ただいまの口コミ 105,703 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,257件)


目・二重の整形 (二重まぶた埋没法)

埋没法で作った二重瞼がバレる原因と対策方法

口コミ広場編集部


二重整形の埋没法。たった10分~15分で施術が終わって、仕事も休まず、しかも費用もそこまで高額ではなくお手軽。こんなに良いことづくめで長年のコンプレックスから解放されるなら、今すぐにでもやっちゃいたいですよね。
しかし、やはり気になる事の一つが二重整形の施術後に、いわゆる「他人バレ」をしてしまう可能性。誰から見ても明らかに「綺麗になった!」とわかるくらいに目の印象を変えたいという気持ちと、できることなら他人にバレないように、あくまで自然な雰囲気で「前よりなんだか目元が良くなったね!」と、言われるくらいにしたい気持ちで揺れ動いているという方も多いかもしれません。
いずれにしても、二重整形を検討する場合、周りへの「他人バレ対策」をどうするかは重要課題の一つ。
今回は、埋没法で作った二重瞼がバレてしまう原因と、その「他人バレ対策」の方法を徹底解説いたします。

埋没法は手軽で人気の高い二重整形術

二重整形の埋没法は、メスを使わず、二重瞼を糸で留めるという、至ってシンプルな方法です。別名プチ整形とも呼ばれており、非常にお手軽に行えることで大変人気です。

また、メスを使う切開法と異なり、術後の腫れや痛み、浮腫みなども極めて少なく、殆どの場合で大きな浮腫みは数日間もあれば落ち着くため、仕事や学校も、特に休む必要は殆どありません。


従来の二重整形の印象としてはやはりメスでの切開などによって、手術も大変だし確実に跡が残るといったような印象も強かったものが、埋没法を利用することでこのように、非常にお手軽に二重瞼になれてしまうことから、近年は若年層を中心に本当に身近な美容施術となりました。


埋没法による二重整形がバレるよくあるパターン

二重整形術を行うといざ決心したものの、やはり初めての施術は不安なことがいっぱいなのが本音ですよね。ただ、痛みや腫れ、施術の恐怖は、なんとか自分で乗り越えることができても、二重整形の「他人バレ」をどうするかは、頭の痛い問題です。

パッチリ二重にして、生まれ変わりたい気持ちは山々でも、やはり日本では、まだまだ美容整形に対して根強い偏見が残っている人が周りにいるかもしれないことは否定できません。

ここでは、埋没法により二重整形がバレてしまうにはどういったパターンがあるのかについて、代表的なものをいくつか挙げてみます。


明らかに今までと違う二重瞼

二重整形はそもそも目をパッチリと綺麗な形にしたくて行うものですが、特にこれまで一重瞼や奥二重だった方にとっては、同じ二重瞼にするならできる限り大きなパッチリ二重瞼にしたいと考えるケースも多くあります。


しかし、明らかにそれまでの瞼とまったく異なるほど大きな二重瞼にしてしまうと、他人から見た印象が全く変わってしまうので、当然二重整形をしたことは一目でわかってしまいます。

なるべくバレずに二重整形を行うためには、アイプチなどで実現している二重幅くらいに抑えておく方が良いでしょう。

ある程度無理のない、自然な幅の二重であれば、旧友と会った時にも「瞼が痩せて自然に二重になった」という話が通じやすく、整形とバレずに過ごしやすくなります。


また、そもそも埋没法は、もう一つの二重整形法である切開法に比べ、どちらかといえば自分の元の瞼を活かして自然な二重を作る目的の術式の為、自然な形で実現できる幅にも限界があります。

元の瞼の状態によっては、無理やりな二重瞼となって違和感のある見た目になってしまう場合もあるので、脂肪が厚い瞼などの場合は切開法も含め検討した方が良いでしょう。


腫れが強い状態を見られる

埋没法は、もう一つの切開法に比べ、腫れも痛みも少ない施術法ではありますが、それでも程度に個人差はあれど、術後しばらくは瞼が腫れた状態になってしまいます。

特に、術後数日は、腫れ、浮腫みなどが強く出ることがあり、明らかに瞼がいつもと違う様子のため、腫れを早期に緩和する対策をしないと、このタイミングが最もバレやすくなってしまいます。


腫れがどの程度になるかはどのような種類の埋没法を選ぶのかや、医師の技術の他、そもそも浮腫みが出やすいなど個人の体質によって異なるので、腫れが落ち着くまでの期間はある程度余裕をもって考えておくようにしましょう。


糸が皮膚から出てきてしまっている

埋没法は、瞼に医療用の糸を使って留めることになりますが、この糸の留め方が甘い、または、術後に目を弄りすぎてしまった、などのトラブルにより、糸が皮膚から出てきてしまうことがあります。

このような状態は、人から見てもすぐ分かってしまうだけではなく、場合によっては眼球へのダメージや術後感染などにも繋がる可能性がある為、糸の結び目が瞼から出てきてしまった場合は、そのまま放置せず、すぐに施術したクリニックで適切な処置をしてもらいましょう。


糸の食い込み方が強すぎて不自然

埋没法は、瞼に留めた糸が持続して初めて綺麗な二重瞼を保てることができる方法です。

糸によって瞼のラインを留めているため、どちらかといえば、埋没法は瞼が薄い人に向いている方法となり、瞼に厚みのある人や、脂肪の多い人が埋没法のみで綺麗な二重の状態を維持するには限界があります。

こういった人が埋没法のみで無理に二重にしようとした場合、厚い瞼に糸が強く食い込んでしまい、目を閉じた時などの違和感から、バレやすい状態となります。

そのため、瞼が厚いタイプの人が二重整形を受ける場合、殆どのクリニックでは、切開法、または瞼の脂肪吸引をしてから埋没法を行うという方法を勧められます。


バレないようにするために必要な対策

それでは、埋没法を行って、他人から二重整形をしたことがバレない為には、どういった対策を打つ必要があるのでしょうか?

その具体的な方法を以下に挙げています。


手術前後は余裕を持ったスケジュールで

二重整形の最もオーソドックスな「他人バレ対策」として、術後に腫れや浮腫みを隠す目的で伊達メガネをかけて過ごす方を多く見受けます。

しかし、本気でこの対策を行うのであれば、その準備は術前から行うべきです。

つまり、全く腫れなど無い術前の2~3週間前からメガネをかけて過ごしておくのです。

そうすると、腫れの無い術前からメガネをかけていたので、他人から見ると目の印象が変化した事に気付きにくく、二重整形を行った事がバレにくくなります。

このように、二重整形を決心したら、他人バレ対策はなるべく早い段階で余裕を持ったスケジュールで行うようにしましょう。

メガネはファッションの為という理由や、コンタクトをお休みするというような理由でかけ始めれば、違和感なく周囲に受け入れられやすくなります。


普段のメイクと近い形の二重瞼にする

二重整形を希望する方は、普段より濃いめのアイライン、またはアイプチなどを駆使して、なるべく目元を華やかに演出しているのではないでしょうか。

埋没法の他人バレを防ぐ最善の方法は、術後もこれまでと変わらず今までのメイク方法をそのまま貫くことです。

もちろん埋没法で施術を行うと、これまで手間がかかっていたアイメイクは、随分と楽になることは間違いありません。さらに言えば、メイクで作った二重よりも埋没法の二重はより自然な二重瞼の構造に近いため、見た目の印象での自然さは格段にアップします。

さらに埋没法の施術前に、メイクをした状態をドクターに一度見てもらい、その状態に近い二重瞼の幅にしてもらうと、他人からは不自然に思われにくいでしょう。

メイクと同じ二重のラインであれば、アイプチを続けて二重の「クセ」がついたという言い方もしやすくなります。


そもそも幅広二重は不自然になりやすい

前項でも申し上げましたが埋没法はあくまで自分の元々の瞼の状態を活かして、より自然な状態の二重を作る方法です。つまり、元の自分の瞼の状態を考えず、出来るだけ幅の広いパッチリとした二重瞼にしようとすると、どうしても不自然な印象の目元に仕上がってしまいます。

また、無理に幅広にしようとすることで、糸が取れやすくなったり、腫れや痛みの症状もよりひどくなります。

こういったことから、埋没法で不自然な目元にしようとすればするほど、他人からバレる確率が上がってしまいます。バレないようにするためには無理のない自然な二重瞼にするようにしましょう。


糸の留め方はバレにくい手術方法を選ぶ

埋没法には、瞼に糸を留める方法が2種類あります。一つは瞼のすぐ裏側にある「瞼板」という箇所に、糸を点で留める瞼板法。

もう一つは、瞼の裏側の目を開くときに使う筋肉である「挙筋」という箇所に、線状に糸をかける挙筋法です。


どちらの方法も、それぞれにメリット・デメリットがあります。一般的には瞼板法で行なった方が、施術後に糸を取りたい場合に抜糸しやすいことから、やり直しもしやすく、普段のアイプチの延長に近い程度の二重幅を作ることに向いています。

ただ、瞼板という組織が固い組織であるために糸が皮膚の中に沈み込まず、結び目が見えてきてしまいやすくなるというリスクもあります。


反対に挙筋法は、上瞼の奥の挙筋部分に対し、大きなループを作るようなイメージで糸を固定するため、二重のラインに沿って糸を留める形となり、より柔軟に自然な二重のラインを作る事が出来ます。

また、筋肉という柔らかい組織に糸をかけるため、糸が皮膚に馴染みやすく、バレにくい施術がやりやすいという点もメリットです。

ただし、柔らかい組織に糸を通すからこそ糸の結び方を強くしにくく、これが原因で糸が緩んで目立ってしまうという場合もあります。


尚、瞼板法でも糸を大きなループ状に留める方法はありますが、医師の技術が必要であったり、除去がしやすいといった瞼板法の利点が無くなってしまうため、これも一長一短となります。


どの方法を選択する方が良いかについては、元々の瞼の状態や、目指したい二重の幅・形などによっても変わるため、何件かのクリニックでカウンセリングを受け、よく比較して判断しましょう。


しっかりと技術のある医師を選ぶ

施術も短時間で、至ってシンプルでお手軽と言われる埋没法ですが、そのお手軽さもあり、あらゆるクリニックの安価なキャンペーン広告が散見されます。

しかし、相場よりかなり安価なキャンペーン価格の埋没法メニューの施術を担当してくれるドクターは、キャリアや実績の少ない新人ドクターである例も少なくありません。

簡単といわれる施術ほど、その奥は深いものです。簡単といわれる埋没法ほど、熟練されたドクターにお願いする方が、より自然でバレないような施術を行ってもらえる確率が高いことは言うまでもありません。

こういったことから、本当に他人にバレないような自然な二重のラインを実現させたいと考えるのであれば、安価な料金だけで選ぶのではなく、熟練された技術のあるドクターを選ぶようにしましょう。


変に隠すよりもバラしてしまうのも一つの手

これはなかなか勇気のいることではありますが、二重整形したことを、変に周りにひた隠しにするよりも、いっそのこと堂々と「私、二重にしたんだよね~」と公言してしまった方が、後々のことを考えると必ずしも損な判断ではありません。

他人というのは不思議なもので、変に隠されると、「あの人急に目元が変わったけど一体どうしたんだろう?もしかして、何かの病気?薬の副作用?」などと、良からぬ方向に想像が膨らんでしまうものです。

本来であれば、単純に今より綺麗になりたいから二重瞼にするというのは、ポジティブな意志であって、決して他人から否定や批判をされる筋合いはありません。

仮に、堂々と、二重整形したことをはっきりカミングアウトした方が、「そうだったんだ~?この頃目元が綺麗になったなと思ってた~」など、意外にあっさりと、受け入れてくれる可能性も低くないのです。

あくまで瞼を二重にしただけで、人間の中身まで変わるわけではありませんから、変に身構えず、より自然体で振る舞う方が気が楽という場合もあります。


二重幅の調整という形で伝えるなども有り

二重整形したことをいざ周りに伝えると言っても、向こうから触れてこないのに、わざわざ自分から公言するには抵抗がありますよね。

しかし、明らかに二重整形したことにより、普段の自分と目元の様子が変わるのは間違いありませんから、触れてこないだけで、周りは変化に気付いている可能性は高いといえます。

こういった場合に自分からうまい切り出しをする方法としては、「二重の幅が左右で違うから二重の幅を調整したの」などと、軽いノリでさりげなく伝えてみると、言われた方も案外すんなりと受け入れやすいでしょう。

二重の幅をちょっと変えただけという伝え方であれば、あまり整形で印象を変えたというイメージも持たれにくいと言えます。


二重整形を公言している芸能人も増えている

テレビで活躍する芸能人は、外見そのままが商品ですので、彼女達にとって整形手術をすることは、必須メンテナンスと言えます。近年では、日本でも美容整形に対する価値観の変化に伴い、人気タレントと言われる芸能人も、堂々と整形を公言する人が増えています。


それでは、なぜ彼女達はわざわざ自分の整形した事実を公表するのでしょうか?

その理由は、前項で申し上げた理屈と全く同じです。明らかに整形で前より顔が変わってるにも関わらず、変に黙っている事で、隠していることが余計にマイナス要素になるという判断になっているのでしょう。


また、近年では、整形を公言している芸能人が、その事実をカミングアウトしたからと言って、特にマイナス要素につながっている人は意外にも見当たりません。

二重整形を公言している女性タレントの例では、眞鍋かをりさんや、元CCガールズの青田典子さんなどが挙げられます。

ここでお考え頂きたいことは、ここに挙げさせて頂いた彼女達は、むしろ整形を公表してからの方が、メディアでの露出度が上がっていると思いませんか?

つまり、今と昔で日本人の美容整形に対する意識が格段に変わっている象徴と言えるのです。

このことから二重整形は、今の世の中では決してマイナス要素ではありません。二重整形によってより綺麗になり、自分に自信を持てたことで、彼女達のタレントとしての商品価値がプラス要素として作用していることの証となっています。


芸能人と一般の皆様の例を単純比較はできませんが、カミングアウトが必ずしもマイナス要素にならない参考例として留めておきましょう。


まとめ

いかがでしたか?今回は、埋没法で作った二重瞼がバレてしまう原因と、「他人バレ対策」の方法をケース別に詳しく解説いたしました。

いずれにしましても、二重整形したことを周りに黙ったまま自然な流れの中で綺麗になった事にするか、または、ぶっちゃけて正直にカミングアウトしてしまうのか、どちらを選択するかを決めるのは自分次第です。後々自分が嫌な思いをしないよう、よく考えて後悔のない結論を出していきましょう。

あわせて読みたい

埋没法による二重整形について、コンタクトレンズ利用者が事前に知っておくべきこと

口コミ広場編集部

廣川瑛 医師

二重整形埋没法の術後リスクについてあれこれ検索していると、「コンタクトレンズの利用者に埋没法はあまりオススメできない」といった情報をご覧になり、不安になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もちろんコンタクトレンズ利用者だからといって、埋没法による二重整形が受けられないわけではありません。 しかし、コンタクトレンズ利用者は、メガネで過ごしている方に比べますと普段から目に負担がかかりやすいことは間違いありません。 今回は、コンタクトレンズ利用者が埋没法で二重整形を行う際に事前に知っておくべきことをあらゆる角度から徹底解説いたします。

「涙袋形成について」

城本クリニック大阪院

涙袋とは目の下のふくらみのことです。 涙袋は笑ったときに目立つしわみたいなものなので、この涙袋がほどよくあると、いつも微笑んでいるような印象を与えることができ、優しい目元になります。また、これがほどよくあると目が大きく見えることもあります。 涙袋がふっくらしていることで、いつも笑っているような印象を与えることができ、明るい印象を作り出してくれます。 [ヒアルロン酸による注入法] 目の下にヒアルロン酸を注入する方法で、患者様が希望する形の涙袋を形成することが出来ます。 ヒアルロン酸は、天然の多糖類で、皮膚、皮下組織、結合組織、滑液膜組織、滑液の重要な構成成分です。ヒアルロン酸は、生体のすべてに全く同一の形態で見出される数少ない物質の一つであり、従って、純粋なヒアルロン酸の生物学的適合性は高いのです。 [外科的治療法] 下まぶたの筋肉(切開眼輪筋)を縫縮し、丘を造っていくことで涙袋を形成させる方法です。

「眼瞼下垂について」

城本クリニック大阪院

眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、まぶたが下がって目を開けにくくなる状態を言います。 眼瞼には、眼球を損傷や乾燥から防ぐ役割があり、特に上眼瞼には目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)と目を閉じるための筋肉(眼輪筋)があり、両者のバランスのとれた働きによって眼球が保護されています。ところが、眼瞼挙筋の働きが悪くなると上眼瞼が上がらず、上下の眼瞼の幅が狭くなります。このような状態を眼瞼下垂と言うのです。 生まれた時から眼瞼拳筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂の他、最近では加齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、コンタクトレンズを10年以上使っている人にも起こるようです。 また、目を開けるための筋肉(眼瞼挙筋)が弱った状態を補うために、目を開ける際に額の筋肉を使い、額にシワが刻まれてしまったり、まぶたの皮膚がたるんで下がることで視界がさえぎられ(皮膚弛緩症)、上方が見えにくいためにあごを上げて物を見るようになり、肩凝りや頭痛が起こったり、弱視の原因にもつながるなど、眼瞼下垂の症状はさまざまです。 ・眉毛がつり上がり、おでこが疲れる。 ・二重の幅が広くなり、ときに三重になる。 ・まぶたがくぼみ奥目になる。 ・下を見ていると眠たくなる。 眼瞼下垂の手術は、眼瞼挙筋を縫縮する方法が一般的ですが、最近になって注目されてきた腱膜性眼瞼下垂という手術もございます。 〜腱膜性眼瞼下垂〜 西洋人と東洋人の上眼瞼は解剖学的に異なり、東洋人の眼瞼は厚く重いため、年齢を重ねるにつれて眼瞼挙筋の腱や眼窩隔膜の瞼板への付着が徐々に外れていき、ゆるんだ分を無意識ながら努力してまぶたを持ち上げることになります。このことによって交感神経の興奮が促され、頭痛や肩こり、不眠などの原因となります。 手術によって外れた腱膜を、再び良い位置(その人に合ったより良い位置)に付着させることで解消できます。また、眠たげな印象を与える眼瞼下垂(半開きのような眼)も改善し、大きくパッチリ開いた目となります。 眼窩隔膜、挙筋が瞼板から外れていくにしたがい、開瞼時のミューラー筋の収縮が大きくなります。このミューラー筋には、交感神経(頭部からの)が分布し、これがさまざまな愁訴を引き起こすと言われています。手術によって、ミューラー筋が「休め」状態となるので愁訴が解消されます。 腱膜性眼瞼下垂は、目の開きが小さい人に適した手術です。

『二重・目の手術方法』

城本クリニック大阪院

目は、ものを見るという重要な機能があります。それ以外に「目は口ほどに物を言う」ということわざにある通り、気持ちを相手に伝える時に活躍します。また、目鼻立ちが整っているという言葉があるように、目は、美しさの鍵を握っています。 現代の美人というのは、目が大きいという傾向にあります。その結果、二重まぶたの方がより好まれ、一重まぶたの人たちは二重まぶたになりたいと思い、奥二重の人はより大きな二重まぶたに憧れる時代になっています。 これらの希望を叶える手段として美容外科があり、時代とともに進歩してきました。しかし、どのような二重がいいのか、手術方法はどれが適切かという問題は、ひとりひとり違うので、専門の医師のアドバイスをもとによく考えて下さい。 [埋没法] 上瞼の皮膚の一部が目を開ける筋肉に引っ張られるように糸で連結します。また、この糸が外から見えないで埋没してしまうことから埋没法と呼ばれています。 その長所と短所については次の通りです。 [切開法] 埋没法が糸によって皮膚が引き上げられるようにするのに対して、切開法は、自分の組織による癒着によって引き上げられるようにします。 皮膚を切開し、余分な脂肪を取り、そこで縫い合わせることで、ひだができるようにします。 [マイクロ切開法] まぶたの厚みが強い方に適応がある治療になります。 まぶたの皮下脂肪が多いと、脂肪が邪魔をして、二重のラインが綺麗に出にくい場合がございます。その為、まぶたを数ミリ切開して、脂肪の一部を取り除いた上で、埋没法にて、二重まぶたをお作りします。 [目頭切開] 蒙古ひだは、蒙古人種(モンゴリアン)の特徴でもあります。これは、目頭の所に上瞼の皮膚が被さっているものです。白色人種と違い、目頭の赤いところは見えませんが、この蒙古ひだによって目が小さく見えたり、目が離れていて間延びした印象を与えます。 このような時には、蒙古ひだを切り取る、内眼角切開法(目頭切開)という手術が適応となります。目頭切開の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。 これから、実際カウンセリングに行く時のあなたに合った方法を共に考えてくれるドクターを探す材料にして下さい。よりよい結果が得られますよう心より願っています。

目・二重の整形の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

目・二重の整形の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 21,939

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,398人以上 の医師陣が回答!
総回答数 31,000件以上!