ただいまの口コミ 76,454 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,550件)

目元整形・クマ治療の コラム一覧

メンズ版の治療案内はこちら   

疲れて見えるまぶたのくぼみを改善

大塚美容形成外科

目元は印象を左右する重要な部位です。加齢によるまぶたのたるみや目の下のクマやくぼみを気にされている方が多いのですが、目の上のくぼみも老けて見える大きな要因です。まぶたが眼球の丸みにそってくぼむと、くぼんだ部分に影ができ、疲れている印象を与えてしまいます。 目の上のくぼみができる原因は、遺伝などの先天的な要因や加齢で目の周りにある眼輪筋や組織がたるむことが要因で眼球が下にさがります。そのため目の上の眼窩脂肪は後ろに後退し、目の上がくぼんでしまいます。眼窩脂肪とは、眼球の周りを囲っている眼球のクッションのような役割をしている脂肪のことです。 ちなみに目の下のくぼみは、眼球の圧で眼窩脂肪が押し出されるようになってしまうため、飛び出した眼窩脂肪の下がくぼんで見えるようになります。 眼窩脂肪の減少による瞼のくぼみの治療は、「ヒアルロン酸を注入する方法」「自己脂肪を注入する方法」によって改善します。 ヒアルロン酸は、もともと人体にある成分なので安全性が高く、アレルギーテストも不要です。施術時間も10分程度と短くダウンタイムもほとんどないため気軽に受けていただける施術です。持続性は個人差や注入するヒアルロン酸の種類によりますが6ヶ月~2年です。自己脂肪注入は、定着するとヒアルロン酸よりも長持ちします。ただし別の場所の脂肪を吸引するため吸引した場所のケアも必要となります。

優しい目元になるたれ目形成

大塚美容形成外科

上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれ、元気に育っているようですね。パンダが赤ちゃんを愛おしそうに抱いている姿はかわいらしく目を細めて見てしまいます。 パンダがかわいく見えるのは、目の周りの黒い縁がたれ目風で愛くるしいからだと思います。 たれ目は、ナチュラルで優しい印象を与える効果があり、かわいいらしく好感を持たれやすいようです。おっとりとした柔らかな雰囲気になるため「癒し系」と呼ばれることもあるようです。明るいブラウン系のアイラインを長めに引く「たれ目メイク」は、ネットで数多く紹介されていて「たれ目」の人気の高さがわかります。 しかし、メイクでは変化に限度がありますし、メイクが落ちてしまうといつもの目に戻ってしまいます。 たれ目の施術は、ただ単に目じりを引っ張って留めるという単純なものではなく、まつ毛の機能を維持するように調整、過剰に下げすぎてしまうと下三白眼(下側の白目が見えすぎてしまう症状)や下眼瞼外反症(常にアッカンベーをしているように見えてしまう症状)、ドライアイになってしまうなどのリスクが生じないように調整する必要があります。 たれ目形成術(下眼瞼下制術)には、いくつか種類があります。主なたれ目形成術として下記の二つが挙げられます。 1.目の内側を切開して粘膜を剥離し瞼板をCapsulopalpebral fascia(CPF)に固定する術式 下瞼を上げることで目じりが下がって見えるようになります。 2.目尻近くの皮膚を切除し縫い縮める術式。 目頭が下がることで大きな変化が見られるようになります。

加齢によるクマを劇的に解消する方法

大塚美容形成外科

先日見た「老いを感じたとき」に関するアンケート結果がとても興味深いものでした。男性は「徹夜ができなくなった」「運動の時に思ったよりカラダが動かなかった」といった、身体の衰えについての回答が多く、女性は「顔シワやシミが増えた」「白髪が増えてきた」という見た目の衰えについての回答が多く寄せられていました。(ソニー生命シニアの生活意識調査より抜粋) クリニックに来院される患者様も加齢のお悩みとして「シワやたるみ」に関するお悩みは非常に多いです。ほうれい線やマリオネットライン、目元のシワにプラスして多いのが、目の下のたるみのお悩みです。目の下にたるみがあるとその影響で影やくぼみができてしまい目の下に黒いクマができてしまいます。この黒クマは意外に厄介で、コンシーラー等のメイクで隠そうとしてもその部分が厚塗りになってしまい、色ムラやヨレの原因になってしまいます。また、クマを解消するマッサージ方法をよく見かけますが、目の下の部分は、肌の皮膚がとても薄いため誤ったマッサージ方法だと症状を悪化させることになります。万が一、マッサージで改善したとしても、それは一時的なもので長期解決にはなりません。 目の下のたるみを改善する方法は、いくつかあります。その中でも代表的な施術方法は、下瞼の裏側を少しだけ切開し、たるみの原因となっている脂肪(眼窩脂肪)をくぼんでいる部分に移動させる治療法(経結膜式ハムラー法)とヒアルロン酸を注入しくぼみを改善する治療法です。

実年齢よりも老けて見える目元の改善

大塚美容形成外科

人の印象を大きく変えるのが目元だと言われています。「目は口ほどにものを言う」と呼ばれるほど目元はコミュニケーションとして重要な場所であり、その分、他人に見られる場所でもあります。 目元は、加齢による変化が出やすい場所です。具体的には「年を重ねるごとにまぶたが下がってきて目が小さくみえるようになった」「若いころと比べて垂れ目になったように思う」といった症状です。これには下記の原因が考えられます。 1.目を開く力(開瞼能)が年齢とともに弱くなり、下に垂れてしまうケース 2.加齢によりまぶたの脂肪が減ってきて、皮がたるんでしまうことに起因している 3.アイコスメによりまぶたに負担をかけ皮膚が伸びることに起因している 4.額の筋力が減少し眉毛が下がることで、まぶたの皮膚が下がりたるみが生じるケース まぶたのタルミは、老け顔や不機嫌顔に見える原因の第1位だと思います。まぶたのタルミを改善する施術は、3種類あります。 1.<埋没法> 皮膚のタルミによって狭く見えるようになってきた二重のラインを埋没法で広げ、目を大きくしてタルミが解消したように見せる方法 2.<挙筋短縮による二重切開法> 加齢により上まぶたの筋肉(挙筋)の筋力が落ち、力がなくなってまぶたが下がっていている状態(眼瞼下垂)を改善するためにまぶたを切開して挙筋を正しい位置で固定し、まぶたのタルミを解消する方法 3.<眉毛下切開法> 眉毛の下を切開したるんだ皮膚を切除し、たるみを解消する方法 カウンセリング時にまぶたのタルミの原因を見極め、適正な施術方法を選択します。状態によっては、二つの方法を組み合わせて施術することもあります。

目袋のたるみ解消法〜下眼瞼脱脂〜

コムロ美容外科東京銀座院

下まぶたは加齢によって膨らみ、垂れ下がってシワができやすくなります。 このような膨らみを「眼袋」といいます。 眼袋ができて垂れ下がっていくと、お顔の表情も「歳をとった」感じになります。 このような症状を治す施術のひとつが下眼瞼脱脂です。 それではなぜ下まぶたが膨らみ、垂れ下がって行くのでしょうか。それは眼の構造に関係があります。 眼球は頭蓋骨にある「眼窩」という窪みに収まっており、その上をまぶたで覆われています。 頭蓋骨の上に直接乗っている筋肉は比較的厚いのですが、眼窩の上を覆っている眼輪筋は薄い筋肉です。 眼輪筋の下には眼窩隔膜があり、さらにその下には脂肪があります。 眼球は重力の影響によって、寝ている時以外は常に下向きの力を受けています。 眼球が下向きの力を受けると、その直下にある下まぶたの脂肪が押され、前に押し出されます。 この力が眼輪筋や皮膚に加わることで、眼袋が膨らんでいきます。 重力の作用で発生する症状なので、横になった状態では眼袋はフラットになります。眼袋が膨らんだ方でも、横になると若く見えるのです。 眼袋の膨らみは、20歳頃から始まります。それが加齢と共に大きくなり、40~50代になると膨らみが下半分に集中し、下まぶたの中央部分に横方向のシワが刻まれます。 このシワが1本入ると、その後はどんどんシワが増えていくことになります。 このような症状を早い段階で解消するための施術が下眼瞼脱脂です。 施術方法は大きく分けて2種類あります。 『 経皮法 』と『 経結膜法 』です。 《経皮法》 経皮法は、下まつげの直下を横方向に1cmほど切開し、そこから押し出されてくる脂肪を除去するというものです。 《経結膜法》 経結膜法はもう少し手の込んだ施術で、下まぶたを裏返し、下眼瞼結膜を切開して脂肪を取り除きます。 下眼瞼脱脂は、豊富な経験とセンスが欠かない施術ですので、お悩みの方は、経験豊富なドクターのいるクリニックにご相談に行かれてはいかがでしょうか。

簡単!目の下たるみ解消法

セントローズクリニック仙台

目の下のたるみや、目の下のクマでお悩みの方も多いかと思います。 それらを改善するために最適な方法が「結膜脱脂」という方法です。 従来の下眼瞼の方法と違い、ダウンタイムが少ない事が特徴です。 目の内側を少し切開しますが、抜糸もなく、翌日からお化粧も可能です。 若干の内出血はでますが、腫れもほとんどなく、キレイな目元を時間をかけず作れます。 目の下たるみ一つとるだけで、見た目年齢がぐっと若返ります。 また、女性にとって翌日からお化粧ができる事も嬉しい事ですよね。

傷跡が目立たず「目の下のくま」がきれいになります

真崎医院

「目の下のくま」があると、どんな美人でも老けてやつれたイメージになって、陰鬱な 疲れたようにみえ、老けた印象も与えてしまいます。メイクでのカバーにも限界があると感じている 人も多いのではないでしょうか。30代以上の女性の7割もの人が目の下の「くま」を気にしていると言われています。「目の下のくま」は、隠すというよりも、 やはり根本原因から改善できれば、それが一番いいはずです。 ■「傷跡の残らない!」下眼瞼経結膜脂肪除去 「目の下のくま」は、目の下の脂肪の膨らみによる影が「目の下のくま」の主な原因です。下まぶたの内側より脂肪を除去するので傷跡の心配もいりませんし手術を受けたことも分りません。

上まぶたオートファイバー法

新宿中央クリニック

年齢とともに目の上の脂肪が収縮してできるのが「目の上のくぼみ」いわゆる“くぼみ目”です。目の上のくぼみが強いと老けや疲れて見えたり、眠たそうに見えてしまいます。その目のくぼみの部分に腹部(おなか)や殿部(おしり)から取ったご自分の脂肪を注射注入し、ふくらみを持たせて修正します。注射治療なので傷の心配もなく、自分の生きた脂肪組織を使うのでアレルギーなどの副作用の心配もありません。 くぼみ目改善で注入する脂肪の量は個人差がありますが、基本的に少し多めの脂肪組織の繊維(ファイバー)を入れます。 なぜなら脂肪繊維は全部吸収されず入れた量の平均2~3割り程度が定着しますので吸収される部分も考慮しての脂肪注入となります。 ですので脂肪繊維の定着の度合いによっては2~3回程、「上瞼オートファイバー(脂肪注入)法」をうけるのが通常です。 通院は基本的に必要ありませんので忙しい現代女性にピッタリのくぼみ目改善治療法です。

【切らない目の下のくま・たるみを治療】

銀座みゆき通り美容外科東京本院

疲れや寝不足によって目の下にくまができるという俗説があります。しかし医学的には全く根拠がありません。 もし疲労や寝不足が原因であれば、熟睡し休養すれば治りそうなものですが、実際はそうではないために目の下のくま・たるみで悩む方が後を絶ちません。 一昔前は、目の下のくまが治せるなんて思いもよらないことでした。 今は皮膚を切らずに、しかも永続的に目の下のくま、たるみの悩みを解消することができますが、それが専門ではないクリニックでは、いまだに目の下のたるみは皮膚を切って治すしかない、目の下のくまは治せない、と説明される場合も珍しくありません。 一方、目の下のくま治療に力を入れているクリニックでは、ヒアルロン酸やPRP(濃縮血小板)、PRPにグロースファクター(成長因子、GF)を添加したもの、培養した線維芽細胞などを注入して、目の下のくまやたる治療が行われている場合もあります。 しかしこれらの方法ではあまり改善しないか、逆に不自然な仕上がりになる場合もあり、修正を希望する患者様が少なくありません。 また症状が改善したとしても一時的で戻ってしまうため、何度も治療を繰り返すことが前提となります。 また最近は皮膚を切らずに、まぶたの裏側から目の下の脂肪を除去(脱脂)する方法で、目の下のくま・たるみを治療するクリニックも増えてきました。 ただ症状によってはこの方法でも改善しますが全例ではなく、逆にくぼみやシワが増えるだけで症状が悪化してしまう場合もあります。 目の下の脱脂だけで改善できない場合には、くぼみに自分の脂肪を高純度で注入する独自技術を併用して治すので、症状の程度によらず、ハリのある美しい目元に治すことができます。

1 ~ 9 件 / 9件中

スポンサードリンク

お悩み・目的からコラムを探す

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

目元の整形、くま治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 2,056

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,363人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!