ただいまの口コミ 52,518 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,679件)

まぶたの垂れ下がり、  眼瞼下垂調査レポート

真崎医院 真崎 信行 院長

多くの悩みを抱える患者様に、外面だけではなく内面から美しくなって頂かなければ本当の意味での“美”とは言えません。そのためにはカウンセリングから始まり、治療・アフターケアはさることながら、患者様の心に安らぎを与え、そして明日への自信へと導かなければならないと考えています。『内面からの美しさ』への導きが、私に与えられた使命だと考えています。

「眼瞼下垂」とは何でしょう?

眼瞼下垂ときくと何だかよく分らない、想像がつかないという方もいらっしゃるかもしれません。
どんな疾病かというと、まぶたを持ち上げる筋肉が何らかの理由で正常に機能せず、まぶたが開きにくくなるという疾病です。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂は大きく分けると生まれつきの先天性と後天性に分けられます。

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は生まれつきまぶたの下垂がある状態のことをいいます。
まぶたを開く筋肉である眼瞼挙筋の力が弱い場合や、筋肉の動作に関わる神経の異常が原因だと言われています。
先天性眼瞼下垂に多く見られる特徴として、片目のみまぶたが下垂している方が多いという特徴も見られるようです。

後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂とは何らかの原因で正常に機能していた眼瞼挙筋の働きが弱まるといった、生まれつきではなく後天的に発症してしまった眼瞼下垂のことです。
先天性眼瞼下垂と比較すると圧倒的に後天性眼瞼下垂の患者さまの方が多いと言えます。

最も大きな原因は加齢です!

加齢とともに眼瞼挙筋という筋肉が衰え、伸びてしまうことが眼瞼下垂の最も大きな原因になります。
加齢というと勘違いをしやすいですが、加齢=高齢ではありません。
加齢とは歳を重ねることであり、30代の方でも加齢が原因で眼瞼下垂の症状が見られる方がいらっしゃいます。
二重整形をしたいと思って来院してみると眼瞼下垂だったなんていうこともよく見られます。

その他にはこんな原因も・・・

コンタクトレンズ

特に厚みのあるハードコンタクトはまばたきを繰り返すことで眼瞼下垂を進行するようです。厚みがより厚いもの、より長く使用している人ほど眼瞼下垂の進行も大きいと考えられています。

目をこする癖がある

目をこすることで、腱膜が瞼板より外れやすくなる、薄くなるという影響があります。花粉症やコンタクトレンズを使用する方に多く見られる特徴です。

眼瞼下垂が引き起こす二次症状

眼瞼下垂になると目の開きが悪くなります。
すると体が自然と目を開こうとします。
これに連動して、額の筋肉、うなじ、肩の筋肉にも作用することで、結果として肩こりや偏頭痛が引き起こされてしまうことがあります。
眼瞼下垂を解消するとすっきりと二次症状が改善されることも多いです。

「眼瞼下垂」チェックリスト

当てはまる項目にチェックを入れてください。

あなたの眼瞼下垂危険度は・・・?

口コミ広場セレクト 埋没式挙筋短縮法

眼瞼下垂治療は多くのクリニックで”切る”眼瞼下垂治療が行われています。しかし、まだ実施されているクリニックは少ないですが、”切らない”眼瞼下垂治療をされているクリニックもあります。
そんな中でもオススメの施術が埋没式挙筋短縮法です。

他の施術と大きく異なるのは、ダウンタイムの短さ、修復が可能、傷が目立たないという点です。
切らないことで、ダウンタイムの短縮を実現し、施術の効果に納得できないときには糸を解くことで元に戻すことも可能です。
傷が目立たず自然に見える点もオススメな点ですね。
眼瞼下垂は残念ながらドクターのお力をお借りしなければ、治すことのできない目の病気です。
「もしかしたら眼瞼下垂かも?」、「症状を改善したい」という方は一度医師にご相談してみてはいかがでしょうか。

埋没式挙筋短縮法の良い点は、私は修復の効くところが大きいと考えています。
私は患者さまに納得していただけない施術をして、お金をいただきたいとは考えていません。ですから、施術結果に納得できないときには元の状態に戻し、施術料金もご返金させていただきます。これは切らない眼瞼下垂治療である埋没式挙筋短縮法だから可能なことだと思います。
皆様のお望みの変化が得られるよう手助けになることができればと思います。

編集後記

真崎院長は多くの学会で理事も務められており、ご対面の際には非常に緊張しましたが、そんな私に対しても優しくお声をかけていただき、緊張をほぐしていただきました。真崎先生は技術もさることながら、患者さまへの対応の親切さ、丁寧さも評判です。お会いした時の対応をみて、こういうことなんだなと感じることが出来ました。技術も、対応にも満足を提供していただける先生ということを実感させていただきました。