ただいまの口コミ 50,689 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,669件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
自分の脂肪でくっきりシワやほうれい線を改善

CRF(脂肪注射)療法

CRF療法は、最新技術によって自身の脂肪から不純物を取り除いた濃縮脂肪細胞を注入する脂肪注入法の1つで、シワやほうれい線の改善、リフトアップ、肌にハリや潤いを蘇らせる効果があると注目されています。

CRF(脂肪注射)療法とは?

脂肪注入法の1つであるCRF療法は、これまで主流だった自身の脂肪を吸引して、そのまま必要な部位に注射器で注入するという脂肪注入療法から発展した最新の脂肪注入法の1つで、効果が半永久的に持続するとして人気を集めています。

CRF療法は従来の脂肪注入療法とは異なり、抽出した脂肪をそのまま使用するのではなく、日本の厚生労働省に当たる米国FDA(食品医薬品局)の認可を受けたLIPOAX-SCという機器を使用。無菌状態のまま脂肪を遠心分離機にかけ、特殊なフィルターによって脂肪内にある脂肪壊死やしこり、石灰化の原因となる死活・老化細胞、細胞破片などの不純物を除去し、新鮮で濃縮(コンデンス)された脂肪「CRF(コンデンスリッチファット)」にします。このCRFには幹細胞や再生医療の現場で注目されている成長因子が含まれているため、改善したい部位に注入することで周辺組織を活性化。シワやほうれい線の改善、リフトアップ、肌のハリや潤いを蘇らせるなど、広範囲のアンチエイジング効果が期待できるといわれています。くっきりと深いシワ部分にCRFを注入すると、脂肪によってシワの溝が盛り上がり、物理的にシワが改善するだけではなく、脂肪幹細胞と成長因子が注入した肌の周囲が活性化され、アンチエイジング効果も持続していきます。

そもそも脂肪注射自体、自身の脂肪を使うため比較的定着率が高く、拒否反応などのリスクが低いとされています。さらにCRF療法は、無菌状態に加えて脂肪内の不純物が取り除かれているため、従来の脂肪注入法よりもリスクが軽減されています。また、ヒアルロン酸やコラーゲン注射のように施術後徐々に注入物が体内に吸収されるのとは異なり、CRFが体内に吸収されないため定着率が高くなり、施術効果は半永久的に持続するといわれています。仕上がりはヒアルロン酸やコラーゲン注射と同様にナチュラルです。

施術時間は、麻酔、脂肪の吸引を含めて2時間〜3時間程度。入院の必要はなく、施術後は休憩を取った後で帰宅できます。メイクや洗顔は翌日から可能で、施術後まれに腫れが出ることもありますが、ほとんどの場合、気にならない程度といわれます。なお、CRF療法は拒絶反応などが起こりにくいとされていますが、注射や麻酔の際の安全面は医師の技術などに左右されることがあります。施術後に気になる症状が出た場合は早めにクリニックに相談することをお勧めします。

従来の脂肪注入との違い

従来の脂肪注入は自身の脂肪を必要な箇所に注入することから、アレルギーや感染などの拒否反応が起こりにくい比較的安全性の高い施術として認知されてきました。しかし、自身から抽出した脂肪をそのままの状態で使っていたため、健全な脂肪幹細胞や成長因子と一緒に不純物などが混ざっていて、施術後から徐々に脂肪が吸収されてしまい、皮下への定着率は50%程度でした。定着率が低くなると、当然効果の持続性は短くなります。また、脂肪自体の粒子が大きいこともあり、中には施術後の仕上がりがデコボコしているなどといった問題が生じることもありました。
脂肪注入法の進化系であるCRF療法は、そのような脂肪注入法の欠点を補うために改良されたもので、特殊なフィルターを使い脂肪を濃縮することで徹底的に不純物を取り除き、必要な脂肪細胞と成長因子の含有率を高めています。これにより定着率も90%程度まで高まり施術後は半永久的に効果が持続するといわれています。さらにCRFをより細密化したマイクロCRFでは、脂肪細胞もCRFより粒子が極小で滑らかなため、従来の脂肪注入法では難しかった目元などにも施術が可能になっています。

もう1つのCRF療法「マイクロCRF」とは?

マイクロCRF(マイクロ・コンデンスリッチファット)とは、CRFをより小さな脂肪細胞と成長因子に濃縮させたCRFのマイクロ版です。
CRFをマイクロCRF専用の遠心分離機にかけて圧力で粉砕し、その中の微細な脂肪細胞と幹細胞だけを抽出。身体から抽出したままの脂肪から10%程度しか得ることができないもので、濃縮された微細で良質な脂肪細胞の中に高い密度で幹細胞と成長因子が含まれています。そのためマイクロCRFはCRFよりも注入先の皮膚や血管に馴染みやすく、さまざまな細胞に分化していくため周辺組織をより活性化しやすくします。また皮下への定着率も高く90%以上の確率を誇り、その持続性は半永久的といわれています。さらにマイクロCRFは施術後の仕上がりが非常に滑らかで、脂肪注入法で時折問題となっている仕上がりのデコボコ感ができず、より自然でナチュラルになるのが特徴です。それにより、肌が薄く繊細な眼の周辺にも施術が可能になっています。

CRF(脂肪注射)療法のメリット・デメリット

メリット

  • 自身の脂肪を使うのでアレルギーや感染などのリスクが低い
  • 注入部位だけでなく、周辺の肌状態も良くなる
  • 細胞レベルから改善するので自然な仕上がり
  • 即効性がある
  • 効果が半永久的に持続する
  • 1日で施術可能
デメリット
  • 注射の際に痛みを感じることがある
  • 稀にアレルギー症状が現れる場合がある
  • 稀に腫れや内出血が起きることがある
  • しこりができることがある
  • 治療費がやや高額

"CRF(脂肪注射)療法 施術の流れ

STEP1

カウンセリング・診察

医師による診断を受け、施術方法やアフターケア、ダウンタイム、デメリットなどの説明を受けます。

STEP2

採血

血液を採血し、体調に問題がないかを確認します。採血量は施術内容やクリニックによって異なりますが、15~20cc程度です。

STEP3

麻酔

局所麻酔を行います。麻酔にはジェル麻酔やクリーム麻酔などが使用されます。希望や状況によっては整脈麻酔など、最適な方法で行います。

STEP4

脂肪吸引

傷跡が目立たない場所を数ミリ切開して脂肪吸引を行います。専用シリンジを使って脂肪が外気に触れないように採取します。

口コミPOINT

やはり、太ももから脂肪吸引した方が多いようですが、中には、気になっていた腰回りから脂肪を吸引して顔に注入いう方も。さまざまなお悩みを総合的に判断してくれるクリニック選びがカギのよう!

STEP5

脂肪注入

吸引した脂肪を遠心分離器にかけてCRFを抽出し、施術箇所に注入します。マイクロCRFで行う場合はさらにこのCRFをさらに遠心分離して微細になった脂肪を抽出し、施術箇所に注入します。

STEP6

施術後

施術後、少し休んで帰宅できます。状況によって痛み止めを処方したり、注入部をアイシングしたりすることもあります。

STEP7

アフターケア

特別なアフターケアの必要はありませんが、アレルギー反応などが現れた場合は医師に相談しましょう。クリニックの中には定期的な検診を取り入れているところもあります。

口コミPOINT

注入にかかる時間は10~15分という口コミが多くなっています。中には「ベッドに横になって5分」との声も。施術部位や範囲によってもと異なるのでカウンセリング時確認を。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

このような方にオススメ!
  • シワやたるみを改善したい方
  • ほうれい線が気になる方
  • 目の下のクマが気になる方
  • アレルギーがあってヒアルロン注入等が受けられない方
  • 持続性が高い施術を求める方
  • 即効性を求めたい方
  • 外科的な傷を作らない施術を求める方
  • 周囲に気付かれずに治療したい方
10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!