ただいまの口コミ 49,816 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,666件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
皮膚の浅い部分にメラニンが集まってできるあざ

茶あざの治療

赤あざとは?

茶あざは青あざ同様、メラニン色素の増加によって発生します。青あざはメラニン色素が皮膚の深いところにあるのに対し、茶あざのメラニンは皮膚の浅い部分にあるため、色の違いが生じます。皮膚が茶色く変色するものにシミがありますが、加齢による色素沈着をシミ、生まれつきの色素斑をあざと区別しています。
茶あざは生後すぐから見られ、身体のあちこちに発生し、あざの中でも発生頻度が最も多いとされています。小さいものであればそのまま放置しても問題ありませんが、6個以上ある場合はレックリングハウゼン病(神経線維腫症1)※が疑われるので、医師の診断を受けるようにしましょう。

茶あざの代表的なものに「扁平母斑」「ベッカー母斑(ベーカー母斑とも)」「カフェオレ斑」があります。「扁平母斑」は生まれつき見られるもので、境目がはっきりとしたコーヒーのような色をしたあざです。一方、思春期にかけて発生するのが「ベッカー母斑」で、遅発性扁平母斑とも呼ばれます。肩甲骨から胸にかけて大きなあざが発生し、約半数はあざに毛が生えます。「カフェオレ斑」は、「扁平母斑」のように生まれた時から、もしくは生後まもなくあらわれる茶あざで、レックリングハウゼン病に伴って生じるものです。

※レックリングハウゼン病(神経線維腫症1)
遺伝子疾患の1つで、成長とともに身体のあちこちに数ミリから数十ミリの皮下腫瘤が現れます。皮下腫瘤の数が増えるだけでなく、巨大化するケースもあり皮下腫瘤が悪性化する場合もあります。

代表的な茶あざ

扁平母斑

皮膚の浅いところにメラニン色素が増加し、茶色く見えるあざです。形は円形もしくは周囲がギザギザしており、盛り上がりはありません。4~5センチほどのものが多く、大きさが変化することはありません。レーザー治療によって改善されたように見えても、しばらくすると再発することが多いので、非常にやっかいといえるでしょう。

ベッカー母斑

遅発性扁平母斑とも呼ばれる、新春期頃に発生する茶あざです。扁平母斑が身体中どこでも発生するのに対して、遅発性扁平母斑は胸、肩、背中周辺に発生し、剛毛が生えているケースが多いという特徴があります。レーザー治療が有効ですが、毛が生えているタイプは脱毛処理なども必要になるため、経験豊富な医師の施術が望まれます。

カフェオレ斑

レックリングハウゼン病という病気に伴い、コーヒーのような色の小さなあざが6個以上見られます。皮膚にイボのような大きな繊維腫ができたり、稀に脳の中枢神経に異常をきたしたりすることがあるので、皮膚科だけでなく内科などを含めた総合的な診断、治療が必要になります。

茶あざの治療

茶あざはあざの中でも改善が難しいとされています。Qスイッチ・ルビーレーザーやQスイッチヤグレーザーなどによるレーザー治療によって一定の効果が得られますが、しばらくすると再発するケースが多いのです。また、レーザー照射後にあざの色が濃くなる、逆に皮膚の色が抜けて毛穴部に黒い斑点ができることも多いようで、レーザー治療によって必ず改善されるというわけではありません。レーザー以外の治療法としては、ドライアイスや液体窒素スプレーで皮膚表面を凍らせる「皮膚凍結療法」や、皮膚表面を削る「削皮術」などがあり、レーザー治療より優れた効果が得られるということはなく、しかも傷跡が残るなどのデメリットがあります。

茶あざ治療に使われる代表的なレーザー機器

Qスイッチ・ルビーレーザー
Qスイッチ・ルビーレーザー

Qスイッチ・ルビーレーザーは694nmの波長をもつレーザー機器です。黒や青などの暗い色に反応し、皮膚内のメラニン色素を効果的に破壊します。ただし、Qスイッチ・YAGレーザーやQスイッチ・アレキサンドライトレーザーに比べて波長が短い分、レーザー光が届く距離も短いので、回数を重ねても完全にあざを除去できないこともあるようです。

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーは755nmの波長をもつレーザー機器です。メラニン色素に反応するため、あざはもちろん、シミやタトゥーの除去、医療レーザー脱毛などにも使われています。レーザーの照射時間を非常に短くすることで高出力を実現。さらに、レーザーと一緒に空冷ガスを噴出することで肌を冷却・保護しながら施術が行えます。

※クリニックによっては上記以外のレーザー機器が使用される場合があります。

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!