ただいまの口コミ 78,845 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,531件)

THE CLINIC(ザ・クリニック)

  • 美容整形(美容外科)
  • 美容内科、美容医療その他

      3.69 (総合満足度) 満足度とは

  • 口コミ 118 件
  • リアル118件

脂肪吸引・豊胸手術・エイジングケアのみ提供する美容外科・形成外科の、THE CLINIC(ザクリニック)。東京・横浜・名古屋・大阪・福岡にて展開。

より良いサービスの普及を目指すリーディングクリニック

脂肪注入豊胸、脂肪吸引、しわ、たるみ治療などで常に最新モデルの機器と技術を導入。

第102回日本美容外科学会会長を務めた山川雅之率いるTHE CLINICグループは、他クリニックのドクター向けセミナーを提供する“美容クリニックの教育機関”としても機能。
国内外の美容学会で講演を開くなど、業界全体のクオリティ向上に尽力してきました。

◆◆最新の脂肪注入豊胸『コンデンスリッチ(CRF)豊胸』は、高度に精製した脂肪を他クリニックでは類をみないほど繊細に注入することで、80%以上の高い定着率を実現。
◎他院でバッグ豊胸をされた方が取り出しを希望、取り出しと同時のコンデンスリッチ豊胸のご依頼が増えています。バッグは傷跡がほぼない状態で取り出せ、同時のコンデンスリッチ豊胸でボリュームのキープも可能です。カウンセリングで、お気軽にご相談ください。

◆◆最新モデルの脂肪吸引器ベイザーリポを用いた脂肪吸引は、術前のカウンセリングから患者さまとじっくり向き合い、最適なボディデザインを提案。スリムで美しいシルエットを叶えます。
◎近年急増しているのが、他院での脂肪吸引に失敗された方の修正施術です。脂肪の取り過ぎなどによる凸凹やえぐれたシルエット、引き攣れなどの失敗症状は治療できます。カウンセリングで、お気軽にご相談ください。

◆◆しわ、たるみなどのアンチエイジング施術で、国内外の最新治療を導入。研ぎ澄まされた脂肪マイクロCRFを用いた加齢症状の治療はもちろん、他クリニックが取り入れていない最新治療をご提供。患者さまのあらゆるご要望にそった提供をさせていただきます。カウンセリングで、お気軽にご相談ください。

国内有数の技術と症例数をもつドクターがクオリティにこだわった施術で、あなたのお悩みを解決します。
「とにかくクオリティにこだわりたい、絶対に失敗したくない」そんな方に選んでいただくため、グループ全体で日々、技術をブラッシュアップしています。
無料カウンセリングも行なっていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

美容体験者の口コミレポート

THE CLINIC(ザ・クリニック)の口コミ満足度

      3.69 (総合満足度)

  • 118

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

THE CLINIC(ザ・クリニック)で治療を受けた口コミ広場メンバーのホンネの口コミレポート!気になる施術があればまずは口コミをしっかりチェックしてみて下さい。口コミ広場メンバーになって治療を受けたら、レポートを是非ご投稿ください。

美容医療コラム

豊胸手術でよくある失敗Top10 -2015年版-

THE CLINIC 横浜院長の千葉です。こんにちは。 僕は乳腺専門医の資格を持っており、今の美容クリニックに入職する前は神奈川県立がんセンター 乳腺内分泌外科の医長を務めていました。 1万人以上の乳がん患者を診察、1000症例以上の乳がん摘出手術を経験し、さらに現クリニックでは毎日のように豊胸手術や、他院の豊胸失敗治療を行なっています。 その経験を踏まえ、「豊胸手術でよく起こる失敗Top10」をまとめてみました。 2015年10月現在の最新版です。 〜解説付き! 豊胸手術でよく起こる失敗Top10〜 【1位】 しこり・石灰化 (脂肪豊胸やヒアルロン酸豊胸で起こる) →脂肪やヒアルロン酸をバスト内の特定1カ所にまとめて注入したり、片胸300cc以上など大量に注入するとしこりや石灰化のリスクがぐんと上がります。 【2位】 バストの変形 (シリコンバッグ豊胸で起こる) →シリコンバッグ挿入から10年以上経っている方によく見られます。バスト内でバッグが変形して、表面から見た時にバストが変形して見える症状のこと。 【3位】 バッグの破損 (シリコンバッグ豊胸で起こる) →シリコンバッグは人工物です。どんなに良製品であっても劣化・老朽化は必ず訪れます。そうしてバッグが破損するとバッグ内のシリコンジェルが体内に漏れ出してしまいます。 【4位】 感触が硬い (ヒアルロン酸豊胸やシリコンバッグ豊胸で起こる) →意外かもしれませんが豊胸用のヒアルロン酸って硬いんです。そのため問題が起きてなくても「硬過ぎて痛い」という声をよく聞きます。シリコンジェルは古いものはトラブルから硬くなる傾向がありますが、最近のバッグならわりと柔らかいですね。 【5位】 バスト内に異物感がある (シリコンバッグ豊胸で起こる) →改良が繰り返されているものの、シリコンジェルの異物感はどうしても拭えません。ゴロゴロ感を感じたりだとか触って異物感が分かるケースが多いでしょう。 【6位】 異物感からの深刻な心理的負担 (シリコンバッグ豊胸で起こる) →「温度が冷たい」「寝た時にバストが自然に流れない」と異物感に悩まされ、中には抑うつ状態になり豊胸手術後、数日で取り出してしまう患者さんもいます。ドクターのカウンセリングが欠かせません。 【7位】 脂肪採取部位の形がデコボコ (脂肪豊胸で起こる) →これはバストへの脂肪注入だけが上手で、脂肪採取(吸引)が下手なドクターがいるからでしょう。脂肪豊胸でクリニックを選ぶときは、必ず[脂肪豊胸と脂肪吸引]の両方が得意で、症例数が多い院を選ぶべきです。 【8位】 切開口の傷が目立つ (シリコンバッグ豊胸で起こる) →バッグは脇の下やアンダーバストを少し切開して入れます。通常は傷跡が徐々に白くなり、消えていきますが、患者さんの肌質やドクターの技術によっては傷が消えずに残ってしまうという失敗例もあります。 【9位】 脂肪壊死 (脂肪豊胸で起こる) →脂肪注入による豊胸手術の術後2週間以降に痛みや赤み、腫れが出たら要注意。注入した脂肪がバスト内で壊死してしこりや感染症を引き起こしているかもしれません。 【10位】 バスト感覚の麻痺 (シリコンバッグ豊胸で起こる) →バッグによる豊胸手術の際に神経を傷つけたり、入れた後に「カプセル拘縮」を起こすと、乳首の感覚が鈍くなる、あるいは逆に「触られただけで痛い」という知覚過敏や、しびれが残る失敗例があります。 以上、【豊胸手術でよく起こる失敗Top10】でした。 異変が起きたらまずは豊胸を担当したクリニックへ連絡。 そこが治療できないようなクリニックであれば、THE CLINIC のような[豊胸手術の失敗外来]を設置している美容外科へ相談してください! まずはエコーで現状をくわしく診察する必要があるからです。

脂肪吸引の失敗「デコボコ」「段差」の直し方

こんにちは,THE CLINIC ドクターの福田です。 今日は院長を務める名古屋院で、腹部の脂肪吸引を受けた方の失敗修正オペをご紹介します。 まずはTOPの症例画像をご覧ください。 このモニターさんは、名古屋にある自称「脂肪吸引を得意としている」クリニックで、腹部全体の脂肪吸引を受けられました。 ですが、どうでしょう。 腹部にはデコボコや明らかな段差が見られます。 これは修正の相談でよくあるトラブル。 腹部全体といいつつ肋骨の上の部分(胸の下あたり)の取り残しが多いため、多めに吸引しやすいヘソ上の部分との間に段差ができてしまうことが原因です。 写真では胸を張っているのであまり目立ちませんが、力を抜くと深い横ジワができてしまいます。 肋骨上は下から吸引すると危険だと思っている美容外科医が多いようで、取り残されることが多いようです。 実際に他院で経験の少ないドクターが肋骨の下に吸引管を通してしまって横隔膜に穴が開いたなんていう話も聞いたことがあります。 危険だと思って避ける術者が多いようですが、アプローチの仕方によって、全く安全に取れます。 写真の方は、取り残しのある胸下部分をしっかり脂肪吸引し、段差を丁寧に均しました。 側腹部にもえぐれたような線状の凸凹があったので均しています。 脂肪吸引は1度目が大事です。 2回目以降は皮下組織が硬くなっているので、周囲を柔らかくするベイザーでもかなり難しくなります。 この方は「ベイザーは必要ない」と否定している施設で施術を受けたそうですが、確かに1回目に関してはベイザーが無くても特に問題ない場合が多いでしょう。 (皮膚の引き締め効果が強いのと周りの組織へのダメージが少ないので当院では推奨していますが) ただし、2回目以降はベイザーを使用した方が術後の体の負担や結果は絶対に良いです。 脂肪吸引は道具も大事ですが、それ以上に手術する医師によって大きく結果が左右されます。 術後の固定のせいにされたりする人もいるようですが、そんなことでココまで明らかなデコボコになったりはしません。 脂肪吸引は何回も受けられるものではなく、最初が肝心ですからクリニック選びは慎重になさってくださいね。 【後日談】 このゲストから、嬉しいお手紙をいただきました! ドクター冥利につきます。また、1人でも多くのゲストを幸せにしようと誓いました。

お顔全体のアンチエイジング

THE CLINIC 名古屋院長の福田です、こんにちは。 最近はお顔のアンチエイジングのために、複数箇所をアプローチして 一気に若返りを行なう総合施術のリクエストが多いです。 上のTOP画像の女性はまさにそんなモニターさんです。 術後1週間の写真ですが、腫れも軽く経過は良好。 実は以下のような施術を行なって、顔全体を若返らせています。 ・皮膚のたるみに↓ フェイスリフト(SMAS縫縮+リガメント処理) ・こめかみのくぼみに↓ コンデンスリッチファット注入 ・目の上のくぼみ・目の下のクマに↓ マイクロCRF注入(マイクロCRFとは良質な自己脂肪のこと) ・目の下のたるみに↓ 眼窩脂肪の除去(目の下の脱脂) 術後1ヶ月頃には、細かいダウンタイム症状も引いて、もっとキレイになっているでしょう。 エイジング症状にお悩みの方は是非ご相談くださいね。

涙袋形成は若い人だけの治療にあらず!目元の若返り効果◎

こんにちは、THE CLINIC大阪院長の三尾でございます。 僕は顔の整形や若返り施術をよく行なうのですが、昨今は目の下に涙袋をつくる治療が人気です。 愛らしい印象になり、目が大きく丸く見えるため若い女性に人気ですが、実はエイジングが気になる中年以降の女性にもオススメです。 なぜかと言うと、目の下がスッキリしていると聡明なイメージになれる一方で、年齢が重なり頬にコケ症状が出始めると、〝貧相な印象〟に変わる女性が多いからです。 また、他によくあるエイジング症状として目元のくぼみも挙げられますが、涙袋があればボリュームのバランスが取りやすく、くぼんでもさほど老けて見えません。 さらに、涙袋という膨らみがあることで目元の縦ジワが目立ちにくくなるメリットがあります。 そんな涙袋形成施術には様々な方法がありますが、1番オススメなのはマイクロCRF注入。 マイクロCRFとは、自己脂肪から老化細胞や死活細胞を除去し、さらに大きな脂肪も取り除き、微細な最良の脂肪だけに精製したもの。 とても小さな脂肪細胞だけにした注入材のため、目元などの細かな部位に最適であり、涙袋形成にはうってつけです。 くすみなどの肌色を改善する作用もあり、半永久的に効果が持続する点も魅力。 様子を見ながら少しずつ追加注入する方法も行なえるため、目元のエイジングでお悩みの方はご相談されると良いでしょう。 【まとめ】 1:涙袋は若い人だけでなく、エイジングが気になる女性にもオススメ 2:くぼみや縦ジワを目立たなくすることができ、愛らしい印象になる 3:ドクターとしてオススメの涙袋形成は、くすみ改善効果も高いマイクロCRF注入

THE CLINIC(ザ・クリニック)の一覧