ただいまの口コミ 94,348 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,246件)

郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】

郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】の店舗画像

      4.46 (総合満足度) 満足度とは

  • 口コミ 200
  • リアル 200件
  • 開院時間10:00~19:00(日祝日のみ~18:00)

ハリを取り戻して若々しく!

目元は見た目年齢に非常に影響する部分です。
目元のたるみや影は、老けてみえる原因になります。

そして、目元は加齢の影響を受けやすい部分でもあるため、多くの方が悩まれているのではないでしょうか。

ハリのあるぱっちりとした目元にすることによって、若々しい印象を取り戻すことが可能です。

当院では、上まぶた下まぶたのたるみを除去する施術の他にも『涙袋』を形成して印象的な目元にする施術や、目元だけでじゃなく『眉のたるみ』を改善する施術もございます。

郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】の目元整形・クマ治療の特徴
オススメする3つのポイント

正しい改善方法は医師にご相談を

元気なのに「疲れてる?」と言われてしまう…。
それは、目元のたるみが原因かもしれません。

目元のたるみ改善法として、マッサージや美容液などがあげられますが、目元の皮膚は非常に薄くデリケートなため、強い刺激を与えるとくすみや皮膚が伸びてしまうため逆効果になってしまう可能性もございます。

筋肉がゆるんでいる・脂肪によって膨らんでしまっている・皮膚がたるんでしまっているなどの場合は、ご自身のケアで改善することが非常に難しいです。

また、たるみ・影・ふくらみの原因によって改善法は異なります。

「この影の原因はなに?」
「目の下の斜めのラインを改善するにはどうしたら?」

まずは相談だけでも構いません。
カウンセリングは無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。
Point
1

慎重にシミュレーションを行います。

たるんでしまった皮膚を取るだけではなく、同時に二重まぶたにすることで、皮膚の折り込みができてしまいます。

そういった過程をすべて計算に入れて入念なシミュレーションとデザインを行わなければ、二重まぶたの幅が広すぎてしまう可能性もございます。

また、たるみの程度が強い場合、術前のシミュレーションが作りにくく患者様のイメージが湧きにくいことがございます。

当院では、患者様の希望を十分にお聞きし、慎重にシミュレーションを行い時間をかけてデザインします。

施術を行うのは、日本美容外科学会・日本形成外科学会に認定された専門の医師です。
診察は時間をかけて丁寧に行いますので、何か不安なことや疑問点がございましたら、何なりとお申し付けください。
Point
2

患者様に適した施術法

下まぶたのふくらみやくぼんだようにみえる影を改善する方法には2つございます。

1つ目は、皮膚にメスを入れず、2㎜ほどの小さな穴から脂肪を取り除く方法です。
皮膚を切らないためダウンタイムが少なく受けやすい施術になっております。

しかし、脂肪を抜き取るだけでは「皮膚のたるみやしわ」が残ってしまうこともあり、改善が難しい場合もございます。

そこで、たるみが強い方には、まつ毛の生え際のすぐ下を切開し、たるんだ皮膚とゆるんだ筋肉を引き上げ、余分な脂肪を除去する方法をオススメしています。
Point
3

 リスク・副作用について

術後に左右差を認めることがある、内出血が起きることがある、まれではあるが感染が起きる場合がある、瘢痕が残ることがある、など

目元の整形、くま治療のメニュー・料金

涙袋形成 ヒアルロン酸(厚生労働省認可)

+注入代5,000円
手軽に受けられるプチ整形です。
施術時間、ダウンタイムともに非常に短いので、『気軽に・すぐに』涙袋を作りたい方におすすめの施術です。

ヒアルロニダーゼ 1本

他院で行ったヒアルロン酸注射の効果にご不満がある患者様向けの、ヒアルロン酸を分解・除去する注射です。
注入は5分程、術後の腫れはほとんどありません。

上眼瞼除皺術(切開法)(片目)

たるんだ上まぶたの余分な皮膚を切除する施術です。
上まぶたのたるみ、しわが解消でき、スッキリとした目元になります。

下眼瞼除皺術(結膜からの脱脂のみ)(片目)

皮膚を切らずに余分な脂肪を除去します。
ダウンタイムをおさえて、下まぶたのたるみを取りたい方におすすめの施術です。

下眼瞼除皺術(たるみ取り)(片目)

下まぶたの余分な脂肪を除去し、たるんだ皮膚を切り取ります。
重度のたるみにも対応が可能です。

下まぶたのしわ、たるみレーザー 1回

下のまぶたのしわ、たるみを手術以外で希望の方にYAGレーザーで治療します。

下まぶたのしわ、たるみレーザー 3回セット

1回の治療でも効果は実感できますが、良い結果を出すために、1か月毎に3回行うことをお薦めしております。

眉リフト(片目)

目元のたるみは、眉のたるみが原因の場合があります。
症状に合わせて眉の上か下を切開し、眉のたるみを解消します。

涙袋形成 切開法(片目)

涙袋を目立たせる眼輪筋をロール状にまとめることで、キレイな涙袋を形成することができます。

涙袋形成 脂肪注入法(片目)

注入した脂肪が生着することにより、半永久的に涙袋を形成することができます。

目元の整形、くま治療の他の治療法

郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】の目元の整形、くま治療の口コミ(5件)

  •       3.43 (総合満足度)
  • 5
目元の整形、くま治療の口コミ一覧

郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】の目元の整形、くま治療の症例(13件)

他院下まぶたのたるみ手術後修正(植皮)

  • 目元の整形、くま治療
  • 目もとのたるみ取り
  • 匿名
  • 40代
  • 女性

他院術後の患者さんのお悩み:左のまぶたがアッカンベーになっている、目が乾く 修正手術にあたってのご希望:下まぶたを元の形に戻したい 40代の方で、10年…

  • view 38
  • おきにいり 0
  • 参考になった 2

下まぶたのたるみ手術(結膜側脱脂術)

  • 目元の整形、くま治療
  • 目もとのたるみ取り
  • K.R
  • 30代
  • 女性

「下まぶたの脂肪によるたるみです。 術後の腫れなどが心配で切開法が受けられない方で、皮膚そのもののたるみが少ない場合は、結膜側の小さい穴から脂肪を抜く脱脂術でこ…

  • view 356
  • おきにいり 0
  • 参考になった 1

他院下まぶたのたるみ手術後修正(植皮)

  • 目元の整形、くま治療
  • 目もとのたるみ取り
  • E.K
  • 40代
  • 女性

2年前に他院で下眼瞼除皺術を受け、その後、左だけドライアイが生じるようになり、見た目も何となくおかしい気がするということでご相談にいらっしゃいました。程度はわず…

  • view 143
  • おきにいり 0
  • 参考になった 0

上まぶたのたるみ手術

  • 目元の整形、くま治療
  • 目もとのたるみ取り
  • H.K
  • 30代
  • 女性

「ご本人いわく生まれつき垂れ目のようだったのですが、最近その程度が強くなってきたと言います。確かに目尻が下がった形で、さらに年齢的にたるみの要素が加わってきてい…

  • view 66
  • おきにいり 0
  • 参考になった 0

他院上まぶたのたるみ手術後修正

  • 目元の整形、くま治療
  • 目もとのたるみ取り、目元のくぼみ
  • 匿名希望
  • 50代
  • 女性

他院術後の患者さんのお悩み:切開除皺後にまぶたの上に不自然なしわと凹みが出ている 修正手術にあたってのご希望:しわと凹みをなくして自然な二重まぶたにしたい…

  • view 212
  • おきにいり 0
  • 参考になった 0
郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】の目元の整形、くま治療の症例一覧

郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】の基本情報

クリニック名 郡山タウン形成外科クリニック【美容外科、美容皮膚科】
住所
福島県 郡山市 駅前2-3-10 セントラルビル6F
交通手段 JR東北新幹線・山形新幹線・磐越西線・磐越東線 東北本線 郡山駅より徒歩1分
営業時間 10:00~19:00(日祝日のみ~18:00)
休業日 年中無休
予約 【完全予約制】ご予約・ご相談はお気軽に!
クレジットカード VISA、 MASTER、 JCB、 AMEX、 DINERS、などの各種クレジットカードがご利用いただけます。デビッドカードも取り扱っております。
メディカルローン メディカルローンをご用意いたしております。詳しくはクリニックへお問い合わせください。
駐車場 『エリートパーキング』郡山市駅前2-2-2  クリニックから一番近い駐車場は『エリート10』『エリート1』でございますので、こちらの2ヶ所が一番近くて便利です!
サービス 美容外科・形成外科・皮膚科
備考 当院では、患者さま一人一人に合った治療方法をしっかりとご提案させていただきます。
電話番号 口コミ広場専用ダイヤル(無料通話)
0066-9688-4739
会員登録がされていない番号から電話された場合、会員登録のご案内をショートメッセージで送付させて頂く場合があります。
HPのURL 【公式サイト】
ブログ・SNS 【Dr.石原の診療ブログ】
ブログ 【Dr.上の診療ブログ】
SNS 【Instagram】