ただいまの口コミ 5,361 件!

クリニックを探す (登録クリニック778件)

シミ取り治療の コラム一覧

総合版の治療案内はこちら   

シミ・そばかすに最適な治療法

サクラアズクリニック天神院

シミ・そばかすの最適な治療法 今までのシミ・そばかすケアの仕方って間違ってたのかな? 今まで独自で行ってきたシミ・そばかす治療・・・本当に自分に適していたのでしょうか? 美容皮膚科や皮膚科で行った施術は、きちんと自分のシミ・そばかすのタイプに適した治療法を紹介されていたでしょうか? いま一度、シミ・そばかすのケア・治療の方法を見直してみましょう。 ■IPL (P-フェイシャル) シミ・そばかすに対する効果 加齢性色素班,日光性色素班,花弁状色素班,ルビースポットなどのシミ,ニキビ,そばかす,毛穴の開き,赤ら顔など幅広い種類の治療ができます。瞼以外の場所であればあらゆる場所に施術可能です。スムースクールによる、美肌施術「P- フェイシャル」は、主に色素治療をターゲットとしています。これは肌に従来のレーザー治療とは異なる特殊な光を当て、色素病変の治療(シミなどに対する治療)等を行うもので、光のエネルギーを熱のエネルギーに変えて、照射することにより様々な症状の改善を図ります。光は治療したい部位にのみ吸収されるため、正常な周囲のお肌を傷つける事がありません。このため濃いかさぶたができにくく、軟膏やガーゼなども不要のため治療直後にお化粧も行えるメリットがあります。また一度の照射で、シミやそばかす等の改善が実感できますが、定期的に行うことでより高い効果も発揮し、お肌のキメも整います。 ■超音波イオン導入・クールビタミントリートメント シミ・そばかすに対する効果 イオン導入・超音波導入を同時に行うことで高濃度ビタミンAやビタミンC、ミネラルの美肌成分をより効果的に肌の奥まで浸透させます。 その浸透効果は、皮膚にトリートメントした状態と比べ、約40〜100倍もの効果があると言われています。お肌の深部まで効率よく浸透させることによって、お顔全体のシミ・くすみを改善し、お肌のトーンをより一段と明るくします。 ■ケミカルピーリング シミ・そばかすに対する効果 ケミカルピーリングにより表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進され、表皮内に貯留していたメラニン色素が上行して角質とともに脱落し、また、表面に固着していた角質も均等に剥離されるため、シミやくすみも改善されるのです。ケミカルピーリングに用いる薬品によっては、薬品が直接メラニン色素に働きかけ、シミを薄くすることも言われています。 しかし、これらの変化は顕微鏡レベルでは証明されていますが、実際に肉眼で確認することが出来るようになるためには根気よく治療を続け、また治療中の遮光などの努力が必要です。 ■グロースファクター シミ・そばかすに対する効果 グロースファクターとは、細胞を活性化し、 細胞分裂を誘導する「細胞成長因子」であり、元々体内に存在する蛋白質の一種です。皮膚の線維芽細胞の増殖を促進させ、その増殖によりコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸 の生成が助長され、肌に張りと弾力をもたらし、老化のスピードを遅らせ、皮膚を若々しくしたり傷んだ肌組織の修復や色素沈着を改善する働きがあります。ダーマスタンプを用いてお肌にミクロレベルの「針穴」を作ると皮下組織は創傷治癒反応を起こし、線維芽細胞の働きが促進され、さらにグロースファクターを「針穴」を通して肌の深部へ送りこむ事により、線維芽細胞の働きをより増幅させてお肌を若返らせる方法です。 代表的な治療法をご紹介致しました。 シミ・そばかすってあんまり大したことないから大丈夫って思っていると、その内に悪化してしまう恐れもありますので、シミ・そばかすでお悩みの場合は一度皮膚の専門医に診て頂くことをお勧め致します。

肌が乾燥しているとシミになりやすい理由とケア方法

口コミ広場編集部

夏はシミ対策が万全でも、紫外線量の減ってくる冬に油断をしていると、シミは増えてしまいます。冬にシミが増える原因は、乾燥にあります。 そこで今回は、肌が乾燥しているとシミになりやすい理由と、シミケアの方法を紹介したいと思います。

肝斑を薄くするレーザートーニングの効果や注意点について

口コミ広場編集部

中村寿 医師

年齢を重ねてくると多くの人で共通する肌トラブルのひとつがシミです。そんなシミにはいくつもの種類があり、それぞれで予防法や治療法が異なることをご存知でしょうか。 とくに老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と肝斑(かんぱん)のふたつは、見た目は同じようなシミに見えても、実はまったく異なるタイプのシミです。そのため、日頃のスキンケアや治療法は正しい知識を持って慎重に見極めなければなりません。 そこで今回は30歳を超えたあたりから目立ち始めるとされる女性特有のシミである「肝斑」に焦点を当てて、効果的な治療法のひとつとして注目されている「レーザートーニング」について効果や注意点、クリニックの選び方などを交えて詳しく解説します。

保険適用で受けられるシミ(アザ・イボ)治療の種類

口コミ広場編集部

メイクで一生懸命隠しても、薄ぼんやりと目立ってしまうシミ。一度気になり始めると、直ちにどうにかしたくなってしまうものです。近頃では、内服薬やレーザーなどシミ治療もどんどん進化して最新の方法が開発されてきており、かつてよりその治療効果に大いに期待が持てるようになりました。 ただその反面、「効果のあるレーザー治療って結構高額な費用がかかりそう...」とご不安になられる人も少なくないでしょう。いっそのこと、シミ治療が健康保険適用で受けられるなら安心なのに...という思いを抱く方も多いのではないでしょうか。 今回は、シミでお悩みの皆様のために保険適用で受けられるシミ(アザ・イボ)治療の種類について徹底解説いたします。

くすみを解消するレーザー治療の種類と効果や選び方

口コミ広場編集部

なんだか肌の色が暗く、化粧ののりも悪いというときにまず疑う必要があるのは、何らかの原因によっておこっているくすみですよね。 くすみの原因は実にさまざまで、自分自身によるセルフケアのみで改善を目指すことができる場合もありますが、くすみの状況によって、しっかりと解消するためには美容外科や美容外科などでの治療が必要になることもあります。 それでは、くすみが起こる原因や、くすみを改善できるといわれているレーザー治療の効果についてご紹介していきましょう。

そばかすを早く治すために効果的な治療方法とは

口コミ広場編集部

多くの女性を悩ます肌トラブルのひとつにシミがありますが、一言でシミと言っても、シミには複数の種類があります。 その中でも大多数を占めるものが老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と肝斑(かんぱん)と呼ばれる2つで、全体の半数以上が老人性色素斑に該当し、おおよそ数割は肝斑だとされています。つまり、一般的にシミという場合のほとんどは老人性色素斑もしくは肝斑のいずれかと考えてよいといえます。 しかし、なかにはシミの種類の見分けがつきにくいものもあります。 その一つが今回特集する「雀卵斑(じゃくらんはん)」です。雀卵斑は正式名称ですが、一般的には「そばかす」として知られています。今回は雀卵斑(そばかす)について他のシミとの見分け方や原因、早く治すための治療法などを含めて解説します。

顔にシミができる原因は紫外線だけではない!

口コミ広場編集部

外出時のUV対策はバッチリやってるのに、なんでシミが増えてくるの? と、このような事で悩んではいませんか?実は皆様が悩んでおられるそのシミは紫外線の影響だけでなく、他の原因が潜んでいるかもしれないのです。 今回は、「紫外線以外の顔にシミができる原因」について、近年の研究で明らかにされている最新理論も含め、あらゆる角度から徹底解説いたします。

韓国女優の肌から人気が出た水光肌を作る「水光注射」のシミやくすみへの効果

口コミ広場編集部

韓国の女優のような透明感とハリ・ツヤのある「水光肌」を叶える美容医療の治療法として広まっている「水光注射」。美容意識の高い韓国で人気が高く、日本でも美容マニアの間で注目の施術です。 この水光注射の治療法や効果、メリットやデメリットなどをご紹介します。

肌のくすみ解消に効果的な治療法ライムライトの特徴や利点

口コミ広場編集部

現れてから長期間が経過しているくすみほど、どのようなケアを行ってもなかなか薄くなりませんよね。このような頑固なくすみは、市販されている化粧品やサプリだけでは改善が難しいことがあり、きちんと改善するのであれば医療機関で治療を受ける方法が最もおすすめできます。今回はライムライトという治療をご紹介していきますが、この方法であれば、頑固なくすみでも短期間で改善することができます。

くすみの解消にむけて積極的に摂取したい栄養素・食事

口コミ広場編集部

「最近、肌に元気がないな」と感じている方は、肌がくすんでしまっているからかもしれません。くすみとは、肌色が悪くなったり、暗くなったりする状態のことを言います。くすみには、スキンケアなどの肌の外からおこなうアプローチも可能ですが、くすみを解消する栄養素を食材から積極的に摂ることも大切です。 今回は、くすみの解消に向けて役立つ栄養素や食事について、ご紹介します。特に、食生活が乱れていると感じている方は、これを参考に毎日の食事内容を見直してみましょう。

肝斑を予防するための生活習慣

口コミ広場編集部

シミ対策をしているのに、全くシミが改善されない。なんだか普通のシミよりも大きい気がする。そんな風に感じているなら、そのシミはもしかして、「肝斑」かもしれません。肝斑とシミは、対処法が似ている部分もあるのですが、異なる部分もあり、普通のシミ対策だけでは肝斑の予防や改善ができないことがあります。 今回は、肝斑とはどういうものなのか、どうすれば予防ができるのかをまとめてみました。自分の顔にできたシミが肝斑かもしれないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

”画期的な肝斑治療” 『レーザートーニング』

ノエル銀座クリニック(美容整形外科・美容皮膚科)

まず肝斑(かんぱん)は、一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。 従来、肝斑にレーザーは厳禁とされていました。 しかし、レーザートーニングは、メドライトC6という医療用の特殊なレーザー機器を使用し、非常に弱いパワーでレーザーを当て、余計な刺激を与えることなく蓄積したメラニンを少しづつ減らしていくことで肝斑治療が可能となる、画期的なレーザー治療法です。 〜レーザートーニングの効果と特性〜 ・肝斑(かんぱん)だけでなく、シミやくすみなどを改善し、明るく透き通るようなお肌へ ・開いた毛穴にも効果的で、ピンとハリのあるキメの整ったお肌へ ・ダウンタイム無し・施術時間はおよそ10分 ※クリニック毎に違います。 肝斑とは、 頬の突出部やおでこにのっぺりとした濃淡の均一なシミが左右対称にできます。30~40代の女性によく見られ、妊娠により悪化し閉経後には自然に消失することがあることから女性ホルモンが原因と考えられます。強いレーザー治療は肝斑をかえって悪化させてしまうため、美容医療クリニックではレーザートーニングによる治療を行っています。

シミが悪化した場合

サクラアズクリニック天神院

シミが悪化した場合 【放っておくとこんなことに・・・「これぐらい平気」は、平気じゃないんです】 「大丈夫!」と思って放ったらかしだとどうなるの? 「シミ・そばかす」といっても、症状や状態は様々です。 症状の初期段階ではシミもそばかすもそんなに目に見えないから大丈夫と思って放置しがち・・・ お肌の深部では、メラニンが増殖しているかもしれないので、貴方が気を抜いていると大変なことに! 悪化してしまう前に、診察で先生に相談してみましょう。自分のお肌の状態がわかりますよ。 お肌には、紫外線を浴びると『メラニン』と呼ばれる色素が作られます。このメラニンが肌の色を黒く(褐色)するのですが、メラニンは普通、肌のターンオーバー(約28日)によって抜け落ち、黒くなった肌も元通りになっていきます。 しかし紫外線を大量に浴びたり、長期間、浴びる生活をしたりすると、このメラニンが過剰に作られることがあり、過剰にメラニンが作られた場所が『シミ』となってしまったり、出来てしまったシミがより濃くなってしまいます。 メラニンを作る能力は遺伝によって決まっており、紫外線を浴びても赤くなるだけで黒くならない人はメラニンを作る能力が低いので、シミも出来にくいことが分かっています。 しかし、メラニンはお肌の細胞を紫外線から守る働きがあるため、メラニンを作る能力が低い人はシミは出来づらくても皮膚癌になりやすいことも判明しており、より注意が必要なのです! 《皮膚癌》 皮膚ガンにも様々なタイプがあり、メラニンが影響しているものがあり、メラノサイトが悪性化してガンとなり、転移するケースがあります。 基底細胞がん、有棘細胞がん(扁平上皮がん)・悪性黒色腫(メラノーマ)の3種類が代表的な皮膚癌です。 メラノサイトを悪性化させない為にも、きちんとサンスクリーン剤を外用し、日傘などを使用して直接的な太陽の光を避けるようにしましょう!夏だけでなく1年間を通じてUVケアを行うことが大事です。

毛穴の開きにケミカルピーリングは効果があるの?

口コミ広場編集部

肌トラブルにも色々な種類がありますが、メイクノリを悪くするなど色々な問題のある毛穴の開きは、特に気になるトラブルの一つではないでしょうか。 毛穴トラブルの解消に向けた治療方法の一つとしてケミカルピーリングがありますが、そもそも毛穴の開きがなぜ発生するのか、そして解消するためにはどういう対策が必要なのかという事を知っておくと、ケミカルピーリングの上手な取り入れ方もより分かりやすくなります。

皮膚科で受けられるシミ消し治療

口コミ広場編集部

加齢とともに気になるトラブルは多々ありますが、メイクの際などに目立ってしまい、非常に気になるものといえばやはり「シミ」のトラブルですよね。 シミと一口に言っても色々な種類がありますが、基本的にシミは肌内部でメラニンという色素成分が定着してしまう事によって引き起こされるもので、セルフケアだけでは中々解消できないというものでもあります。 今回は、そんなシミの悩みを解消するために、皮膚科で受けられる様々な治療方法の特徴と、それぞれの利点、症状に合わせた選び方などをご紹介します。

手の甲に出来るシミの原因と解決法

口コミ広場編集部

顔よりもその人の年齢が出やすいと言われる首や手。特に、手に年齢を感じやすいポイントとしてはシワだけではなく、シミも強く影響してきますよね。手の甲にひとつでもシミが出来ると、それだけで手がグッと老けた印象になってしまいます。 そうならないためには日ごろからしっかりとケアを行う必要がありますが、ちゃんとした対策を行うためには、まずは手の甲のシミのその原因を知っておかなくてはなりません。それでは、手の甲にシミが出来る原因と、解決法についてご紹介していきましょう。

肝斑とは?その原因や見分け方

口コミ広場編集部

若い頃は全く気にしていなかったのに、30代を超え始めたころから徐々に肌のシミやくすみが気になりだした……。シミができないように、紫外線対策を頑張っているのに何故? というような悩みがある方。それ、シミはシミでも「肝斑」という種類かもしれません。 シミは紫外線によって出来るものという認識だけでいると中々予防や解消の難しい肝斑について、詳しくご紹介します。

毛穴の黒ずみはシミが原因かも? 角栓による着色との違いと解消法

口コミ広場編集部

年齢を重ねてくると特に気になるのが毛穴の黒ずみです。洗顔やクレンジングなどで綺麗になってもまたすぐに汚れて黒ずんでしまう、そしてまた入念に洗顔を繰り返すという人は多いことでしょう。苦肉の策として、黒ずみをメイクで隠してごまかしている人も多いようです。 繰り返す毛穴の黒ずみは単純な汚れではなく「シミ」になっている可能性があることをご存知でしょうか。毛穴の黒ずみの原因がシミであるとした場合、洗顔では解消できません。そこで今回は毛穴の黒ずみについてその原因や種類、そして解消法について解説します。

顔のくすみ解消にはピーリングが効果的? 気を付けたいリスクも

口コミ広場編集部

なんとなく顔色が冴えないと感じたとき、はじめに疑う必要があるのがターンオーバーの乱れです。そして、その改善に役立つのがケミカルピーリングを始めとしたピーリング治療ですが、ピーリングは方法を間違えると肌トラブルが起こることがありますので注意が必要です。それでは、ピーリングに期待できる効果や肌トラブルのリスクなどについてお伝えしていきましょう。

シミの解消になぜビタミンCが効果的なのか

口コミ広場編集部

シミに悩む人が必ずと言っていいほど摂取している成分のひとつにビタミンCがあります。ビタミンCには肌のターンオーバーを促進する作用があり、美肌効果もあるとされているためスキンケア成分の代表格と言えるでしょう。 シミにも効果的とされ広く知られているビタミンCですが、そもそもなぜ効果があるとされているのか、そしてどのようにすれば効果的なのかを正しく理解できている人は決して多くないようです。 そこで今回はビタミンCがシミの解消に効果的な理由や、理想的な摂取量、さらにはNG法なども含めて詳しく解説します。

1 ~ 20 件 / 79件中

スポンサードリンク

お悩み・目的からコラムを探す

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 372

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,377人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!