池本形成外科・美容外科が詳しく解説!
鼻尖形成術でスッキリとした鼻先に

『美容口コミTV』第15回放送「中村アンになりたい! 編」の中から「鼻」についての治療法をご紹介。番組ADが中村アンさんの鼻に近づくためには、「隆鼻術」「鼻尖形成術」「鼻中隔延長術」「小鼻縮小術施術」という4種類の治療法が必要になるそう。
ここでは、軟骨のボリュームを減らして鼻先を細くする「鼻尖形成術」をご紹介します。

丸い鼻先を尖った鼻先にする
鼻尖形成術とはどんな治療法?

解説してくださるのは、池本形成外科・美容外科の池本 繁弘先生。

解説・協力クリニック

池本形成外科・美容外科
東京都立川市曙町2-18-17 町田ビル4F

番組ADが中村アンさんのような鼻になるためには、鼻の付け根を高くする隆鼻術、鼻先を細くする鼻尖形成術、鼻を下に向ける鼻中隔延長術、小鼻を狭くする小鼻縮小術施術が必要だそうです。この中でも、団子鼻の人が鼻筋を通すために多く行うのは「鼻尖形成術」という施術だそうです。

団子鼻の人は、鼻の軟骨が非常に大きく横に張り出している傾向にあります。
鼻尖形成術は、軟骨のボリュームを少なくして、中央に引き寄せて縫い合わせることで、スッキリした鼻にする治療法です。

鼻尖形成術のメリットは、施術後丸くなっていた鼻先が持ち上がり、すっきりとした感じになることです。

ただし、団子鼻の人が鼻尖形成術を行うと鼻が上を向いてしまう可能性があることがデメリットだそうです。そのため、鼻尖形成術と合わせて、耳などの軟骨を鼻の先端の移植する、鼻中隔延長術を行うことで鼻が上を向くことを予防できるようです。

番組ADが隆鼻術、鼻尖形成術、鼻中隔延長術、小鼻縮小術の4種類の施術を行うと、鼻筋が通り鼻先がしっかりと下を向いたキレイな形になりました!

Web限定
池本先生に聞いた! 鼻は施術した後、老化で変化しない?

「鼻は加齢によって変化しにくい部位ですので、手術後の結果が比較的長期間持続することがメリットです」
頬や目などは、加齢によってたるんでしまいますが、言われてみれば鼻はあまり変わりませんよね? 一度の施術で長期間持続できるのは大きなメリットですね。

鼻を高くする際、軟骨を使用した場合は使用した部分の軟骨が無くなってしまうことやシリコンを使用した場合は、シリコンの長期装用によって鼻の骨が吸収されることがあることがデメリットとしてあげられるそうです。

鼻尖形成術のここがポイント

傷跡が目立たない

鼻尖形成術は、ほとんどの場合が鼻の穴の中から切開するため傷跡は見えません。鼻柱から切開する場合には、傷跡が残ることもあるのでカウンセリング時にしっかりとドクターに確認しましょう。

鼻中隔延長術と合わせて治療が必要

団子鼻の方が、鼻尖形成術を行うと鼻が上を向いてしまう可能性があります。その際、上を向いてしまった鼻を下に向ける鼻中隔延長術という治療が必要になることがあります。

半永久的な効果

鼻は加齢によって変化しにくい部位であるため、鼻尖形成術の施術後は半永久的に効果を感じていただけるそうです。ただし、鼻中隔延長術を行った場合は、シリコンの副作用により鼻の骨が萎縮してしまったという報告もあるため注意が必要です。

第15回放送でご協力いただいたクリニック

池本形成外科・美容外科

所在地 東京都 中央区

最寄駅 日本橋駅 徒歩2分

エリア 日本橋/八重洲

営業時間 月火木金土 10:00~19:00 予約制

  口コミ96

池本形成外科・美容外科では患者様が満足される治療を「最高の治療」であると考えております。当たり前のことですが、難しい問題でもあります。満足度を追求したカウンセリング・手術・アフターケアを行っています。...