池本形成外科・美容外科が詳しく解説!
垂れ目形成で優しげな目元に

『美容口コミTV』第15回放送「中村アンになりたい! 編」の中から「目」についての治療法をご紹介。番組ADが中村アンさんの目に近づくためには「二重施術」「まぶたの脂肪切除」「目頭・目尻切開」「眼瞼下垂」「垂れ目形成」という5種類の治療が必要だそう。
ここでは、中村アンさんの特徴でもある「垂れ目」を再現するため、下まぶたを下げる「垂れ目形成」をご紹介します。

きついツリ目を優しい印象にする
垂れ目形成とはどんな治療法?

解説していただいたのは、池本形成外科・美容外科の池本 繁弘先生。

解説・協力クリニック

池本形成外科・美容外科
東京都立川市曙町2-18-17 町田ビル4F

番組ADが、中村アンさんのような目になるためには、二重施術、脂肪切除、目頭・目尻切開、眼瞼下垂、垂れ目形成という5種類の施術が必要だそうです。
中でも、下に膨らみのある大きな目を作る「垂れ目形成」によって、中村アンさんの特徴に近づけるそうです。

垂れ目形成とは、つっている目を下げる治療法。下まぶたを支える筋膜を縫い縮めることで下まぶたを引っ張ります。

垂れ目形成の実際の症例写真を見ると下に膨らみのある形となり、目が大きく垂れ目になります。

ここまでご紹介した5つの施術全てを行うと番組ADはどこまで中村アンさんに近づけるのでしょうか。

施術前後の写真を見比べて見ると、きつかった目が中村アンさんのような優しい印象を与える目になりましたね!

Web限定
池本先生に聞いた! 目の手術を行うには順番がある!?

「はい。理想的な順番があります。始めに目頭と上まぶたの手術を行ってその後に目尻と下まぶたの手術を行います」

その理由は、目頭の突っ張りが上まぶたに、目尻の突っ張りが下まぶたにそれぞれ影響しているからだそうです。

ですから、目頭の突っ張りを取った状態で上まぶたを上に広げ、目尻の突っ張りを取った状態で下まぶたを下に広げるという順番で目の手術を行うとのことです。

垂れ目形成のここがポイント

優しい印象になる

垂れ目は、つり目に比べ優しい印象がありますよね。つり目がコンプレックスとなっている方、優しく愛らしい目に憧れる方には垂れ目形成はベストな治療法なのではないでしょうか。

治療法が複数ある

垂れ目形成は、切開による施術、糸による施術、ボトックス注射による施術などがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、クリニックでの説明を受け、ご自身に合った治療法を選択しましょう。

術後の腫れに注意

切開や糸での垂れ目形成は、術後1週間ほど腫れることがあります。垂れ目形成をご検討されている方は、術後のスケジュールなどに余裕を持っておくと良いかもしれません。

第15回放送でご協力いただいたクリニック

池本形成外科・美容外科

所在地 東京都 中央区

最寄駅 日本橋駅 徒歩2分

エリア 日本橋/八重洲

営業時間 月火木金土 10:00~19:00 予約制

  口コミ103

池本形成外科・美容外科では患者様が満足される治療を「最高の治療」であると考えております。当たり前のことですが、難しい問題でもあります。満足度を追求したカウンセリング・手術・アフターケアを行っています。...