ただいまの口コミ 52,518 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,679件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
やさしい光で負担をかけずに顔全体の肌機能を回復

光治療

光治療は、IPL(Intense Pulsed Light/インテンス パルス ライト)と呼ばれる光を用いた器機によって、セルフケアでは解決しにくいシミやくすみ、アザ、そばかす、毛穴の開きなどの改善を目指すものです。

光治療とは?

光治療に用いられるIPLは、レーザーのように単一の波長ではなく、いろいろな波長が同時に出力できる点が特徴です。皮膚表面から照射すると温熱作用によって皮膚組織や体内組織が活性化。コラーゲンなどの肌を健やかに保つために必要な成分の生成が促進され、肌のターンオーバーが整い、再生能力も高まります。

光治療のもうひとつの特徴は弱い光を広範囲に照射できること。シミやそばかすなどは顔の広範囲に細かく点在しているため、1つひとつにレーザーを照射すると肌への負担が大きくなってしまいます。その点、光治療は弱い光を一度に広範囲に照射できるため、短時間かつ少ない負担でさまざまな肌トラブルが同時に改善できるのです。ただし、1度ではなかなか満足な効果が望めませんので、定期的に施術する必要があります。

また近年は、光エネルギー(IPL)と高周波エネルギー(RF)を組み合わせた機器(フォトRFなど)も登場し、注目を集めています。高周波はラジオ波とも呼ばれ、電気刺激によって細胞が揺れ、そこで発生した摩擦熱によって肌の深部を活性化します。RFが加わったことで治療の幅は広がりましたが、やはり、アザや薄くぼんやりとしたシミなどは光治療だけで改善するのは難しいと言われています。逆に濃くハッキリと見えるシミには効果が高いとされています。

また、光治療は毛穴のトラブルにも有効です。光線の熱によって皮膚の内側の細胞が刺激され、肌を健やかに保つために欠かせないコラーゲンやエラスチンの生成を促進。ターンオーバーが正常になり、皮脂の過剰分泌も抑えられます。

光治療のメリット・デメリット

メリット

光治療はレーザー治療に比べて広範囲の治療に優れ、術後すぐに効果が実感しやすい点が特徴です。また、ほとんどの機器に冷却機能が備わっているので温度が上がりすぎず、肌表面へのダメージを抑えながら治療が行えます。レーザー治療のようにヤケド状態になることもないので、術後すぐにメイクもできます。

  • 効果がすぐに実感しやすい
  • 顔全体のターンオーバーを回復できる
  • 周辺組織へのダメージが少ない
  • ダウンタイムがない
デメリット

光治療はさまざまな症状に対応できる優れた治療ですが、薄いシミや大きなシミを取り除くのは難しいとされています。そのような場合は、レーザー治療と併用して行われることが多いようです。

  • 薄いシミや大きなシミの改善が難しい
  • 顔全体の回復を希望する場合は定期的な施術が必要

光治療の種類

フォトフェイシャル

特徴

  • いろいろな波長が同時に出力できる
  • 治療直後からメイクが可能

フォトフェイシャルは、1998年に米国のビター医師によって開発されたアンチエイジング目的の医療用美容器機です。光治療の代表的なマシンのひとつでIPLという光が用いられています。

IPLにはいろいろな波長が同時に出力できるという特徴があるため、シミやくすみ、そばかす、赤み、しわといったさまざまな肌トラブルの改善に用いられています。皮膚表面から照射すると、温熱作用によって皮膚組織や体内組織が活性化。コラーゲンなどの肌を健やかに保つために必要な成分の生成が促進され、肌のターンオーバーが整い、再生能力も高まります。

術後は炎症やカサブタもできないので、治療直後から洗顔やメイクが可能です。

フォトRF(オーロラ)

特徴

  • IPLとRFを組み合わせた治療が可能
  • 複数の症状を1台で治療できる
  • 施術時の痛みが少ない
  • 治療直後からメイクが可能

フォトRF(オーロラ)はフォトフェイシャルに高周波エネルギー(RF)を組み合わせた医療用の光治療器機です。

RFはIPLと異なる性質を持ち、表皮のメラニン量に影響されることなく熱エネルギーを効率的に肌の奥まで届けることができます。肌質や症状に合わせてハンドピース(肌に当てる部分)や照射力の設定が変えられるので、複数の症状を1台で治療可能。また照射時に働く冷却システムによりヤケドなどの心配もなく、痛みも少ないと言われます。

そして、フォトRF(オーロラ)をさらに進化させたのがe-maxです。こちらはIPLとRFに加え、レーザーと赤外線も照射できます。

フォトブライト(ライムライト)

特徴

  • 日本人に最適な設計
  • 薄いシミやそばかすにも効果が期待できる
  • 施術時の痛みが少ない
  • 治療直後からメイクが可能

フォトブライトは、キュテラ社が開発した医療用の光治療機器です。

フォトフェイシャルの進化版といえ、日本人医師が開発に携わっていることから、日本人の肌に最適な設計となっています。肌の浅い部分に強い光をあてることで、フォトフェイシャルやフォトRFで難しいとされていた薄いシミやそばかすにも効果が期待できる点、数ある光治療器の中でも痛みが小さい点が特長です。

症状や反応にもよりますが、一般的には2~4週間隔で3~5回の治療を行います。

治療の流れ

カウンセリング・診察

悩みや希望を伝え、医師の診断を踏まえて施術内容を決定します。シミや肝斑のメカニズムについての説明も受けます。

メイクオフ

施術前にメイクを落とします。

照射

マシンでIPLを照射していきます。シミの程度や照射する面積にもよりますが約5〜10分程度です。

口コミPOINT

「少し刺激を感じたけれど、我慢できる程度」との意見が圧倒的。痛みについては、それほど心配することはなさそうです。また、レーザー治療経験者からは、「レーザーよりも痛くない」というコメントもありました。

クーリング

術後は肌が赤みを帯びたり熱を感じたりするので、患部を冷やします。

口コミPOINT

術後に「肌が少しヒリヒリした」とのコメントがいくつかありますが、みなさん、冷却することで30分〜1時間でおさまったようです。

帰宅

テープなどで患部を保護した後、そのまま帰宅できます。

口コミPOINT

照射部のカサブタが剥がれ落ちて、肌が落ち着くまでの期間については、「1週間くらい」「10日くらい」との書き込みが多く見られます。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

このような方にオススメ
  • 顔全体をケアしたい方
  • ダウンタイムが短い治療を望む方
  • 肌への負担を極力小さくしたい方
  • 時間がかかっても肌のターンオーバーから見直したい方

みんなの口コミピックアップ

ゆーき80さん
( 30代 女性 )

フォトシルクレーザーを受けました。1番気になっていた目の下の濃いシミがあったところが、なくなりました…

急にシミが増えていることに気づいて、あわててシミが無くなるために何がいいか検索していました。薄くシミができていたのは気づいていましたが、濃くなっているのがあったり増えていてびっくりしていました。一度、レーザーをしてみたいと思ってい…続きを読む

haaaaaruuuuuさん
( 20代 女性 )

パチパチと輪ゴムではねられる程度の痛さはありましたが、問題ありません…

以前から、顔のシミに加えて、毛穴の開きと肝斑を気にしていたためトーニングもしてもらうことにしました。トーニング治療を受けたかったことと、友人におすすめされたクリニックでもあったこと。しっかりとカウンセリングしてくださり、大変、理解…続きを読む

okiiiさん
( 20代 女性 )

赤くなっているニキビ跡が気になっていたため…

赤くなっているニキビ跡が気になっていたため。体験しやすい価格で、場所が行きやすい場所だったため。施術の内容や効果をわかりやすく説明してもらえた。少し痛かったが、耐えられる程度の痛みだった。スタッフと医者からの施術の説明、お会計、洗…続きを読む

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!