ただいまの口コミ 94,017 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,245件)

乳首美白 の美容外科を探す

美容外科で乳首美白を実際に受けた人の口コミ41件。乳頭・乳輪の美白を体験した人が書いた治療の効果や痛み、術後の経過、費用等の体験談を参考に、人気の病院、クリニックを探してみましょう。実際の料金の安いクリニックを探したり、医師の一覧、症例写真一覧で検索することもできます。

乳頭・乳輪の美白には、美容外科や皮膚科にて美白クリームやレーザー治療を受けることが一般的です。美白クリームは、ほぼ全ての人が施術を受けることができますが、レーザー治療は、人によって不向きの場合があるため、診察後に施術を受けられるかが決まります。美白クリームには、美白効果のあるハイドロキノンや肌のターンオーバーを促進させるトレチノインが配合されているクリームが多く、個人の状態に合わせて濃度を調整します。1ヶ月から3ヶ月程度で効果があらわれます。レーザー治療は、パッチテストを行い、経過により1週間後に本照射を行います。反応が強いため、生活制限がありますが、美白クリームよりも早く効果を得ることができます。

乳首美白のホンネ口コミ 41

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [9]
4.5 [6]
4.0 [10]
3.5 [9]
3.0 [5]
2.5 [2]
2.0 [0]
1.5 [0]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-100%
  • 男性-0%

年齢層

  • 10代-2%
  • 20代-29%
  • 30代-44%
  • 40代-22%
  • 50代-2%
  • 60代以上-0%

乳首の整形なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す


 乳首美白のクリニック一覧を見る

乳頭・乳輪の美白の最新口コミ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  症例紹介

症例紹介をもっと見る  

乳頭・乳輪の美白の基礎知識 入門編FAQ

乳頭・乳輪の美白に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
乳頭・乳輪の美白とは?
A
乳頭・乳輪が黒ずく原因は非常に多くあり、生まれつきの体質以外にも授乳などの刺激や女性ホルモンの上昇、経口避妊薬(ピル)の服用時、下着や着衣による摩擦、アトピーや加齢などでも色素が濃くなり黒ずんできます。 そのため、乳頭・乳輪の黒ずみは年齢を問わない悩みとしてあります。乳頭・乳輪の美白治療は主に、ハイドロキノンとトレチノイン酸を併用した外用剤治療になります。また、ルミキシルペプチドやビタミンC誘導体も黒ずみに対して効果的な美白成分です。
Q
ハイドロキノンとトレチノイン酸の効果は?
A
ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、メラニン色素を合成するチロシナーゼ酸化酵素の阻害作用、シミを薄く淡色可する還元作用、メラニン色素をつくるメラノサイトの活動抑制作用などの効果があり、皮膚科におけるシミ治療でも多く使用されています。トレシノインは、ビタミンA誘導体で表皮細胞を活発に分裂させ、皮膚の再生を促進させます。皮膚再生を促すことで、メラニン色素を一緒に運んでもらう狙いがあります。
Q
ハイドロキノンとトレチノイン酸の副作用はありますか?
A
副作用というほどではありませんが、トレチノイン酸は角質を剥離する作用をもっていますので、そのクリームを塗りますと、皮が剥げたり赤くなったりしますが、それは正常な反応ですので特に問題ありません。ただし、あまりに痛みが強い場合は使用を中止し、医師と相談してください。また、ハイドロキノンの使用でかぶれ、発赤が生じる場合がありますので、その際も使用を中止し、医師と相談するようにしてください。
Q
レーザー治療による乳頭・乳輪の美白があると聞いたのですが?
A
乳頭・乳輪の美白治療は、ハイドロキノンとトレチノイン酸などを使用した外用剤治療が主流で、他にもケミカルピーリング(サリチル酸ピーリング)といった方法もあります。レーザーによる乳頭・乳輪の美白治療は技術的には可能ですが、レーザー治療は色素沈着の増強や脱色素による色ムラを生じるなどの問題が大きく、推奨しているクリニックはあまり多くありません。