ただいまの口コミ 79,219 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,540件)

美容医療コラム

最新の美容医療情報や美容整形術のポイントなど、美容外科・皮膚科治療の詳しい情報や普段表に出てこないような美容医療の裏話などを、美容医療の専門家が発信!

ほくろがある場所に脱毛は可能?薄くなる事はある?

口コミ広場編集部

花房火月 医師

「ほくろがあると脱毛出来ない」なんて話を聞いたことはありませんか? ほくろの少ない人は、あまり気にせず脱毛をしているようですが、ほくろの多い人は不安に思うことも少なくないようです。 実際にほくろがある部位の脱毛は可能なのかどうか、脱毛がほくろに与える影響なども併せて説明します。

蓄熱式脱毛の効果と本当のメリット&デメリット

口コミ広場編集部

花房火月 医師

近頃の医療脱毛の広告を見ていると、「蓄熱式脱毛」という情報を目にされる機会が増えてきたのではないでしょうか。この蓄熱式脱毛は、従来の脱毛用医療レーザー機より痛みが少ない、もしくはほとんどないという広告も多く、これまで脱毛のデメリットの一つであった「痛み」の問題を軽減し、痛みが原因で医療脱毛を迷いがちだった人を中心に、高い人気となっています。 しかし、この蓄熱式脱毛が痛みがないというのは本当なのでしょうか?また、脱毛効果はきちんと実感できるのでしょうか? 今回は、まだまだその実態が知られていない新型脱毛機である蓄熱式脱毛について、本当のメリット&デメリットをあらゆる角度から検証いたします。

医療脱毛はクリニックによって何か違うの?病院の良い選び方は?

口コミ広場編集部

花房火月 医師

ムダ毛の処理方法として、長期的に最も肌への負担が少ない方法といえば医療脱毛による永久脱毛。日々のムダ毛処理から解放されたいという思いで、クリニックを探して医療脱毛を受ける方は年々増えていますよね。 しかし、いざ医療脱毛を受けようと思うと、世の中には医療脱毛を行っているクリニックが非常に沢山あり、どこを選べばいいのか分からなくなってしまいます。 今回は、そんな医療脱毛のクリニック選びのポイントや、クリニックによってどのような違いがあるのかという点についてご紹介します。

保険適用で受けられるシミ(アザ・イボ)治療の種類

口コミ広場編集部

花房火月 医師

メイクで一生懸命隠しても、薄ぼんやりと目立ってしまうシミ。一度気になり始めると、直ちにどうにかしたくなってしまうものです。近頃では、内服薬やレーザーなどシミ治療もどんどん進化して最新の方法が開発されてきており、かつてよりその治療効果に大いに期待が持てるようになりました。 ただその反面、「効果のあるレーザー治療って結構高額な費用がかかりそう...」とご不安になられる人も少なくないでしょう。いっそのこと、シミ治療が健康保険適用で受けられるなら安心なのに...という思いを抱く方も多いのではないでしょうか。 今回は、シミでお悩みの皆様のために保険適用で受けられるシミ(アザ・イボ)治療の種類について徹底解説いたします。

くすみを解消するレーザー治療の種類と効果や選び方

口コミ広場編集部

花房火月 医師

なんだか肌の色が暗く、化粧ののりも悪いというときにまず疑う必要があるのは、何らかの原因によっておこっているくすみですよね。 くすみの原因は実にさまざまで、自分自身によるセルフケアのみで改善を目指すことができる場合もありますが、くすみの状況によって、しっかりと解消するためには美容外科や美容外科などでの治療が必要になることもあります。 それでは、くすみが起こる原因や、くすみを改善できるといわれているレーザー治療の効果についてご紹介していきましょう。

敏感肌でも脱毛は可能? スキンケアでの注意点など

口コミ広場編集部

花房火月 医師

敏感肌にお悩みの女性は非常に多いと言われています。自分は肌が強いという人でも、カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は、肌荒れや乾燥、埋没毛などを引き起こしてしまい、お肌にとって大きな負担です。敏感肌の方であればなおさらですよね。 しかし敏感肌ゆえに、「肌が弱くても医療脱毛は受けられるのかな?」「医療脱毛のレーザーで肌荒れしないか心配」といった不安を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 実は、医療脱毛はムダ毛の悩みを根本から解決してくれるだけでなく、自己処理でお肌に負担を与え続けるよりも、ずっとお肌にとって安全で優しい脱毛法です。また、敏感肌を理由に脱毛サロンで断られた経験のある方も、医療脱毛なら施術できる可能性があります。 敏感肌にお悩みの方こそ、ぜひ医療脱毛のことについて知っていただけたらと思います。

肝斑とそばかすはどんな違いがあるの? 特徴と見分け方

口コミ広場編集部

花房火月 医師

シミにはさまざまな種類があり、その中にはぽつんとこめかみや手の甲などに出来る「老人性色素斑」のようにわかりやすいものがありますが、肝斑やそばかすのように判断が難しく紛らわしい種類もあります。 しかし、これらは見た目がよく似ていても、できた原因や改善方法が異なりますので、解消していくためにはまずはそれがどちらのシミなのか見極めなくてはなりません。それでは、肝斑やそばかすができる原因と、それぞれのシミを改善するための方法についてご紹介しましょう。

シミの解消に効果的なトレチノインの効能と最適な使い方

口コミ広場編集部

花房火月 医師

シミを解消するのに有効な成分の一つが「トレチノイン」です。肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンと並んでシミ対策に使われています。 今回はトレチノインについて効果や安全性、そして具体的な使用法についてまとめましたので、トレチノインに関する知識を身につけて是非シミの悩み解消に検討してみてください。

シミやくすみは何故出来る? その原因と予防法

口コミ広場編集部

花房火月 医師

早い人では20歳代から出来始めるシミやくすみは多くの女性にとって身近な大敵と言える肌トラブルのひとつです。ある美容家電メーカーの調査によると30歳から50歳代までの女性で共通してシミが一番の悩みとされており、また肌色が暗くなるくすみも共通して上位に入っています。 調査が裏付けるように、年齢を重ねると避けて通れないシミとくすみですが、それぞれに種類があり、その対策法も異なることをご存知でしょうか。良かれと思ってやっていたシミ対策でも、実は症状に合っていないこともあるのです。そこで今回はシミとくすみの種類別の原因や特徴、そしてそれらの予防策について詳しく解説します。

1 ~ 9 件 / 9件中

スポンサードリンク

ホンネをチェック!

リアルで詳しい体験レポート

口コミ 79,219

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,390人以上 の医師陣が回答!
総回答数 27,000件以上!