ただいまの口コミ 105,703 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,257件)


目・二重の整形 (二重まぶた埋没法)

埋没法による二重整形について、コンタクトレンズ利用者が事前に知っておくべきこと

口コミ広場編集部


二重整形埋没法の術後リスクについてあれこれ検索していると、「コンタクトレンズの利用者に埋没法はあまりオススメできない」といった情報をご覧になり、不安になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろんコンタクトレンズ利用者だからといって、埋没法による二重整形が受けられないわけではありません。
しかし、コンタクトレンズ利用者は、メガネで過ごしている方に比べますと普段から目に負担がかかりやすいことは間違いありません。
今回は、コンタクトレンズ利用者が埋没法で二重整形を行う際に事前に知っておくべきことをあらゆる角度から徹底解説いたします。

埋没法とはどんな二重整形か

二重整形術には大きく分けて二つの種類があります。1つは、メスを使って瞼を切開し二重瞼を作る「切開法」

もう1つは、医療用の糸によって、上瞼を二重のラインが出来るように固定して二重瞼を作る「埋没法」です。

このうち、特に埋没法は、簡単、お手軽な施術方法として知られており、別名プチ整形とも呼ばれ、人気の高い二重整形術です。美容整形術の中でも受けている方が最も多く、口コミ広場でも数万件の口コミが寄せられています。

埋没法による二重整形術が人気の理由は、メスを使わずに行うため、術後の腫れや痛みといったリスクが極めて軽く、施術時間も10分~15分ほどで完了し、費用もかなりリーズナブルに行えるためです。そもそもメイクによって二重瞼を作っている方も多いことから、二重整形については抵抗を感じる方も少なく、また最近では著名人が二重瞼整形をカミングアウトする機会も増えてきているため、非常に身近な施術となっているといえます。


【埋没法のリスク】術式によっては糸が眼球にあたる可能性も

埋没法は、「糸で瞼を留めるだけ」でお手軽に二重になれるところが人気の理由ではありますが、その術後リスクの1つに「術後の目の違和感・ごわつき感」を感じるというものがあります。

このリスクは埋没法の中でも特に「瞼板法」と呼ばれる術式行った場合に発生しやすくなります。


埋没法には大きく分けて二通りの方法があり、それぞれの方法により糸の掛け方、留め方が異なります。そして、これらのどちらの術式で施術を行ったかによって、術後リスクの度合いや、仕上がりの二重幅にも差がでてきますので、埋没法の2つの術式の特徴の違いを見ていきましょう。


瞼のすぐ裏と糸を留める「瞼板法」

瞼板法とは、瞼のすぐ裏にある瞼板という軟骨に近い硬さの部位に、1~4点の点状に瞼の裏側で糸を結んで留める方法です。

簡単でシンプルな方法の為、施術時間も10分~15分で終了し、痛みや腫れも少ないとされています。


瞼の数か所を糸で留めるという単純な方法であるためやり直しもしやすく、気に入らない場合は糸を抜去してあげることで、綺麗に元に戻しやすいというのもメリットになります。

ただし、これは一方で糸が緩んだり取れたりしやすいというデメリットにも繋がっています。


その他のデメリットとしては、瞼のすぐ裏にある組織と糸を結ぶため、幅の広い二重にしたいという要望には不向きである他、点で留めているため細かな希望のデザイン、形にしたい場合には向かないという点があります。


また、瞼のすぐ裏と糸を結ぶため、糸が眼球にあたりやすい位置にあり、目の異物感、ごわつき感が起きるリスクが高いというデメリットもあります。留める位置だけではなく、瞼板という組織は軟骨状の硬い組織であるため、結んだ糸が沈み込まないというのも眼球に糸が当たりやすくなる要因です。

特に、糸の結び目が目立たないよう瞼の裏側で留めた場合では、目を開閉する際にゴロゴロしてしまい、これが違和感、異物感へと繋がってしまいやすくなります。


瞼を持ち上げる筋肉に結ぶ「挙筋法」

挙筋法とは、瞼裏奥の上部にある、目を開くときに使う筋肉の眼瞼挙筋(がんけんきょきん)部分に糸を線状に掛けて留める方法です。

瞼板と比べて瞼の深い場所にある柔らかい筋肉に糸を掛けるため、点ではなく線状に糸を掛け、大きな輪となるような形で糸を結ぶ方法が一般的です。

糸を入れる範囲が広いため取れにくく、また瞼の上の方と結ぶため、幅の広い二重幅を作りやすいという利点があります。

糸を二重にしたいラインに沿って線状に結んでいくため、二重のラインを細かくデザインしやすいというのもメリットとなります。


ただし、施術難度が瞼板法より高い為、施術時間が長い事や、糸の除去がしづらく、やり直しが難しい。また、腫れや痛みの症状が瞼板法よりは強く出やすく、かつ長引きやすいというのがデメリットです。


柔らかい組織に糸を掛けるため、長期的には糸が瞼に沈み込んでしまい、もし後から除去したいとなった場合に、瞼の皮膚を切開する必要が生じやすくなるデメリットもあります。

しかし、糸が沈み込むことや瞼の上の方に糸を留めることから、糸が眼球と触れることはほぼ無く、ゴロゴロ感や違和感を感じることは少なくなります。


コンタクトレンズをしていると違和感をもちやすい

このように埋没法による術後の違和感や異物感が出てくる確率は、行なった術式によって異なりますが、それ以外の要因として挙げられやすいのがコンタクトレンズの使用です。コンタクトレンズは、普段から目や眼球に負担がかかりやすい器具とされていますが、特に二重整形の埋没法を行った後は、コンタクトレンズの装着時は十分に注意して頂く必要があります。例えば、瞼を強めに引っ張って無理に装着しようとした際、刺激で瞼を留めている糸が緩んでしまったり、洗浄不足のコンタクトレンズを装着してしまったことで眼球に汚れが入り目を擦ってしまったりすることで、目元の違和感をもちやすい状態になってしまいます。

また、そもそもコンタクトレンズを装着すると瞼が内側から押しあげられた状態となるため、糸と触れて違和感が発生しやすくなります。


挙筋法を利用することでコンタクトレンズ装着時の違和感を軽減

瞼の裏側には瞼板という硬い組織があり、この瞼板が光を遮断することで、目を閉じた時に真っ暗な状態が作られます。コンタクトレンズを使用される方は、常にこの瞼板にコンタクトレンズが触れている状態となり、瞼が内側から押されたような状態になっています。

瞼板法による埋没法では、この瞼板から瞼側に糸が飛び出るような形で結び目が作られるため、コンタクトレンズと糸が触れやすく、違和感が起きやすくなります。


一方、瞼裏の上部奥にある眼瞼挙筋で糸を留める挙筋法であれば、コンタクトレンズによって瞼が圧迫されても、糸が触れる位置ではないため、違和感が起きる可能性はかなり低くなります。

眼球に対してダメージが加わりにくくなる挙筋法は、コンタクトレンズを付けた場合であっても安心感が高い手術方法であるといえます。


どちらの手術法でも手術後しばらくはコンタクトレンズが使用できない

瞼板法でも挙筋法でも、二重整形の埋没法を行った術後1~2週間は、瞼に腫れや痛みなどのダウンタイムが続くことになります。ここでコンタクトレンズ利用者の方に気を付けて頂きたいのは、この期間のコンタクトレンズの使用は避けて頂くことです。

クリニックによっては、ソフトタイプなら術後3日、ハードタイプなら術後1週間ほどでコンタクトレンズ装着OKとしているところもあります。しかし、術後1~2週間は、無理にコンタクトレンズを使用してしまうと、腫れや痛みなどの症状が落ち着きにくく、場合によっては瞼への負荷だけではなく、コンタクトレンズ装着によって雑菌が入り込み、症状が悪化してしまう恐れもあります。

特にコンタクトレンズの使用に対して緊急を要しないようであれば、装着無しの状態でダウンタイムを過ごすようにして、代わりにメガネを利用するようにしましょう。


手術前からメガネに変えておくと二重整形がバレにくくなる

繰り返しになりますが、特に二重整形の埋没法を行った直後1週間前後は、目でみてわかるレベルの腫れや浮腫みが強く出ている状態になります。

こういった場合、二重整形したことを周りに知られないようにするオーソドックスな対策の1つに「メガネをかけてごまかす」というものがあります。また、そもそもコンタクトレンズによって視力を矯正している方は術後しばらくの間コンタクトレンズが使えない為、メガネを利用する必要が出てきます。

しかし、これまで裸眼だった方やコンタクトレンズを使用していた方が、急にメガネに変えると周りの人から「どうしたんだろう?」と思われ、必要以上に目元周りに人の視線が集中しがちになってしまいます。

こういったことを防ぐために、周りバレ対策にメガネを使用する場合は腫れが目立つ術後に急に行うのではなく、目元がまったく腫れていない術前の1カ月ほど前からメガネに変えておくと、術後症状がわかりにくくなり、二重整形を行ったことも周りにバレにくくなります。


埋没法後にコンタクトレンズを使う場合はソフトタイプを

埋没法後にコンタクトレンズを付ける場合、出来ればソフトの1dayタイプを選ぶようにしましょう。

ハードタイプはレンズの柔軟性も少ないため、瞼の圧迫が強くなって糸と擦れやすく、埋没法が取れやすくなります。

ソフトタイプであればレンズに柔軟性がありある程度負担が軽減されます。


また、ハードタイプはレンズのサイズが角膜より小さい為、糸とのひっかかりが発生して違和感がおきやすくなることや、レンズのケアが不十分だと雑菌が繁殖して目のトラブルを誘発しやすいという点からも、ソフトタイプがおすすめです。


場合によっては切開法による二重整形も検討して

これまでは、コンタクトレンズ利用者が埋没法で二重整形を行う場合のお話をさせて頂きました。前述しましたように、コンタクトレンズは装着しているだけで常に瞼板とレンズが擦れてしまっている状態になっている為、瞼に刺激が加わり、違和感や異物感が引き起こされたり、糸が緩んで二重瞼がとれてしまったりする恐れがあります。

こういったことから、コンタクトレンズ利用者の方にはもう1つの二重整形法である切開法で施術を行う方が、より満足のいく施術結果が得られる可能性も高くなるといえます。


切開法は、目尻や目頭の皮膚を切開して二重瞼を作る二重整形法で、術後の腫れや痛みは埋没法よりもかなり強めに長期間続くこととなり、ある程度の費用も覚悟する必要がありますが、一度行ってしまえば糸などの異物が目元に残ることはなく、その効果の永続性も半永久的に期待ができます。

これは、そもそも目元や眼球に負担がかかってしまいがちなコンタクトレンズ利用者の方にとっては、長い目で見た場合、快適に二重瞼を保っていくことができますので、ぜひ切開法での二重整形術を行うことも併せて検討してみましょう。


まとめ

いかがでしたか?今回は、コンタクトレンズ利用者が埋没法で二重整形を行うにあたり事前に知っておくべきことを詳しく解説せて頂きました。結論として、コンタクトレンズを利用されている方が埋没法で二重整形術を行う場合、瞼板に糸の結び目が触れやすい瞼板法よりも、瞼裏奥の上部にある眼瞼挙筋に糸を掛ける挙筋法で行うほうが、よりリスクが低いことになります。また、永続的に快適な状態で二重瞼を綺麗に保つには、糸のような異物を使わない切開法で行う方がさらに理想的と言えますので、是非切開法で行うことも視野に入れて検討してみましょう。

あわせて読みたい

埋没法で作った二重瞼がバレる原因と対策方法

口コミ広場編集部

廣川瑛 医師

二重整形の埋没法。たった10分~15分で施術が終わって、仕事も休まず、しかも費用もそこまで高額ではなくお手軽。こんなに良いことづくめで長年のコンプレックスから解放されるなら、今すぐにでもやっちゃいたいですよね。 しかし、やはり気になる事の一つが二重整形の施術後に、いわゆる「他人バレ」をしてしまう可能性。誰から見ても明らかに「綺麗になった!」とわかるくらいに目の印象を変えたいという気持ちと、できることなら他人にバレないように、あくまで自然な雰囲気で「前よりなんだか目元が良くなったね!」と、言われるくらいにしたい気持ちで揺れ動いているという方も多いかもしれません。 いずれにしても、二重整形を検討する場合、周りへの「他人バレ対策」をどうするかは重要課題の一つ。 今回は、埋没法で作った二重瞼がバレてしまう原因と、その「他人バレ対策」の方法を徹底解説いたします。

「涙袋形成について」

城本クリニック大阪院

涙袋とは目の下のふくらみのことです。 涙袋は笑ったときに目立つしわみたいなものなので、この涙袋がほどよくあると、いつも微笑んでいるような印象を与えることができ、優しい目元になります。また、これがほどよくあると目が大きく見えることもあります。 涙袋がふっくらしていることで、いつも笑っているような印象を与えることができ、明るい印象を作り出してくれます。 [ヒアルロン酸による注入法] 目の下にヒアルロン酸を注入する方法で、患者様が希望する形の涙袋を形成することが出来ます。 ヒアルロン酸は、天然の多糖類で、皮膚、皮下組織、結合組織、滑液膜組織、滑液の重要な構成成分です。ヒアルロン酸は、生体のすべてに全く同一の形態で見出される数少ない物質の一つであり、従って、純粋なヒアルロン酸の生物学的適合性は高いのです。 [外科的治療法] 下まぶたの筋肉(切開眼輪筋)を縫縮し、丘を造っていくことで涙袋を形成させる方法です。

「眼瞼下垂について」

城本クリニック大阪院

眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、まぶたが下がって目を開けにくくなる状態を言います。 眼瞼には、眼球を損傷や乾燥から防ぐ役割があり、特に上眼瞼には目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)と目を閉じるための筋肉(眼輪筋)があり、両者のバランスのとれた働きによって眼球が保護されています。ところが、眼瞼挙筋の働きが悪くなると上眼瞼が上がらず、上下の眼瞼の幅が狭くなります。このような状態を眼瞼下垂と言うのです。 生まれた時から眼瞼拳筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂の他、最近では加齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、コンタクトレンズを10年以上使っている人にも起こるようです。 また、目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)が弱った状態を補うために、目を開ける際に額の筋肉を使い、額にシワが刻まれてしまったり、まぶたの皮膚がたるんで下がることで視界がさえぎられ(皮膚弛緩症)、上方が見えにくいためにあごを上げて物を見るようになり、肩凝りや頭痛が起こったり、弱視の原因にもつながるなど、眼瞼下垂の症状はさまざまです。 ・眉毛がつり上がり、おでこが疲れる。 ・二重の幅が広くなり、ときに三重になる。 ・まぶたがくぼみ奥目になる。 ・下を見ていると眠たくなる。 眼瞼下垂の手術は、眼瞼挙筋を縫縮する方法が一般的ですが、最近になって注目されてきた腱膜性眼瞼下垂という手術もございます。 〜腱膜性眼瞼下垂〜 西洋人と東洋人の上眼瞼は解剖学的に異なり、東洋人の眼瞼は厚く重いため、年齢を重ねるにつれて眼瞼挙筋の腱や眼窩隔膜の瞼板への付着が徐々に外れていき、ゆるんだ分を無意識ながら努力してまぶたを持ち上げることになります。このことによって交感神経の興奮が促され、頭痛や肩こり、不眠などの原因となります。 手術によって外れた腱膜を、再び良い位置(その人に合ったより良い位置)に付着させることで解消できます。また、眠たげな印象を与える眼瞼下垂(半開きのような眼)も改善し、大きくパッチリ開いた目となります。 眼窩隔膜、挙筋が瞼板から外れていくにしたがい、開瞼時のミューラー筋の収縮が大きくなります。このミューラー筋には、交感神経(頭部からの)が分布し、これがさまざまな愁訴を引き起こすと言われています。手術によって、ミューラー筋が「休め」状態となるので愁訴が解消されます。 腱膜性眼瞼下垂は、目の開きが小さい人に適した手術です。

『二重・目の手術方法』

城本クリニック大阪院

目は、ものを見るという重要な機能があります。それ以外に「目は口ほどに物を言う」ということわざにある通り、気持ちを相手に伝える時に活躍します。また、目鼻立ちが整っているという言葉があるように、目は、美しさの鍵を握っています。 現代の美人というのは、目が大きいという傾向にあります。その結果、二重まぶたの方がより好まれ、一重まぶたの人たちは二重まぶたになりたいと思い、奥二重の人はより大きな二重まぶたに憧れる時代になっています。 これらの希望を叶える手段として美容外科があり、時代とともに進歩してきました。しかし、どのような二重がいいのか、手術方法はどれが適切かという問題は、ひとりひとり違うので、専門の医師のアドバイスをもとによく考えて下さい。 [埋没法] 上瞼の皮膚の一部が目を開ける筋肉に引っ張られるように糸で連結します。また、この糸が外から見えないで埋没してしまうことから埋没法と呼ばれています。 その長所と短所については次の通りです。 [切開法] 埋没法が糸によって皮膚が引き上げられるようにするのに対して、切開法は、自分の組織による癒着によって引き上げられるようにします。 皮膚を切開し、余分な脂肪を取り、そこで縫い合わせることで、ひだができるようにします。 [マイクロ切開法] まぶたの厚みが強い方に適応がある治療になります。 まぶたの皮下脂肪が多いと、脂肪が邪魔をして、二重のラインが綺麗に出にくい場合がございます。その為、まぶたを数ミリ切開して、脂肪の一部を取り除いた上で、埋没法にて、二重まぶたをお作りします。 [目頭切開] 蒙古ひだは、蒙古人種(モンゴリアン)の特徴でもあります。これは、目頭の所に上瞼の皮膚が被さっているものです。白色人種と違い、目頭の赤いところは見えませんが、この蒙古ひだによって目が小さく見えたり、目が離れていて間延びした印象を与えます。 このような時には、蒙古ひだを切り取る、内眼角切開法(目頭切開)という手術が適応となります。目頭切開の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。 これから、実際カウンセリングに行く時のあなたに合った方法を共に考えてくれるドクターを探す材料にして下さい。よりよい結果が得られますよう心より願っています。

目・二重の整形の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

目・二重の整形の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 21,939

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,398人以上 の医師陣が回答!
総回答数 31,000件以上!