第24回 美魔女の美容法編第3弾

『美容口コミ広場TV』第24回は、”元祖おっぱい美魔女”こと原 志保さんにゲストとして出演頂き、原さんが普段行っているスタイルキープ術とスキンケア法を教えていただきました。
また、ドレクエスペシャルでは、今回も美容医療の名医達にたくさんの疑問にお答えいただきます。今回はどんな疑問やお悩みが集まって来たのでしょうか。

原 志保さんの下着を使ったスタイルキープ術

”元祖おっぱい美魔女”と呼ばれる原 志保さんに2つのスタイルキープ術を伺いました。
おっぱい美魔女が行っている下着を使ったスタイルキープ術とは!

「ブラジャーに関しては、寄せて上げる補正効果のあるものを選んでいます」(原さん)

自分の胸に一番フィットする3/4カップのブラジャーを付けることで形が崩れないようにしているそうです。

さらに原さんにとって欠かせない下着があるそうです。
46歳でくびれたウェストをキープできる理由は補正下着ニッパーを愛用しているからだということです。

「寝ているとき以外、起きている間は毎日着けるようにしています」と原さん。

下着でどれだけスタイルが変わるかスタッフが検証してみました。
補正下着によって胸がキレイに上がり、背中のお肉もすっきりしたのがわかります。
継続することで痩身効果もあるそうです。

さらに、スタイルをキープするために毎日バスト用のクリームでマッサージを行っているそうです。

原さんは、最近話題のバストアップに必要とされる”プエラリア”と呼ばれる成分が入っているバスト用クリームを愛用しているそうです。

では、いったいどのようにマッサージしていくのでしょうか。

まず、お風呂上りに適量を手に取り、鎖骨の上から下に添ってワキにリンパを流していきます。

次にワキをマッサージしていきます。指で触って痛い部分をぐりぐり20回ほどマッサージするのだとか。

さらに、両手を使ってバストの上と下を包み込むようにやさしくさすり、片方ずつ下から上に持ち上げるようにマッサージをしてあげます。

最後に両方のバストの乳腺を刺激するように回してマッサージしていきます。

この流れを毎晩お風呂上りに行っているそうです。この方法で40歳になってからもバストが成長しているのだとか。

大切なのは、毎日のケア! 女性にとってバストはいくつになってもキレイにキープしておきたいですよね。

「二重整形で一番自然な施術方法は?」

解説・協力クリニック

みずほクリニック
東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル601

「二重整形には、切る方法と切らない方法がありますが、切らない方法で行うことで腫れを最小限に抑えることができますので、切らない方法の方が周りからはバレないと思います」(小松先生)

さらに、バレない二重をつくるコツ伺いました。

「幅が広い二重を作ると周りから見た時に目の形が変わった印象を与えますので、あまり幅を広くしない自然な幅で作るのがコツです」と小松先生。

ダウンタイムについても伺いました。

「埋没法のダウンタイムは、一般的には1,2週間のわずかな腫れのみと言われています」(小松先生)

切開法は、ダウンタイムに1ヶ月以上かかってしまうので、短期間で二重にしたい方には適さないそうです。

結論!

二重整形で自然に仕上げるには、切らない方法”埋没法”で施術するのが良いそうです。また、幅が広い二重を作ると周りからの印象が大きく変わるため、自然な幅で二重にするのがポイントだということです。

「残ったニキビ跡は消すことはできますか?」

解説・協力クリニック

オザキクリニックLUXE新宿院
東京都新宿区歌舞伎町1-1-17エキニア新宿7F

「ニキビ跡に関しては、完全にフラットにすることは難しいですが、なだらかにすることは可能です」と朽木先生。

ニキビ跡の治療で、朽木先生は主にレーザーを真皮の奥まで届かせるフラクセル、フラクセルより少し強いアンコアという2種類の治療を用いているそうです。

「レーザーを真皮まで当てることで、皮膚を再生させます。あとは、削るような方法でレーザーを当てることでニキビ跡の角が取れていきます」(朽木先生)

フラクセルレーザーは別名「肌再生レーザー」と呼ばれ、角質より深い部分に照射し肌の内部を活性化します。新しい皮膚が凹んでいる部分を押し上げ、たった1回で皮膚の5~15%ほどが入れ替わるとか!

レーザーの照射方法は、ニキビ跡の種類によって変わるそうです。

「浅いキズのボックス型には、深くまでレーザーを当てて皮膚の奥から真皮を再生させます。かつ角を取っていくことでなだらかな皮膚に改善していきます」(朽木先生)

対して、深いキズのアイスピック型は、比較的治りがキレイなので、突き刺すレーザーだけでも良いとのことです。

結論!

ニキビ跡は完全にキレイにすることは難しい。
ただし、なだらかにすることは可能だということです。

「差し歯などが入っていても
 他の歯を整えたり矯正は可能?」

解説・協力クリニック

ウケデンタルオフィス
東京都港区虎ノ門5-11-2
オランダヒルズ森タワー2F

「可能だと思います。矯正はアンカーと呼ばれる固定源となる歯を土台にして、他の歯を動かす治療法です」(宇毛先生)

宇毛先生によると、最近ではインプラントアンカーと呼ばれる、歯茎の骨にネジを埋め込み固定源として他の歯に影響を与えない治療法が人気となっているそうです。

「インプラントを用いることでよりキレイな歯並びにすることが可能になっています」と宇毛先生。

結論!

差し歯が入っていても矯正治療は可能。
最近では、インプラントアンカーという矯正治療が人気だそうです。

原 志保さんのスキンケア術

”元祖おっぱい美魔女”と呼ばれる原 志保さんにスキンケア術を伺いました。

46歳の原 志保さんが行う独自のスキンケア術をご紹介。

「毎日お風呂上りに顔用のEMSを使っています」(原さん)
EMSとは、電流を流して筋肉を刺激・収縮させ運動させる方法。

「顔の衰えの原因として筋力の低下が挙げられるため、EMSで毎晩顔の筋肉を鍛えるようにしています」と原さん。

さらにシワ対策のおすすめ美容法を伺いました。

「炭酸パックを2日に1回のペースで行っています」と原さん。
まずは、美容成分の入った2つの液体を混ぜ合わせ炭酸を含んだジェルを作ります。

炭酸を含んだジェルができたら、ヘラなどを使って顔に塗っていきます。

炭酸パックをすることで、目元のシワもできにくくなるそうです。

最後に、たるみケアとして行っている、超音波を使った生コラーゲン導入を紹介していただきました。
生コラーゲンとは、保水力が高く、肌の弾力を保つのに効果的だそうです。

生コラーゲンは通販でも手に入り、超音波導入機は最近一般家庭用のものも普及してきたので、ご自宅でのたるみケアとして、取り入れやすいかも知れませんね。

やり方は、至って簡単で1円玉程度をお肌に乗せて、超音波導入機を滑らせて行くだけです。

「毎月1回必ずやっています」と原さん。

原さんは、これらの方法で頬のたるみと美肌対策を行っているそうです。

美は1日にしてならず! 継続している原さんの言葉だと説得力がありますね!

第24回 美魔女の美容法編第3弾! まとめ

いかがだったでしょうか?第24回の美容口コミ広場TVは、”元祖おっぱい美魔女”こと原 志保さんにスタイルキープ術とスキンケア術をご紹介していただきました。ドレクエSPでは「二重整形で一番自然な施術法は?」など3つのクエスチョンにお答えしました。
今回の放送で取り上げることのできなかった多くのお悩みは、口コミ広場内「ドクター相談室」でもご紹介しています。「私も相談したい!」という方は、ぜひ「ドクター相談室」をご利用ください。

第24回放送でご協力いただいたクリニック

みずほクリニック

所在地 東京都 豊島区

最寄駅 新線池袋駅 徒歩4分

エリア 池袋

営業時間 10:00−19:00

  口コミ94

みずほクリニックは、JR池袋駅西口C6出口直結(徒歩0分)にある美容クリニックです。 アンチエイジング・美肌(スキンケア)のレーザー治療”美容皮膚科・内科”から、10分ほどで完了する”プチ整形”...

オザキクリニックLUXE新宿

所在地 東京都 新宿区

最寄駅 新宿三丁目駅 徒歩4分

エリア 新宿

営業時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00~18:00

  口コミ148

オザキクリニックは、美容皮膚科、美容外科、アンチエイジングの総合的アプローチにより必ずご満足頂ける治療をご提供致します。

ウケデンタルオフィス神谷町本院

所在地 東京都 港区

最寄駅 神谷町駅 徒歩2分

エリア 虎ノ門/神谷町

営業時間

  口コミ10

多くの歯科医院が存在する昨今、どこの歯科医院にいけばいいのだろうか?と悩まれる方も多いと思います。家の近くだから、会社の近所だから、友人や知人の 紹介で、ホームページが良さそうだったから、様々な理由が...

次回の放送 美魔女の美容法編第4弾!

第25回の放送は、"すっぴん美魔女"こと山田 圭子さんがオリジナル洗顔法をご紹介!すっぴん美魔女はいったいどのような洗顔法を実践しているのでしょうか。また「ドレクエSP!」に寄せられるクエスチョンの中には"それ、わたしも聞きたかった! "なんて質問もあるかも! 次回の放送もご期待ください。