フェミークリニック渋谷院で体験!
肝斑をレーザートーニングで治療

『美容口コミTV』第5回は「シミ・そばかす」をテーマに、老人性色素斑・そばかす・肝斑の3種類について特徴や治療法をご紹介。
ここでは、肝斑の最新治療をフェミークリニック渋谷院の北山英美子先生に解説していただきました。

普通のシミと見分けるのが難しい肝斑原因と適切な治療法とは?

解説・協力クリニック

渋谷フェミークリニック
東京都渋谷区神南1-22-8 渋谷東日本ビル 8F
北山英美子先生

肝斑は医学的にはまだ解明されていない部分が多いものの、女性ホルモンが大きく関与して発生するのだそう。 そのため、女性ホルモンの分泌が多い20代後半~40代の女性に症状が多く見られます。

さらに、もう1つ大きな特徴があります。
それは炎症が起きると悪化するということ。レーザー治療や光治療は刺激が強すぎてしまい、肝斑の治療には向かないそうです。

では、肝斑はいったいどのような治療方法で治すのでしょうか?
「飲み薬や塗り薬に加えて、当院ではレーザートーニングという施術で治療をしています。
とても弱いエネルギーで炎症を起こさないようにくまなく照射することで、徐々に肝斑を薄くすることができます」(北山先生)

肝斑治療にはレーザーや光よりも弱いエネルギーを出すレーザートーニングを行うとのこと。
従来は飲み薬や塗り薬でしか治療できなかったのですが、レーザートーニングを用いることでより早く改善できるようになったそうです。

一方、デメリットはレーザートーニングによって肝斑が改善されたとしても、生活習慣を変えなければ肝斑が再発する可能性があるということ。普段顔を洗う時など、肌をゴシゴシこする癖がある方は要注意です!

番組スタッフがレーザートーニングでの治療を体験!
顔全体、広範囲にレーザーを照射していきます。照射しているところからかすかにパチパチと聞こえてきますが、これは肝斑が焼ける音なのだそう。
施術はおよそ20分で終了。

「最初は音と熱さと、チクッとした痛みに一瞬びっくりしました。 皮膚のやわらかいところはちょっと痛みが強く感じました。3回、4回受けていくと痛みがなくなっていくとのことなので楽しみです」とスタッフのコメント。
治療開始から2週間。肝斑が薄くなっているのがわかります。

さらに! 3ヶ月後の治療経過をご紹介

レーザートーニング治療後2週間で随分と肝斑は薄くなりました。体験後も週に1回程度治療を継続して計5回の治療を受けたそうです。治療後3ヵ月で肝斑はどこまで薄くなったのでしょうか。

Web限定
北山先生に聞いた!肝斑再発予防のために注意することとは?

「紫外線を予防するというのが1つ。また、摩擦がよくないと言われているので、クレンジングの時はゴシゴシこすらず優しくなじませること。そして、タオルで拭く時もこすらず、おさえるようにしてください。ファンデーションを塗る時にスポンジでこするのもだめですね。
また、フェイスラインにも肝斑ができることがあり、自己流のマッサージでゴシゴシこすってリフトアップを繰り返していると、色素沈着が起こることがあります」(北山先生)

肝斑予防は紫外線と顔への刺激を避けるということですね。クレンジングで顔をゴシゴシこするなんて結構やってしまいがちなので、早速今日から気をつけていきたいものです。
北山先生、詳しくありがとうございました!

肝斑治療のここがポイント!

大人の女性にできる肝斑

肝斑の原因は女性ホルモンが大きく関係しているので、女性ホルモンの分泌が多い20代後半~40代の女性に症状が多く見られます。時にはメイクで隠せないほど濃くなってしまうことも。
濃くなる前に治療や悪化予防を始めるのが得策ですね!

肝斑治療にはレーザートーニング!

なんと、肝斑の治療のためだけに作られたというレーザートーニング。これまでの肝斑治療は飲み薬や塗り薬に頼りがちでしたが、レーザートーニングが現れたことによってより早くメラニンを取り除くことが可能になりました。

肝斑予防は紫外線と摩擦に気をつけること!

肝斑の予防は日焼け止めと肌への刺激を少なくすることが一番です。とくに女性ホルモンが多く分泌されている状態の肌は少しの刺激でも色素沈着しやすくなっており、肝斑を悪化させることも。洗顔やメイクなど、日々気をつけましょう!

第5回放送でご協力いただいたクリニック

渋谷フェミークリニック

所在地 東京都 渋谷区

最寄駅 渋谷駅 徒歩4分

エリア 渋谷

営業時間 11:00~20:00

  口コミ852

開院から17年、7万症例以上の実績【肌質を根本から改善】
美容皮膚科として、お肌が本来持っている、自然な美しさを引き出すための治療法をご提案いたします。