ただいまの口コミ 46,723 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,639件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
かつて主流だったパンチグラフト法の改良型

ミニグラフト法/マイクログラフト法

ミニグラフト法、マイクログラフト法は、ともにパンチグラフト法から派生したもので、毛根単位に分けたグラフトを移植する方法です。移植する部分に合わせてミニグラフト法とマイクログラフト法を併用するケースもあります。

ミニグラフト法/マイクログラフト法とは?

パンチグラフト法は1960年代にアメリカで開発された方法。直径3~4ミリのパンチと呼ばれる円形のメスを使い、後頭部から約10~15本の毛髪を毛根ごとくり抜いた後、薄毛が気になる部分に専用針によって移植するものです。かつては世界的に広く行われていましたが、大きな傷跡が残り、植毛密度が低く、生えぎわが不自然になりがちなことから、今ではほとんど行われていません。
その後、パンチグラフト法の進化版として1990年代に登場したのがミニグラフト法です。4~6本の毛髪を直径1~2ミリのパンチで採取できるようになり、パンチグラフト法からかなり細やかな移植が可能になりました。さらに2000年代に入るとマイクログラフト法が開発されます。こちらは、ドナーを採取し、毛髪1〜3本程にグラフト分けして移植するもので、より一層繊細な植毛を可能にしたのです。同じくドナーをグラフト分けするFUT法との違いは、FUT法が毛包単位であるのに対し、マイクログラフト法は毛髪単位(毛根単位)という点です。

ミニグラフト法とマイクログラフト法を比較すると、ミニグラフト法はグラフトが大きい分ボリュームを出しやすいものの、見た目がやや不自然になる傾向にあります。一方のマイクログラフト法は繊細なデザインに対応できるものの、ボリュームを出しにくいとされています。このような特徴を踏まえ、生え際などの細かい部分にはマイクログラフト植毛、広範囲でボリュームを出したい時はミニグラフト植毛というように、併用することもあるようです。しかしながら、FUT法、FUE法の普及もあり、今では施術数が少なくなっているようです。

施術は、まず採取部分の毛髪を2〜3ミリほどに刈り上げます。局所麻酔をした後、毛髪を頭皮ごとパンチで採取、または帯状に切り取った後にグラフト分けし、専用針などで移植していきます。施術時間はグラフト数にもよりますが3〜5時間程度です。

ミニグラフト法/マイクログラフト法のメリット・デメリット

メリット

ミニグラフト法/マイクログラフト法の最大のメリットは、小さなグラフトを植えるのでデザイン性が高い点です。また、頭皮をメスで切り取るストリップ法に比べて施術時の出血が少なく、施術後の傷跡が目立たないのも特徴といえます。

  • 傷跡が目立ちにくい
  • 移植時に角度や方向が自由に調整できる
  • デザイン性が高い
  • 自然な仕上がりになりやすい
デメリット

針によって植えるため少なからず毛根へ圧力がかかり、スリット式よりも発毛率が下がる可能性があります。また、植毛密度に限界があり、正常毛髪部位の5割程度ともいわれます。ただし、他の方法同様、医師やスタッフの技術力によるところが大きいので、経験豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。

  • 手間や時間がかかる
  • 他の方法に比べて発毛率が下がる場合がある
  • 医師の技術力で仕上がりが左右されやすい

ミニグラフト法/マイクログラフト法 施術の流れ

STEP1

カウンセリング

医師によるカウンセリングを受けます。毛髪や頭皮の状態などを確認した後、移植本数や施術方法、アフターケア、ダウンタイム、デメリットなどの説明を受けます。

STEP2

ドナー採取の準備

下準備として後頭部や側頭部の髪の一部を2ミリ程度までバリカンで刈ります。次に、局所麻酔をしたうえで、パンチで1グラフトずつ採取していきます。

STEP3

移植

植毛する予定範囲の頭皮グラフトを移植していきます。

STEP4

術後処置

移植部分を包帯で軽く固定し、その日のうちに帰宅可能です。

STEP5

アフターケア

包帯部はできるだけ触らないようにし、薬を処方された場合は医師の説明とおりに服用します。

口コミPOINT

帰宅してからや翌日以降の施術部の変化が気になるもの。「事前に話をきいていたので不安はなかった」という声があるように、やはり全ての面で説明が行き届いているクリニックが安心できそうです。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

このような方にオススメ!
  • できるだけ傷跡を残したくない方
  • デザイン性を求める方
10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!