ただいまの口コミ 72,567 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,579件)


ホクロ除去・あざ治療・イボ治療

首周りのボツボツ

ブリスクリニック形成外科・美容外科・美容皮膚科福岡


首周りのぽつぽつが気になる方はいらっしゃいませんか?
これはアクロコルドン(スキンタグ)、もしくは脂漏性角化症(老人性疣贅)というものだと思われます。1個だけということは普通考えにくく、複数個が首回りに散在することが多いです。
年齢に伴い増えてくるものですが、家系などによっては若いうちから気になる方もいらっしゃいます。このような悩みを感じている方も多いはずです。
治療方法としては、どちらの場合も、CO2レーザーで削る治療が効果的です。
(スキンタグの場合は手術用はさみで切除する方法もあります。)
これらは放っておいても消えませんし、それどころか年々増えていく一方です。
あっさりと簡単に取れてしまうものですので、悩まずお近くの専門の先生に相談して見られてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

大き目のホクロの取り方

ブリスクリニック形成外科・美容外科・美容皮膚科福岡

ある程度大きいホクロの場合、クリニックによっては切除を勧められることがあると思います。 ですが最大でφ1cm程度まででしたら(場所などにもよりますが)、CO2レーザーでの除去を第一に行ってみるとよいでしょう。治療直後、初めは大きい穴に感じますが、その傷跡は数か月かけて徐々に収縮するはずで、元々のφ1cmよりも小さく治ってくれるはずです。まずそれで様子を見てもよいでしょう。 その傷跡がきになるようでしたら、そこから初めて母斑切除を考える。そのような手順で考えられるといかがでしょうか。 ちなみに、一度で手術で取るならば、よくある紡錘型の切除の場合、ホクロの直径の2~3倍の長さの長い縫いあとができるはずです。頬に一直線の長い線ができるのはつらいものですし、大きなものでしたら一方向に縫い寄せる紡錘型の切除では、その上下の皮膚にツッパリを感じることもあるでしょう。 ですから、形成外科医ならば、大きいものは皮弁というやり方を適応しながら、一定方向にツッパリが偏らないようにします。 主治医の先生の見立てで、紡錘型の切除を勧められた場合、その先生が形成外科医でない先生ならば、一度形成外科にご相談されるとよいでしょう。 いろいろな方法を提案してもらえると思います。

ホクロ除去・あざ治療・イボ治療の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

ホクロ除去・あざ治療・イボ治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 6,227

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,334人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!