ただいまの口コミ 52,518 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,679件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
メスを使わず、大きな傷跡が残らない!

FUE法

FUE法は専用の小さなパンチでドナーを採取し、移植する方法。FUT法のようにメスで頭皮を切る取る必要がないことから、「メスを使わない自毛植毛」「切らない自毛植毛」とも呼ばれます。今では、改良や医師の技術向上によってドナーの切断率が格段に低下しています。

FUE法とは?

FUE法とは、Follicular Unit Extractionの略。直径1ミリほどのパンチを使い、毛包単位でくり抜くようにドナーを採取する方法です。2002年に登場し、「メスを使わない」「切らない」「縫合の傷跡が残らない」ことで注目され、現在では代表的な自毛植毛法の1つとなっています。
頭皮を帯状に切り取るFUT法に対し、FUE法は点で採取していくため毛髪に余裕のない方、頭皮のつっぱりが強くてメスでドナーを採取しづらい方でも施術できる点がメリットで、特に生え際などの狭い範囲の植毛に有効です。縫合が必要ないので大きな傷跡は残りませんが、米粒大の白い点がまだらに残るため、ベリーショートなどの短髪は避けたほうがよいでしょう。

自毛植毛では、採取したドナーをできるだけ早く移植することで生着率が高くなりますから、グラフト分けの必要ないFUE法は、移植毛の生着率が高いと考えられます。しかし、ドナーをくり抜く際に皮下の毛根を傷つける率が高く、ロスが20~50%にものぼります。傷ついたグラフトは生着の可能性が低くなるので問題視されていましたが、最近では技術の改良や医師の熟練度によって切断率は格段に低下しています。

施術は、基本的に採取部を2~3ミリ程度に刈り上げるのが一般的です。しかし、最近では刈り上げないで採取するクリニックも登場しています。その後、局所麻酔をし、毛髪を頭皮ごとパンチでくり抜き、移植していきます。施術時間は5~7時間かかります。
植毛した髪は1ヵ月ほどで一旦抜け落ちます。これはヘアサイクルの「休止期」に入るためで、移植の失敗ではありません。その後にしっかり生着すれば、2~3ヵ月で「成長期」に入り、発毛・成長していきます。個人差はあるものの、およそ半年ほどで移植部全体から発毛が見られ、その後、健康な毛髪と同じように太く強い髪に成長していきます。

FUE法の改良版「SAFE」とは?

SAFE(Surgically Advanced Follicular Extraction)は、FUE法を改良した術式として2004年に発表されました。メスを使わず、パンチで1つずつ毛根をくり抜く方法はFUE法と同じですが、違いは使用するパンチの数にあります。FUE法が1つのパンチでくり抜くのに対し、SAFEは2つのパンチを使い分けます。まず、シャープなパンチで表面を浅くカットし、あまり鋭くないパンチでさらに毛根を傷つけないようにくり抜きます。これにより、FUE法の欠点である毛根の切断率が低くなるとされています。

FUE法のメリット・デメリット

メリット

FUE法の最大のメリットは、メスによる切開を伴わないために大きな傷跡が残らない点です。また、ドナー採取部の毛髪にゆとりがない方、頭皮のつっぱりが強くて法が適さない方でも施術可能です。また、以前にFUT法の施術でドナー採取した部分に植毛することもできます。

  • メスを使用しない
  • 大きな傷跡が残らない
  • ドナー採取部分の毛髪にゆとりがない方でも可能
  • 皮のつっぱりが強い方でも可能
デメリット

FUE法はドナーを1本1本採取し、移植していくので非常に手間と時間がかかります。それだけに、医師1人では効率が悪いため、スタッフを含めたチームで行われることが多いようです。ドローロスの割り合いも医師の技術力よって左右されることから、経験豊富で高い技術を持つ医師・クリニックを選ぶようにしましょう。費用が非常に高額な点もデメリットといえます。

  • ドナー採取に時間がかかる
  • 広範囲の植毛には向いていない
  • 毛根の切断率が高い
  • 短髪にすると傷跡が目立つ
  • 費用が高額

FUE法 施術の流れ

STEP1

カウンセリング

医師によるカウンセリングを受けます。毛髪や頭皮の状態などを確認した後、移植本数や施術方法、アフターケア、ダウンタイム、デメリットなどの説明を受けます。

口コミPOINT

クリニック選びの決め手に「最初のカウンセリング時に医師が話をしてくれた」という点を挙げる方が多数。信頼感につながっているよう。

STEP2

ドナー採取の準備

下準備として後頭部や側頭部の髪の一部を2ミリ程度までバリカンで刈ります。次に、局所麻酔をしたうえで、パンチで1グラフトずつ採取していきます。

STEP3

移植

採取したグラフトを移植していきます。

STEP4

術後処置

移植部分を包帯で軽く固定し、帰宅可能となります。

STEP5

アフターケア

包帯部はできるだけ触らないようにし、薬を処方された場合は医師の説明とおりに服用します。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

このような方にオススメ!
  • ドナー採取部分の毛髪にゆとりがない方
  • 皮のつっぱりが強い方
  • 狭い面積の植毛を考えている方
  • 帯状のドナーの傷跡を修正したい方
10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!