、貴方が気を抜いていると大変なことに! 悪化してしまう前に、診察で先生に相談してみましょう。自分のお肌の状態がわかりますよ。 お肌には、紫外線を浴びると『メラニン』と呼ばれる色素が作られます。このメラニンが肌の色を黒く(褐色)するのですが、メラニンは普通、肌のターンオーバー(約28日)によって抜け落ち、黒くなった肌も元通りになっていきます。 しかし紫外線を大量に浴びたり、長期間、浴びる生活をしたりすると、このメラニンが過剰に作られることがあり、過剰にメラニンが作られた場所が『シミ』となってしまったり、出来てしまったシミがより濃くなってしまいます。 メラニンを作る能力は遺伝によって決まっており、紫外線を浴びても赤くなるだけで黒くならない人はメラニンを作る能力が低いので、シミも出来にくいことが分かっています。 しかし、メラニンはお肌の細胞を紫外線から守る働きがあるため、メラニンを作る能力が低い人はシミは出来づらくても皮膚癌になりやすいことも判明しており、より注意が必要なのです! 《皮膚癌》 皮膚ガンにも様々なタイプがあり、メラニンが影響しているものがあり、メラノサイトが悪性化してガンとなり、転移するケースがあります。 基底細胞がん、有棘細胞がん(扁平上皮がん)・悪性黒色腫(メラノーマ)の3種類が代表的な皮膚癌です。 メラノサイトを悪性化させない為にも、きちんとサンスクリーン剤を外用し、日傘などを使用して直接的な太陽の光を避けるようにしましょう!夏だけでなく1年間を通じてUVケアを行うことが大事です。

表情ジワの予防・消す対策〜眉間やおでこ、ほうれい線などの治療法など徹底解説〜

口コミ広場編集部

西尾謙三郎 医師

表情豊かだからこそできる「表情ジワ」。でもあまりにシワが多すぎると老けて見られるかもと気にされる人は多いよう。できれば表情ジワを気にせずに思い切り笑ったり、お友達との会話を楽しみたいですよね。 若くてもできる表情ジワについて、対策をまとめました。

眉間のシワ取り整形の治療法と種類について ボトックスやヒアルロン酸注射の方法と注意点

口コミ広場編集部

西尾謙三郎 医師

左右の眉頭の間に縦に入ってしまう眉間のシワ。顔の中心部ということもありとても目立って気になりますよね。それに怒った顔にも見られそう。 シワか癖づいてしまうとなかなか取れない眉間のシワを、美容医療で整形しようとお考えの方に、眉間のシワ取り整形治療法の種類と、それぞれの特徴について解説します。

ボトックス注射の治療効果とは?シワ取り、多汗症、痩身などの持続期間と方法について

口コミ広場編集部

西尾謙三郎 医師

美容医療などのボトックス注射は、シワ取りや多汗症、痩身など様々な目的で行われますが、実際にはどんな効果があり、またどれだけ持続性があるのか、副作用などはないのかなど、詳しくお伝えします。

埋没法と切開法のどちらで二重整形をするか。その特徴と選び方

口コミ広場編集部

藤本卓也 医師

かつて二重整形と言えば、 芸能人やモデルさんなどごく一部の限られた人が行う美容行為でした。しかし、そんな感覚もすっかり今は昔になってしまい、もはや二重整形は、まるでマツエクやツケマをするような感覚でお気軽に行えるようになりました。 二重整形がこれほどお手軽になった背景には、「プチ整形」と呼ばれる埋没法が、そのリーズナブルさと施術の簡単さから、一挙に普及したことが挙げられますが、やはり、埋没法では、「半永久的な効果の持続が難しい」などのデメリットがあることも否定できません。 今回は、二重整形をやるなら埋没法と切開法、一体どちらで行う方がベストなのか、それぞれの特徴と選び方を徹底解説いたします。

皮膚科での脱毛で使われる麻酔の種類とそれぞれの痛みへの効果

口コミ広場編集部

松島桃子 医師

皮膚科で脱毛するとき、気になるのは「脱毛時の痛み」についてですよね。 医療脱毛はエステなどの光脱毛よりも効果の高い「レーザー脱毛」を行うため、脱毛時の痛みはエステサロンなどよりも強いといわれています。 痛みへの強さは人それぞれですが、できるならなるべく負担や痛みなく脱毛したいのが本音ですよね。 ここでは皮膚科で脱毛する際に使用される麻酔の種類と、それぞれの麻酔がどのように痛みを和らげるのかを詳しく解説していきます。

Vラインの脱毛は何回くらいかかる?早く効果を出す方法とデザインの選び方

口コミ広場編集部

松島桃子 医師

今や、女性のたしなみとなってきているVライン脱毛。水着や下着になった時にムダ毛がはみ出る心配が無いだけでなく、自己処理のトラブルを防ぐ事が出来るという点でも大きなメリットがあります。 しかし、体の中でも特に太い毛が密集しているVラインだけに、脱毛にどれくらい時間がかかるのか?そしてしっかりと脱毛効果が出るのか?と不安になっている人も多いと思います。 そこでこの記事では、サロンやクリニックでのVライン脱毛の効果や回数の目安、そしてデザインを選ぶ時のポイントなどを解説します。

毛穴の開きにケミカルピーリングは効果があるの?

口コミ広場編集部

松島桃子 医師

肌トラブルにも色々な種類がありますが、メイクノリを悪くするなど色々な問題のある毛穴の開きは、特に気になるトラブルの一つではないでしょうか。 毛穴トラブルの解消に向けた治療方法の一つとしてケミカルピーリングがありますが、そもそも毛穴の開きがなぜ発生するのか、そして解消するためにはどういう対策が必要なのかという事を知っておくと、ケミカルピーリングの上手な取り入れ方もより分かりやすくなります。

レーザーだけで完全にタトゥー除去するのは難しい? 本当にキレイに消すために必要な治療法とは

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

若い頃に入れてみたものの、後になって消したくなったタトゥー。入浴施設やプールなどでの入場規制といったトラブルの他、デザインに対しての価値観が変わったなど、様々な理由でタトゥー除去を行う人が増えています。 タトゥー除去を行うためには皮膚切除やレーザーによる治療法がよく知られており、最近は特に手軽に行えるという事からレーザーによる治療が人気です。 しかし、実はこのレーザーによるタトゥー除去。ただレーザーを当てて色素を消せばいいというわけではなく、本当にキレイにタトゥーを消すためには更に一歩踏み込んだ治療が必要となる事はあまり知られていません。 今回は、タトゥーを本当にキレイに除去するための治療法の選び方をご紹介します。

クリニックで産毛脱毛は可能? 色素の薄い毛への脱毛効果

口コミ広場編集部

山本一仁 医師

普段はあまり気にすることがないのに気になり始めると目立ってしまうのが「産毛」です。産毛は個人差こそあるものの、性別を問わず誰にでもあるものです。とくに女性においては肌色をトーンダウンさせたり、メイクがうまく映えない原因のひとつでもあります。 そこで今回は気にならないようで気になる産毛の脱毛や、産毛の脱毛のメリットとデメリット、そして脱毛する際のクリニックの選び方などをご紹介します。産毛の脱毛を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

皮膚科で受けられるシミ消し治療

口コミ広場編集部

小澤剛 医師

加齢とともに気になるトラブルは多々ありますが、メイクの際などに目立ってしまい、非常に気になるものといえばやはり「シミ」のトラブルですよね。 シミと一口に言っても色々な種類がありますが、基本的にシミは肌内部でメラニンという色素成分が定着してしまう事によって引き起こされるもので、セルフケアだけでは中々解消できないというものでもあります。 今回は、そんなシミの悩みを解消するために、皮膚科で受けられる様々な治療方法の特徴と、それぞれの利点、症状に合わせた選び方などをご紹介します。

手の甲に出来るシミの原因と解決法

口コミ広場編集部

小澤剛 医師

顔よりもその人の年齢が出やすいと言われる首や手。特に、手に年齢を感じやすいポイントとしてはシワだけではなく、シミも強く影響してきますよね。手の甲にひとつでもシミが出来ると、それだけで手がグッと老けた印象になってしまいます。 そうならないためには日ごろからしっかりとケアを行う必要がありますが、ちゃんとした対策を行うためには、まずは手の甲のシミのその原因を知っておかなくてはなりません。それでは、手の甲にシミが出来る原因と、解決法についてご紹介していきましょう。

肝斑とは?その原因や見分け方

口コミ広場編集部

小澤剛 医師

若い頃は全く気にしていなかったのに、30代を超え始めたころから徐々に肌のシミやくすみが気になりだした……。シミができないように、紫外線対策を頑張っているのに何故? というような悩みがある方。それ、シミはシミでも「肝斑」という種類かもしれません。 シミは紫外線によって出来るものという認識だけでいると中々予防や解消の難しい肝斑について、詳しくご紹介します。

毛穴の黒ずみはシミが原因かも? 角栓による着色との違いと解消法

口コミ広場編集部

佐治なぎさ 医師

年齢を重ねてくると特に気になるのが毛穴の黒ずみです。洗顔やクレンジングなどで綺麗になってもまたすぐに汚れて黒ずんでしまう、そしてまた入念に洗顔を繰り返すという人は多いことでしょう。苦肉の策として、黒ずみをメイクで隠してごまかしている人も多いようです。 繰り返す毛穴の黒ずみは単純な汚れではなく「シミ」になっている可能性があることをご存知でしょうか。毛穴の黒ずみの原因がシミであるとした場合、洗顔では解消できません。そこで今回は毛穴の黒ずみについてその原因や種類、そして解消法について解説します。

脱毛をした時に起こり得る【硬毛化】の原因と発生確率

口コミ広場編集部

吉見公一 医師

脱毛に通い始めてからもうかれこれ1年近くたっているにも関わらず、あれ? なんだか最近、以前より毛が増えてるような気がする...と、感じたことはありますか? それはもしかして、脱毛の「硬毛化」が起きてしまっているかもしれません。 硬毛化とは、なんだか聞き慣れない言葉ですが、脱毛に通う上で誰もに起こるかもしれないリスクのひとつです。 今回は、脱毛をした時に起こり得る「硬毛化」の原因と発生確率について詳しく徹底解説いたします。

スポンサードリンク

お悩み・目的からコラムを探す

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 83,993

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,353人以上 の医師陣が回答!
総回答数 28,000件以上!