ノエル銀座クリニックで疑似体験!
皮膚を切らずに二重を作る埋没法

『美容口コミTV』第2回は目ヂカラアップ篇のPart1として二重術を紹介。
二重術には、お手軽といわれる埋没法、しっかり安定する切開法という大きく2つの施術方法があります。
そこで、皮膚を切らずに二重にできると人気の埋没法について、ノエル銀座クリニックの保志名勝先生に教えていただきました!

メスを使わない“手軽さ”が人気の埋没法

解説・協力クリニック

ノエル銀座クリニック
東京都中央区銀座2-5-14 銀座マロニエビル7F
保志名勝先生

埋没法とは、皮膚を切ったり傷つけたりせずに糸を埋没して二重の癖をつけるもの。「メリットは糸を取って戻すことができること。デメリットは切開法に比べて戻りやすいこと」と教えてくださいました。

さっそく埋没法を疑似体験。まずはアーチ型の専用器具を使って二重の形をシミュレーション。並行型二重と末広型二重の両方を試してみました。

並行型は二重のラインが目の形に沿って並行になるもの。末広型は始点が目頭に接していて、目尻に向かって幅が広がっているもの。写真で見比べると違いがよく分かりますね。ちなみに、並行型は化粧映えして華やかな印象になり、末広型は自然な仕上がりで素顔でも表情が出るそうです。

二重の形や幅を決めたら施術に移ります。埋没法は、まぶたの表側と裏側を糸で留めて癖をつける方法。図のように糸を通して結んでいきます。

今回は疑似体験なので布をまぶたに見立てて行います。まぶたを裏返して局所麻酔をした後、丸針でまぶたの裏側から表側に向かって糸を埋没させていきます。

実は経験者だと判明!
保志名先生の埋没法へのこだわりとは?

美容医療のスペシャリストとして長年に渡りさまざまなケースを手がけてきた保志名先生。埋没法に対するお考えをいろいろと話してくださいました!

「キレイな肌にできるだけメスを入れないほうがいいわけですし、それで二重が作れれば一番ハッピーですよね。きちんと手術をすれば糸がすぐ取れてしまうことはないし、埋没法で糸が出てきてしまうという話もありますが、正直そんなことはないですよ。糸が裏側から出てきたら角膜を傷つけたりするので、医者はそういう手術をしてはいけない」

さらに、先生から驚きの発言が! 「僕の二重は17年前に埋没法でやっているけど、傷もなんにもないんですね」(保志名先生)。なんと、先生自身も埋没法で二重にしたそうです。それが17年経った今でも維持されているなんてスゴイですね!

「僕は34年間でかなり二重の手術もやってきました。うちでは『オートクチュール二重』という言い方をしているのですが、10人いれば10人ともまぶたの厚さや皮膚の流れが違う。極端にいえば右と左で違う留め方をします。そうしないとキレイにならない」とも話してくださいました。

手術のクオリティ次第では、糸が飛び出して角膜を傷つける危険もあるなんて恐ろしい話。しかし、そのような結果にならないためにも、一人ひとりに合わせた施術や左右の細かい調整など、こだわりの施術をしてくれる先生なら信頼できますし、安心してお任せできそうですね。

埋没法のここがポイント!

皮膚を切らない

埋没法の最大のメリットは皮膚を切開しないこと。それにより目立った傷跡はできませんし、なにより手術を受けたことが気づかれにくい! やはり周囲の視線は気になりますから、これは嬉しいですね。

元に戻すことができる

まぶたの数ヶ所を糸で留めて癖をつけている状態なので、糸を取り除けば元に戻すことができます。それが「メスを入れて問題があったら……」と、切開法に不安を感じる人に支持されている理由のようです。

確かな手術なら長期間持続も可能

埋没法は「長持ちしない」「糸が出てきてしまう」と言われますが、それは手術のクオリティ次第。経験豊富で確かな技術を持つ医師による施術であれば、保志名先生のように長期間維持することも可能。さらに、留めた糸が出てきてしまうのは医療行為として問題外のようです。

先生教えて!
埋没法はどんな人に向いているの?

「自然な二重を作りたい、傷を作りたくないという方ですね。まぶたの厚い方だと埋没法では癖が弱く、まぶたの厚さに負けてしまうので切開になることもありますが、ただ、脂肪を取って埋没法をすることもできます。基本的には、普通の厚さの方でしたら埋没法が適応すると思いますね」

まぶたが厚い人に埋没法は不向きのようですが、脂肪除去をプラスすることで可能な場合もあるようです。「自分はまぶたが腫れぼったいから無理……」と諦めていた人も自分で結論を出さず、まずはクリニックで相談してみるといいかもしれません!

第2回放送でご協力いただいたクリニック

ノエル銀座クリニック

所在地 東京都 中央区

最寄駅 銀座一丁目駅 徒歩2分

エリア 銀座・有楽町・新橋

営業時間 10時~19時

  口コミ38

メスを使わずに、糸をまぶたに埋没させます。髪の毛よりも細い糸で、しっかり留めることにより、自然な二重のラインを癖づけします。ノエルオリジナル二重術です