ただいまの口コミ 5,886 件!

クリニックを探す (登録クリニック742件)

シミ取り治療の コラム一覧

総合版の治療案内はこちら   

セルフケアで顔のシミを消す方法

口コミ広場編集部

宮崎浩彦 医師

最近急にシミが増えたような気がする……ある日自分の顔を鏡でマジマジと見てみると、なんだかシミが急に増えたような……なんて感じてしまうことはありませんか? とはいっても、これはシミが急に増えたわけではありません。 シミとは、体内で作られたメラニン(色素)が、皮膚の表面に点々と褐色状に表れてきたものです。メラニンは紫外線などの影響で日々作られていて、毎日の生活で少しずつ蓄積されていった結果、1つ、2つと肌の表面に表れていくようになります。少量だとあまり気になりませんが、数が増えてきたり、範囲が広がったりしてくると気が付くため、「急にシミが増えた」と感じてしまうのです。 そして、シミが肌に蓄積されたメラニンが原因なのであれば、顔のシミを解消するベストな方法は、シミの元となるメラニンを作らせない、あるいはメラニンを体外に排出させて、蓄積させないようにすることです。 今回は、いつのまにか増えてしまいがちな顔のシミを、セルフケアで解消する方法をあらゆる角度から徹底検証いたします。

ヴェルベットスキン

けやき美容クリニック 沼津院

《ヴェルベットスキンとは?》 全ての美肌治療のベースは『真皮に刺激』→『真皮内の線維芽細胞が反応(活性化)』にあります。 マッサージピールの効果である「美肌・美白」「たるみ引き締め」をより高めるために、ダーマペンの持つ「真皮層への有効成分を届ける力」と「皮膚修復過程による大量のコラーゲン生成力」を活用する治療法です。 《マッサージピールとは?》 マッサージピール(PRX-T33®)は皮膚を剥離させずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させる治療方法です。 マッサージピール(PRX-T33®)を皮膚に塗るだけで、細胞再生・新たなコラーゲン線維形成を促し、ハリと弾力を取り戻すことができます。 別名『コラーゲンピール』とも呼ばれます。 お肌を優しくマッサージしながら薬剤をなじませ塗布していき、皮膚深層から表皮再生を促進させることで、従来のピーリングでは得られなかった効果をもたらします。 皮膚の滑らかさやハリ感を、拭き取り直後から感じられるという即効性に加え、ダウンタイムが少なく試しやすい人気の治療方法です。※敏感肌の方はまれに赤みや剥離が起こることがあります。 《ダーマペン治療とは?》 ダーマペンはマルチプルニードル(11本の針)を用い、気になる部分に肉眼では見えないほどの細かな穴を開け、人間が本来持っている傷を修復する治癒能力でその穴を再生し、肌を新しく生まれ変わらせる治療法です。 針穴を通して様々な「美肌有効成分」や「成長因子」などをお肌の深部にまで効果的に浸透させることが可能です。 不足している成長因子を補填し、細胞分裂を活性化させ、肌の再生能力を高めることで、肌の衰えや小ジワ・ニキビ跡・傷跡・シミ・肌のハリを改善します。痛みや出血が少なく、短時間でできる治療です。 個人差がありますが、治療後二ヶ月程度で肌にハリと弾力が戻り、つややかでなめらかなお肌へと生まれ変わります。 【施術の流れ】 Step1:ダーマペン ダーマペンをお肌に滑らせ、肉眼では見えないほどの細かな穴を開けていきます。 Step2:マッサージピール マッサージピールに含まれる美容有効成分、TCA(トリクロロ酢酸)・過酸化水素水・コウジ酸が真皮層までしっかりと浸透していきます。 ダーマペンによる穴が修復される過程で、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)とコラーゲンの生成を促進します。 お肌の若返りも期待できます。 ダーマペンで使用する針は極細なため、お肌へのダメージが少ない治療です。 ダウンタイムが短いことも大きなメリットです。 お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

そばかすは思春期を過ぎれば消える? 消えない場合の治療法は?

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

そばかすというと幼年期の子供に多いイメージがあり、思春期を過ぎたあたりから薄く目立たなくなることが多いといわれています。ところが、思春期を過ぎても薄くならないそばかすもあり、この場合では専門的な治療が必要になることもあります。ではなぜ、そばかすが薄くなる人とそうでない人がいるのでしょうか?それでは、そばかすが薄くならない理由や治療方法についてご紹介していきましょう。

食べ物を選んで体の中からシミ対策! 美肌に良い食事の選び方

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

加齢と共に多くの人が頭を悩ますのがシミです。世の中にはシミ予防のサプリメントや美白化粧品など多くのシミケア用品が流通していますが、それらを活用する以外にも日頃の食事でシミ対策が可能だということをご存知でしょうか。 シミ対策の基本は体の外側からの対策と、体の内側からの対策の両方です。多くの人は化粧品などを使った外側からのケアに集中していますが、実は体の内側からの対策こそ重要です。そこで今回は体の内側からシミ対策をするためにおすすめの食材や栄養素、NG食材なども含めて紹介します。

皮膚科で受けられるシミ治療の種類と効果

口コミ広場編集部

いつの間にかできてしまうシミには、たくさんの方が悩まされています。美白化粧品や市販薬を使ってもなかなか効果を感じられず、年々シミが濃くなったり増えたりしているように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかもシミには老化や紫外線の影響によってできる一般的なものの他にも、30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)や子供の頃から現れるそばかすなど、さまざまな種類があます。 そして、シミの種類によってケア方法も異なり、間違った方法ではシミを悪化させることにもなりかねないという危険性もあるのです。 このように、セルフケアでは解消することが難しいシミですが、皮膚科や美容皮膚科ではさまざまな方法でシミの治療を行っています。そこで、今回の記事では、お肌の専門家である皮膚科や美容皮膚科で受けられるシミ治療の種類とその効果についてご紹介いたします。

顔の肌のくすみ、あなたはどのタイプ? 種類別の原因と対策方法を紹介

口コミ広場編集部

笠井美貴子 医師

「顔に影が多くどんより暗く見える」「なんだか肌が黄色っぽい」「昔は色白だったのに最近浅黒くなってきた」など、ふとした瞬間に自分の顔色を見て本来の肌の色と違う気がして驚く経験はありませんか? アラサー以降に現れやすい悩み“顔の肌のくすみ”の正体をはっきりさせ、透明感のある肌を目指しましょう。

下書き日焼け止めの種類はどういうものがあるの? それぞれの特徴と選び方

口コミ広場編集部

私たちの肌を美しく保つために、最も重要な事は、実は十分なスキンケアコスメを使う事でも、美肌治療を沢山受ける事でもなく、紫外線をしっかりブロックする事かもしれません。 それというのも、肌のダメージや老化のほとんどは、紫外線のダメージによる光老化が原因で、肌老化の実に80%以上は、光老化が原因になっているとまでいわれています。 そんな肌の大敵ともいえる紫外線から身を守る方法の一つが日焼け止めです。 日焼け止めというととにかく美白を目指したい人や、シミができるのを防ぎたい人が使うというイメージが強いですが、そういった美肌を追い求める人たちだけではなく、何歳になっても肌をきれいに保ちたいのであれば、普段から絶対に取り入れておくべきアイテムなのです。 でも、毎日使うとなると気になるのはどんな商品を選べば、一番肌のために良いのかという事ですよね。今回は、そんな美肌の強力なサポートアイテム「日焼け止め」について、どんな種類があるのか、そしてどういうものを選べばいいのか、ご紹介します。

飲む日焼け止めは本当に効果があるの? 種類や選び方は?

口コミ広場編集部

紫外線の恐ろしさは、日焼けだけに止まりません。塗る日焼け止めを使っている人は多いかもしれませんが、最近では飲む日焼け止めも併用して、紫外線対策を行う人が増えてきました。しかし、飲む日焼け止めといっても種類が多く、どれを使うべきか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、飲む日焼け止めの効果や選び方について、説明したいと思います。5年後10年後に後悔しないためにも、正しい紫外線対策を知っておきましょう。

季節の変わり目はエレクトロポレーションケアシスで乾燥対策

セントローズクリニック仙台

みなさま、こんにちは 2月も残り少なくなりましたが、まだ、コートは手放せませんが、春はそこまで来てますね。 また、季節の変わり目等、お肌の乾燥も気になりますね。 そこで、紹介したいのが、エレクトロポレーションケアシスの高分子ビタミンC導入です。 高分子導入とは皮膚に電気刺激を与えることで、高濃度ビタミンCを皮膚細胞の奥まで届ける事ができます。 また、従来のビタミンC導入と比較しお肌への有効成分浸透率が約20倍の導入効果があります。 痛みがないので痛みが心配の方も安心して出来る治療です。 乾燥はもちろん、しみ、くすみ、しわ、毛穴の引き締め、肌老化とあらゆるお悩みに効果のある治療です。 今のお肌を変えたいと思いの方はぜひ、体感して下さい。

毛穴を改善するスキンケアコスメは効果があるのか

口コミ広場編集部

雑賀知歩 医師

小鼻周りや頬などにひどく開放している毛穴。ドラッグストアやコスメストアに行けば毛穴改善効果があるとされるスキンケアコスメが多く発売されていますが、果たしてこれらを使ったセルフケアは毛穴改善効果はあるのでしょうか。 今回は、毛穴の悩みを改善するスキンケアコスメの選び方や効果についてと、セルフケアで改善が困難な毛穴の治療法などの情報を含め徹底解説いたします。

悩ましい毛穴のトラブル・・・種類に合わせたケアが大切です。

クリニカ市ヶ谷

こんにちは。クリニカ市ヶ谷です。 本日は、「毛穴」についてお話させて頂きます。 毛穴の数は男性も女性も赤ちゃんも、皆さん変わらないことをご存知でしょうか。 多少の個人差はありますが、身体の大きさで決まるものではなく、成長するにつれて増えたり減ったりするものでもありません。 =============================== 毛穴トラブルには種類があります。 =============================== 毛穴をなくすことはできなくても、小さくすることや目立ちにくくすることは可能です! 毛穴トラブルには種類が様々あるため、症状に合ったケアを行うことで毛穴トラブルを改善していきます。 =========== 詰まり毛穴 =========== 古い角質や皮脂が混ざったものが毛穴につまり、黒ずみや角栓が目立っている状態。 お化粧などが落としきれずに酸化しているものもあります。 「いちご鼻」もこのタイプ。放っておくと、どんどん黒くなっていきます。 ============= ざらつき毛穴 ============= 毛穴が白く見えて目立ちます。触るとザラザラしているのが特徴です。 =========== たるみ毛穴 =========== 加齢による肌のコラーゲン減少によって、ハリがなくなってくることで起こる毛穴の開き。 重力に従って、毛穴が縦長で広がってしまうのが特徴です。 =========== 開いた毛穴 =========== 毛穴詰まりはありませんがぼつぼつと広がって見えるため、「ミカン肌」といわれるタイプ。 皮脂の分泌が過剰なオイリー肌に多い毛穴トラブルです。 ====================== 毛穴の黒ずみ(うぶ毛) ====================== 季節関係なく毛穴が黒くみえる方は、太く短いうぶ毛の影響で毛穴が黒く見えている可能性があります。 ===================================== 種類に合わせたケアを行うことが大切! ===================================== ご自身で判断することはなかなか難しいため、医師に相談することをおすすめいたします。 当院では、ほとんどダウンタイムなしで毛穴の引き締めが可能な『スキンリジュビネーション』や、頑固な毛穴黒ずみに効く『カーボンピーリング』など、様々な治療法をご用意しています。 毛穴の種類に合わせて治療を行い、毛穴レスなツルツルむきたまご肌を目指しましょう✨

頭皮の日焼け止めは必要? UVケアの効果と選び方

口コミ広場編集部

顔や腕はしっかり日焼け止めを塗っているのに、頭皮は何もしていない人も多いのではないでしょうか? しかし、頭は人間の体の中で最も高い位置にあり、太陽から一番近い場所になります。当然、頭皮にも紫外線の影響は及んでいます。それにも関わらず、頭だけ無防備な状態でいれば、いずれ何らかの影響が出てきてもおかしくありません。 そこで今回は、頭皮の日焼け止めが必要な理由と、頭皮用UVケアの効果や選び方について、お話ししたいと思います。

そばかすって何で若くてもできるの? 年取ってできるシミとはどう違う?

口コミ広場編集部

女性を悩ませることの多い、シミやそばかす。「努力してもなかなか消えないし、隠そうとするとお化粧が厚塗りになってしまう」などと困っている方もいることでしょう。 ところで、見た目が良く似ているシミとそばかすですが、その違いはどこにあるかご存知ですか? イメージとしては、そばかすは幼少期頃にできるもので、特に白人などに発生しやすいという印象があるかと思いますが、いわゆるシミとの違いを明確に説明できる人は少ないかもしれません。 両者の違いをきちんと理解することで、シミやそばかすといった症状への最適な対処法が見えてくるようになりますので、ぜひそれぞれの違いや、正しい対処法、治療法をしっておいてくださいね。

シミやくすみにはL-システインを! その効果や副作用

口コミ広場編集部

「L-システイン」という美容成分について耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、どういう成分だか詳しくご存じですか? 以前と比べてシミやくすみが気になってきているという方は、もしかするとL-システインを積極的に摂取すると良いかもしれません。 L-システインは、シミやくすみに効く有効成分として、美白や美肌を目的とした多くの医薬品やサプリメントにも配合されているもので、比較的入手がしやすいもの。シミやくすみにお悩みの方に、ぜひ覚えていただきたい重要な成分です。 今回は、シミやくすみ対策の代名詞とも言えるL-システインとはどういう成分なのか、その効果や副作用についてご紹介していきます。

レーザートーニング

けやき美容クリニック 沼津院

【レーザートーニングとは?】 QスイッチYAGレーザーによるレーザートーニングは、特定の色素のみに反応し吸収される性質を持ちます。 しみ、肝斑、くすみ、の部分にレーザーを照射すると、その光エネルギーが熱エネルギーに変換され、標的とする色素のみをピンポイントで破壊し、しみ、肝斑を除去します。 非常に短い時間、瞬間的に真皮深部へ到達するため、周辺組織を傷つけることなく、ダメージが最小限に抑えられます。 お肌の状態に合わせて、レーザー出力を変更することができます。 またレーザーの波長を調節することで、浅い色素沈着(しみ・そばかす)から、深層のもの(茶あざ、青あざ、黒あざ、タトゥーなど)まで、幅広い効果があります。 【肝斑・しみの除去】 広範囲に広がるしみや、肝斑の治療に最適で、困難とされてきた根深いしみの治療を可能にしました。 標的となる色素以外の正常な皮膚をほとんど傷つけることなく、 肝斑、しみを除去します。 レーザーの光エネルギーは、特定の色素に反応し吸収される性質があります。 治療したいしみや肝斑にレーザーを照射すると、その光エネルギーは熱エネルギーに変換され、 ターゲットとなる色素を熱で破壊し、肝斑・しみを除去します。 症状に応じてパワー設定ができ、メラニン色素の細胞のみ反応させて治療します。 【施術の流れ】 ①カウンセリング カウンセリングでレーザーの施術を行っても問題ないかを診断します。 レーザーによる施術を受けられない可能性があるのは、以下のような方です。 ・妊娠している、または妊娠の可能性がある方 ・肌に光過敏症がある方 ・光の刺激でてんかん発作を起こす可能性がある方 ・心臓ペースメーカーを使用している方 ・心臓疾患や糖尿病などの慢性疾患を持っている方 ②洗顔 / メイクオフ 洗顔およびメイク落としで、肌を清潔にします。 ③レーザーの照射 照射の瞬間には、強くゴムではじかれるような痛みと光のまぶしさを感じます。 【術後注意事項】 レーザートーニングで、治療を受けたあとは、お肌の表面が通常よりも乾燥しやすく、紫外線に大変弱い状態になっていますので、術後はしっかりとした保湿と紫外線対策が必要です。 【こんな方におススメです】 ✔︎ しみが増えてきた ✔︎ そばかすが気になる ✔︎ 肝斑が広がってきた ✔︎ 肌がくすんでいる ✔︎ 職場にバレずに治療したい ✔︎ 肌質、お肌の色調を改善したい方 ✔︎ 明るい肌質になりたい方 お悩みの方は一度ご相談にいかれてみてはいかがでしょうか。

目元にある黒ずみはシミ?それとも別物?肝斑やクマとシミの見分け方

口コミ広場編集部

顔のなかで最も印象的な目やその周辺は日頃からメイクやお手入れに気を使っている人は多いと思います。しかし、気がつくと目元に薄いシミのようなものが出来てしまって困ってしまう人も多いようです。とくに30歳を超えてからは「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミなどができやすく、目元の黒ずみやシミはたくさんの女性にとって共通する悩ましい症状と言えます。 そこで今回は、多くの人が同じ悩みを抱えている目元の黒ずみ、シミ、肝斑、クマなどに関する特徴や原因、そしてケア方法などについて詳しく解説します。

ストレスはシミの大きな原因の一つ

口コミ広場編集部

ハイドロキノンやトラネキサム酸配合のクリームを塗り、美白コスメでスキンケアも一生懸命頑張っているのに、なぜかいつまでたってもシミが薄くならないと悩んではいませんか? そのなかなか改善しないシミは「ストレス」が原因かもしれません。 意外に知られていませんが、実はシミとストレスは密接な関係にあり、特に女性は男性よりもストレスを感じやすく、ホルモンバランスを崩してしまうことが、シミを作る元になってしまうのです。 今回は、現代人にとって非常に深刻な問題である「ストレス」によりシミができてしまう原因について徹底解説致します。

くすみは光治療で解消できる? 治療方法の効果と選び方

口コミ広場編集部

化粧品でもなかなか改善できないくすみ、本当に困りますよね。くすみの原因はさまざまで、化粧品のケアで改善できる種類もあれば、専門的なケアを必要とする種類もあります。今回は、くすみ治療の中でも改善効果が高いといわれている光治療にスポットを当てて、効果や治療法の上手な選び方についてご紹介していきます。長年のくすみでお困りの方は、ご自身のくすみがどのタイプなのか見極めた上で、光治療を検討してみてくださいね。

肝斑(かんぱん)ができないように気を付けるべき生活習慣

口コミ広場編集部

年齢を重ねると多くの人が頭を悩ませる肌トラブルのひとつがシミではないでしょうか。そのなかでも「肝斑(かんぱん)」は中高年の女性の半数近くが経験するシミの症状で、特に悩む女性が多いシミの代表格とも言える存在です。 肝斑の直接的な原因はいまだに解明されていないものの、肝斑の症状の改善や予防法は研究が進められており、現代では肝斑に効果的なケア方法や治療方法が確立してきています。 今回特には肝斑の予防方法に焦点をあてて、肝斑予防に効果的な生活習慣を、スキンケアの方法などを含めて解説します。

肌を美白に導くための洗顔方法のポイント

口コミ広場編集部

誰もが目指したい肌の美白。白い肌は七難を隠すとも言われますが、透き通るような白い肌は誰の目から見ても非常に美しいですよね。美白肌を目指して、積極的に美白化粧品などのコスメを使っている方も多いことでしょう。 しかし、折角美白コスメを積極的に使っていても、なかなか思い通りに美白が叶わないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか? 実はその原因は、洗顔の仕方が影響しているかもしれません。肌を美白に導くためには、洗顔方法も非常に大切です。今回は、肌を美しくしてくれる洗顔方法について、ご紹介します。

1 ~ 20 件 / 101件中

スポンサードリンク

お悩み・目的からコラムを探す

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 226

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,356人以上 の医師陣が回答!
総回答数 28,000件以上!