ただいまの口コミ 73,069 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,575件)

立ち耳の整形のおすすめクリニック・口コミ

  • 現在の検索条件
  • 耳の整形
  • 立ち耳の整形
クリニック検索条件の変更と絞り込み
メンズ版の治療案内はこちら   

立ち耳とは、耳が顔の方向に真正面に向いているため、頭から離れているため、耳が大きく見える状態を言います。 立ち耳の人は耳が強調されてしまうことを気にしています。 立ち耳の整形の方法としては、耳の角度が一般の人に比べて急な角度になっているので、角度を緩和することで解決することができます。具体的には、耳の後ろを切開し、軟骨を結んで耳を少し後ろに傾けるという方法があります。耳の裏なので、切開した後の傷はあまり目立たないのが特徴です。立ち耳の整形をすることで、耳が小さくなり、輪郭も変わるので、印象を変えることができます。 立ち耳の角度を変える手術は片耳30分でできるので手軽です。手術後は入浴時に注意するくらいで特段注意することはありません。

立ち耳の整形のホンネ口コミ 10

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

満足度分布

5.0 [3]
4.5 [1]
4.0 [3]
3.5 [1]
3.0 [2]
2.5 [0]
2.0 [0]
1.5 [0]
1.0 [0]

治療者の分布

男女比

  • 女性-60%
  • 男性-40%

年齢層

  • 10代-20%
  • 20代-20%
  • 30代-10%
  • 40代-50%
  • 50代-0%
  • 60代以上-0%

立ち耳の整形なら、共立美容外科にお任せください。

1989年 開院、全国23院の共立美容外科。患者様の立場に立って、痛みに配慮しながら丁寧に施術

エリアから美容外科・皮膚科・歯科を探す

立ち耳の整形の最新口コミ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

立ち耳の整形の基礎知識 入門編FAQ

立ち耳の整形に関して、治療方法、効果、痛みやリスク、副作用、治療の流れ、費用、アフターケア、ダウンタイム等について、よくある質問にお答えします。

Q
立ち耳矯正の手術は、どのような流れで行うのですか?
A
立ち耳とは、耳の軟骨の折れ曲がりの度合いが少ないことによって、耳が後ろに向かずに横に広がっている状態です。 手術では、立ち耳の原因になっている軟骨部分を矯正して、耳の折れ曲がりの度合いを強くします。 具体的には、耳の後ろから切開をして、耳介軟骨に切れ目を入れ折り曲げてから、その状態で安定するように固定します。 クリニックによっては耳介軟骨に切れ目を入れずに、そのまま折り曲げる所もあります。その後初めに切開した部分を縫合するといった流れになります。 手術時間はクリニックにより差がありますが、40分~1時間ほどで、カウンセリングを含めても2時間ほどで終わる場合がほとんどです。 一日がかりで行うような長時間の手術ではありませんので、学校や会社を休まずに手術を受けられます。
Q
手術中の痛みや、手術後の腫れはありますか?
A
手術中は局所麻酔の針を刺す時だけ、痛みを伴いますが、手術中は麻酔が効いていますので、無痛です。 また、クリニックによっては静脈麻酔を併用できるところもあります。静脈麻酔を併用した場合、局所麻酔の痛みも感じることなく完全な無痛で手術を受けられます。 手術後の腫れはほとんどありませんが、稀に内出血をすることがあります。また手術当日~翌日にかけて多少の痛みがある場合がありますが、痛み止めを早めに服用されれば楽に過ごせるはずです。
Q
手術後、元に戻ることはありますか?
A
耳介軟骨を折り曲げる際に、切れ目を入れないで、ただ折り曲げるだけの立ち耳の手術では、元に戻ってしまうこともあります。 手術法はクリニックによって異なりますので、事前によく確認をされることをおすすめします。
Q
立ち耳矯正に関して、形成外科と美容外科での手術に違いはありますか?
A
立ち耳の矯正手術に関して、手術方法に違いはありませんが、医療保険適用の有無に違いがあります。 耳の変形が重度の場合は、形成外科で保険診療として治療を行います。 対して、軽度~中等度までの変形の場合は、美容外科で自由診療として治療を行うため、保険診療になりません。
Q
手術後、傷跡が目立ったり、耳が聞こえにくくなるということはありませんか?
A
立ち耳矯正の手術は、耳の裏側から行うので傷跡は他人から見えない位置にあります。 ですので、良く観察すれば傷跡は残りますが、日常生活の中ではほとんど目立つことはないと思われます。 また、手術によって、聴力が落ちるということはありませんが、立ち耳の状態の時は前方向からの音を拾いやすい状態であったともいえます。 手術により立ち耳を矯正したことで耳の方向が変化し、その結果、前方向の音が今までより聞こえにくくなるということは可能性としては考えられると思いますが、 生活面でそのことを意識するほどの変化ではないと思われます。 立ち耳を矯正したことで今度は横方向の音を拾いやすくなるわけですし、立ち耳でない人は常にその状態であるわけですから、心配することはありません。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,336人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!