ただいまの口コミ 72,707 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,579件)


医療脱毛・レーザー脱毛

医療脱毛は5回コースでも足りない場合がある? 最適な回数は?

口コミ広場編集部


少ない回数で脱毛が完了できる医療脱毛ですが、だいたい何回くらい受けたら終わるのかご存じですか?
医療脱毛に興味があって調べたことのある方なら、5回を脱毛完了までの基本のコースとしているクリニックと、6回を基本にしているクリニックがあることにお気づきかもしれません。
5回にするか、6回にするかは、医療脱毛の回数を考える上でとても悩ましいテーマです。実際に、5回と6回はどちらが良いの?5回では足りない?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回は医療脱毛の最適な回数について説明していきたいと思います。5回では足りない場合があるのか、足りないとしたら最適な回数は何回?といった疑問にもお答えしていきます。

5回コースを設定しているクリニックが多い理由


冒頭で、5回コースが基本のクリニックと6回が基本のクリニックがあるとお話ししました。ここでは、より少ない「5回」をベーシックな回数として設定しているクリニックが多い理由について説明していきます。


医療脱毛は、1回で約20%の毛を減らせるから

ごく簡単な言い方をすると、医療脱毛は、1回の施術でおよそ20%の毛を減らすことができます。5回の照射を行えば、20%×5回=100%となり、理論上は全ての毛に照射を終えられる計算です。そのため多くのクリニックが、5回をベースにコースを設定しています。


脱毛の仕組みについてもう少し詳しく説明すると、体毛には、成長期退行期休止期という生え変わりの周期があって、これを毛周期と言います。


そして医療脱毛は、毛の黒い色に反応するレーザーを使って毛根周辺にダメージを与え、毛の再生能力を破壊します。このレーザーは、黒い色(メラニン)が濃くて、毛根としっかりつながっている「成長期の毛」にだけ脱毛の効果を発揮します。まだ肌の表面に見えていない休止期の毛や、見えてはいても成長をやめた退行期の毛には効果が出せません。


そして肌の表面に生えている毛のうち、成長期にある毛の割合は部位によっても多少の差はありますが、およそ20%程度と考えられており、これが1回の施術で減らせる毛の量です。


最適な照射のスケジュールが確立されてきた

医療脱毛は、成長期の毛に効果を発揮するため、効率良く脱毛を進めるためには、毛周期の長さに合わせて成長期の毛が十分に生えそろったところで照射をしなくてはなりません。


毛周期の長さは、生えている場所によっても違いがありますが、平均すると2~3カ月です。そのため、医療脱毛では初回の照射から次の照射まで2~3カ月の間隔をあけます。3回目までは、この2~3カ月の間隔を目安にスケジュールを組むことがほとんです。


しかし、3回目を終えた頃には、新たに生える毛もだんだん細いものになり、量も減ってきます。この状態になってからは、少し照射の間隔を長くあけ、次の成長期の毛がしっかり生えそろってから照射を行う方が、効率が良いことがわかってきました。


そのため、4回目の照射までに4~5カ月、あるいは半年ほどの間隔をあけます。4回目を終えると、殆どの場合でかなり毛の量は減って目立たない状態になるので、最後の5回目も4回目と同様に、なるべく生えそろうまで待ってから照射を行います


このように、回数が進むにつれて照射の間隔をあけるよう調整することで、限られた5回のコースでより良い結果を出せるようになってきました。5回をコースの回数に設定しているクリニックが多いのは、医療脱毛の症例が増えたことで実績やノウハウが蓄積され、このような最適な照射のスケジュールが確立されてきたことも理由のひとつです。


ほとんどの人が5回で満足している

理論上は20%×5回で全ての毛に照射を終えられると最初にお話ししましたが、やはり実際には毛周期は部位によっても差があり、個人差もあるものです。また、日焼けなど肌状態によっては十分な出力のレーザーを肌に当てることができなかったり、メラニンの少ないうぶ毛は効果を出すのに回数が多くかかりがちであったりということもあるので、5回で完璧に全ての毛を無くしてしまうことは現実的には難しいという状況があります。


しかし、それでもある程度間隔を調整しながら5回の照射を重ねることで、ほとんどの人はムダ毛が気にならないレベルまで到達します。自己処理がほぼ不要になり、ムダ毛の見当たらない綺麗な肌になれるので、5回で満足できる人は多いのです。


つまり、5回というのは、完全に無毛ではなくても十分満足できる効果を多くの人が得られる回数だと言えます。


より安く脱毛を提供できることによるメリット

5回コースは、当然6回コースよりも料金を安く提供することができます。より安い料金で提供できれば、医療脱毛を受ける人の数が増えるであろうことは想像に難くありません。それはクリニックの経営の面から考えてもとても重要なことで、脱毛を受ける方が増えるだけではなく、脱毛施術に対する満足度を上がるなど、結果的にクリニックにとって良い循環となります。


もちろん、医療脱毛したいと考える人にとっても、金銭面のハードルが下がって、少ない回数で短期間に終えられるということにつながります。


5回コースというのは、クリニック側と医療脱毛を受けたいと考える人の両方にメリットがある回数だとも言えます。


5回コースで足りないのはどんなケース?

5回というのは、脱毛を完了させるための基本の回数と考えて問題ないのですが、5回では足りない場合も考えられます。どんなケースがあるのでしょうか。


うぶ毛の多い顔は5回では足りない場合も

うぶ毛の多い顔は、5回では足りずにもう少しやりたい! と感じる人が多い部位です。


メラニンの少ないうぶ毛は、レーザーへの反応が弱く、また顔の毛の毛周期は、周期が1~2カ月と早いこともあり、成長期にあたる毛の割合も他の部位より少なめです。そのため、1回の照射で効果を与えられるのは10%~15%程度の毛にとどまると考えられています。


顔に限らずうぶ毛の多いうなじや背中なども、同じような傾向が見られます。5回の照射で十分減ったと満足できる人もいる一方、追加での照射を考える人も多い部位です。


VIOも5回では足りない可能性が

VIOラインは、毛の太さとしてはレーザーが反応しやすく効果は現れやすいのですが、毛周期のサイクルが比較的ゆっくりのため、1回で脱毛できる毛の割合が20%に満たない人も多いです。


また、痛みを感じやすいデリケートな部位であることや、色素沈着が起きていることも多いため、人によっては最初の頃はレーザーの出力を高く設定できません。


どの程度毛を減らしたいかにもよりますが、VIOラインは5回では足りないと感じる人が多い部位のひとつです。


体質などの個人差で5回では足りない

毛周期には個人差があるため、同じように5回の照射を行っても毛の減り方に満足できない人もいます。

 

また、痛みに弱い人、乾燥肌や敏感肌などの肌質、そして肌の色によっても出力を下げざるを得ない時もあり、十分なダメージを与えるだけの出力で照射できないこともあります。(クリニックによっては、痛みに弱い人は、麻酔を使用することも可能です。)他にも、細くて薄い毛が多いなどの体質によって、5回では足りないと感じる人もいます。


完璧な無毛を目指すなら5回では足りない

1本たりとも逃さず脱毛したいというように、完璧な無毛の状態を目指す場合は、やはり5回では足りません


5回の照射を終えると、生えてくる毛があったとしても、ほとんど目立たないような細くて薄いものになりますが、そういった毛であっても残しておきたくないと考える場合は、追加の照射が必要となります。


硬毛化・増毛化が起きてしまうと5回では足りない

硬毛化・増毛化は、医療脱毛で起きる可能性のあるリスクのひとつです。原因については、まだはっきりとは解明されていませんが、レーザーの照射によって発毛組織の働きが逆に活発になってしまった結果、硬くて太い毛が生えてきたり(硬毛化)、毛の量が増える(増毛化)といったことが起こると考えられていて、うぶ毛の多い背中やおなか、二の腕などで起こるリスクが高いとされています。


硬毛化・増毛化が起きてしまっても、照射を継続することで解消することができますが、5回のコースの中では終わらない場合もあります。


脱毛前の準備が不十分で5回では足りなくなった

医療脱毛を受ける際には、事前に気をつけなければならない注意点がいくつかあります。


ひとつは日焼けを予防しておくことです。施術の前に日焼けしてしまうと、レーザーが肌のメラニンにも反応してしまうため、脱毛の効果が発揮できないばかりか、やけどの危険性も高まります。十分な出力のレーザーを当てられない、あるいは照射そのものができなくなる可能性もあるのです。


また、脱毛前は事前にムダ毛を短く剃っておく必要がありますが、毛抜きで抜いてしまうと、レーザーを反応させられず、毛周期にも狂いが生じがちです。このように脱毛前の準備が不十分だと、規定の5回では十分な効果を出せなくなる可能性があります


脱毛の最適な回数について考えてみましょう

ここで改めて医療脱毛の最適な回数は何回なのか、まとめてみます。


本当に最適な回数は5回?それとも6回?

5回が最適なのか、それとも6回か、これは本当に悩ましい問題で、どちらも正解だと言えます。もちろん、6回の方が1回多く照射するぶん、より満足できるかもしれません。しかし、5回で満足する人も多く、5回で済めば費用もかかる時間も少なくて済みます。


現在でも、コースを5回に設定しているクリニックと、6回に設定しているクリニックの両方があります。ただし、以前はコースの設定を6回にしていたクリニックが5回へと変更するなど、最近の傾向としては5回コースの方が主流になりつつあります。


顔やVIO、そしてムダ毛ゼロを目指す場合の最適な回数

うぶ毛の多い顔、そしてVIOラインは、5回では足りない場合もあるとお伝えしましたが、他の部位でも完全に無毛の状態を目指すなら、5回はもちろん6回でも物足りなく感じるかもしれません。顔、VIOライン、そして完璧にツルツルのムダ毛がゼロの状態を目指す人は、8回前後は考えた方が良いでしょう。ごく一部ではありますが、徹底的に脱毛するために10回以上受ける人も中にはいます。


結論!医療脱毛の最適な回数は?

ここまで、5回コースを設定しているクリニックが多い理由や、5回では足りないケース、もっと回数が必要な部位などについてお話ししてきましたが、結局のところ医療脱毛に最適な回数は、どの程度毛をなくしたいかという、一人ひとりの理想によって変わってくるとしか言いようがありません。しかし、これでは回数でお悩みの方にとって何の解決にもなりませんね。


結論を言うと、5回コースは医療脱毛を終わらせるためのベースになる回数だと言えます。医療脱毛を始めるにあたり、費用も回数も少なくて済む5回コースは、悪くないどころかとても賢い選択です。


5回コースを終えてみて、満足できたらそれで終了ということになりますし、足りないと思ったら必要な回数を追加するというのは無駄の少ない賢い方法です。


どうしても5回じゃ不安という場合は、初めから6回コースを選ぶのも良いでしょうし、カウンセリングで肌質や毛質を見てもらい、自分の希望も伝えて必要な回数をアドバイスしてもらうこともできます。5回コースに1回追加するよりかは安い金額で受けられる場合も多いので、そもそも毛が人よりも濃い場合や、日焼けなど出力を上げにくい肌質の方の場合は最初に多い回数で契約してしまうのも手でしょう。


また、多くはありませんが、回数無制限のコースを用意しているクリニックもあります。回数に悩みたくない、そのために費用はかかっても良いとお考えの人なら、そういったクリニックを選ぶというのもひとつの方法です。


5回では足りない!となった時のために

5回を選ぶというのは良い選択の一つですが、やっぱり5回じゃ足りなかった!となった時のことを考えておくことも必要です。いくつか大切なポイントがありますので、ご紹介していきます。


コース終了後の追加料金について確認しておく

クリニックによっては、コース終了後に追加で照射をしたい場合、通常の1回料金よりも安い料金で受けられるところがあります。追加の場合はかなり安く設定しているクリニックもあるので、いざ追加したい!となった場合も負担が少なくて済みます。


3回以上追加したい場合は再びコース契約を考える

5回の照射を終えても、まだまだあと数回は照射をしたい、あるいは照射が必要とカウンセリングなどで判断された時には、1回ごとの追加ではなく、再びコース契約をした方が費用が少なくて済む可能性があります。クリニックによっては5回よりも少ない3回からのコースを用意しているところもありますし、もし自分が受けたクリニックに3回コースの用意がなかった場合は、クリニックの乗り換えも含めて検討してみるのも良いでしょう。


硬毛化・増毛化の保証を行なっているクリニックを選ぶ

硬毛化・増毛化が起きる確率は数%から10%程度と言われており、クリニックによって多少の見解の違いは見られるものの、低い確率であることには変わりありません。


大切なのは、万が一硬毛化・増毛化がおきた場合の保証をしっかり行っているかどうかです。


クリニックによっては、硬毛化・増毛化が起きた場合は、無料で追加の照射を行うなどの保証を行っていますので、カウンセリング時にしっかり確認するようにしましょう。


各クリニックでのコース用意状況(参考データ:2018年9月調べ)

クリニックで提供している回数コースの一例


5回コースのクリニック

備考

リゼクリニック

コース終了後の特別料金あり

アリシアクリニック

8回コース、脱毛し放題コースもあり

フェミークリニック

コース終了後の特別料金あり

渋谷美容外科

部位によっては3回・8回コースもあり



6回コースのクリニック

備考

湘南美容外科 

3回コースもあり



5回と6回の両方があるクリニック

備考

クレアクリニック 

3回コース、8回コースもあり


最後に

5回という回数は、ほとんどの人が結果に満足できることが期待できる回数です。まず5回コースを選択してみるのは、費用や期間の面から考えてもお得な方法ではないでしょうか。顔やVIOは5回では満足できない場合があることを理解した上で、もし足りない時には1~2回追加すればよいというスタンスで臨むと、理想の状態まで無駄なく脱毛できるでしょう。ぜひ、自分に合った回数を決めるための参考にしてみてください。

あわせて読みたい

レーザー脱毛を受けるとシミも消える? シミ治療と脱毛の違いは?

口コミ広場編集部

渕上淳太 医師

多くの女性に共通する美容の関心と言えばシミ治療や脱毛ではないでしょうか。シミは30歳を超えた女性が最も悩む肌トラブルのひとつで、脱毛はどの年齢層も関心を持っている美容ケアのひとつです。 そんなシミ治療や脱毛についてインターネットのクチコミで「レーザー脱毛をしたらシミが消えた」などの評判を目にしたことがある人は多いと思います。実際に顔の脱毛をした後にシミが薄くなったと感じる人もいるようです。そこで今回はレーザー脱毛とシミの関係性について、実際のところ効果があるのかどうかまとめてみました。 レーザー脱毛とシミの改善には密接な関係性があるようです。

脱毛や除毛後に炎症やかゆみなど肌荒れが起こる原因と対策方法

口コミ広場編集部

渕上淳太 医師

脱毛に関心があるけれど、敏感肌などで脱毛の刺激によって肌が痛むことを心配している人もいるのではないでしょうか。ネットの脱毛に関するクチコミでは痛みや赤みなどの炎症が起きたという声も見られます。脱毛後のかゆみや赤みなどの炎症は日頃のスキンケアと深い関係があります。 そこで今回は脱毛後のかゆみなどの炎症を防ぐ方法や、脱毛後のスキンケア法なども含めて脱毛と炎症の関係性について解説します。

医療脱毛・レーザー脱毛の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

医療脱毛・レーザー脱毛の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 14,463

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,334人以上 の医師陣が回答!
総回答数 26,000件以上!