ただいまの口コミ 51,958 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,684件)

目のタイプ別 二重整形診断!

二重整形での”成功の秘訣”は、なんといっても自分の目のタイプや、理想的なまぶたの形に合った方法選び!
今回は城本クリニック新宿院にご協力頂き、理想の二重になるために最適な二重整形方法が簡単に分かる、「二重整形診断」をご用意しました!
”理想通り”で憧れの二重まぶたを手に入れるために、どんな施術が必要になるのか確認してみましょう!

二重整形の解説をして頂くドクター
城本クリニック新宿院 田中真輔 医師 口コミ広場から二重整形を受けた方が最も多く、口コミ広場の各エリアで高評価を獲得し続けている城本クリニック新宿院の院長である田中真輔先生に、今回は理想的な二重になるため、選ぶべき整形術を教えて頂きました!

- 二重整形診断 -あなたの理想的な二重はどっち?

二重まぶたの形は大きく2種類に分類されます。
その1つは西洋人のように二重幅が広い「平行型二重」、もう1つは日本人らしいナチュラルな「末広型二重」。
それぞれの二重の形で受ける印象は結構かわってくるものですが、あなたの理想的な形はどちらでしょうか?
理想的な二重の形によって、選択するべき二重術も変わってきますので、是非参考にしてみて下さい。

タイプⅠ“平行型”

【特徴】
・二重の幅が目頭から目尻まで均等
・かなりパッチリとした派手な印象の目元になりやすい
・西洋人の二重に多い
【代表的な有名人】
浜崎あゆみ、石原さとみ 佐々木希 etc

平行型二重の特徴は広い二重幅ですが、それを実現するためには蒙古襞(もうこひだ)の有無が重要です。「蒙古襞」とは目頭を覆う小さな皮膚ですが、これがあると目頭部分が二重にならず、平行型の二重が難しくなります。

平行型二重になれる?
蒙古襞をチェック!

蒙古襞があるかどうかは、目頭の内側にある粘膜「涙丘」の露出具合でチェックすることができます。

真正面から鏡を見た際、涙丘はどれくらい見えていますか?

涙丘

涙丘はほぼ隠れている《蒙古襞あり》⇒タイプA

涙丘が80%以上見えている《蒙古襞なし》⇒タイプB

タイプⅡ“末広型”

【特徴】
・目じりに向かって二重幅が広がっていく形
・まぶたが厚いと奥二重っぽく見える
・目元がスッキリとして、若く見られやすい
・日本人の二重に多い
【代表的な有名人】
綾瀬はるか、新垣結衣、桐谷美玲 etc

綺麗な末広型二重を実現するためには、まぶたの厚さが重要です。
まぶたが厚いと末広型の二重にしても奥二重や場合によっては一重のようにも見えてしまう事もあり、まぶたの厚さで整形の方法が変わってきます。

末広型二重になれる?
まぶたの厚みをチェック!

まぶたの厚みは、以下のような方法でチェックできます
・目を閉じた時まぶたをつまんで引っ張れる
・眉頭の下にくぼみがある
・眉よりもまぶたの方が盛り上がっていない

涙丘

チェック項目に該当する《まぶたは薄め》⇒タイプC

チェック項目に該当しない《まぶたは厚め》⇒タイプD

- タイプA -
蒙古襞はあるけど「平行型二重」にしたいあなたへ必要な施術は、

【目頭切開】と【切開法】

平行型二重を形成する際は、まず蒙古襞の切除が必要になりますので、「目頭切開」という施術を行います。
アジア人の特徴である蒙古襞を切除することで、目頭部分にも二重ラインが形成され、より西洋人らしい彫の深い平行型の二重にする事ができるようになります。
元の目が奥二重である場合、目頭切開だけでもある程度平行型の二重が完成します。

また、平行型二重にする場合、二重幅が広いと埋没法では糸がとれやすく、元に戻ってしまう場合があるため、「切開法」が推奨されます。
ただし、まぶた自体は薄い場合など埋没法でも十分に対応できる場合は埋没法が用いられる事もあります。

目頭切開について詳しく

切開法について詳しく

- タイプB -
蒙古襞がなく、「平行型二重」にしたいあなたへ必要な施術は、

【埋没法 or まぶたの脂肪除去】

アジア人で蒙古襞がないのは珍しいケースで、平行型二重を形成しやすいタイプといえます。
蒙古襞が無い場合、まぶたの厚みが薄い~ふつうレベルであれば2~3か所留めの埋没法だけでも平行型二重にする事ができますが、まぶたが厚い場合は脱脂をすると仕上がりがきれいになりますのでマイクロ切開(部分切開)で脂肪除去を含めて施術するのがおすすめです。
奥二重の場合、脱脂のみでも二重幅がくっきりしますので、脂肪除去を行った後ご要望に合わせて二重幅を調整します。

埋没法について詳しく

まぶたの脂肪除去について詳しく

- タイプC -
厚めのまぶたで「末広型二重」にしたいあなたへ必要な施術は、

【切開法】

末広型二重にする場合、自分の目に合うラインで二重の癖付けをしっかり行う必要があります。まぶたが厚い場合、埋没法だと糸が緩みやすく、効果が持続しにくい可能性があるので、切開法でのライン形成がよいでしょう。また、切開法ならまぶたの脂肪を除去することもできますので、くっきりとした二重ラインを形成したい方におすすめです。

切開法について詳しく

- タイプD -
薄めのまぶたで「末広型二重」にしたいあなたへ必要な施術は、

【埋没法】

まぶたが薄い場合、二重の癖付けを邪魔する脂肪がなく、比較的簡単に二重まぶたになることができます。二重幅を無理に広げない限り、埋没法で1,2か所程度縫いとめるだけで二重を形成することができます。

埋没法について詳しく

- もっと知りたい!二重整形 -

切開法

切開法は、二重にしたいラインをメスで切開し、そこから余分な脂肪を取りつつ縫い合わせ、まぶたのひだを定着させて二重ラインを形成する方法です。切開するため傷が残ったり、腫れと内出血が1週間ほど出たりといったダウンタイムはありますが、効果は半永久的です。

切開法の症例
- もっと知りたい!二重整形 -
金額
両目 250,000円~

埋没法

二重にしたいライン上を点で縫い留めてまぶたにひだを定着させて、二重ラインを形成する方法。腫れや内出血などのダウンタイムは切開法よりも軽度で、術後2,3日程度で通常通りの生活が送れるようになります。
また、この糸が外から見えず埋没してしまうことから埋没法と呼ばれており、傷跡はほとんど目立たなくなります。

切開法の症例
- もっと知りたい!二重整形 -
金額
両目 60,000円~

目頭切開

目頭を覆う蒙古襞を切除し、目の横幅および目と目の間隔を外国人のようなバランスにする施術です。この理想的なバランスは1:1:1とされており、この施術だけでも顔の印象を大きく変えることができます。 腫れや内出血などのダウンタイムはおよそ1週間で、傷跡は1か月程度でほぼ見えなくなります。

切開法の症例
- もっと知りたい!二重整形 -
金額
両目 250,000円~

まぶたの脂肪除去

上まぶたの余分な脂肪を除去し、まぶたの腫れぼったさを軽減する施術です。脂肪除去のために上まぶたを少し切開しますので、切開法と同時に行われることが多くあります。すでに二重まぶたで脂肪除去のみをご希望の場合は、二重ラインに沿って切開しますので、傷跡が目立たず自然な仕上がりになります。

切開法の症例
- もっと知りたい!二重整形 -
金額
クリニックへ
お問い合わせください。

城本クリニック田中真輔先生から二重整形で必要なのは「十分なカウンセリング」

二重整形を成功させるために最も重要なのは「ドクターと患者様との意思共有」だと考えます。
二重整形は多くのクリニックで扱われている非常にポピュラーな施術ですが、クリニックによっては患者様のご希望を伺わずに高額な治療を勧めたりする者や、しっかりとカウンセリングを行わず流れ作業のように治療をする医師がおりますので、どのクリニックで行っても同じ結果になるというわけではありません。

城本クリニックでは、カウンセリングから治療まですべて担当医師が行います。
患者様の理想に合う目元を形成するため、技術的なメリット・デメリットも詳しくお話させていただき、ご納得いただいた上で施術を行いますので、整形後に「こんなはずじゃない」「思っていたのと違う」ということは当院ではあまりないように思います。
大事な目元を扱う二重整形ですから、ぜひ皆様にはカウンセリングを重視してクリニック選びを行っていただければと思います。

編集後記

二重整形診断はいかがでしたか? 診断結果から、自分の目のタイプや、理想的なまぶたの形に合った方法選びをご覧いただいたあなたは、二重整形の”成功”に近づけたはず!
診断はだれでも取り組みやすいようにとてもシンプルな選択肢にしていますが、クリニックのカウンセリングでは細かい部分まで慎重に診察しますので、最適な施術を提案してもらうことができます。
また、今回ご協力頂いた城本クリニック新宿院院長の田中真輔先生は、外科治療に精通した医師ならではの高い技術力と、対話を大事にする丁寧なカウンセリングで患者様の希望通りの二重まぶたを実現してくれるドクターとして口コミ広場内でも人気の高いドクターです。

自分のまぶたや目の形に関して判断に迷ったらぜひ城本クリニックへ相談してみてくださいね。

今回ご協力いただいたドクター、クリニック

城本クリニック新宿院 田中真輔 医師 再建外科や再生医療分野での研鑽を積んだ後、患者様へより高い満足を提供できる美容外科分野へ。
二重整形についてはランキングで長年1位を獲得するなど非常に患者様満足度が高く、多くのメディアで名医として紹介されている。
さらに近年は学会で精力的に研究発表を行う。日本の美容医療を牽引する一人。