ただいまの口コミ 73,069 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,575件)

THE CLINIC(ザ・クリニック)

  • 美容整形(美容外科)
  • 美容内科、美容医療その他

      3.70 (総合満足度) 満足度とは

  • 口コミ 113 件
  • リアル113件

先端技術に基づくサービスを提供する美容外科・美容整形、THE CLINIC(ザ・クリニック)。東京・横浜・名古屋・大阪・福岡にて展開。

脂肪吸引

脂肪吸引の詳しい治療法

脂肪吸引のコラム

脂肪吸引の失敗「デコボコ」「段差」の直し方

こんにちは,THE CLINIC ドクターの福田です。 今日は院長を務める名古屋院で、腹部の脂肪吸引を受けた方の失敗修正オペをご紹介します。 まずはTOPの症例画像をご覧ください。 このモニターさんは、名古屋にある自称「脂肪吸引を得意としている」クリニックで、腹部全体の脂肪吸引を受けられました。 ですが、どうでしょう。 腹部にはデコボコや明らかな段差が見られます。 これは修正の相談でよくあるトラブル。 腹部全体といいつつ肋骨の上の部分(胸の下あたり)の取り残しが多いため、多めに吸引しやすいヘソ上の部分との間に段差ができてしまうことが原因です。 写真では胸を張っているのであまり目立ちませんが、力を抜くと深い横ジワができてしまいます。 肋骨上は下から吸引すると危険だと思っている美容外科医が多いようで、取り残されることが多いようです。 実際に他院で経験の少ないドクターが肋骨の下に吸引管を通してしまって横隔膜に穴が開いたなんていう話も聞いたことがあります。 危険だと思って避ける術者が多いようですが、アプローチの仕方によって、全く安全に取れます。 写真の方は、取り残しのある胸下部分をしっかり脂肪吸引し、段差を丁寧に均しました。 側腹部にもえぐれたような線状の凸凹があったので均しています。 脂肪吸引は1度目が大事です。 2回目以降は皮下組織が硬くなっているので、周囲を柔らかくするベイザーでもかなり難しくなります。 この方は「ベイザーは必要ない」と否定している施設で施術を受けたそうですが、確かに1回目に関してはベイザーが無くても特に問題ない場合が多いでしょう。 (皮膚の引き締め効果が強いのと周りの組織へのダメージが少ないので当院では推奨していますが) ただし、2回目以降はベイザーを使用した方が術後の体の負担や結果は絶対に良いです。 脂肪吸引は道具も大事ですが、それ以上に手術する医師によって大きく結果が左右されます。 術後の固定のせいにされたりする人もいるようですが、そんなことでココまで明らかなデコボコになったりはしません。 脂肪吸引は何回も受けられるものではなく、最初が肝心ですからクリニック選びは慎重になさってくださいね。 【後日談】 このゲストから、嬉しいお手紙をいただきました! ドクター冥利につきます。また、1人でも多くのゲストを幸せにしようと誓いました。

「脂肪吸引」2大小顔施術の適応チェックシート!

人は少々カラダに余計な脂肪がついていても、顔がほっそりとした小顔であればヤセているような印象になります。また、顔が小さければ目や鼻のパーツがはっきりするため、美人度もアップする可能性が高いでしょう。 需要が高いため小顔治療の進歩はめざましく、様々な方法が編み出されています。 中でも、注目なのは、メスを使わない脂肪融解注射「BNLS」と、キレイな仕上がりが半永久的に続く顔の「ベイザー脂肪吸引」。クリニックにも問い合わせの多い施術です。 しかし、両者はメスの使用やダウンタイムなどの施術法だけでなく特性が違います。どんなケースの場合に、どちらの施術が良いのか下記の適応チェックシートで確認してから選びましょう! 【脂肪融解注射BNLSが適応する】 □ メスは絶対使いたくない □ ダウンタイムなく小顔になりたい □ 少しずつ小顔になりたい □ 頬骨部分の脂肪が気になる □ 何回か継続して受けられる □ 皮膚のたるみは気にならない □ダンゴ鼻などを改善したい 【ベイザー脂肪吸引が適応する】 □ ダウンタイムがあっても確実な効果が欲しい □ 1回で済ませたい □ 顔にメリハリが欲しい □ 輪郭もシャープに整えたい □ たるみも同時に引き締めたい

脂肪吸引を一発で成功させるための【今日からできる失敗回避策】

【記事要約summary】 ●脂肪吸引の失敗が急増中 ●ほとんどの原因は、脂肪の取り過ぎ・取りムラ ●失敗予防策として、「吸引量」にこだわるクリニックは回避するが◎ はじめまして。THE CLINIC福岡院や東京院で診療している副院長の樋口です。 どうしても、美容医療従事者として伝えなければいけないなと思う 〝昨今の脂肪吸引事情〟があり、初めて口コミ広場に投稿させていただきます。 それは脂肪吸引を受ける方が増えたことに伴い、 他院で受けた脂肪吸引の修正のご相談が激増していること。 例えば、次のようなケースで来院されるわけです。 「失敗されて皮膚がボコボコになったから、修正治療して欲しい」 「脂肪吸引したら、皮膚がたるんでしまいました!」 「太ももの脂肪吸引をしたら、なぜかお尻がペッタンコに…」 「ボディラインの調整をTHE CLINICでして欲しいのですが、可能ですか?」 などなど…etc. THE CLINICの修正外来には、毎日このように多くの方が相談に来られるわけです。 一見、様々なお悩みがあるように見受けられますが、 コレ、ほとんどの原因は脂肪の「取り過ぎ」であり「取り残し」です! 脂肪の「吸引量」を誇るドクターやクリニックは沢山ありますが、 脂肪吸引で一番大事なことは「Body contouring」。 脂肪をたくさん取ればいいものではなく、 「きれい」に取ってボディラインを美しく整えることだと思います。 例えばTHE CLINIC東京院では、一昨日は2例、昨日は1例、今日は1例…と、 他院脂肪吸引の修正手術が毎日のようにありました。 修正手術とは、最新脂肪吸引機ベイザーリポを用いて 「取り残し」や「取りムラ」を再度整えて吸引する施術ですが、 一度吸引した組織は繊維化して硬くなっているため、手術操作が容易ではありません。 また、「取り過ぎ」で皮膚が凹んだり癒着しているケースなどは、 新たに良質な脂肪(例:コンデンスリッチファット)を注入するしかありません。 THE CLINICのドクターは脂肪吸引を専門に診療してきた経験と、 そこから習得した技術を駆使した修正施術が可能です。 そのため、難解な修正施術も問題なく、美しい状態に治療しますが、 個人的には、一度も失敗しないに越した事はないと思います。 (費用も余計にかかってしまうし) 失敗予防策としては、先述した「吸引量」を基準にしたクリニックより、 「美しいボディライン」に仕上げるための技術を駆使している クリニックを選ぶこと。 ※「もう既に脂肪吸引で失敗されちゃったよ…」という方は、 THE CLINICのような専門の修正外来を設けたクリニックでの治療をオススメします。 一人ひとりの失敗状態にあった最適な修正プランをご提案するクリニックで カウンセリングを受けると良いでしょう!

女性の曲線美を残したボディデザイン(脂肪吸引)

古くの脂肪吸引の概念は「たくさん贅肉を取ることが良い」でした。 しかし、それによって大量の脂肪を取ろうとするあまり、 バランスの崩れたボディになる方が少なくありません。 TOPの比較画像をご覧いただければ、一目瞭然でしょう。 脂肪を取り過ぎることによる弊害は、バランスの狂い以外に以下があります。 ●皮膚と筋肉層がくっついて、動きづらくなる ●ガサガサの肌になり、質感と色が悪くなる ●皮膚がたるみやすくなる ●なめらかな曲線美が失われる ●不自然のため、脂肪吸引したとバレやすくなる 現代の脂肪吸引の概念は、美しいスレンダ―ボディにすることが 最重要であり、そのために解剖学に基づいたデザインを行うこと。 (これは実際のお体にペンでマーキングして行うことが多いです) そのデザイン後、実際の施術をするという流れが最良です。 しかし、今でも脂肪の吸引量にとらわれ 「最大限まで根こそぎ脂肪を取る」ことを重視している ドクターもいます。 それは、とにかく大量吸引することを望まれる方が 多いからなのですが、仕上がりのリスクを考えると とてもオススメできません。 女性本来の美しさをキープした上での脂肪吸引こそが 正しいボディデザインというものでしょう。 (なかなか技術が必要なので、一朝一夕にはできませんが…) これから脂肪吸引を考える皆さん、 本当に目指すボディとは何か? 担当ドクターは、美しいスレンダーボディにしてくれるのか、 そのためのボディデザインを行ってくれるのか確認することをオススメします。

THE CLINIC(ザ・クリニック)の脂肪吸引の口コミ(51件) THE CLINIC(ザ・クリニック)の脂肪吸引の症例写真(60件)