ただいまの口コミ 91,480 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,249件)

大塚美容形成外科

  • 美容整形(美容外科)
  • 美容皮膚科(美肌・スキンケア)
  • 美容内科、美容医療その他
  • 美容歯科

      4.45 (総合満足度) 満足度とは

  • 口コミ 1,898 件
  • リアル1,898件

【全国に6院】安心と信頼の美容外科です。当院はTVCM、雑誌、口コミで評判のクリニックです。TV番組内で好評だった施術もご紹介しております。

【伝説のTV番組出演!42年間”医療事故”ゼロ!】

大塚美容形成外科・歯科は【開業42年の実績!】があります。

■注目ポイント! 
◇ 大人気!大塚式の二重【埋没法】口コミ広場‐総合満足度ランキング‐全国”第1位”!◇
◇ 大塚の【脂肪吸引】は”世界一丁寧”を目指しております!ただ細くなるだけではありません!◇
◇実際に当院で施術を受けられた方の口コミ数”762件”※2016年7月15日時点◇

美容形成外科業界をリードし続ける医師集団として、「日本形成外科学会」「日本外科学会」をはじめ、アメリカ、フランスなど国内外の学会に参加・研究発表しています。

開業40年の実績がある、歴史ある美容クリニック

口コミ広場の会員から選ばれています。

TV・雑誌・口コミで評判の美容クリニック

大塚美容形成外科の特徴 オススメする3つのポイント

■豊富な経験と確立された技術力に基づく【安全】

<最小の手術で最大の効果を~医療事故ゼロ。経験に基づく技術力>

創立以来、豊富な手術実績があり、高い技術を活かした施術を行っています。
日本美容外科学会(JSAPS)の専門医や日本形成外科学会(JSPRS)の専門医が在籍しております。海外や国内の学会、医療機関と交流を図り、常に世界最高、最先端の高度美容医療を取り入れ、日々医療の安全確保と質の向上を目指しています。また厚生労働省認可とFDA認可の薬剤を多く使用しており、安全性の高い医療をご提供しています。「最小の手術で最大の効果を」を基本理念に患者様一人ひとりの理想の美しさを叶えます。
Point
1

■経験豊富な美容外科専門医に直接相談できる【安心】

<納得した治療をお受けいただくために~カウンセリングから医師が担当>

当院では、カウンセリングも医師が行っています。安心して治療を進めていただくためにカウンセリングを重視しています。患者様が望まれいることをしっかりと理解した上で、患者様の心身のご負担やお悩みを少しでも取り除くことができる施術を提案をさせていただきます。
大塚院には正規の入院設備があり術後のケアも安心です。麻酔科専門医が常駐し麻酔についてきめ細やかな配慮をしています。

術後のアフターフォローは、メールで執刀医と直接連絡を取って施術内容についてご相談できます。
Point
2

■満足度No1を継続中!その理由は高い安全性と技術力【信頼】

<伝統の治療秘技と最先端医療の融合>

常にハイクラスで安全性の高い医療技術を誇り業界をリードし続けています。受け継がれる伝統の秘技と最先端の医療技術の融合で「大塚美容形成外科でしかできない手術」を可能にしています。

▶二重埋没法は、シンプルな施術だからこそ医師の技術で仕上がりの美しさに差が出ます。安全な手術を提供するだけでなく患者様の笑顔につながる施術を心がけています。

▶シワやたるみの認定指導医(ボトックス・ヒアルロン酸注入の世界基準の認定医)の認定を受け、エイジングケアのエキスパートとして治療を行っております。
Point
3

院長おすすめの美容医療
大人気の二重術・目元、脂肪吸引、豊胸、鼻は特にお任せ下さい!また、輪郭の整形に関しましても日本最大級の設備を整えております。

美容体験者の口コミレポート

大塚美容形成外科の口コミ満足度

      4.45 (総合満足度)

  • 1898

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

大塚美容形成外科で治療を受けた口コミ広場メンバーのホンネの口コミレポート!気になる施術があればまずは口コミをしっかりチェックしてみて下さい。口コミ広場メンバーになって治療を受けたら、レポートを是非ご投稿ください。

美容医療コラム

疲れて見えるまぶたのくぼみを改善

目元は印象を左右する重要な部位です。加齢によるまぶたのたるみや目の下のクマやくぼみを気にされている方が多いのですが、目の上のくぼみも老けて見える大きな要因です。まぶたが眼球の丸みにそってくぼむと、くぼんだ部分に影ができ、疲れている印象を与えてしまいます。 目の上のくぼみができる原因は、遺伝などの先天的な要因や加齢で目の周りにある眼輪筋や組織がたるむことが要因で眼球が下にさがります。そのため目の上の眼窩脂肪は後ろに後退し、目の上がくぼんでしまいます。眼窩脂肪とは、眼球の周りを囲っている眼球のクッションのような役割をしている脂肪のことです。 ちなみに目の下のくぼみは、眼球の圧で眼窩脂肪が押し出されるようになってしまうため、飛び出した眼窩脂肪の下がくぼんで見えるようになります。 眼窩脂肪の減少による瞼のくぼみの治療は、「ヒアルロン酸を注入する方法」「自己脂肪を注入する方法」によって改善します。 ヒアルロン酸は、もともと人体にある成分なので安全性が高く、アレルギーテストも不要です。施術時間も10分程度と短くダウンタイムもほとんどないため気軽に受けていただける施術です。持続性は個人差や注入するヒアルロン酸の種類によりますが6ヶ月~2年です。自己脂肪注入は、定着するとヒアルロン酸よりも長持ちします。ただし別の場所の脂肪を吸引するため吸引した場所のケアも必要となります。

二重埋没法で使用する糸付き針について

二重埋没法は、施術の種類や個人差によりますが、大きな腫れは3~5日程度続きます。一般的に術後直後よりも翌朝に腫れが大きくなる傾向にあります。ダウンタイムをお休みの間に過ごそうと夏休みに入ってからは学生さんの二重施術希望の方に多くご来院いただき、お盆休みには社会人の方がたくさんいらっしゃいます。 当然ですが医師はすべての患者様に対して「腫れにくい二重埋没法の施術」を心掛けています。施術の技術はもちろんのこと、カウンセリング時に腫れについて十分ご説明したうえでお顔立ちやまぶたの状態にあった「腫れにくい二重のライン」をご提案するようにしています。 施術時に使用する道具も腫れを抑える工夫をしています。 二重埋没法では、糸の両端に針のついた二重埋没法施術専用の「糸付縫合針」を使用しています。 針は、二重埋没法用に開発した特殊な針を使用します。H.I針と呼ばれている針で、針の先端は丸みを帯びており皮膚組織や血管を極力傷つけない設計になっています。針が皮膚組織や血管を傷つけないことは、内出血や腫れを抑えることにつながります。 糸は、すべての二重埋没法の施術で心臓血管外科用の細い糸を使用しています。丈夫で非吸収性(溶けない)のナイロン製の糸で太さは「7-0」。糸の太さは、最初の数字が大きいほど細くなります。通常の消化器外科が手術で使用している糸の太さは概ね「2-0」ですからどれだけ細い糸を使用しているかお分かりいただけると思います。 髪の毛の太さの平均が0.8mm~1.0mmと言われているので髪の毛よりも細い糸ということになります。 「7-0」の心臓血管外科用の糸は、強度もありしなやかで頑丈。切れにくいのが特徴です。細い糸は結び目も小さくなるため、結び目が目立ったり表面から透けて見えてしまったりすることはありません。 また糸の保管方法でも工夫をしています。 小さく巻いた状態で保管すると場所はとらないので収納に便利ですが、糸に折れた跡がついてしまうことが多いです。そこで、折れる部分を少なく工夫した長い大きなケースを使用しています。執刀医の立場からすると糸に絡みやヨレが出ないことは、扱いやすくスムーズに施術が進み正しい位置にしっかりとまぶたを固定できることにつながります。患者様からするとスムーズに早く施術が終わることは、まぶたへの負担を軽減することになり腫れが出にくくなるというメリットもあります。

化粧品に含まれるレチノールと処方箋が必要なトレチノインの違い

大手化粧品メーカーがこの夏発売を開始した純粋レチノール配合のシワ改善化粧品が人気のようです。大々的にテレビCMや雑誌広告もしているので「純粋レチノール」という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。レチノールはビタミンAのことで化学的にはレチノイドと呼ばれています。 メーカーのホームページによるとレチノールの効果として  ・表皮ヒアルロン酸の生成  ・各層水分量の増加  ・肌を柔軟にする  ・シワを改善する と、書かれています。アンチエイジングの化粧品として非常に魅力的です。 ビタミンAは、表皮のターンオーバーを促進する効果があります。ターンオーバーとは、基底層で新しく生まれた細胞が古い細胞を押し上げていき、角質層に到達すると皮膚を守る役割(角化)を果たし、その後垢となって剥がれ落ちていくことです。表皮細胞は日々生まれていますので、このターンオーバーが繰り返し行われています。 若々しくみずみずしいお肌でいるためには、このターンオーバーのサイクルリズムを崩さないことが大切です。通常28日程度の周期と言われています。しかし、加齢に伴いターンオーバーの周期が、30日、40日といった具合に長くなっていってしまいます。 ビタミンAは、ターンオーバーを促進し、早すぎず遅すぎずの正常なサイクルに整える役割をしています。 美容外科で取り扱っている薬剤に『トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)』というものがあります。 レチノールと名前が似ていますが違うものです。トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)はビタミンAの誘導体(化合物)で、作用はレチノールの50倍~100倍の強さがあり、シミ、シワ・ニキビ跡治療などの肌再生医療に使用しています。個人差はありますが、肌のターンオーバーを約14日に加速します。古い角質とともにメラニンも排出されるため、シミをなくす効果が期待できます。しかし、その作用の強さから誤った使い方をしてしまうと、かえって肌を痛めてしまう可能性があります。 トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)と併用することが多いのがハイドロキノンです。 ハイドロキノンは、メラニンを生成する酵素の働きを弱めたり、メラサイト(メラニン色素を生成する色素細胞)を減少させたりする作用があり、新しいシミができるのを予防してくれます。 トレチノインと併用することで【シミ・シワの改善】【美白・美肌効果】の両方を期待することが可能です。 ただし、ハイドロキノンは、日光に弱いという特性を持っているため、日焼け止めの使用を忘れずに行うようにしてください。 トレチノインもハイドロキノンもその作用の強さから、使用方法や使用期間など医師より細かな注意事項があります。必ずカウンセリングを受けてから使用を開始しなければなりません。

優しい目元になるたれ目形成

上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれ、元気に育っているようですね。パンダが赤ちゃんを愛おしそうに抱いている姿はかわいらしく目を細めて見てしまいます。 パンダがかわいく見えるのは、目の周りの黒い縁がたれ目風で愛くるしいからだと思います。 たれ目は、ナチュラルで優しい印象を与える効果があり、かわいいらしく好感を持たれやすいようです。おっとりとした柔らかな雰囲気になるため「癒し系」と呼ばれることもあるようです。明るいブラウン系のアイラインを長めに引く「たれ目メイク」は、ネットで数多く紹介されていて「たれ目」の人気の高さがわかります。 しかし、メイクでは変化に限度がありますし、メイクが落ちてしまうといつもの目に戻ってしまいます。 たれ目の施術は、ただ単に目じりを引っ張って留めるという単純なものではなく、まつ毛の機能を維持するように調整、過剰に下げすぎてしまうと下三白眼(下側の白目が見えすぎてしまう症状)や下眼瞼外反症(常にアッカンベーをしているように見えてしまう症状)、ドライアイになってしまうなどのリスクが生じないように調整する必要があります。 たれ目形成術(下眼瞼下制術)には、いくつか種類があります。主なたれ目形成術として下記の二つが挙げられます。 1.目の内側を切開して粘膜を剥離し瞼板をCapsulopalpebral fascia(CPF)に固定する術式 下瞼を上げることで目じりが下がって見えるようになります。 2.目尻近くの皮膚を切除し縫い縮める術式。 目頭が下がることで大きな変化が見られるようになります。

大塚美容形成外科の一覧

大塚美容形成外科のクリニック

新着情報

2017/07/27
【10例の症例写真を更新しました!】 【グループ全体】
10例の症例写真を追加更新させて頂きました。 ■二重2症例 ■脂肪吸引8症例 大塚美容形成外科は、どんな悩みでも気軽に相談に行ける。そんな場所で ありたいと思っています。 どんな些細なお悩みでもどうぞお気軽にご相談ください✨

2017/05/20
LINE@はじめました!! ぜひ友達追加してくださいね♪ 【グループ全体】
LINE@はじめました! @otsuka-biyo 美容情報・クリニック情報・LINE限定のお得な情報をお届けします! ぜひ友達追加してくださいね♪

2016/08/08
新商品のお知らせ!飲む日焼け止め!【ソルプロ】追加 【グループ全体】
日々の日焼け対策に!飲んで対策する日焼け止め【ソルプロ】を 新しくメニューに追加いたしました♪ 【ソルプロの服用方法と効果】 午前中やお出かけ前に1日1粒を水またはぬるま湯で服用します。特に日差しが気になる日は、1日2粒を服用して下さい。継続して服用することにより、日焼け対策効果が高まります。

新着情報一覧を見る