ただいまの口コミ 76,454 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,550件)

二重整形の コラム一覧

目・二重の整形の詳細カテゴリ一覧

メンズ版の治療案内はこちら   

埋没法をした後に腫れる理由と腫れを抑えるための注意点

口コミ広場編集部

藤本卓也 医師

術後の当日からメイクが可能で、仕事も休むことなく、メスを使わずパッチリ二重瞼に!美容クリニックの二重整形術、埋没法の広告を見ていますと、まるで美容室に行く感覚で憧れのパッチリ二重になれるような内容が散見されます。 しかし、いくらお手軽な二重整形の埋没法と言えど、体の組織に「麻酔」、「糸」、「針」を使用して行う施術であることには変わりがない為、ダウンタイムという術後回復期間が必要になります。その顕著な術後症状の一つが、「腫れ」です。 それにしても、この腫れは一体なぜ起こるのでしょうか?また、この腫れを抑えるために何か事前対策が打てないのでしょうか? 今回は、二重整形埋没法の術後症状である「腫れ」について、あらゆる角度から徹底解説していきます。

埋没法と切開法のどちらで二重整形をするか。その特徴と選び方

口コミ広場編集部

藤本卓也 医師

かつて二重整形と言えば、 芸能人やモデルさんなどごく一部の限られた人が行う美容行為でした。しかし、そんな感覚もすっかり今は昔になってしまい、もはや二重整形は、まるでマツエクやツケマをするような感覚でお気軽に行えるようになりました。 二重整形がこれほどお手軽になった背景には、「プチ整形」と呼ばれる埋没法が、そのリーズナブルさと施術の簡単さから、一挙に普及したことが挙げられますが、やはり、埋没法では、「半永久的な効果の持続が難しい」などのデメリットがあることも否定できません。 今回は、二重整形をやるなら埋没法と切開法、一体どちらで行う方がベストなのか、それぞれの特徴と選び方を徹底解説いたします。

二重まぶたにするアイプチと埋没法、どっちがいいの?メリットを徹底比較

口コミ広場編集部

⻑瀬⼤蔵 医師

たった数千円で、自分で簡単にパッチリ二重が作れてしまえるコスメアイテムのアイプチ。一度やり始めたら、メイクの度に毎回使わないと気が済まなくなりますよね。 しかし、アイプチで綺麗な二重を作るには、それ相応のメイク時間と手間がかかってしまい、急な外出や彼氏とのお泊まりデートなど、何かと不都合になる場面が多々あります。 いっそのこと、二重整形の埋没法で二重にしてしまった方が、こういった毎日の煩わしさから解放されそうですよね。 しかし、果たして二重整形の埋没法は本当にアイプチよりメリットがあるのでしょうか? 今回は、アイプチと二重整形の埋没法を徹底比較し、それぞれのメリット、デメリットを検証していきます。

埋没法の後で腫れがひどい場合はどうしたらいい?その原因とケア方法を紹介します

口コミ広場編集部

⻑瀬⼤蔵 医師

埋没法は、手軽な二重手術として幅広い年代に人気のある治療方法です。ダウンタイムも少ないので、周りにバレにくいのも魅力ですね。そんな埋没法の手術の後に、ひどい腫れが起きてしまった場合にはどのような原因が考えられるのでしょうか? 腫れを早く引かせるための処置の方法とあわせて解説していきます。

目を二重にする切開手術とは?具体的な内容と方法別の特徴を解説

口コミ広場編集部

⻑瀬⼤蔵 医師

目を二重にする手術は、大きく「切る方法」と「切らない方法」に分けられます。それぞれにメリット・デメリットはありますが、確実に効果を持続させたいのならまぶたを切開して二重を形成する「切開法」がおすすめです。 しかし、気軽に行えるプチ整形と違い、切開法はたとえ希望通りにならなくても元に戻すことが出来ないだけに、慎重な判断が必要になります。そこで今回は、切開法の具体的な方法やリスク、失敗しないためのクリニック選びなどを詳しく解説していきます。

二重整形の埋没法はやり直しが可能? 対応可能な範囲などについて

口コミ広場編集部

小松磨史 医師

二重整形の埋没法で施術を行った1カ月後、ようやく腫れも引いてきて、やっと念願の二重まぶたになれたと喜んでいたある日、「あれ?なんだか瞼がだんだん垂れ下がってきてない?もしかして、施術の糸が取れかかってる?」 確かに、埋没法は持続性がない二重整形術だと聞いてるものの、まさか、自分の瞼の糸がたった1ヶ月で糸が取れてしまうとは、想像もしていませんよね? ところが、こういった事は特に珍しいことでもなく、ある程度経験のあるドクターに施術をお願いしたはずが、埋没法の術後にこういった事態に遭遇する人は、決して少なくありません。 今回は、二重整形の埋没法で施術を行った後、やり直しは可能なのか、 可能な場合、一体どのように、どこまでの範囲をやり直してくれるか、また、埋没法のメンテナンスについて徹底解説いたします。

二重整形と二重まぶたメイク(アイプチ)それぞれの利点について

口コミ広場編集部

小松磨史 医師

今現在、一重まぶたを二重まぶたにする方法としてはアイプチなどのメイクによる方法と、埋没法をはじめとした二重整形術がありますが、料金だけではなく色々な面から二重整形術に躊躇しているという方は多いのではないでしょうか。 今回は、この二つの方法それぞれにある利点やメリットを比較してみますので、整形術を受けるかメイクを続けるかの参考になれば幸いです。

目を二重にする埋没法とは?手術の特徴と仕組みについて徹底解説します

口コミ広場編集部

小松磨史 医師

美容整形で二重にしたいけれど、メスを入れるのは怖いという女性に人気があるのが「埋没法」です。切らない二重形成として、気軽にお試ししたい、周囲にバレずにこっそり二重にしたいという女性に選ばれています。 しかし、プチ整形と言われる埋没法にもデメリットやリスクはあります。自分の希望通りの二重にするためにはどのような事を気をつけるべきなのか、事前にしっかり把握しておきましょう。 そこで今回は、埋没法の詳しい仕組みやメリット・デメリット、そして失敗しないためのクリニック選びまでを解説します。

「涙袋形成について」

城本クリニック大阪院

涙袋とは目の下のふくらみのことです。 涙袋は笑ったときに目立つしわみたいなものなので、この涙袋がほどよくあると、いつも微笑んでいるような印象を与えることができ、優しい目元になります。また、これがほどよくあると目が大きく見えることもあります。 涙袋がふっくらしていることで、いつも笑っているような印象を与えることができ、明るい印象を作り出してくれます。 [ヒアルロン酸による注入法] 目の下にヒアルロン酸を注入する方法で、患者様が希望する形の涙袋を形成することが出来ます。 ヒアルロン酸は、天然の多糖類で、皮膚、皮下組織、結合組織、滑液膜組織、滑液の重要な構成成分です。ヒアルロン酸は、生体のすべてに全く同一の形態で見出される数少ない物質の一つであり、従って、純粋なヒアルロン酸の生物学的適合性は高いのです。 [外科的治療法] 下まぶたの筋肉(切開眼輪筋)を縫縮し、丘を造っていくことで涙袋を形成させる方法です。

末広型二重と平行型二重の違い

東京中央美容外科仙台院

末広型二重と平行型二重の違いについてご説明いたします。 末広型は二重のラインがまつげのラインと目頭で1点に交わります。全体として目尻に向かって二重の幅が広くなるのが一般的です。 平行型は二重のラインが目頭でまつげのラインと交わらず、外に出ているのが特徴です。全体として、目頭から目尻まで幅が一定(=平行)な形が一般的です。 末広型でも幅が平行であったり、平行型でも幅が末広がりのタイプもあり、ややこしいのですが、見分けるポイントは目頭でラインが交わる(=末広型)か、ラインが交わらず外に出ている(=平行型)ということです。 二重手術で一重から末広型、平行型にすることもできますし、末広型二重を平行型二重にすることも可能です。

二重埋没法手術の腫れ・ダウンタイム

東京中央美容外科仙台院

埋没法は腫れが非常に少ない手術のため、勘違いされている患者様が非常に多いので、今回は埋没法の腫れについて書きたいと思います。 埋没法は全く腫れていないように見えても、必ず1ヶ月間は腫れています。見た目で腫れが目立つというわけではありません。患者様から見て全く腫れていないと感じていても、厳密には1ヶ月間は腫れているのです。 二重のラインとまつ毛のラインの間が腫れるため、腫れている間は必ず幅が広くなります。また、幅を広く設定すれば、腫れている部分が表に出てくるため腫れは目立ちます。末広型二重より、平行型二重の方が表に出る面積が大きい分、腫れが目立ちます。 また、特に初期の段階は腫れ自体に左右差が出るため、二重の幅にも左右差が出ます。朝むくんでいるときは二重の幅が広くなり、昼になるとむくみが引いて幅が狭くなるという日内変動を繰り返します。 腫れている間は埋没部の食い込みが強くなります。 逆に、1ヶ月経過すれば、腫れはなくなり設定の二重になります。理論的には左右差や食い込み、幅が広すぎるという悩みもなくなるはずです。 このような説明は全ての患者様にされるべきだと思いますが、実際には説明不足の医師が多いため、同じ質問がネット上の口コミサイトに大量に投稿されており、また他院で埋没法をされた方の修正依頼の相談が当院にもたくさん寄せられます。共通する内容が「数日前に埋没法をして腫れは引いたけど、幅が広すぎ希望の二重と違う、左右の幅が違う、食い込みが強い」などです。これらの問題は、腫れている1ヶ月が過ぎれば全て自然に解消するので、時間が経つのを待つしかありません。もし、修正手術をするとしても、完全に腫れが引いた状態でないと正確なシミュレーションができませんので、結局1ヶ月過ぎるのを待つしかないのです。 以上は、2点留めの場合であり、3点留め以上の場合は、完成まで3ヶ月程度かかります。5点留めの場合は、腫れを引かせるために抜糸が必要な場合もあります。

二重埋没法手術、当院が2点留めにこだわる理

東京中央美容外科仙台院

今回は、二重埋没法手術、当院が2点留めにこだわる理由についてご説明致します。 当院では、埋没法は2点留めを基本としています。ごく稀に3点留めないと理想のラインにならない患者様がいらっしゃいますが、ほとんどの患者様は2点留めで二重のラインを作成可能です。 では、2点留めで作成可能なのに、なぜ、4点、5点と留めているクリニックや患者様が存在するのでしょうか。それは「患者様または医師が長持ちすると信じている」「点数を追加すると料金が高くなる」の2つが原因だと思います。後ほどの書きますが、留める点数が多くなると、長持ちしなくなりますし、様々なリスクが高くなるので患者様のメリットは全くありません。 2点留めで理想のラインができる患者様に3点留めたところで、当たり前ですができるラインは同じです。目頭付近の蒙古ヒダが強く、目頭付近に1点追加するか目頭切開が必要になる方もいます。あるいは、まぶたが厚い方で目尻までしっかりラインを出そうとすると、目尻付近に留めざるを得ませんが、そのような方が平行型を希望されると、真ん中にもう1点留めないと真ん中付近が狭くなってしまうことがあります。このような場合は3点留めの適応があると思います。それでも、ラインを作るために4点留めが必要になるケースはないと思います。 もちろん、正しく手術を行えば4点留めも恐怖の5点留めでも完成したラインは2点留めと全く同じです。まず、私が言っておきたいのは点数を多く留めたからといってその分長持ちするわけではないということです。冷静に考えればわかりますが、同じ方法で留めていれば1点あたりの取れる確率は同じと考えられます。一定の確率で取れてしまう埋没点が多くなればなるほど、少なくとも1点が取れてしまう確率は高くなるはずです。したがって、2~5点留めで最もラインが長持ちするのは2点留めということになります。 3点留め以上は、「腫れが強くなる」「完成まで時間がかかる」「内出血など様々なリスクが増大する」「2点留めより長持ちしない」「料金が高くなる」など、患者様にとって良いことは一つもありません。これが、当院で2点留めを基本にしている理由です。

二重手術 埋没法の特徴

烏丸御池ビューティークリニック【女性専用・美容外科/美容皮膚科】

二重の手術には、埋没法と切開法があることはご存知の方が多いと思います。 それぞれに長所と短所がありますが、 埋没法のメリットとしては・・・ <ダウンタイムが少ない> <傷ができない> <糸を取れば(取れれば)元に戻る> というものがあげられるでしょう。これらについてひとつずつ解説をしていきます。 <ダウンタイムが少ない> 埋没を選ぶ理由としては、ほぼこれに尽きるでしょう。 実際、仕事を何週間も休んで受ける方は少なく、通常は1週間以内、3日程度の休みで受けられる方が多いです。「次の日も普通に仕事があるが、どうしてもばれたくない」などとおっしゃる強者の方もおられます・・・(さすがに次の日にばれないというのはなかなか難しい相談ですが) 逆に言えば、それだけお手軽であるからこそこれだけ普及したのだと思います。 ただ、切開に比べるとダウンタイムは短いですが、全然ないわけではありません。 まぶたの厚み、作る二重の幅、手術中に力が入ってしまったり、など多くの要素が腫れや内出血に影響してきます。 また、医師の立場から見て同じぐらいの腫れであっても、「すごく腫れていて気になる」という方もいれば、「全然腫れは気になりません」という方もおられます。捉え方にも個人差があるということです。 ・ある程度は腫れるものと思って、術後のスケジュールなどを無理ないよう調整しておく ・自分の目に合わない無理な二重デザインは希望しない  (どのような二重がよいか、術前に医師とよく相談すること) ・アイプチなどでまぶたがかぶれている場合は、(可能なら)手術前は少しアイプチをやめる などに注意すると、術後に「げっ!」となりにくいと思います。 <傷ができない> 手術の時は皮膚の表面に針で小さい穴を開けます。しばらくの間は針穴は薄い赤色です。術後1カ月程度で色はかなり目立たなくなりますが、少し傷跡のような凹みがあることが多いです。最終的には傷はわからなくなります。 (経過には個人差があります) <糸を取れば元に戻る> これも、埋没ならではのメリットでしょう。糸を取る理由としては・・ ①二重を狭い幅にしたい ②元の目に戻したい ③糸が原因と思われる感染などの症状が起こった などが考えられます。 ①埋没で作った二重が残っていて、そこよりも狭い二重にしたい場合、基本的には抜糸をする必要があります。(年数が経っていると、糸がみつからないこともあります。) ②抜糸をすると、通常は数日から数週間でラインが消えます。(これも、年数がたって皮膚にくせがついてしまっている場合、抜糸できたとしてもラインが消えない可能性はあります) ③糸が原因で感染がおこった場合、また、糸の近くで感染が起こり、糸に菌が住みついて再発を繰り返す、といった場合は、抜糸をしないといけないことがあります(薬で改善することや自然に治ることもあるため、絶対にすぐに抜糸をしないといけないというわけではありません) 以上、埋没法のメリットについてお話しました。 手術を検討されている方の参考になれば幸いです。 次回へ続く

二重手術を受けられる前に知っておきたいこと

烏丸御池ビューティークリニック【女性専用・美容外科/美容皮膚科】

世の中の女性は(男性も)きれいな二重、大きな目、パッチリした目に憧れます。そして、理想の目に近づけるため、日々テープやアイプチをしたりして悩んでいます。 ところで、メイクやアイプチ、テープなどをしている自分の顔・・・それは本当の自分なのでしょうか?飾られた自分なのでしょうか? 毎日テープをしていて、テープがないと外に出れない、という方はたくさんおられます。 きっと、テープをしている顔が本当の顔になっているんだと思います。 テープをしないと自分でなくなってしまう・・・ そういう方にとって、二重の手術とは、「自分の顔を変えるもの」ではなく、「今の自分でいるためのもの」なのかもしれません。 ※自分を変えるために手術を受ける ※今の自分のままでいるために手術を受ける もちろん手術の内容としては同じなのですが、ご本人様にとっての意味合いが全然違いますね。 と言っても、二重の手術が広く普及している現在では、このように思い詰めてご来院される方は少なく、皆さまもっと現実的で具体的な思いを持っておられます。 ・芸能人のような目になってみたい ・毎日テープ、メイクがめんどくさいから ・テープでうまく二重を作れない ・テープで皮膚がかぶれる ・海やプールや旅行やその他、の時に気をつかう ・学校の友達がしていて、自分もやってみたくなった ・就職すると時間が取れなくなるので今の間にやっておきたい ・もともと二重のラインはあるが、気に入らないからラインを変えたい ・加齢で皮膚がたるんで二重が狭くなってきたから広げたい ・昔埋没をしたけど取れたのでもう一回やりたい ざっとあげてもこれぐらいあります。 このような思いを胸に、みなさまは我々のもとへお越しくださいます。 しかし、思いはさまざまであってもやはり手術ですので、受ける方一人ひとりにとっては人生の一大事であることに変わりはありません! しっかりと知識を付けた上で手術に臨んでいただきたいと思います。 二重まぶたの手術は、大きく分けて2種類あります。 <埋没法> 糸を埋め込むことで二重を作る方法 <全切開法> まぶたを大きく切開して二重を作る方法 この他にも、部分切開法などがあります。(当院ではやっていません) この中で、埋没法は、二重整形の中で最もお手軽で、最も人気のある方法です。 人気の理由は、切開法と比べて、圧倒的に腫れが少なく、お仕事や生活への影響も最小限に抑えることができることに尽きるでしょう。 ただ、埋没法はやっているクリニックが非常に多く、情報が溢れすぎてて、受けられる方の側からすると、どこで受けてよいかわからない、という方が多いと思います。 ・インスタやホームページに載っている写真を参考にする ・口コミ広場などの口コミを参考にする ・ホームページに載っている医師のプロフィールやクリニックの雰囲気を参考にする こういう方法で選ばれる方が多いと思いますが、実際選ぶとなるとなかなか大変だと思います。 他のパターンとしては・・・ ・友人が、ここで埋没法を受けて、勧められたから ・他の施術(脱毛など)をここで受けているから というのがあります。こちらの方が情報の信頼性が高いかもしれませんが、少数派です。 やはり一番重要なことは、医師との相性だと思います。それは、実際にカウンセリングを受けてみないとわからないことです。 「あるある」としては、ブログやインスタ写真ですごく印象が良く、「この先生にしてもらう!」と決めて実際にカウンセリングを受けた後、「あれ?イメージと全然違うけど大丈夫?」となったが、今日しか日がないから、などの理由で手術を受けてしまい、後で「なんか納得いかない」となるパターン。 下調べはもちろん大事ですが、あくまでも参考程度にしておくのがよいでしょう。 手術ですので、100%ご自分の希望をわかってもらえるわけではないし、100%ご自分の理想の目になれるわけでもありません。術後に気になる点が出てきた場合に、気軽に尋ねることができそうかどうか、というのも大事なポイントです。 医師の印象、スタッフの対応、料金など、全てに納得がいった状態で手術を受けられるのが理想だと思います。 しっくりこない場合は、たとえ日を決めていても、一度じっくりと考えてみる勇気も必要です。 次回に続く

埋没法は魔法の治療? ~その1:形の限界編~

あいち栄クリニック

美容外科手術の中で最も多いとされているのはやはり「埋没法」でしょう。 まるで魔法のように扱われてしまう埋没法ですが、やはり限界(誤解)があります。 その限界(誤解)を知っておけば「こんなはずじゃなかった」と後悔される方も少なくなるかも そう思いながら今回筆を執らせていただいた次第でございます。 第一回目の今回は「形」編でお送りします。 昨今SNSなどの普及で気軽に二重の情報が入りやすいですね。 カウンセリングにお越しいただくときに、写真を持ってきていただけるので希望とする形がよくわかり、便利な世の中を実感します。 さて、この時多くのかたが【並行型】というものにこだわりを持ってらっしゃいます。 並行型は一般的には目頭から目尻までマブタの際と一定の幅で二重が存在することを指します。 残念ながら日本人できれいな並行型を作成できるのは、私の経験上30%程度かと思います。 なぜなら日本人は「蒙古襞」と呼ばれる目頭側の皮膚の張り出しがあるからです。 この蒙古襞のせいで多くのかたが「奥二重」や「末広型」が自然な形となり、無理矢理作った「並行型」は不自然さ・いびつさだけでなく、取れやすさの原因にもなります。 とはいえ、悲観する必要もありません。 このような場合、目頭切開を加えるたり全切開にすることで問題は解決します。 でも「出来るだけ切りたくない」と思われる方がほとんどですけどね。 さていかがでしたでしょう。 埋没法をさも魔法のようにご紹介するクリニックが多々ありますが、基本的にはただ糸で止めるだけのシンプルで簡単な治療です。 シンプルで簡単な治療であるが故、どうしても限界が存在してしまいます。 理想の二重と埋没法のみで現実に出来る二重をしっかり天秤にかかえていただいて 納得した上で施術を受けていただくのが良いでしょう。 二重のことなら是非”あいち栄クリニック”へご相談ください。

そうだ!目を大きくしよう! 

あいち栄クリニック

『大きな目になりたい!』 美容外科をやっていると、よく遭遇するご希望ですね。 その方のお顔全体のバランスから見てアドバイスはいたしますが、最終的にはお客様ご自身のご希望に応じて術式を決定します。 一つ言えることは世の中には「美のトレンド」というものがあります。 元に戻しにくい施術よりも、まずはプチで出来ることをおススメはしています。 さて、本稿では目を大きくする基本的な考え方を解説していきます。 目を大きくするのは概ね 『上』『内側』『外側』『外側下方』の4方向に大別されます。 ①上 上方向は上マブタを大きく見開かせることにより、目を大きくみせる方法です。 ・埋没法二重術 ・タッキング ・全切開上眼瞼挙筋前転術(眼瞼下垂) このうち前2者が糸のみで行ういわゆるプチ整形であり、後者がしっかりした切開術になります。どの方法も一長一短ですが、しっかりした変化を希望であればやはり切開が必要になる場合があります。 ただし切開の場合、前述のトレンドが変わった時の修正が難しいことだけご理解ください。 ②内側 これは有名な「目頭切開」ですね。 目頭切開は単純に目の内側を開き目を大きく見せるだけでなく、上マブタの内側、いわゆる蒙古襞の部位のテンションを緩めてあげることにより目を大きく見せます。 目頭切開は大きくわけて皮膚除去を伴う方法と伴わない方法に分かれます。 皮膚除去を伴わない方法のほうが、もちろんあとでの修正は簡単です。 また、目が近寄ることになりますので人によっては良い意味では「はっきりしたお顔立ちになった」、悪い言い方をすると「きつい顔になった」と周囲の方に指摘される場合があります。 ③外側 目尻切開を指します。目尻切開単独の場合自然な範囲の変化でいうと1~2mm程度の変化にとどまることが多いでしょう。後述のタレ目と併せて施術する場合がほとんどです。 どちらかというと下方に下げやすくするためにテンションを取る・・・という意味で行われる事が多いでしょう。 ④外側下方 いわゆるタレ目です。タレ目の形成は大きく4つに分かれます。 ・埋没法 ・結膜切開 ・皮膚切開 ・結膜・皮膚切開 やはりどれも一長一短ですが、タレ目はかなりトレンドの影響を受ける場所ではありますので、熟慮の上決定されたほうがよろしいかと思います。 さて、『大きな目にしたい!』という欲求を叶えるためには大きく4方向あることがご理解いただけましたでしょうか? 実際は顔全体のバランスを見たり、ご希望の詳細をお聞きしながらお一人お一人に合った施術プランニングをしていきます。 目を大きくしたいけど、どうしたらいいかわからない・・・ そんな方は是非お気軽にあいち栄クリニックまでお越しください。

目を大きくする方法

水の森美容外科 名古屋院

日々のカウンセリングの中で、お顔に関して最も多くの患者様からご相談頂く内容は、目元に関する事です。お顔の印象を変えたいと考えたとき、目に関する施術が最も有効であるケースが非常に多いです。目元のイメージが、可愛い、クール、優しい、知的などその方のお顔全体の印象と直結しています。中でも圧倒的に、「目を大きくする方法」に関して皆さんご興味があるようです。 ご来院されるときには患者様ご自身でこの施術をやりたいというものがすでに決まっていることが多いのですが、時には「目の印象を良くするために自分に向いている方法はありますか?」、「なんとなく目力をアップさせたいけど、何をして良いかわからない」と漠然としたご相談を受けることがあります。 今回は、これといってやりたい施術が決まっているわけではないけど、「目を大きくする方法」を知りたい、という方の参考になればと思い筆をとりました。 目元の手術は主に、埋没法・切開法といった二重の手術、眼瞼下垂、目頭切開法、下眼瞼下制術(たれ目形成)、目尻切開といったところでしょうか。 また、涙袋のヒアルロン酸注入も目元の印象を変える良い方法です。 選択肢が沢山あるので迷ってしまうと思いますが、今回は口コミ広場内でご紹介しております、二重・目頭切開・涙袋のヒアルロン酸注入に絞って、施術の効果や特徴を一つ一つ説明していきますね。 【二重】 まずは、もともと一重という方に最も効果的な方法といえるのが、二重にする手術です。一重の方は上まぶたの皮膚がかぶって黒目の見えている範囲が狭いため、目が大きく見えません。これが二重になるだけで被っていた皮膚が上に引き上げられ黒目が大きくパッチリ見えるようになります。また、もともと二重の方でもちょっと二重幅が広くなるだけで、より華やかな印象に変化します。 二重の方法は大きく分けて二種類です。糸で留める埋没法は手軽で腫れの少ない手術です。また、しっかりととれない二重がご希望であれば切開法がお薦めです。 どちらが優れているというわけではないので、それぞれのメリット、デメリットをご理解の上で、ご自分に合った方法を選択されるのが良いでしょう。 ただし、もともと目を開ける力が弱い方もいらっしゃいます。眼瞼下垂という状態なのですが、このような場合だと二重の手術では不十分で、二重になったとしても黒目がパッチリ見えず眠たそうな印象になってしまいます。これを解消するために、眼瞼下垂の手術では、目を開ける筋肉である眼瞼挙筋を縫い縮める処置を行います。この眼瞼下垂の手術をすることで、もともと目を開ける力が弱い方でも黒目が大きく見えるパッチリ二重を作ることが可能です。 【目頭切開】 次に目頭切開です。手術の方法は、目頭に覆いかぶさっている皮膚の部分、蒙古ヒダを取り除きます。この蒙古ヒダによって目が小さく見えるのですが、目頭切開をすることで横方向に目が大きくなります。それと同時に両目が近づいた印象になるので、目が離れているのが気になっている方にも非常に良い適応です。 【涙袋のヒアルロン酸注入】 最後に、涙袋のヒアルロン酸注入です。下まぶたの涙袋の部分にヒアルロン酸を注射し、涙袋をヒアルロン酸で膨らませて大きくするという施術です。これまで説明してきた手術とは違って、実際に目が大きくなるわけではありません。しかし、目の下の涙袋が大きくなることで、目の周囲を含めて目元とみたときに縦方向に大きくなった印象になります。幅が狭い二重を広い二重に変えるとパッチリ見える、という現象と似たような仕組みだといえます。 いかがでしたか。 一口に「目を大きくする方法」といってもこれだけ沢山あることがお分かり頂けたと思います。 もちろん患者様によって、向き不向きや手術適応の有無があるものです。美容外科医としてはおひとりおひとりをしっかり診断して、どのような施術をご提案するかが腕の見せどころだと思っています。 皆様もこのようなお悩みがございましたら、是非水の森美容外科名古屋院へご相談ください。 名古屋院院長  西川 陽平

二重埋没法で使用する糸付き針について

大塚美容形成外科

二重埋没法は、施術の種類や個人差によりますが、大きな腫れは3~5日程度続きます。一般的に術後直後よりも翌朝に腫れが大きくなる傾向にあります。ダウンタイムをお休みの間に過ごそうと夏休みに入ってからは学生さんの二重施術希望の方に多くご来院いただき、お盆休みには社会人の方がたくさんいらっしゃいます。 当然ですが医師はすべての患者様に対して「腫れにくい二重埋没法の施術」を心掛けています。施術の技術はもちろんのこと、カウンセリング時に腫れについて十分ご説明したうえでお顔立ちやまぶたの状態にあった「腫れにくい二重のライン」をご提案するようにしています。 施術時に使用する道具も腫れを抑える工夫をしています。 二重埋没法では、糸の両端に針のついた二重埋没法施術専用の「糸付縫合針」を使用しています。 針は、二重埋没法用に開発した特殊な針を使用します。H.I針と呼ばれている針で、針の先端は丸みを帯びており皮膚組織や血管を極力傷つけない設計になっています。針が皮膚組織や血管を傷つけないことは、内出血や腫れを抑えることにつながります。 糸は、すべての二重埋没法の施術で心臓血管外科用の細い糸を使用しています。丈夫で非吸収性(溶けない)のナイロン製の糸で太さは「7-0」。糸の太さは、最初の数字が大きいほど細くなります。通常の消化器外科が手術で使用している糸の太さは概ね「2-0」ですからどれだけ細い糸を使用しているかお分かりいただけると思います。 髪の毛の太さの平均が0.8mm~1.0mmと言われているので髪の毛よりも細い糸ということになります。 「7-0」の心臓血管外科用の糸は、強度もありしなやかで頑丈。切れにくいのが特徴です。細い糸は結び目も小さくなるため、結び目が目立ったり表面から透けて見えてしまったりすることはありません。 また糸の保管方法でも工夫をしています。 小さく巻いた状態で保管すると場所はとらないので収納に便利ですが、糸に折れた跡がついてしまうことが多いです。そこで、折れる部分を少なく工夫した長い大きなケースを使用しています。執刀医の立場からすると糸に絡みやヨレが出ないことは、扱いやすくスムーズに施術が進み正しい位置にしっかりとまぶたを固定できることにつながります。患者様からするとスムーズに早く施術が終わることは、まぶたへの負担を軽減することになり腫れが出にくくなるというメリットもあります。

二重埋没法とは、

ティーズクリニック《形成外科専門医・熱傷専門医が在籍》

二重埋没法は、切らないで二重瞼(まぶた)を実現にする施術で、非常に細い糸を用いて二重のラインを固定して、美しい二重瞼(まぶた)にします。 主な二重埋没法の治療内容は、 ①まぶたの内側にあると上眼瞼(上まぶた)の皮下組織と瞼板(けんばん)を非常に細い糸で結び固定します。 ②眼を開けると眼瞼拠金に引かれた瞼板が持ち上がり、結ばれている糸を通して上眼瞼の皮膚も引き上げられ二重瞼(まぶた)を形成することができます。 ③二重のラインのデザインや、上眼瞼の厚みによって、糸を結ぶ位置を2-3ヶ所のいずれかを選びいます。 安心そしてお手軽な施術ですので、お悩みの方はお近くのクリニックにご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

左右非対称の二重幅の修正

大塚美容形成外科

アメリカの写真家にアレックス・ジョン・ベックさんという方がいます。その方が2014年にシンメトリーの美しさを証明したいと「Both Sides Of(両側)」というシリーズを発表しました。撮影したモデルさんの写真を左右対称になるように加工したものです。しかし、ベック氏はシンメトリーな美しさの証明どころかアシンメトリーの美しさに気が付いたそうです。 人間の顔の構造は左右対称ではありません。それが個性であり表情であると思うのですが、明らかな左右差があると「自然さ」よりも「不自然さ」のほうが目立ってしまい、美しいと感じられなくなります。 美容外科の患者様には、お顔の左右非対称をコンプレックスに感じていらっしゃる方が多いです。診察で実際に拝見すると、さほど気になさらなくてよい程度のケースと、不自然さを感じてしまうケースに分かれます。さほど気になさらなくてよいケースの場合は、正直に申し上げて、無理に施術をおすすめしないようにしています。 もともとのお顔の骨格が左右対称ではないので、完璧な左右対称に仕上げることは不可能です。しかし、可能な限り左右対称に仕上げるようにしています。 目元にコンプレックスをお持ちの方は、目を大きく見せるために無理に目を見開く癖がついてしまっている方が多いです。アシンメトリーな目元をコンプレックスに感じている方は、片側のみ目を大きくしようするためお顔全体に歪みが生じてしまっているケースも少なくありません。

1 ~ 20 件 / 69件中

スポンサードリンク

お悩み・目的からコラムを探す

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

目・二重の整形の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 14,464

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,363人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!