ただいまの口コミ 5,730 件! メンテナンスのお知らせ

クリニックを探す (登録クリニック738件)

美容医療コラム

最新の美容医療情報や美容整形術のポイントなど、美容外科・皮膚科治療の詳しい情報や普段表に出てこないような美容医療の裏話などを、美容医療の専門家が発信!

総合版の治療案内はこちら   

そばかすは思春期を過ぎれば消える? 消えない場合の治療法は?

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

そばかすというと幼年期の子供に多いイメージがあり、思春期を過ぎたあたりから薄く目立たなくなることが多いといわれています。ところが、思春期を過ぎても薄くならないそばかすもあり、この場合では専門的な治療が必要になることもあります。ではなぜ、そばかすが薄くなる人とそうでない人がいるのでしょうか?それでは、そばかすが薄くならない理由や治療方法についてご紹介していきましょう。

食べ物を選んで体の中からシミ対策! 美肌に良い食事の選び方

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

加齢と共に多くの人が頭を悩ますのがシミです。世の中にはシミ予防のサプリメントや美白化粧品など多くのシミケア用品が流通していますが、それらを活用する以外にも日頃の食事でシミ対策が可能だということをご存知でしょうか。 シミ対策の基本は体の外側からの対策と、体の内側からの対策の両方です。多くの人は化粧品などを使った外側からのケアに集中していますが、実は体の内側からの対策こそ重要です。そこで今回は体の内側からシミ対策をするためにおすすめの食材や栄養素、NG食材なども含めて紹介します。

皮膚科で受けられるシミ治療の種類と効果

口コミ広場編集部

いつの間にかできてしまうシミには、たくさんの方が悩まされています。美白化粧品や市販薬を使ってもなかなか効果を感じられず、年々シミが濃くなったり増えたりしているように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかもシミには老化や紫外線の影響によってできる一般的なものの他にも、30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)や子供の頃から現れるそばかすなど、さまざまな種類があます。 そして、シミの種類によってケア方法も異なり、間違った方法ではシミを悪化させることにもなりかねないという危険性もあるのです。 このように、セルフケアでは解消することが難しいシミですが、皮膚科や美容皮膚科ではさまざまな方法でシミの治療を行っています。そこで、今回の記事では、お肌の専門家である皮膚科や美容皮膚科で受けられるシミ治療の種類とその効果についてご紹介いたします。

顔の肌のくすみ、あなたはどのタイプ? 種類別の原因と対策方法を紹介

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

「顔に影が多くどんより暗く見える」「なんだか肌が黄色っぽい」「昔は色白だったのに最近浅黒くなってきた」など、ふとした瞬間に自分の顔色を見て本来の肌の色と違う気がして驚く経験はありませんか? アラサー以降に現れやすい悩み“顔の肌のくすみ”の正体をはっきりさせ、透明感のある肌を目指しましょう。

都度払いとコース契約 医療脱毛はどちらがお得?

口コミ広場編集部

医療脱毛は、女性をムダ毛の悩みから解放し、人生をひとつ楽にしてくれると言っても過言ではないほど素晴らしい美容医療です。世間一般にも広く知られるようになり、医療脱毛を受けたいな!と考え始めていらっしゃる方も多いことでしょう。 医療脱毛には都度払いで通う方法と、複数回の回数がセットになったコース契約をして通う方法があります。医療脱毛を検討している方は、一体どちらがお得なのか知りたいところではないでしょうか。 そこで今回の記事では、それぞれのメリットやデメリット、さらにそれを踏まえたお得な通い方まで詳しくお伝えしていきます。

医療レーザー脱毛が効果を発揮する仕組みとベストな受け方

口コミ広場編集部

医療機関で行われる医療レーザー脱毛は、ほぼ永久的な脱毛効果を得ることができる、非常に効果の高い脱毛法です。高い効果と美しい仕上がりから、医療レーザー脱毛の人気は高まる一方で、サービスを提供するクリニックも増えています。 では、医療レーザー脱毛がなぜほぼ永久的な脱毛効果を得ることができるのか、その仕組みについてはご存じでしょうか? 今回は、医療レーザー脱毛が効果を発揮する仕組みについて解説しながら、より満足度の高い脱毛にするためのベストな受け方についてご紹介します。

下書き日焼け止めの種類はどういうものがあるの? それぞれの特徴と選び方

口コミ広場編集部

私たちの肌を美しく保つために、最も重要な事は、実は十分なスキンケアコスメを使う事でも、美肌治療を沢山受ける事でもなく、紫外線をしっかりブロックする事かもしれません。 それというのも、肌のダメージや老化のほとんどは、紫外線のダメージによる光老化が原因で、肌老化の実に80%以上は、光老化が原因になっているとまでいわれています。 そんな肌の大敵ともいえる紫外線から身を守る方法の一つが日焼け止めです。 日焼け止めというととにかく美白を目指したい人や、シミができるのを防ぎたい人が使うというイメージが強いですが、そういった美肌を追い求める人たちだけではなく、何歳になっても肌をきれいに保ちたいのであれば、普段から絶対に取り入れておくべきアイテムなのです。 でも、毎日使うとなると気になるのはどんな商品を選べば、一番肌のために良いのかという事ですよね。今回は、そんな美肌の強力なサポートアイテム「日焼け止め」について、どんな種類があるのか、そしてどういうものを選べばいいのか、ご紹介します。

埋没で二重にした糸が取れる確率はどのくらい?取れた場合の対処法は?

口コミ広場編集部

手軽に二重にしたい女性に人気の埋没法、切る必要が無く、ダウンタイムが短いので周囲に気づかれにくいのも魅力ですね。ただし、プチ整形とも言われる埋没法は、半永久的な効果がある訳ではありません。年月が経つにつれて二重のラインが薄くなったり、完全にもとに戻ってしまったりする人もいる事を知った上で手術を受ける必要があります。 そこで、この記事では埋没法を受けた後に糸が取れてしまう確率はどのくらいなのか?そして、取れた場合はどうすればいいのか?など、気になる疑問に徹底的にお答えします。

埋没法で二重整形して後悔した人の理由とは?事前に知っておきたいリスクとその回避方法

口コミ広場編集部

モデルや芸能人のような綺麗な二重瞼になれると思い、思い切って二重整形の埋没法にトライしてしばらくした頃、「こんなはずじゃなかった...やっぱり二重整形なんてやめておけばよかった...」と、後悔してしまう人が少なからず存在します。 リスクが少なく、簡単、スピーディーに二重瞼になれてしまうはずの埋没法で、一体なぜこのような思いをする人がいるのでしょうか? 今回は、二重整形の埋没法を行って後悔してしまった人の理由と、このようなことにならないための、事前に知っておきたいリスクと回避方法を徹底解説いたします。

目元のシワやたるみを解消!アイリフトの種類と効果とは?

口コミ広場編集部

目元のたるみやシワは、老けて見えるだけでなく顔全体の印象までも左右します。「何だか疲れてる?」と聞かれる事があるのなら、目元の年齢サインのせいで不健康に見えているのかもしれません。日頃のスキンケアだけでは改善できないのなら、クリニックで目元の老化を改善するアイリフトを受けると、若々しく明るい印象をとり戻す事ができますよ。今回は、そんなアイリフトのさまざまなメニューの種類とその効果の違い、そして気になるリスクまでを解説します。

ニキビ治療【一般皮膚科と美容クリニック】

心斎橋フェミークリニック/美容皮膚科

そもそもニキビ治療には、 ・「セフルケア」 ・「一般皮膚科での治療」 ・「美容クリニックでの治療」 と3つに分類されます。 「セフルケア」 一番身近なのはセルフケアでしょう。ドラッグストアなどで取り扱う薬やケア用品は、手軽ではありますが、改善まで時間がかかってしまったり、症状に合わない場合、悪化してしまうケースもあります。 「一般皮膚科での治療」 次に、一般の皮膚科は健康保険診療内での治療となります。 保険診療とは、日常生活に支障をきたす疾患を治すためのもので、ニキビ治療においては、赤く腫れたニキビの炎症を抑えることが主たる目的となり、使用できる薬剤も限られています。つまり、ニキビをできにくい肌にする・ニキビ跡を改善するところまでは期待できないということです。 「美容クリニックでの治療」 一方、美容クリニックにおけるニキビ治療の目的は、「ニキビを治してきれいな肌にする」ことです。一般皮膚科では扱わない機器や薬剤を用いて治療を行うため、様々な症例に幅広く対応できるだけでなく、ニキビ跡の治療まで進めていくことが可能です。 ニキビを繰り返さない・ニキビ跡を残さない美しい肌へと導くことができます。 ニキビを悪化させたり跡を残さないためにも、様々な症状に合わせた治療を行える美容クリニックでの治療をぜひご検討ください。

ワキガの手術でおこりうる後遺症の種類と防止方法とは?

口コミ広場編集部

橋本健太郎 医師

ワキガの手術をためらっている理由として、たとえにおいが無くなっても手術による傷跡など、後遺症が心配だという人も多いと思います。確かに、どんな手術でも後遺症が残ってしまう可能性はゼロではありません。そこで、今回はワキガの手術でおこりうる後遺症とはどんなものか?そして後遺症を防ぐためにはどんな事に注意するべきか?について解説します。

飲む日焼け止めは本当に効果があるの? 種類や選び方は?

口コミ広場編集部

紫外線の恐ろしさは、日焼けだけに止まりません。塗る日焼け止めを使っている人は多いかもしれませんが、最近では飲む日焼け止めも併用して、紫外線対策を行う人が増えてきました。しかし、飲む日焼け止めといっても種類が多く、どれを使うべきか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、飲む日焼け止めの効果や選び方について、説明したいと思います。5年後10年後に後悔しないためにも、正しい紫外線対策を知っておきましょう。

埋没法で作った二重ラインの修正方法と注意点

口コミ広場編集部

二重まぶた整形術の代表的な手術法である埋没法。手軽さだけではなく、手術後の腫れなどが少なく術後すぐに普段通りの生活に戻れるという事や、手術後に二重ラインの調整や、元の状態に戻す事が可能という点の安心感も、人気の理由となっています。 こうした手軽に受ける事ができる美容整形方法という特徴もあって、その治療件数は年間数万件を超える状況になってきている埋没法ですが、それだけ多くの方が手術を受けているだけあって、二重のラインを再手術によって修正したいという方も多くいるといえます。 特に、医師が未熟な医療機関や、十分なカウンセリングがうけられず、流れ作業的に手術が行われてしまう場所で手術を行った際には理想とする二重まぶたにならず、やり直しを希望するというケースも多くなっています。 そういったニーズに応える意味もあり、医療機関によっては「埋没法の他院修正」というプランを用意している状況です。他院修正とは最初に埋没法を受けた医療機関とは別の医療機関で修正してもらうことを意味しています。 そんな埋没法の「やり直し」ですが、やり直し前の埋没法の実施状況などによっては、通常の埋没法手術よりも難しい施術になる事も多く、より慎重に医療機関選びなどを行う事が大切となります。 今回は、やり直しや修正を希望する人が多い埋没法の修正について、注意点や症状別の修正案などを含めて解説します。

埋没法の後に目やにが大量発生するのは大丈夫? 原因とケア方法

口コミ広場編集部

二重(ふたえ)まぶた整形のなかでも、特に手軽に理想的な二重まぶたを手に入れられるとして知られている手術法が「埋没法」と呼ばれる方法です。埋没法はメスによる切開を伴わず、糸でまぶたとその裏にある組織を固定することによって、生まれつきの自然な二重まぶたと同じ構造を疑似的に作り出し、二重まぶたの状態を持続させる手法です。 埋没法は施術時間が短時間で済むことや、同じく二重の美容整形の中でもメスによってまぶたを切開して縫い合わせる「切開法」と比較してダウンタイムや日常生活への支障が少ないことから、忙しい現代人にとって非常に便利な整形術として高い人気を誇っています。 しかし、埋没法はれっきとした医療行為に該当し、切開はしないとはいっても、術後しばらくは瞼周辺にダメージが残り、目やにや腫れなどの症状が起こりやすくなります。また、肌に傷がついているため、普段以上に感染症予防に気を配らないといけないことも確かです。 今回は、そんな埋没法の後に起こる目やになどのトラブルや、その他の症状、またそれらの原因やケア方法について解説します。

埋没法の後に化粧を開始できるまでの経過と注意点

口コミ広場編集部

気軽に二重(ふたえ)まぶたを手に入れられることで多くの人から支持されている整形術が「埋没法」です。埋没法はわずか15分程度の施術時間で理想的な二重まぶたになることからプチ整形を代表するものと言えます。 しかし、プチ整形とは言え、瞼に針と糸を通す作業が必要になり、どうしても多少の傷や腫れなどが生じてしまうことも事実です。これらの症状は早ければ3日程度で回復するとされていますが、日常生活への影響が皆無とは言い切れません。とくに女性にとって化粧に制限がかかることは大きな影響かもしれません。 そこで今回は、二重整形の埋没法を受けた後に化粧を再開できるまでの流れや、化粧をする際の注意点などについて解説します。また、合わせて埋没法の特徴についても理解するようにしましょう。

季節の変わり目はエレクトロポレーションケアシスで乾燥対策

セントローズクリニック仙台

みなさま、こんにちは 2月も残り少なくなりましたが、まだ、コートは手放せませんが、春はそこまで来てますね。 また、季節の変わり目等、お肌の乾燥も気になりますね。 そこで、紹介したいのが、エレクトロポレーションケアシスの高分子ビタミンC導入です。 高分子導入とは皮膚に電気刺激を与えることで、高濃度ビタミンCを皮膚細胞の奥まで届ける事ができます。 また、従来のビタミンC導入と比較しお肌への有効成分浸透率が約20倍の導入効果があります。 痛みがないので痛みが心配の方も安心して出来る治療です。 乾燥はもちろん、しみ、くすみ、しわ、毛穴の引き締め、肌老化とあらゆるお悩みに効果のある治療です。 今のお肌を変えたいと思いの方はぜひ、体感して下さい。

埋没法の糸を抜糸したらどのような経過で元のまぶたに戻るのか

口コミ広場編集部

二重(ふたえ)まぶた整形術の埋没法は、今や美容整形の代表格といってもいいほど人気の施術で、口コミ広場からも年間1万件を超える治療予約や問い合わせが行われています。 埋没法が人気の理由としては、理想的なぱっちり二重まぶたを手に入れられるという点は元よりその手軽さも非常に大きな理由で、手術自体は約15分程度の日帰りで終える事ができるほどです。 また、埋没法はメスによって皮膚を切開するようなこともないため、傷跡などを心配する必要がなく、体に対する影響が最小限であるという事も、人気の理由の一つでしょう。 そんな人気の埋没法による二重まぶた整形術ですが、一方で、手術を受けてから一定期間が経過した後に、元の状態に戻したいというような要望から、まぶたを留めている糸を抜糸(除去)したいというケースも存在します。 例えば手術によって得られた二重まぶたが理想的な状態でなかった場合や、糸による違和感などが日常生活に影響を及ぼす場合、または実際に二重まぶたにしてみたら、自分の印象に合っていなかったというような場合などがありますが、埋没法は糸によってまぶたを留めているだけの方法であるため、早期にこの糸を除去してしまえば元に戻す事ができるというのも利点の一つになっています。 今回は、埋没法で作った二重まぶたを抜糸によって元に戻したいという場合に、どのような経緯で元の状態に戻っていくのか、また抜糸を行う際の注意点などを詳しくご紹介します。

ニキビ跡の解消に行われるレーザー治療の種類と効果

口コミ広場編集部

ニキビが出来た後に残る「ニキビ跡」。 赤いニキビ跡をはじめ、色素沈着やクレーター状のものまで、様々なタイプのニキビ跡があります。 ニキビ跡は、ニキビの炎症によって周囲の組織がダメージを受け、傷痕として残った状態です。中には頑固なタイプのニキビ跡もあり、簡単には治らないものもあります。なかなか消えないニキビ跡は、クリニックで治療しないと治らないかもしれません。 そこで今回は、ニキビ跡を解消するために行われているレーザー治療の種類と効果について、説明したいと思います。

乳頭縮小の方法や授乳との関係

口コミ広場編集部

雑賀知歩 医師

形が良くきれいなバストは女性の憧れであり、象徴でもあります。 美しいバストとは、乳房の大きさだけと思われがちですが、実は乳首、乳頭の形もバストを美しく見せることのできる要素の一つです。女性の乳頭は、妊娠・出産など様々な要因により形の変化を遂げていくため、その形や大きさが歪になってしまうことがあります。 女性のバストは、乳房と乳頭、乳輪の全てが整って始めて人から美しく見えるものであることから、乳頭の形や大きさが崩れてしまうと深刻に悩んでしまう女性が少なくありません。 今回は、バストにとって大切な部位である乳頭の形、大きさの悩みを解消する形成外科施術「乳頭縮小術」について、その施術方法や授乳への影響などを含め徹底解説致します。

スポンサードリンク

お悩み・目的からコラムを探す

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 5,730

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,353人以上 の医師陣が回答!
総回答数 28,000件以上!