ただいまの口コミ 43,746 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,612件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
加齢にともなうまぶたのたるみ、眼瞼下垂にも

上まぶたの切除手術

「若い頃は目が大きかった」「以前は二重がキレイだった」という方でも、加齢によって目が小さく見えるようなったり、奥二重になったりします。これは、目もとのたるみによるもの。そのようなまぶたのたるみをメスで切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除くのが上まぶたの切除手術です。手術方法はさまざまあり、仕上がりにも違いが出ますので、医師と相談の上、適した方法を見つけてください。

上まぶたの切除手術とは?

年齢を重ねるとボディラインが変化するのと同じように、まぶたも皮膚や脂肪を支える力が弱まり、たるみが生じてきます。また、上まぶたがたるんで黒目にかかる症状を眼瞼下垂といいます。眼瞼下垂は皮膚のたるみ、筋肉の衰えによるものだけでなく、瞼板と眼瞼挙筋をつなぐ腱膜が瞼板から外れてしまうことにより、筋肉運動に必要な力が瞼板に伝わらないといったケースもあります。

現在、多くのクリニックで行われているのが、二重ライン付近で余分な皮膚を切除し、必要に応じて脂肪を取り除く方法です。しかし、まぶたの皮膚は眉からまつ毛に向かって薄くなっていますから、二重ライン付近の薄い皮膚を切除しても、上部の厚い皮膚はそのままなので腫れぼったさが多少残ることがあります。この方法は、二重手術と同時に行うこともできるので、目もと全体をぱっちりさせたい方は、そちらを検討するのもよいでしょう。

また、腫れぼったさが残るという違和感を解消するため、最近では眉の下を切除する方法を行うクリニックも増えています。こちらは、まぶたの皮膚の厚い方、たるみの多い方に適していますが、同時に二重づくりができないので、二重を希望する方は改めて手術をする必要があります。逆に「二重になって印象が変わってしまうのは困る…」という方に適しているといえます。

眼瞼下垂の解消には、二重に沿ってまぶたを切開し、はずれてしまった腱膜を瞼板に留め直すという手術もあります。余分な皮膚を利用するので、術後は二重になります。二重の整形も含めて考えている方には適していますが、一重のままで眼瞼下垂を解消したい方には不向きといえます。

上まぶたのメリット・デメリット

メリット

上まぶたの切除手術のメリットは、スッキリした若々しい目もとにできることです。二重に沿ってまぶたを切開する場合、傷跡は二重と重なるのでほとんど目立たなくなりますし、眉の下を切開する場合も仕上がりはとても自然です。クリニックの術式によって差があるものの、施術時間は30分~1時間ほど。1週間後に抜糸が必要ですが、それ以降の通院は必要ありません。

デメリット

切開を伴う手術のため、一度手術すると元に戻せません。また、眉の下を切開する場合、眉が薄い方は傷跡が目立つことがあります。通常のメイクで隠れる程度ですが、中にはアートメイクで整えるクリニックもあります。術後は、個人差があるものの内出血や腫れが目立ちます。軽い場合は約1週間でおさまりますが、強く出てしまった場合は2週間ほど、稀に完全にひくまで1、2ヵ月かかることがあります。効果や仕上がりは医師の技術に左右される面が大きいので、確かな腕を持つ医師による施術をおすすめします。

治療の流れ

カウンセリング・診察

医師の診断を受け、施術方法を相談します。二重をつくる場合は希望する二重のデザインを伝えます。疑問や不安を残さないよう、気になることはどんどん伝えましょう。

デザインの相談・決定

カウンセリングを踏まえ、最終的な仕上がりを決めていきます。二重をつくる場合はラインをつくりながらシミュレーションします。切開法の場合はやり直しがききませんから、希望をしっかり伝えて理解してもらうようにしましょう。

麻酔

手術は局所麻酔で行います。点眼麻酔や麻酔クリームなどの予備麻酔をしてから麻酔注射を打つため、痛みはほとんどありません。

手術

麻酔が効いていることを確認し、手術を開始します。決定したデザインに沿って手術を行います。

口コミPOINT

手術はデザインや状態を確認しながら進めていくことが多いよう。状況が分かるので「安心できた」「丁寧に感じた」という声が寄せられています。

アイシング

手術後、別室にて10分前後患部を冷やし、腫れを抑えます。

帰宅

痛み止めの薬を処方してもらい、そのまま帰宅。手術跡が気になる方はサングラスなどを用意しておくとよいでしょう。

アフターケア

抜糸が必要な場合は、約1週間後に行います。他にも、腫れや痛みが気になる時は、電話で問い合わせたうえで検診してもらいます。

口コミPOINT

切開を伴う施術では、腫れが続いた方もいましたが、「翌日は腫れた」「2日目がピークだった」という方が多いようです。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

上まぶたの切除手術のまとめ

手術の方法や時間、入院の有無

手術対象 加齢とともにまぶたが垂れ下がってきた方。眼瞼下垂の方。
手術方法 二重まぶたのラインに沿って切開し、過度に垂れ下がった皮膚と筋肉、脂肪層を除去する。自然な二重まぶたのラインを作り手術部位を縫合する。
手術時間 約1時間半
麻酔 局所麻酔
入院 必要なし

アフターケア

手術後の管理 冷湿布などで患部を冷やし腫れを沈める。また、3日程後には温湿布をすることで回復を早める。
洗顔・メイク 4~5日後から可能
抜糸 4~5日目

長所と短所

長所 スッキリした若々しい目もとにできる。二重に沿ってまぶたを切開する場合は、傷跡は二重と重なるのでほとんど目立たなくなる。眉の下を切開する場合も仕上がりはとても自然。1週間後に抜糸が必要だが、それ以降の通院は必要は無い。
短所 切開を伴う手術のため、一度手術すると元に戻せない。眉の下を切開する場合は、眉が薄い方は傷跡が目立つことがある。術後は、個人差があるものの内出血や腫れが目立つ。効果や仕上がりは医師の技術に左右される面が大きい。
  • 目もとがくぼんで老けて見える方
  • 三重になっているラインを安定した二重にしたい方
  • たるみのせいで狭くなった二重を元にもどしたい方

みんなの口コミピックアップ

みちこあさん
( 20代 女性 )

二重切開法の腫れは1日目が1番腫れました。一週間後に抜糸し、その後は腫れの引きがいい気がしました…

腫れぼったい一重のため、ずっとアイプチやテープなどを使っていました。 出産を機に、メイクの時間を短縮したい!と思ったため。いろいろとネットで調べましたが、口コミが一番よかったから。当初、切開法か埋没法か決めずに来院したのですが、…続きを読む

*vivi*さん
( 30代 女性 )

二重の切開法の施術後はかなり腫れて血も滲んでいるので深い帽子かサングラスは必須です…

埋没ラインが薄くなってきたため。 化粧をしなくてもくっきり二重にしたいと思い整形を考えはじめましたが、再度埋没して、またラインが薄くなるのも嫌でしたし、瞼に埋没糸が残らないほうが良いと思い全切開に踏み切ることにしました。HPを参…続きを読む

オノモトさん
( 20代 女性 )

切開法の施術後、幅が日に日に狭くなっており 希望の二重になるか少しだけ心配ですが概ね満足です…

腫れぼったく重い一重で、 アイプチ、メザイク、テープetc. どれを試しても綺麗な二重にならず、 無意味で高価な化粧品を買うくらいなら… と思い施術を決めました。友人が先に施術を受けており、 他県ではありましたが 信頼…続きを読む

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!