ただいまの口コミ 43,746 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,612件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
二重+腫れぼったさの解消が切らずにできる

上まぶたの埋没法

二重の整形で紹介した「埋没法」も目もとのたるみを解消する方法のひとつです。メスを使わず、医療用の糸によって二重をつくる手術で、上まぶたのたるみを利用して二重にし、目もとをスッキリ見せることができます。

上まぶたの埋没法とは?

埋没法は二重をつくる際に行われる方法のひとつです。髪の毛よりも細い医療用の糸をまぶたの裏で留めて二重をつくり、まぶたがたるんで腫れぼったく見える目もとをぱっちりとさせます。メスを使用しないため比較的抵抗が少なく、短時間で行えることから、プチ整形として人気が高まっています。

代表的な術式に「瞼板法」と「挙筋法」があり、留める糸の数(通す糸の数)も「1点留め」「2点留め」「4点留め」などさまざまです。

»瞼板法・挙筋法を詳しく見る

なお埋没法は、まぶたの皮膚や脂肪が厚すぎない方、皮膚のたるみが少ない方に向いているので、まぶたの状態によっては希望する効果が得られないことがあります。
そのような方に適しているのが、眼球を覆っている余分な脂肪を取り除いた上で埋没法を行う「埋没法+脱脂法」です。脂肪除去はまぶたに1~3ミリの小さな穴を開けるだけなので、縫合の必要がなく、ダウンタイムも埋没法とさほど変わりません。

上まぶたの埋没法のメリット・デメリット

メリット

埋没法の最大の特徴は、なんといってもメスを使用しないことです。それにより、傷跡が目立たず、他人に気づかれることも少ないようです。施術自体は約10分、麻酔時間を含めても約30分で終了し、特に問題がなければ通院の必要もありません。メスを使用する手術に比べるとダウンタイムも格段に短く、2~3日で腫れがおさまり、目もとのメイクも可能になります。すぐに日常生活に戻れるので、忙しい方でも気軽に受けやすいといえます。

デメリット

埋没法は元に戻る可能性が高いとされています。ただし、完全に戻ってしまうことは少なく、二重の跡が残ったり、戻る過程で落ち着いたりすることがほとんどです。また、稀に目を閉じると糸の結び目が小さな粒のように動いて見えることがあります。それは、体内に異物が入ることで糸のまわりに小さな肉のかたまりができ、表面に浮かび上がってしまうためです。どちらの場合も、医師の技術に左右される面が大きいので、確かな腕を持つ医師による施術をおすすめします。

上まぶたの埋没法のまとめ

手術の方法や時間、入院の有無

手術対象 まぶたが薄く、垂れ下がっていない場合や脂肪を除去する必要がない場合に適合。
手術方法 皮膚を切開せず、糸と針が入るだけのとても小さい穴をあけ、皮膚と組織が連結するように縫合する。代表的なものに「瞼板法」と「挙筋法」がある。
手術時間 約30分~1時間
麻酔 局所麻酔
入院 必要なし

アフターケア

手術後の管理 当日は家で休息を取ったほうがよく、手術後3日までは手術部位に水が付かないように気をつけなければならない。手術後2~3日程度は氷を当てたり、冷湿布をして患部を冷やす。
洗顔・メイク 手術後3日目から可能
抜糸 必要なし

長所と短所

長所 メスを使用しないため、傷跡が目立たず、他人に気づかれることも少ない。手術は短時間で終りダウンタイムがないためすぐ日常生活に戻れる。
短所 二重が元に戻る可能性が高い。稀に目を閉じると糸の結び目が小さな粒のように動いて見えることがある。医師の技術に左右される面が大きい。
  • 切開をしたくない方
  • たるみをとって二重にしたい方
  • たるみのせいで狭くなった二重を元に戻したい方

みんなの口コミピックアップ

♪♪♪☆☆☆さん
( 10代 女性 )

ずっとテープを使って二重を作ってたけど、勇気を出してクイックコスメティークダブルをしました…

元々一重でずっとテープを使って二重を作ってたけど、勇気を出してクイックコスメティークダブルをしました。手術の時怖かったけど怖くしないように楽しい話とかしてくれて安心しました。左右幅が違うのが気になりましたが、良かったです。いろいろ…続きを読む

6さん
( 10代 女性 )

腫れも引いて二重のラインが馴染んできました。希望通りの自然な二重に近づいていると思います…

一重がずっとコンプレックスだったため二重手術を受けることにしました。口コミが良く、予算内で手術を受けられるため選びました。とても丁寧にお話を聞いていただきました。このような手術は初めてなのであまり知識が無かったのですが手術方法の提…続きを読む

ポムポムプリン13さん
( 20代 女性 )

院長先生は何度も二重幅を確認してくださり、本当に信頼できました…

自分の目がコンプレックスだったからです。一重が嫌で、中学生の時からずっとアイプチをしていました。泊まりの時は一重の自分を見られたくなくて、友達にばれないようにお風呂上がりにこっそりアイプチをしていました。楽しいはずの泊まり行事や温…続きを読む

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!