バックナンバー
第2回放送 二重まぶた編

『美容口コミTV』第2回は目ヂカラアップ篇のPart1「二重まぶた」です。
目元は印象を左右する重要なパーツだけに、魅力的なパッチリ二重に憧れている人も多いはず。そこで気になるのが最新の施術方法。
二重術には、お手軽といわれる埋没法、しっかり安定する切開法という大きく2つの施術方法があります。今回は、それぞれについて疑似体験を交えてご紹介します。

先生もやっている!? メスを使わない“お手軽”な埋没法

埋没法について教えてくださるのは、ノエル銀座クリニックの保志名勝先生。

解説・協力クリニック

ノエル銀座クリニック
東京都中央区銀座2-5-14 銀座マロニエビル7F

埋没法とは、皮膚を切ったり傷つけたりせずに糸を埋没して二重の癖をつけるもの。
「メリットは糸を取って戻すことができること。デメリットは切開法に比べて戻りやすいこと」と教えてくださいました。

さらに、先生から驚きの発言が!
「僕の二重は17年前に埋没法でやっているけど、傷もなんにもないんですね」(保志名先生)。
なんと、先生自身も埋没法で二重にしたそうです!

いよいよ番組ADが埋没法を疑似体験。まずはアーチ型の専用器具を使って二重の形をシミュレーション。
並行型二重と末広型二重の両方を試してみました。写真で見ると違いがよく分かりますね。

二重の形や幅を決めたら施術に移ります。埋没法は、まぶたの表側と裏側を糸で留めて癖をつける方法。図のように糸を通して結んでいきます。

今回は疑似体験なので布をまぶたに見立てて行います。まぶたを裏返して局所麻酔をした後、丸針でまぶたの裏側から表側に向かって糸を埋没させていきます。

埋没法は「すぐに取れてしまう」と言われますが……。「きちんと手術をすればそのようなことはない。糸が裏側から出てきたら角膜を傷つけたりするので、医者はそういう手術をしてはいけない」と保志名先生。

編集部コメント

埋没法は皮膚を切ることなく、周囲からも気付かれにくいため、比較的取り入れやすい施術といえそう。しかし、手術のクオリティによっては糸が飛び出して角膜を傷つける危険もあるようです。そのような結果にならないためにも経験豊富で信頼できる医師にお願いしたいですね!

特殊な留め方で二重が長持ち!フォーエバーブリリアント法

続いては埋没法の1つ、フォーエバーブリリアント法について、大塚美容形成外科の石井秀典先生が解説!フォーエバーブリリアント法とは、埋没する糸と糸を連結させる方法。固定力が非常に強く、取れにくいのが最大のメリットとのことです。

解説・協力クリニック

大塚美容形成外科
東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル

一般的な埋没法は1〜3ヶ所に糸を埋没させて「点」で二重の癖をつけます。 それに対しフォーエバーブリリアント法は、それぞれの糸を連結して「線」で二重を作ります。 固定力が強く取れにくいのですが、一般的な埋没法より施術後の腫れが長引くことがあるそう。

再び、番組ADが疑似体験。最初に埋没させる場所をデザイン。まぶたに直接ペンで書いていくんですね。 その後、まぶたの表側と裏側に麻酔を打ちます。麻酔が効いたら専用の器具でまぶたを裏返し、針で縫っていきます。

ここからは、レモンを目とまぶたに見立てて施術方法を紹介。両側に針が付いたキットを3本使用。この針は特許を取得しているそう。

まぶたの内側から針を通して表側に出し、もう1ヶ所に反対側の針を同じく内側から通します。 それを複数箇所行い、最後にそれぞれを繋げていきます。とても複雑ですが、これが取れないヒミツなんですね!

フォーエバーブリリアント法を受けた方の写真がこちら。施術は片目でおよそ10分、両目で20分程度とのこと。

編集部コメント

大塚美容形成外科が特許を取得している専用針を使って行うフォーエバーブリリアント法。施術方法を見ると複雑で分かりづらく感じますが、「点を繋いで線で留める」と知れば理解しやすいですね。皮膚を切らない埋没法の中でも固定力が高いので、「まぶたに傷が付くのは嫌だけど、よりしっかりとした二重にしたい」という人にピッタリといえそうです。

まぶたの脂肪が厚くても大丈夫! 安定感重視なら切開法

切開法について教えてくださったのは東京皮膚科・形成外科(銀座いけだクリニック)の池田欣生先生。

解説・協力クリニック

東京皮膚科・形成外科(銀座いけだクリニック)
東京都中央区銀座2-11-8 DUPLEX GINZA TOWER 3F

切開法には、まぶたの表側を切開して二重のラインを作る方法と、そのうえで目の開く力を大きくする方法の2種類があるそうです。

切開法のメリットは脂肪除去できること。一方、デメリットは元に戻すのが困難なことです。まぶたがむくんでいる人でもスッキリした二重にできるのは嬉しいことですが、施術には慎重さも重要なようです。

希望のデザインに合わせて切開する場所を決めたら施術開始。まずは局所麻酔。細い針なのでほとんど内出血はしないそう。メスで切開したら、セッシという器具で脂肪をつまみ出します。その後、眼瞼挙筋と瞼板という組織を引き締め直し、切開部分を縫合して終了。

施術は両目で1時間30分〜2時間くらい。大きな腫れは約2週間でだいぶ引きますが、朝起きた時にむくんだような腫れは2、3ヶ月間続くそうです。

編集部コメント

切開法はまぶたが厚く、腫れぼったい人でも二重にできるというのが嬉しいですね。さらに、組織を引き締め直せるので、加齢によってまぶたがたるんできてしまったケースにも対応できるそう。ただし、皮膚を切開するだけに施術を受けると元に戻すことはできないので、クリニック選びは慎重に! デザインも医師とじっくり相談して決めるようにしたいですね。

ドクターが答えるドレクエ広場

他では聞けない美容医療の悩み相談「ドレクエ広場」では、美容医療系ポータルサイト「口コミ広場」に寄せられたお悩みや疑問に専門家が回答!

「豊胸したら絶対彼氏にバレますか?」

今回のテーマ「豊胸したら絶対彼氏にバレますか?」に答えてくださったのはノエル銀座クリニック・保志名勝先生。

解説・協力クリニック

ノエル銀座クリニック
東京都中央区銀座2-5-14 銀座マロニエビル7F

「手術にはまず傷跡の問題があります。傷跡が分かればバレてしまいますね。 それから見た目の問題。変な位置に入っていたり、左右おかしかったりしたら、これもバレてしまいます。
もう1つは触った感じで違和感や異物感があれば、これもバレる可能性がありますね。
胸を大きくする方法にはヒアルロン酸注入、自分の脂肪の注入、バッグの大きく3通りあります。 バッグはどこかを切らなければいけません。胸の下や乳首のところ、あるいは脇から入れますが、脇だとまったく分からないくらいになります」(保志名先生)

バッグ豊胸の場合、切開してバッグを入れるので、傷口の場所によっては気づかれてしまうことがあるんですね。脇は目立たないとはいえ、やはり傷があるのは不安……。では、バレない方法はないのでしょうか?

「ヒアルロン酸とか脂肪注入は、注射で入れるので傷跡はありません。きちんとした位置にキレイに入れば見た目も触った感じでも分かりません」(保志名先生)
どうしても豊胸がバレたくない人は、ヒアルロン酸注射や脂肪注入がおすすめといえそうです。

結論

「バレる要素は傷跡、見た目、触感。
バッグ豊胸は傷跡がネックになるが、ヒアルロン酸注入、脂肪注入ならほとんど分からない」ということのようですね。

第2回放送のまとめ

いかがでしたか? 第2回の放送はより魅力的な目元を手に入れるための「二重まぶた」を特集しました。埋没法、切開法ともにメリット・デメリットがあるんですね。まぶたの状態によって適した治療法も異なるようですので、まずはクリニックに相談。とくに切開法は一度受けるとやり直しがきかないので、クリニック選びは慎重に! そして、今後もさまざまな内容をお届けしますので、次回以降もご期待ください!

第2回放送でご協力いただいたクリニック

ノエル銀座クリニック【美容外科・美容皮膚科】

所在地 東京都 中央区

最寄駅 銀座一丁目駅 徒歩2分

エリア 銀座一丁目

営業時間 10:00~19:00

  口コミ21

「数年後もあなたの魅力を最大に引き出すこと」にこだわり、”コンマ数ミリも妥協のない”治療をご提供しております。初めての二重から修正まで、オートクチュールに仕上げます。

大塚美容形成外科東京大塚院

所在地 東京都 豊島区

最寄駅 大塚駅前駅 徒歩3分

エリア 大塚/巣鴨

営業時間 月~金AM9:00~PM8:00 土AM9:00~PM7:00 日祝AM9:00~PM5:00

  口コミ614

■注目ポイント❕❕

┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
他院にはない、大塚の”こだわり”があります。
◇経験に基づく技術
◇確立された技術力
◇丁寧なカウンセリング
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●当院の院長が二重”埋没法”の論文を発表いたしました!●

●BS‐TBS放送の口コミ広場TVにて当院の石井院長先生が埋没法に関して取材されました!●

大塚美容で最も多いのが【二重まぶたや目もと】に関する美容整形のご相談です。

第一印象を決める際にとくに重要なパーツともいわれる「目」。目ヂカラをつけたい、パッチリした二重まぶたにしたいという若い方から、まぶたのたるみや二重まぶたの形を修正したいという50代、60代の方まで男女問わず多くのご相談があります。

二重まぶたの施術は、デザインやイメージへのご希望が一緒でも、現在のまぶたの皮膚や脂肪の厚さや、まぶたを持ち上げる力に個人差があるため、それぞれ施術は異なってきます。

例えば同じ「ぱっちりした平行二重まぶた」を希望した場合でも、蒙古ヒダが少なく、皮膚の薄い奥二重の場合は埋没法での施術になりますが、脂肪が厚めの一重まぶたの場合は全切開と目頭切開を併用します。

大塚美容形成外科では、一人ひとりの目や施術前の診察とカウンセリングの上で手術法を決めます。メスを使わず切らずに二重まぶたにする方法もありますので、カウンセリングの際に診察をしながらご提案いたします。

■■当院のこだわり!■■
━━━━━━━━━━━━
二重に対する当院のこだわりはとは、、、施術前に”徹底的に良く話し合う”ことです。

どの様な二重にするかを一緒に考えながら決めていきます。

すでに幅や形が決まっている場合でも違うパターンをお見せして納得が得られてから施術を決めます。

目の周りは顔のなかでも一番に個人差が大きい部分です。本当に微妙な違いでも変化が出る場合があります。

何度もシュミレーションすることによって理想の形の二重を作り上げます。
━━━━━━━━━━━━

■■当院からのメッセージ■■
━━━━━━━━━━━━━━
人それぞれ【目】に対してのお悩みが異なれば、施術内容も当然変わってきます。

少しでもお悩みいただいている方や、二重まぶたにご興味がある方は、各施術・各お悩み事に詳しく説明をしておりますので、ご参考にしていただければと思います。

また、口コミ広場に会員登録をされている患者様が実際に当院で二重施術を受けて書いた”リアルな口コミ”も掲載しておりますので、こちらも是非ご参考にしていただければと思います。

何かご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。
━━━━━━━━━━━━━━

東京皮膚科・形成外科(銀座いけだクリニック)

所在地 東京都 中央区

最寄駅 東銀座駅 徒歩5分

エリア 東銀座

営業時間 11:00 - 20:00

  口コミ112

目・二重整形のスペシャリスト!当院の強みは”実績の多さ”と、その実績で確立された”美的センス”です。ただ二重にするだけではなく、二重のスペシャリストから見た美人を目指してみませんか?詳しくは