ただいまの口コミ 46,723 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,639件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
加齢にともなうまぶたのたるみ、眼瞼下垂にも

埋没法

埋没法は、切開せずに二重をつくる方法です。「メスで切るのは抵抗がある…」という方でも受けやすいことから、プチ整形のひとつとして定着しています。短時間かつ比較的低料金で受けられる点も人気の理由といえます。

埋没法とは?

埋没法は、切開せずに二重をつくる方法です。「メスで切るのは抵抗がある…」という方でも受けやすいことから、プチ整形のひとつとして定着しています。短時間かつ比較的低料金で受けられる点も人気の理由といえます。

希望する二重のラインを決め、髪の毛よりも細い医療用の糸で、ラインを固定するようにまぶたの裏から1~数カ所を留めていきます。局所麻酔をするため、痛みはほぼありません。 クリニックよってさまざまな術式がありますが、代表的なものに「瞼板法」と「挙筋法」があります。その名の通り、瞼板法は瞼板に、挙筋法は眼瞼挙筋に糸を通すものです。 また、留める糸の数(通す糸の数)も「1点留め」「2点留め」「4点留め」などがあります。数が増えるほど二重が安定・維持しやすいといわれますが、当然費用が高くなり、ダウンタイムも長くなります。

糸の通し方や留める数はクリニックによって異なり、まぶたの状態や希望する二重の形によっても向き不向きがありますが、埋没法は、まぶたの皮膚や脂肪が厚すぎない方、皮膚のたるみが少ない方に向いています。また、埋没法によって逆さまつげのお悩みが解消されることもあります。

埋没法の代表的な術式「瞼板法」と「挙筋法」

埋没法とひと口に言っても、クリニックによって術式はさまざまです。オリジナルの術式を導入しているクリニックもありますが、代表的なのは「瞼板法」と「挙筋法」。瞼板法と挙筋法の違いは糸を通す場所にあります。

瞼板法

瞼板法は、瞼板という軟骨に糸を通して二重にする方法です。挙筋法よりも手術が比較的容易なことから多くのクリニックが採用しています。 安定した二重がつくれ、ダウンタイムが短いという特徴がある一方で、糸が切れやすい、ゴロゴロした異物感が残りやすいというデメリットがあります。稀ではありますが、糸が露出して眼球を傷つけるリスクもあるといわれています。

挙筋法

挙筋法は、眼瞼挙筋という筋肉に糸を通して二重にする方法です。生まれつき二重の方は眼瞼挙筋によって皮膚が引き上げられているので、構造的にはそれに近く、仕上がりも自然です。
糸を通す場所が眼球に接していないので傷の心配がなく、糸が取れにくいという特徴があります。一方、瞼板法よりも手術が難しく、ダウンタイムがやや長くなります。

埋没法のメリット・デメリット

メリット

埋没法の最大の特徴は、なんといってもメスを使用しないことです。それにより、傷跡が目立たず、他人に気づかれることも少ないようです。施術自体は約10分、麻酔時間を含めても約30分で終了し、特に問題がなければ通院の必要もありません。メスを使用する手術に比べるとダウンタイムも格段に短く、2~3日で腫れがおさまり、目もとのメイクも可能になります。すぐに日常生活に戻れるので、忙しい方でも気軽に受けやすいといえます。

  • 皮膚に傷跡が残らない
  • 手術時間が短い
  • 切開法に比べて低料金
  • 一重に戻したり、やり直したりできる
  • ダウンタイムが短い
  • 手術したことが気づかれにくい
デメリット

埋没法は元に戻る可能性が高いとされています。ただし、完全に戻ってしまうことは少なく、二重の跡が残ったり、戻る過程で落ち着いたりすることがほとんどです。また、稀に目を閉じると糸の結び目が小さな粒のように動いて見えることがあります。それは、体内に異物が入ることで糸のまわりに小さな肉のかたまりができ、表面に浮かび上がってしまうためです。どちらの場合も、医師の技術に左右される面が大きいので、確かな腕を持つ医師による施術をおすすめします。

  • 糸が切れて一重に戻ることがある
  • 稀に糸の結び目が動いて見える

二重の整形 施術の流れ

カウンセリング・診察

希望する二重のデザインを伝え、医師の診断を踏まえて施術方法を相談します。疑問や不安を残さないよう、気になることはどんどん伝えましょう。

口コミPOINT

口コミでは、カウンセリング時の医師・スタッフの対応がクリニック選びの決め手になった方が多数。説明が丁寧で希望や疑問に耳を傾けてくれるクリニックは満足度も高い傾向!

デザインの相談・決定

カウンセリングを踏まえ、最終的なデザインを決めていきます。専用の細い針金をまぶたに当てて仮のラインをつくりながらシミュレーションします。切開法の場合はやり直しがききませんから、希望をしっかり伝えて理解してもらうようにしましょう。

麻酔

二重の手術は局所麻酔をして行います。点眼麻酔や麻酔クリームなどの予備麻酔をしてから麻酔注射を打つため、痛みはほとんどありません。

口コミPOINT

「麻酔による痛みはほとんどなかった」という方が大多数。麻酔注射を最初に打つ際にチクッとする程度のようです。

手術

麻酔が効いていることを確認し、手術を開始します。決定した幅やラインに合わせてマーキングし、それに沿って手術を行います。所要時間は10~30分(施術方法により異なる)

アイシング

手術後、別室にて10分前後患部を冷やし、腫れを抑えます。

帰宅

痛み止めの薬を処方してもらい、そのまま帰宅。手術跡が気になる方はサングラスなどを用意しておくとよいでしょう。

通院(抜糸)

切開法の場合は、約1週間後に抜糸を行います。埋没法、埋没法+脱脂法では通院の必要はありません。

アフターケア

腫れや痛みが気になる場合はクリニックに相談しましょう。電話で問い合わせた上で、必要に応じて検診してもらいます。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

埋没法のまとめ

手術の方法や時間、入院の有無

手術対象 まぶたが薄く、垂れ下がっていない場合や脂肪を除去する必要がない場合に適合。
手術方法 皮膚を切開せず、糸と針が入るだけのとても小さい穴をあけ、皮膚と組織が連結するように縫合する。代表的なものに「瞼板法」と「挙筋法」がある。
手術時間 約30分~1時間
麻酔 局所麻酔
入院 必要なし

アフターケア

手術後の管理 当日は家で休息を取ったほうがよく、手術後3日までは手術部位に水が付かないように気をつけなければならない。手術後2~3日程度は氷を当てたり、冷湿布をして患部を冷やす。
洗顔・メイク 手術後3日目から可能
抜糸 必要なし

長所と短所

長所 メスを使用しないため、傷跡が目立たず、他人に気づかれることも少ない。手術は短時間で終りダウンタイムがないためすぐ日常生活に戻れる。
短所 二重が元に戻る可能性が高い。稀に目を閉じると糸の結び目が小さな粒のように動いて見えることがある。医師の技術に左右される面が大きい。
  • まぶたの皮膚や脂肪が厚すぎない方
  • 皮膚のたるみが少ない方
  • メスを使わない施術を望んでいる方
  • ダウンタイムをできるだけ短くしたい方
  • 元に戻す可能性がある方
  • 他人に気づかれたくない方
  • できるだけ費用を抑えたい方

みんなの口コミピックアップ

ひなこさん
( 20代 女性 )

小さい目がコンプレックスで、8年ほどアイプチを使って二重にしていました…

小さい目がコンプレックスで、8年ほどアイプチを使って二重にしていました。しかしなかなかクセが付きにくく、メイクの時間が掛かることや、遊んでいても取れていないか常に気になったり、まぶたもかぶれ始めてきたことから二重整形に踏み切りまし…続きを読む

かりぽりさん
( 20代 男性 )

まぶたが重く普通にしていても機嫌が悪そうに見えるのがコンプレックスだった…

まぶたが重く普通にしていても機嫌が悪そうに見えるのがコンプレックスだった。インターネットでいくつかのクリニックの口コミや料金などを調べた結果安くて安心できそうなこちらのクリニックを選んだ。施術前にしっかりと説明をしてくださったので…続きを読む

二重ラブさん
( 20代 女性 )

埋没法の施術後ほとんど腫れてなくて、目が引っ張られている感じかすごくありました…

高校の時からアイプチをして二重にしていたんですけど、最近皮膚が炎症をおこしていて、限界を感じていたのと、毎日アイプチをするのが大変だったため。友人が半年前にここのクリニックで二重整形をして、とても仕上がりが良かったため。カウンセリ…続きを読む

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!