2月からご利用方法が変わります

確認する

ただいまの口コミ 117,301 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,269件)

自己処理による肌トラブルを大解剖

イマドキ脱毛事情

ムダ毛の自己処理をしていますか?
Answer

7割の女性が「自己処理をしている」と答えています。脱毛はもはや「身だしなみ」の一つとして浸透しているようですね。しかし、間違ったムダ毛処理を続けていると肌へのダメージが大きくなってしまいますので注意してください。

自己処理でトラブルを感じたことはありますか?
Answer

やはり肌トラブルが気になる方が多いようですね。初めは「たいしたことはない」と思っていた肌トラブルが深刻な症状に至ることもあるので、ムダ毛の処理方法の見直しが大切です。

男性も女性のムダ毛を意外と見てる!?

女性のムダ毛が気になりますか?女性のムダ毛で気になる箇所はどこですか?

「たまに…」という方も含めると、半数以上の男性が「女性のムダ毛が気になることがある」と回答しています。
ますます気が抜けません。

ムダ毛に関するアンケート 提供:DIMSDRIVE

Lesson2 医療レーザー脱毛のメリット

  • カミソリ

    カミソリ

    カミソリの刃を肌に当てて削っていく際に、角質を一緒に削ってしまうため、ムダ毛と一緒に皮膚表面も傷つき、赤みやかゆみの原因となります。
    また、皮膚表面が傷つくことで、肌の潤いが保てず乾燥肌になり、肌荒れが起きやすくなります。

  • 毛抜き

    毛抜き

    無理に抜こうとすると、肌の中で毛が切れてしまうことがあります。
    そのまま毛穴が閉じて中で成長してしまうと、「埋没毛」と呼ばれる状態になります。また、ムダ毛と一緒に肌をつまんでしまい、肌表面を傷つけてしまうこともあります。

  • 脱毛テープ

    脱毛テープ

    シート状になっているテープをムダ毛が気になる部位に張り、はがすという処理方法です。はがす際に強い痛みが伴うのに加え、肌表面に負担がかかり、肌が鳥肌のようにブツブツになることがあります。

  • 脱毛ワックス

    脱毛ワックス

    温かいワックス(粘度の高い液体)を肌に塗布し、乾いてから一気にはがす処理方法です。広範囲の毛が一度に処理できますが、はがし取る際に痛みが伴います。また、ワックスをはがす時に肌の表面も一緒にはがしてしまうため、内出血やかぶれ・腫れなどの炎症が起きてしまう場合があります。

  • 脱毛クリーム

    脱毛クリーム

    脱毛ワックスと混同されがちですが、原理は全く異なります。除毛クリームは毛を抜くのではなく、クリームの成分であるアルカリ薬剤で表面のムダ毛を溶かす処理方法です。広範囲の毛が一度に処理できますが、肌への刺激が強く、かなり負担がかかります。特に敏感肌の方は、使用後かぶれや赤みなどの炎症を起こすことがあります。

  • 家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器

    家庭用レーザー脱毛器に使用されているレーザー光線は、毛や他の黒い色素に吸収されると熱に変わるものが多いため、ホクロやアザなどに照射すると肌に火傷やくすみをおこす恐れがあります。また、レーザー光が目に当たった場合は、網膜などを焼き失明する恐れがあります。

Lesson3 お役立ちQ&A

色素沈着

色素沈着は、肌が強い刺激を受けることによってメラニンという色素が蓄積され、肌が茶色く変化した状態のことをいいます。メラニンには肌を外部の刺激から守る働きがあり、通常は肌のターンオーバーとともに排出されます。しかし、過度な刺激によって必要以上に量が増えると余分なメラニンが肌の内部に留まって、色素沈着が起こってしまうのです。 カミソリや毛抜きなどによる自己処理は肌にとって大変強い刺激。継続して行うとメラニンが発生しやすくなるので控えるようにしてください。

hr
埋没毛

埋没毛(埋もれ毛)とは、毛が皮膚の表面に現れず埋もれてしまい、皮膚の中で毛が多方向に伸びたり、黒いブツブツが見えたりしている状態をいいます。カミソリで深剃りや逆剃りをしたために肌の内部に毛が残る、毛抜きで毛穴を傷つけしまい毛穴が塞がってしまうなど、ムダ毛の自己処理によって起こることが多いので注意が必要です。 なお、埋没毛を無理やり引き抜こうとすると炎症を引き起こしかねませんので、クリームや保湿剤などで肌を柔らかく保ち、毛が自然に皮膚の表面に出てくるのを待ちましょう。

hr
炎症

ムダ毛の自己処理によって肌が傷つくと、そこから雑菌が入り込んで「毛のう炎」という炎症が起きることがあります。特に自己処理に使用する道具や環境が清潔に保たれていないと雑菌が入りやすくなってしまいます。
発症時は赤い発疹のように見えますが、触ると熱を持っていたり痛みを感じたりし、さらに炎症が進むとニキビのように白っぽい膿を持つ、大きく腫れるということもあります。そのままにしておくと傷跡が残ることもあるので、腫れや痛みが続く場合は早めに専門医へ相談してください。

先生

自己処理を続けることで肌はダメージを受け、炎症や色素沈着などを引き起こします。症状によっては痒みや痛みを伴い、日常生活に影響を及ぼす原因にもなりかねません。 そのような症状が少しでも懸念される場合には、直ちに自己処理をやめて専門の医師に相談してください。いつまでも美しく、みずみずしい肌を保つためにも重要なポイントとなります。

ずっと美肌でいたいならやっぱり医療レーザー脱毛がオススメ

女性にとってムダ毛の悩みは「一生付き合うもの」といっても過言でありません。日々の自己処理に煩わしさを感じている方、トラブルのない美しい肌を目指す方は美容皮膚科の医療レーザー脱毛がオススメです。 そもそも脱毛は医療行為ですから医師のいるクリニックでないと行えません。さらに、千差万別な肌質や毛質を踏まえた施術が大切です。 クリニック選びのポイントはさまざまありますが、多数の患者さまを診てきた経験値は対応力の面で大きなメリットになります。また、使用するマシンも重要。中には複数揃えて症状や脱毛部位に合わせてセレクト可能なクリニックもあります。そして、スタッフの対応も外せません。それらを総合的に考慮して信頼できるクリニックを選んでください。

先生

編集後記

あなたのムダ毛処理方法は大丈夫?~自己処理による肌トラブル大解剖~はいかがでしたか?
キレイな肌を目指してお手入れしていたのに、肌にダメージを与えていたかもしれないなんて…
なんだか自分の肌が心配になってきてしまいました。
ムダ毛は女子の大敵ですが、ぜひ、ご自身の脱毛方法をもう一度見直してみてくださいね。

今回ご協力いただいたドクター、クリニック

今回ご協力いただいたドクター、クリニック:フェミークリニック
監修:池袋フェミークリニック 八木 伸江先生

「全ては患者さまの笑顔のために」というスローガンの下、医療レーザー脱毛を始め、ニキビ、しわ・たるみ、シミ・そばかす・くすみなど多岐にわたる診療を行う。 特に医療レーザー脱毛の症例数は10万症例を超えており、あらゆる脱毛の症状から患者様の満足の行く結果を導きだしている。 また、丁寧なカウンセリングや患者さまの肌質・毛質に合わせたきめ細やかな照射、万全のアフターケアに定評がある。