ただいまの口コミ 86,569 件!

クリニックを探す (登録クリニック2,204件)


シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療 (フォトフェイシャル)

くすみは光治療で解消できる? 治療方法の効果と選び方

口コミ広場編集部


化粧品でもなかなか改善できないくすみ、本当に困りますよね。くすみの原因はさまざまで、化粧品のケアで改善できる種類もあれば、専門的なケアを必要とする種類もあります。今回は、くすみ治療の中でも改善効果が高いといわれている光治療にスポットを当てて、効果や治療法の上手な選び方についてご紹介していきます。長年のくすみでお困りの方は、ご自身のくすみがどのタイプなのか見極めた上で、光治療を検討してみてくださいね。

まずはくすみの原因について知ろう

くすみと一口にいっても、その種類はいくつかに分けられ、一般的には大きく分けて4つの種類に分かれます。

その4つとは「グレーくすみ」「茶ぐすみ」「青くすみ」「黄ぐすみ」で、それぞれに原因が異なる事から、対策する方法も変わります。


肌のターンオーバー低下によるグレーくすみ

年を取って段々と顔がくすんできたように思えるものは、グレーくすみの場合が多いです。

グレーくすみは、加齢などによって肌のターンオーバーが低下する事で、古い角質が剥がれにくくなって肌の層が厚くなり、透明感が失われるくすみです。

肌の色が何となく暗くなった。灰色っぽくなったと感じるため、グレーくすみと表現されます。

グレーくすみの解消には、古い角質の除去やターンオーバーの促進が効果的です。


メラニンの蓄積による茶ぐすみ

紫外線による影響で発生しやすいのが茶ぐすみで、メラニンが沢山作られる事で肌が軽い日焼けのような状態になり、くすみとして見えるものです。

場合によっては紫外線の影響でくすみと同時にシミも出来てしまうため、年齢を感じさせやすいくすみでもあります。

肌に蓄積されたメラニンの排出や、新しくメラニンが作られないように紫外線対策などのケアを行う事が大切です。


血行不良による青くすみ

血流の低下などによって、顔色が暗くなってくすみとして見えるものが青くすです。「顔色が悪い」状態ともいえますが、肌のトーンが下がって見えるため不健康な印象を持たれやすいタイプのくすみです。

運動などによる血行促進の他、そもそも血管を強くするためのケアなどが解消のために必要となります。


肌の糖化による黄ぐすみ

糖質が多い食事などをとり続ける事によって、肌が「糖化」を引き起こして発生するものが黄ぐすみです。肌が暗くなるというより、黄色っぽくなる形で発生します。

黄ぐすみの予防には食生活の改善が大切で、糖質の多い食事など血糖値が急激にあがる食事をなるべくとらない事などが必要です。



くすみってセルフケアや光治療で解消できるの?

以上のように、くすみにもいくつかの種類があり、それぞれに原因や対策の方法が異なりますが、この中でも粧品などを利用したセルフケアや光治療によって改善効果が比較的得やすいものは、メラニンの蓄積による茶ぐすみや、ターンオーバーの低下によるグレーくすみです。

これらは肌のターンオーバーを促進していく事で解消が促しやすいため、化粧品や光治療でのケアがしやすいくすみだと言えます。


ただし、くすみの状態によってはセルフケアでの改善が難しい場合があり、特に肌への色素沈着が表皮層の深い部分や、真皮層に及んでいる場合には化粧品でケアをする事は難しくなります。


化粧品でのケアだけでは完全な改善は難しいケースが殆ど

前述のように、市販の化粧品を使ったセルフケアでもある程度まではくすみを改善することができますが、くすみが肌の深くに及んでいる場合には、セルフケアが難しくなります。

これは、化粧品はお肌の深い部分にまで浸透することはなく、肌へ浸透すると紹介されている場合でも、基本的に化粧品の成分は表皮の最も浅い部分である角質層止まりであるという事が理由です。

そこより深い顆粒層や有棘層、更に深くにある真皮層には浸透しないため、この部分にメラニンの蓄積が発生している場合はセルフケアが難しいのです。

つまり、真皮層を始め肌の深い部分の問題を解決してくすみを改善するには、より深い部分に働きかける専門的な治療が必要であり、それに最適な方法が光治療なのです。


光治療によるくすみ解消のおおまかな原理

では、光治療ではどのような原理でくすみを解消できるのでしょうか? 美容外科や美容皮膚科に用意されている光治療は数種類あり、それぞれに異なった特徴を持っています。

しかし、どの治療をとってもある程度共通している作用があり、それは光による熱刺激で表皮層の深い部分や真皮層の細胞に働きかけ、肌の働きを活性化させるという点。細胞の働きを活発にする事でターンオーバーを促進し、メラニンの排出を促すほか、血管の拡張などにも働きかけるため青くすみの解消などにも繋がります。


また、光治療で照射される光は肌のメラニン色素に反応して熱を発生させるため、肌に蓄積されて排出されにくくなったメラニンも、光によって分解して排出させる事から、直接くすみを解消に導いていく効果も発揮します。


くすみのさまざまなタイプに合わせて、適した光治療は異なるため、光治療でくすみの改善をしたいという方は、次にご紹介する施術を参考に、どの方法で治療を受けるのか大まかな見当をつけてみて下さい。


光治療の種類と効果

それでは早速、医療機関で受けることができる光治療の種類や効果についてご紹介しましょう。


フォトフェイシャル

IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を照射する治療で、560~1200ナノメートルという幅が広い波長の光を照射することができるという特徴があります。


ちなみに、光は波長によって性質が異なり、光治療でもちいられる光は、波長が短い程メラニンなどに反応しやすいため肌表面側への影響が強く、波長が長い程メラニンとの反応が穏やかなため、肌の深くまで到達しやすくなります。

一般的に、人が目で見て認識できる「可視光線」は380~780ナノメートルで、それよりも短い波長は紫外線、長い波長は赤外線と呼ばれます。


フォトフェイシャルによる治療は、お肌の状態に合わせて波長を設定して症状を改善することができますので、なんとなく肌色がくすんでいるという方からシミが気になるという方まで、あらゆる肌悩みを抱えている方に対応しています。

また、フォトフェイシャルは、IPLを照射することによって皮下のコラーゲン産生力が高まりますので、くすみやシミといった悩みの他にも、化粧品では改善できない小じわの改善効果を期待できるでしょう。


対応できる症状…紫外線によるシミ、そばかす、くすみ、毛細血管拡張による赤ら顔、小じわ、毛穴の広がり


ライムライト

こちらもIPLを照射する方法ですが、フォトフェイシャルでは外国製のマシンが使用されることが多いのに対し、ライムライトは国産で日本人の肌に合ったマシンを使用するという違いがあります。

また、イムライトは日本人の肌色に合わせて開発されたマシンであるため、主に白色人種を対象としている機械とは違い、肌の色が濃い方にも対応することができます。


対応できる症状…紫外線によるシミ、くすみ、ニキビ、ニキビ跡、毛細血管拡張による赤ら顔、小じわ、毛穴の広がり


LED

発光ダイオードーという可視光線の範囲である光を照射してくすみを改善する治療です。なお、LEDには青、赤、白などの種類があり、それぞれに期待できる効果が異なります。


青色LEDの効果(紫外線に近い)

ニキビの原因菌(アクネ菌や黄色ブドウ球菌など)などの殺菌作用によるニキビの改善、ニキビ跡、皮脂の過剰分泌


赤色LEDの効果(赤外線に近い)

くすみ、クマ、小じわ、赤いニキビ跡


白色LEDの効果(広い範囲の光を同時照射)

お肌のたるみ


このように、LEDの種類によって対応できる症状が異なりますが、くすみでお悩みなのであれば赤色LEDがおすすめできるでしょう。


光治療の注意点について

光治療は、どの種類でもお肌が受ける刺激が少なく、基本的には副作用がないため、ダウンタイム(回復期間)を必要としません。

しかし、治療後にはいくつかの注意事項を守る必要がありますので、治療を受ける前には以下の点について頭に入れておいてください。


紫外線に注意

肌への刺激が少ないとはいえ、光の熱刺激によって肌の細胞に刺激を与える光治療。治療直後のお肌は非常に敏感な状態になっているため、日焼け止めなどでしっかりと紫外線をブロックしましょう。

治療後に紫外線を無防備に浴びてしまうと、シミ部分の色素が濃くなったり乾燥肌になったりするという肌トラブルが起こることがあります。


保湿をきちんと行う

光を照射すると、その熱刺激によって一時的にお肌が乾燥することがありますので、クレンジングや洗顔後にはきちんと保湿ケアを行いましょう

また、くすみの改善で治療を行う方はビタミンC誘導体配合の化粧品など美白効果が期待できるものを利用している場合が多いと思いますが、美白効果を期待できるこれらの化粧品は光を照射した直後のお肌には少々刺激が強いため、治療当日にはこの成分を配合していない化粧品の使用がおすすめです。

ヒアルロン酸やセラミドなど、お肌への刺激が少なく保湿に優れた成分のスキンケアコスメを中心に利用し、光治療後の保湿ケアを行いましょう。


複数回の治療が必要

光治療は1回で効果を実感できることもありますが、長期間に及ぶくすみでお悩みの方の場合では、複数回の治療が必要になることがあります。必要な治療回数についてはお肌の状態によって差が生じますので、詳細についてはカウンセリングで確認してみることをおすすめします。


光治療って副作用はないの?治療を受けられない人はいる?

光治療はお肌への刺激が少ない治療ではありますが、以下に該当する方は治療を受けられないことがあります。


・光アレルギーをお持ちの方

・妊娠または妊娠している可能性がある方

・日焼け直後の方

・糖尿病や高血圧、心疾患などの治療で内服薬を服用している方

・アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の症状が現れている方

・インプラント物質(シリコンやプロテーゼなど)を挿入している方

・タトゥーがある方(タトゥー部分以外の治療は可)

・てんかんの持病をお持ちの方


これらに該当する方は、ひとまず治療を見合わせる必要があります。また、エステティックサロンでも光による施術を受けることができますが、この場合では美容機器で施術を行うため、医療機関の治療レベルの効果を期待することはできません。

高いくすみ改善効果を期待したいのであれば、必ず医療機関の治療を選びましょう。


まずはカウンセリングを受けてみましょう

今回は、美容外科や美容皮膚科で受けることができる光治療をご紹介してきましたが、ご自身にとってどの治療が適しているのかわからないという方は、まずは自分自身のくすみを正しく判断するためにも、ひとまずカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

美容外科や美容皮膚科の中には無料でカウンセリングを受け付けているところもありますので、心配であればカウンセリングで直接医師に相談することをおすすめします。

実際にくすみの治療まで行わなくても、正しく自分自身のくすみの状態を判断する事が出来れば、その分改善のためのケアも行いやすくなります。


また、いきなりカウンセリングはちょっと…というのであれば、メール相談を受け付けている医療機関に相談してみるとよいでしょう。

メール相談では、担当の看護師が丁寧に疑問に答えてくれるはずですので、治療前の不安解消に役立ちますよ。

あわせて読みたい

目元にある黒ずみはシミ?それとも別物?肝斑やクマとシミの見分け方

口コミ広場編集部

柳英之 医師

顔のなかで最も印象的な目やその周辺は日頃からメイクやお手入れに気を使っている人は多いと思います。しかし、気がつくと目元に薄いシミのようなものが出来てしまって困ってしまう人も多いようです。とくに30歳を超えてからは「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミなどができやすく、目元の黒ずみやシミはたくさんの女性にとって共通する悩ましい症状と言えます。 そこで今回は、多くの人が同じ悩みを抱えている目元の黒ずみ、シミ、肝斑、クマなどに関する特徴や原因、そしてケア方法などについて詳しく解説します。

ストレスはシミの大きな原因の一つ

口コミ広場編集部

柳英之 医師

ハイドロキノンやトラネキサム酸配合のクリームを塗り、美白コスメでスキンケアも一生懸命頑張っているのに、なぜかいつまでたってもシミが薄くならないと悩んではいませんか? そのなかなか改善しないシミは「ストレス」が原因かもしれません。 意外に知られていませんが、実はシミとストレスは密接な関係にあり、特に女性は男性よりもストレスを感じやすく、ホルモンバランスを崩してしまうことが、シミを作る元になってしまうのです。 今回は、現代人にとって非常に深刻な問題である「ストレス」によりシミができてしまう原因について徹底解説致します。

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の関連コンテンツ

ホンネをチェック!

シミ治療(シミ取り)・肝斑・毛穴治療の
リアルで詳しい体験レポート

口コミ 10,416

やらせなしの秘訣

リアルレポートは、口コミ広場から予約したメンバーのみの口コミに限定!
口コミ広場がチェックしてヤラセは排除、ネガティブ意見も全て掲載。

information

SNSで最新美容情報を
お届けします!

口コミ広場twitterをフォロー

美容ドクターに直接相談!

美のお悩みはドクターに相談!
1,353人以上 の医師陣が回答!
総回答数 28,000件以上!