ただいまの口コミ 101,990 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,250件)


シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療

クリニックでうけられる乾燥肌の治療方法について

口コミ広場編集部


肌がカサカサしたり、つっぱったり、化粧ノリが悪くなったと感じることはありませんか?
十分なスキンケアなど対策を怠っていると、水分や皮脂が不足して、潤いのない「乾燥肌(ドライスキン)」を引き起こすことがあります。さらに症状が進むと、痒みや痛みを生じることもあり、肌を掻くことで細菌が入って、湿疹を引き起こしたりもします。
肌の乾燥を感じたら、皮膚疾患を引き起こす前に、乾燥肌を治療して、潤いのある肌を取り戻しましょう。

今回は、クリニックで受けられる乾燥肌の治療方法について、ご紹介します。乾燥肌の原因についてもまとめましたので、乾燥肌が気になる方は、是非参考にしてみてください

乾燥肌の原因

肌にはもともと複数の保湿機能が備わっていて、具体的には皮脂、NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質という3つの働きによって、肌内部に適度な水分が保たれています。

しかし、この3つの保湿機能は生活習慣の様々なシーンで失われてしまう事があり、保湿機能が低下すれば当然肌内部の水分量が減少するため、潤いを失って乾燥肌の状態になる事に。

まずは、いきなり乾燥肌の治療を検討する前に、乾燥肌の原因を知った上で、適切な治療方法を選びましょう。


1.乾燥した空気

当たり前の事ですが、乾燥した空気は、肌の水分を奪います。空気というのは湿度を一定に保とうとする働きを持っているため、空気中の水分が少なければ、水分がある所から奪い取っていこうとするため、肌の水分が奪い取られてしまうのです。

冬は空気の湿度の下がる季節ですが、暖房の効いている室内も空気が乾燥しています。室温を上げると同時に、加湿器などで湿度を上げるようにしましょう。

夏は空気中の湿度は高いですが、エアコンはその湿度を下げるために働いていますので、冷房の効いている室内は乾燥しています。湿度計などをチェックして、あまりにも室内が乾燥しているようであれば夏でも加湿器などを利用するようにした方が、肌の乾燥を防ぐ事ができます。


2.紫外線

紫外線を浴びていると、肌内部の細胞にダメージが加わり、バリア機能が低下して、水分が蒸散しやすくなります。

また、体は肌内部に紫外線が侵入するのを防ごうとして、角質を増やすように働くため、肌の表面の角質は厚くなります。この結果、余分な角質が肌表面に滞って角質肥厚が起こり、シワやたるみ、ニキビなど様々な肌トラブルも招きます。古い角質は水分も失いやすいため、乾燥した状態になります。


紫外線は夏だけではなく、秋冬や曇りの日でも一定量が地表に降り注いでいますので、日差しが強い日だけ対策するのではなく、一年を通して日焼け止めの利用や服装などの工夫を行う事が必要です。


3.間違えたスキンケア

スキンケアの中でも、特に肌の乾燥を防ぐために注意したいのは洗顔です。洗顔のし過ぎは、肌の乾燥を招きます。

肌をゴシゴシ強く擦ったり、強いクレンジング剤や洗顔料を利用したり、1日に何度も洗顔すると、肌に備わった角質細胞間脂質や皮脂といった天然の保湿成分まで洗い流しすぎてしまい、バリア機能が低下します。

また、洗顔の方法だけではなく、洗顔時や入浴時に熱いお湯を使うと、肌の保湿成分が溶かされて流失しやすくなるため、肌は乾燥します。

洗顔はメイクに合わせて適度な強さの洗顔料やクレンジングを利用し、肌をこすらないようにやさしく洗い流すようにしましょう。


また、乾燥肌対策には、保湿重視のスキンケアも欠かせません。特に洗顔後は肌に元々存在している保湿成分が奪われて乾燥しやすくなっているため、化粧水でしっかり保湿し、乳液や保湿クリームで蓋をして潤いを閉じ込めなければなりません。

肌の乾燥が強い場合は、肌内部の保湿成分も補う必要があるため、化粧水の後にセラミドなど角質に浸透して保湿を行う成分が配合された美容液を利用するのも良いでしょう。

洗顔後のスキンケアを怠ってしまうと、保湿成分の減少により水分がどんどん流出していくため、肌の乾燥が進みますので、洗顔後はなるべく早めに保湿ケアを行うようにしましょう。


4.加齢

人の肌は、加齢とともに、新陳代謝が低下します。新陳代謝とは、古い角質が剥がれ落ち、新しい角質へと生まれ変わる肌のターンオーバーのことです。

ターンオーバーの周期はよく28日といわれますが、これは20歳ころの最も新陳代謝が活発な時の話で、30歳では45日、40歳では60日と徐々に遅くなっていくといわれています。


歳をとることで新陳代謝は低下して、発汗量だけでなく、角質層の水分の蒸発を防いでいる皮脂の分泌量も減少します。

また、肌の潤いを保つセラミドをはじめとした細胞間脂質も、肌のターンオーバーによって作られる成分であるため、40代になると20代の半分の量まで低下してしまうのです。細胞間脂質とともに水分を保つ働きをしているNMF(天然保湿因子)も、新陳代謝が低下することで、生産量が減少します。


5.乱れた生活習慣

ダイエットや偏食による栄養バランスの乱れ、睡眠不足など不規則な生活も、乾燥肌の原因になります。栄養不足も睡眠不足も肌の新陳代謝を遅らせ、必要な栄養が巡らなくなります。その結果、水分を保持する力が低下し、肌の乾燥が進みます。


乾燥肌の治療方法

乾燥肌を招く原因を見てきましたが、クリニックでは原因に合わせて、乾燥肌の治療を行います。放置しておくと、症状が悪化することもあるので、早めに乾燥肌を改善しましょう。

1.イオン導入

乾燥肌の治療の一つに、肌の奥深くまで有効成分を浸透させる「イオン導入」があり、保湿効果を高める薬剤を使用します。

通常、人の肌はバリア機能によって肌の上から美容成分などが浸透できないようになっていますが、イオン導入を利用すると美容成分がイオン化される事で、肌内部に浸透していき、美肌効果を得る事ができます。


乾燥肌の治療で効果を発揮する成分は、抗酸化作用を持つビタミンCとビタミンEなどがあります。この二つの成分を併用することで、相乗効果が生まれます。


ビタミンEには肌表面のバリア機能を高め、血行を促進して、健康な肌へ導く効果が期待できます。ビタミンEは活性酸素と結び付いて、細胞を酸化から守ります。しかし、ビタミンEは酸化しやすいといった特徴があるので、細胞を守った後のビタミンEは無力化してしまいます。そこで、ビタミンCを併用することで、ビタミンEの働きを補ってくれるのです。


また、ビタミンCはシワなどに効果のある成分ですが、保湿力に欠け、乾燥しやすいといったデメリットがあります。しかし、保湿効果のあるビタミンEと併用することで、ビタミンCのデメリットを補ってくれます。

イオン導入による乾燥肌の治療では、痛みやダウンタイムもありません。


2.ケミカルピーリング

乾燥肌の治療では、不要な角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進する「ケミカルピーリング」を行う場合もあります。乱れた生活習慣や加齢など、様々な原因から肌のターンオーバーが滞ります。肌がカサカサしたり、ゴワゴワしてきたと感じる方は、ケミカルピーリングを受けると良いでしょう。


乾燥肌が気になる人は、ケミカルピーリングの中でも、乳酸ピーリング(ラクトピーリング)がおすすめです。乳酸ピーリングは天然乳酸を主成分としており、肌への刺激も少ないのが特徴です。分子量が大きいので、肌の浅い部分に作用します。


ケミカルピーリングには、角質層のセラミドの生成を促進し、バリア機能を高める効果もあります。肌表面に蓄積した古い角質を溶かして、ターンオーバーを正常にする働きもあるほか、保湿効果も期待できます。


ただし、ケミカルピーリングはあくまでも肌の代謝が低下して、角質層が厚くなってしまっている状態の際に行うべきものです。

過剰な洗顔などによりむしろ肌が削られてしまっているような状態でケミカルピーリングを行うと、肌質が余計に乾燥しやすくなる可能性もありますので、しっかりと信頼できる医師の診察の元で行うようにしましょう。

ピーリングはエステサロンや家庭用のピーリング石鹸なども数多く販売されていますが、上記の理由からまずはクリニックで相談してみる事をおすすめします。


3.光治療

顔全体に光を照射して、様々な肌トラブルに同時に働きかける「光治療」を行うこともあります。

光が肌にあるメラニン色素などに吸収されて適度な熱刺激を発生する事で、肌の細胞を活性化させてターンオーバーやコラーゲンの生成を促進するという治療方法です。

肌の生まれ変わりを促進し、ターンオーバーの過程で細胞間脂質や天然保湿因子が作り出されるため、肌の乾燥が改善されます。


光治療の中でも、幅広い波長を持つIPL(Intense Pulsed Light/インテンスパルスライト)という光を放つフォトフェイシャルは、保湿成分のコラーゲンなどを作り出す繊維芽細胞の働きを活性させます。フォトフェイシャルはほとんど痛みがなく、ダウンタイムがないのもメリットです。


ライムライトによる光治療も、乾燥に強い肌質に変えてくれます。ライムライトは従来のIPLに比べて、さらに痛みが抑えられているので、痛みに弱い方も施術可能です。


まとめ

肌の乾燥を放置しておくと、悪化して症状が酷くなってしまうことがあります。少しでも乾燥を感じたら、早めに保湿ケアを行いましょう。それでも、乾燥肌がなかなか改善しない場合は、クリニックで治療を受けるという選択肢もあります。


クリニックでは肌質を改善し、乾燥しにくい肌を作ります。一人一人の症状に合わせた治療を行いますので、気になる症状がある人は早めに治療を受けて、乾燥に負けない健やかな肌を手に入れてくださいね。

あわせて読みたい

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 11,673

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,371人以上 の医師陣が回答!
総回答数 30,000件以上!