ただいまの口コミ 49,540 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,660件)

二重整形

おすすめクリニックランキング

「一重でメイクが映えない」「目つきが悪い」「いつも眠そうだと言われる」など目にまつわる悩みを抱える人は数多く存在します。
そんな悩みやコンプレックスを解決する手段の1つが二重の整形手術。手術の種類から方法、ダウンタイムの期間、クリニックや医師選びのポイントなど、様々な観点から気になる二重整形の疑問を解き明かします。

二重整形で楽しい人生を!

二重整形で楽しい人生を!

コンプレックスから解放された自分、理想を手にした自分を想像したことはありますか?
目にまつわる悩みを抱える人は数多く存在します。整形手術の中で、今最も身近な存在になっているのは二重整形。なんと日本人のおよそ7割は一重まぶただと言われています。残り3割は二重まぶたですが、そのうちの大半は目尻に近づくにつれ幅が広がる末広型と奥二重。パッチリとした人形のように大きな目を生まれつき持っているという日本人は多くありません。
二重を作るコスメもありますが、長年使用することで肌荒れをしてしまい、かえって悩みが増えるというケースも数多く存在します。
そこで“なりたい自分になる”ために選択されている手段の一つが、二重の美容整形手術です。

二重整形とは?

目元は顔の印象を左右するもの。パッチリとした二重まぶたの目元に憧れる女性はたくさんいます。そんな人たちの悩みを解決しているのが二重整形。美容整形手術の中で最も一般的に行われている二重整形は、目を大きく見せるために二重のラインを作る施術です。術式によっては同時に脂肪の除去を行います。
憧れのパッチリとした目元になることでコンプレックスから解放され、自分に自信を持てるようになるという心理的なメリットもあるようです。
二重整形の方法は“プチ整形”と言われる「埋没法」、メスを入れ半永久的に二重ラインを持続させる「切開法」の2種類が中心。二重整形はその中で細分化していきます。

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、日常生活に戻れるまでかかる時間のこと。整形手術を行ってから日常生活に戻るには、このダウンタイムを考慮しなければなりません。
“手術”というからには、体に針を通したり、メスを入れたりします。程度の違いはあるとはいえ、どの術式で二重整形を受けても高確率で赤みや腫れが発生するものです。
特に埋没法以外はメスで皮膚を切開するので、その影響は大きくなり、ダウンタイムも長くなります。手術の翌日に「キレイになった私を見せたいから」と予定を組むことは難しいでしょう。
このダウンタイムの期間を把握するのも、整形手術において大切なポイントです。

二重整形と眼瞼下垂手術の違いは?

二重整形を調べていると「眼瞼下垂(がんけんかすい)」というものを目にします。どちらも一見似たような施術に見えますが、二重整形と眼瞼下垂の大きな違いは「保険適用」かどうか。治療が必要な眼瞼下垂は保険適用になります。
二重整形の目的は「キレイな二重まぶたを作る」という審美的なことですが、眼瞼下垂は上まぶたが開きにくくなる症状を改善するための手術。症状の原因は先天性や皮膚のたるみ、筋力の低下など様々で、不定愁訴(頭痛、肩こり)の改善が目的です。眼瞼下垂は視覚障害の原因ともなっているので、眼瞼下垂と診断されれば保険適用が可能です。眼瞼下垂手術は元々二重だという方も行います。
ただし、眼瞼下垂でも美容という面で手術をするということであれば、自費診療での適用です。

二重整形の術後は痛い?直後の画像

麻酔が効いている最中はほとんど痛みを感じませんが、術後の痛みは個人差と施術内容によって異なります。

埋没法の場合は、痛みを感じても鎮痛剤を飲むことで緩和される人が多いです。激しい痛みを感じるよりも、針と糸を通しているので違和感を生じる人もいます。腫れとともに緩和されていくでしょう。

切開法は皮膚を切開して縫っているので、埋没法よりも痛みを感じます。腫れや内出血も高確率で発症するので、抜糸をして腫れが引くまではある程度の痛みはあるでしょう。ただし個人差はありますが、こちらも鎮痛剤を飲めば緩和することが多いです。

どちらも少しでも回復を早めるためにアフターケアを行うことが大切です。
腫れや内出血が引くまでは入浴を避け、特に患部付近は優しく洗い、刺激物を避けるなど、医師の指示に従いましょう。

二重整形手術後、メイクはできるの?

目の周り以外のメイクは手術翌日から可能しているクリニックが多いですが、アイメイクに関しては埋没法と切開法で期間は異なります。

埋没法のアイメイク

施術を受けた2~3日後から可能としているクリニックが多数です。

切開法のアイメイク

アイメイク以外は埋没法と同様ですが、アイメイクに関しては抜糸の翌日(術後3日~1週間程度)から可能としているクリニックが多数です。抜糸までの期間がクリニックによって差があるので、施術を受けるクリニックでご確認ください。

男性は二重整形できるの?

もちろん男性でも二重整形を受けられます。最近では男性専門のクリニックも増えてきました。
ただし男性は腫れや赤みをメイクでごまかすことはできません。整形手術を受けたとバレたくない人は少し長めに休暇を取得したり、メガネをかけてごまかしたり、手術後のケアをしっかりと行ったりして対処する必要があります。

未成年は二重整形できるの?

整形手術は中学生や高校生などの未成年でも行うことは可能です。しかもクリニックによっては学生だと学割が受けられることもありますが、親権者の同意書が必要となります。
ただし成長の途中で顔が変わることもあるため、早期の手術では将来的に印象が変わってしまう可能性も十分です。
特に修正が難しく半永久的に持続する切開法を選ぶ際は、慎重に検討しましょう。

二重整形の種類と特徴、値段

二重整形の種類と特徴、値段

二重手術は大きく分けると2種類。糸を埋めて二重を作る「埋没法」と、まぶたにメスを入れる「切開法」です。それぞれ特徴や値段、ダウンタイムなどが異なります。
そして二重整形は自由診療なので保障期間や施術オプション、クリニックで値段も差があります。プラス料金が必要になることもあるので、一概に値段の高低を判断することは難しいですが、自分に合ったプランを見つけることが大切です。

埋没法

二重の“プチ整形”と呼ばれているのが埋没法です。最大の特徴はメスを使わないこと。万が一失敗しても糸を取れば元に戻せるため「まずは試してみたい」という方に向いています。
手術はまぶたの皮膚に1mmほどの小さな穴をあけ、医療用の針と糸を使って皮膚と筋肉をつないで二重を作ります。この時、まぶたの厚みに合わせて留める糸の数を変えていきますが、1点よりも仕上がりが安定しやすい2点、3点……と複数留めを選ぶ方が多いようです。
埋没法は他の術式に比べてリーズナブルで、腫れやダウンタイムが短めです。傷もまぶたに1mm程度の穴があるくらい。1か月ほどで消失するためほとんど目立ちません。
手術当日から翌日にかけては特に大きく腫れ、異物感を唱える人もいます。目立った腫れは2~3日で徐々に落ち着き、1週間ほどで多くの人は良化していくようです。しかし完全に腫れが引いて理想の目元になるまでの目安は1~2か月ほどかかると言われています。
元に戻せるということもあり気軽に行われることも多い埋没法ですが、裏を返すと半永久的な持続は難しいということ。数年で二重の幅が消失したり、下がってきたりする可能性も踏まえなければなりません。
他にも留めた糸に違和感を抱いたり、糸が飛び出したりするケースもあります。状況によっては再手術が必要になることもあるということは頭に入れておきましょう。
また、まぶたに厚みがあるなど埋没法には不向きなケースも存在します。その場合は脂肪除去を同時に行うなどで施術が可能になることもありますが、値段は大きく変動するので、結果的に別の術式を受けた方が、体もお金も負担の少ないことがあるでしょう。

埋没法の中でも糸を結ぶ箇所によって「瞼板法」と「挙筋法」の2種類があります。クリニックによって推奨する方法は違いますが、どちらも手術時間は15分前後で行われ、当日帰宅が可能です。

瞼板法

「瞼板法(けんばんほう)」とは、まつ毛の際に近い「瞼板」という硬めの組織に糸を結びつける方法です。埋没法の中では安定した二重を作ることができるとされており、二重幅が狭くなったり、なくなったりすることが少ないことが特徴。また、この後ご紹介する挙筋法よりも腫れが少ないとされている方法です。
しかし、瞼板法は固定力が弱いために留めた糸が取れやすく、眼球に当たりやすいというデメリットも報告されています。

挙筋法

「挙筋法(きょきんほう)」とは、瞼板のさらに上部にある眼瞼挙筋という柔らかい筋肉に糸を留める方法です。最大のメリットは、留めた糸が取れにくいということと眼球に傷がつくリスクが低いこと。糸の結び目がまぶたの奥になるので、眼球に当たる可能性が大幅に低下します。
その反面、修正手術を行う際には留めた糸が取れにくいというメリットは、紙一重でデメリットになりえます。また挙筋法は筋肉に糸を結びつけるのでまぶたを持ち上げる力が弱まり、将来的に眼瞼下垂になってしまうという可能性が出てくる上に、内出血が起きやすいため瞼板法に比べて腫れが長引くことが多いです。

埋没法は腫れないは本当?

メスを使って切開しない分、回復は早めです。しかし針を通して糸を埋め込むので、個人差はありますが、赤みや腫れ、内出血は発生します。糸を留める点数が多いほど、ダウンタイムは長引く傾向です。切開法よりは腫れが軽いという程度だと認識しておいた方がいいでしょう。
また医師の技量も大きく影響します。

埋没法の施術にかかる値段

埋没法も糸を留める数や技法によって値段に大きく差があり、安価なプランであれば、1万円以下で受けられるものもあります。
しかし実際に埋没法で施術を受ける人が多く選ぶのは、各クリニックで行う“腫れづらい”とされる複数留めの術式。今回は各クリニックが行う施術の中でも“腫れづらい”とされる埋没法の2点留め(両目)を比較しました。(2017年5月末現在)

共立美容外科
¥64,800
(税込、保障期間とオプションなしの場合)
大塚美容形成外科
¥84,000
(税抜、保障期間2年)
湘南美容外科
¥90,000
(税込、笑気麻酔込、保証期間は条件により異なるが1~5年)
品川美容外科
¥116,410
(税抜、保障期間5年、会員の値段はさらに30%オフ)
高須クリニック
¥170,000
(税抜、麻酔クリーム込、保証期間1年)

※クリニックにより「保障」「保証」という表記が異なります。

保障や施術内容に若干の差、クリニックごとの特徴があるため参考程度にはなりますが、代表的なクリニックの値段(税込)を平均するとおよそ11万円です。

切開法

埋没法とは違い、メスを使って皮膚を切開するのが切開法。切開法は皮膚の一部を傷つけて癒着させることによって二重のラインを作る施術です。
切開法には「部分切開法」と「全切開法」の2種類があります。部分切開法はおよそ10~20mm幅、全切開法はまぶたの端から端まで(およそ20~30mm)を切開しているのですが、この傷つける幅によってできる施術内容に違いが生じます。
切開した傷が二重のラインになるため術後は腫れが目立ちますが、回復とともに落ち着いてきます。傷が回復すれば仕上がりはより自然に美しくなりますが、万が一手術に失敗すると修正にはリスクをはらんでしまう術式です。

切開法のメリット

切開法は埋没法よりも強度があるため、基本的に一度施術を受ければ、二重のラインは半永久的に持続します。特に全切開法では、幅広の平行二重を形成することも可能です。
しかしごくまれに傷をつける範囲の狭い部分切開法では、まぶたのたるみによって二重の幅が狭くなってしまったり、ラインが目立たなくなったりするケースもあるようです。

切開法のデメリット

切開法は文字通り皮膚を切開するため、埋没法とは違い元に戻すことはできません。二重ラインの修正は可能ではありますが、再手術の難易度は非常に高くなるので、信頼できる医師に的確な施術をしてもらうことが大切です。
また個人差はあるものの腫れや内出血は目立ち、ダウンタイムの期間も長くかかります。

全切開

全切開法はまぶたの端から端まで(およそ20~30mm)を切開します。部分切開と違うのは幅だけではなく、脂肪の除去や皮膚の切除、幅の広い二重を作ることにも向いている術式です。まぶた全体を切開するので傷が治ればより自然な二重ラインを手に入れることができます。しかも半永久的にクッキリとした二重ラインを手に入れることが可能です。脂肪除去も同時に行えるので、よりスッキリとした理想の目元に近づけます。このことから、二重のラインがほとんどない人や、まぶたに脂肪が多く腫れぼったい印象のある人に向いているでしょう。
このように仕上がりは美しくなりやすい上に二重ラインは半永久的に消失しないものの、切開の範囲が大きいため、ダウンタイムは他の術式と比べて最も長期にわたります。二重整形手術の中で、体への負担は一番大きいと言えるでしょう。
全切開法では強い腫れが1~2週間ほど続きます。しかし回復までに時間がかかるということを除けば、部分切開法と比べても術後の過程は大差ありません。どのクリニックでも平均して1週間程度で抜糸をします。
完全に腫れが引くのは6か月ほどだと考えてください。長い人だと1年近くかかることもあります。
抜糸をしてしばらくは見た目もグロテスク。腫れがそれなりに引くまでは傷跡も目立つので、整形手術を行ったことをごまかすことは難しいかもしれません。
また施術と同時に脂肪除去を行うケースもありますが、医師が脂肪を除去し過ぎると目がくぼんでしまうこともあります。

部分切開

部分切開法では傷つける範囲の定義はなく、クリニックによって差がありますが、およそ10~20mm幅が多いようです。メスを入れるので埋没法よりも二重のラインが戻りにくく、全切開法よりも体へのダメージが少ないというのが特徴。埋没法よりも長持ちし、全切開法よりダウンタイムは短く済みます。そうは言っても、まぶたにメスを入れて皮膚を切開するため、強い腫れは1週間ほど続くと考えてください。まれに強い腫れが落ち着くまで1か月前後かかるケースもあります。二重のラインが定着するまでの目安は3~6か月程度。傷の少ない埋没法より負担がかかるので、ある程度のダメージは覚悟して予定を組んだ方がいいでしょう。
このように埋没法と全切開法のメリットを掛け合わせたかのような術式ですが、裏を返せば埋没法よりも負担がかかる上に、全切開法ほどキレイな二重ラインができにくいということ。二重ラインの幅が狭いので、特に目を閉じると見た目に違和感を生じる可能性も否めません。
また、切る範囲の大きい全切開法とは違い、幅の広い二重を形成したり、組織の奥にある脂肪やたるみを取ったりすることは難しいです。このことから積極的に部分切開法を行わないクリニックもあります。
部分切開法に向いているのは、まぶたに厚みがなく、幅の狭い二重ラインを作りたい方が中心だと言えるでしょう。

切開法の施術にかかる値段

各クリニックとも高額な施術になっていますが、クリニックによっては部分切開法と全切開法を同一料金に設定しているところもあります。
今回は複数の切開法プランがある場合、最も高額なもので比較しました。(2017年5月末現在)

湘南美容外科
¥191,560
(税込、保証期間1年)
高須クリニック
¥250,000
(税抜、部分切開法と同一料金、麻酔クリーム込、保証期間1年)
銀座美容外科クリニック
¥300,000
(税込、薬代や麻酔代などは別途)
聖心美容クリニック
¥324,000
(税込、部分切開法と同一料金、保証期間1年)
大塚美容形成外科
¥410,000
(税抜、挙筋固定)
品川美容外科
¥461,110
(税抜、保障期間1年、会員の値段はさらに30%オフ)

※クリニックにより「保障」「保証」という表記が異なります。

こちらも参考程度ですが、代表的なクリニックの値段(税込)を平均するとおよそ34万円です。全切開法でまぶたの脂肪切除を同時に行うと、さらに数万円が必要になることもあります。

二重整形のリスク

二重整形のリスク

いくら日帰りで憧れの二重ラインが手に入るといっても、整形は麻酔をかけ、体に針やメスを入れる“手術”です。気軽に行うことができてもメイクとは違うので、当然リスクや痛みを伴います。

二重整形が周囲にバレる

二重整形は体に針や糸を通し、メスを入れるので全くダメージがないわけではありません。ある程度は腫れや内出血、赤みを生じる可能性が高いです。
周囲に二重整形をカミングアウトしているわけではない場合、以前と目周辺のイメージが極端に異なるとバレてしまう可能性があります。

埋没法がバレるきっかけ

埋没法では腫れや内出血の程度は少ないものの、糸をまぶたに留めるので、まれにまぶたから膨らみが見えることがあります。

切開法がバレるきっかけ

切開法では術後の傷口も腫れも目立ちます。抜糸して傷跡が落ち着くまでは完全にごまかすことは難しいでしょう

二重整形がバレないための対策

術後は傷跡が落ち着くまで極力人に会わないという方法が一番簡単です。しかし特に社会人の場合は、休暇の取得は限度があります。
まずは医師の指示に従い、早期回復を努めましょう。術後のアフターケアに関して説明を受けたことを守ることは大切です。
サングラスやメガネの着用もおすすめです。ある程度の腫れやない内出血をごまかすことができます。どうしても人と接する必要がある際には有効です。

失敗や合併症

二重整形は手術なので、埋没法や切開法ともに失敗や合併症が出る可能性も否定はできません。
気になることが出てきたら医師に相談しましょう。

失敗する確率は?

トータルでの数字は正確には出ていません。しかし知識を得ることと対面でのカウンセリングをしっかり行うことで、その可能性を大幅に下げることはできます。

希望通りの二重幅にならない

仕上がりに左右差が出たり、希望のラインとはまったく違ったりするという場合、手術の方法がまぶたの状態に合っていなかったことや、医師の技量不足という可能性が考えられます。
対処法としては再手術が中心です。

腫れがなかなか引かない

ダウンタイムの目安は出されていますが、実際に症状が落ち着くまでには個人差があります。術後1か月ほどは経過を観察し、それでも腫れが引かない場合は医師に相談しましょう。まれに二重ライン設定のミスや、埋没法の場合だと糸の影響を受けている場合があります。

傷跡が目立つ

切開法の場合、必ず傷跡ができてしまいますし、傷跡が馴染んでくるまでは半年から1年ほどかかることがあります。術後に刺激したり、極度に触ったりすれば傷が目立ってしまうことがありますが、手術自体に問題があったという可能性も否定はできません。
気になるようであれば医師に相談しましょう。

失敗しないための注意点

手術を行うと決意したからには、希望や理想を医師にはっきりと伝えること、医師の見解を聞くことが大切です。安易に手術を決めず、他院とも比較し、納得するまでしっかりとカウンセリングを受けましょう。
しっかりと検討した上で、施術を受けることをおすすめします。
場合によっては、医師に相談しつつ修正や再手術を行うことも視野に入れましょう。

二重整形の口コミ

二重整形の口コミ

クリニックのホームページだけではなく、口コミサイトやブログなど、今は様々な意見を目にすることができます。痛みや腫れの程度、ダウンタイムの期間、二重がなじむまでの経過、クリニック選びなど、“生の声”はとても参考になるものです。
ここでは実際に二重整形をした人の率直な感想をお届けします。

城本クリニック立川院

埋没法の術後2週間を過ぎた辺りから、左目の元々の二重とバランスがとれてきました

  • Er1naさん
  • 20代
  • 女性
  • 東京都

施術の内容・痛み・かかった時間

埋没法の三点止め、右目のみの実施です。
準備を含めて20~30分程度で施術が終わったと思います。
痛みはほとんど無かったです。麻酔の際に少しだけ我慢するだけでした。

施術後どのような経過を辿りましたか?

施術初日は、瞼が少し赤く腫れました。
私は片目のみ二重にしたため、他人からはものもらいに見えたようです。腫れ方も確かに似たような感じでした。

5日~1週間程度で赤みは引きましたが、まだ若干の腫れぼったさが残っていました。
時折、目やにが良く出たり、それによって視界がくもることがありました。
血流を良くしすぎてしまうと腫れが長引くと説明を受けたので、1週間はお酒や熱いお風呂、激しい運動は控えていました。

2週間経つ頃には、ほとんど腫れも引き、ほぼ自然な二重になりました。
このころにジムでの運動やお風呂も再開しましたが、特に悪影響は出ませんでした。

1ヶ月間ほど経った現在、自然な二重瞼になりました。
普段通りの生活をしても問題ありません。
施術とは関係なく、数日間涙を流し続けた日があるのですが、それでも腫れること無く綺麗な二重のままでした。

満足度、良かった点など

毎朝アイプチをする時間が必要なくなったことと、糊を落としのために目をこすらなくて良くなったため、非常に満足しています。
現在は左右ともにバランス良く自然な二重になり、人目を気にすることも無くなりました。

写真に写る際も、今までは一重と二重で非常に顔がゆがんで写ってしまったのですが、少し軽減されたように思います。

特に痛みや違和感などもなく、スムーズに自然な二重を手に入れることができました。

高須クリニック名古屋院

埋没法の施術一週間後、二週間後と幅が狭くなっていき、腫れも落ち着き、突っ張りや違和感も無くなりました

  • ちゃれさん
  • 40代
  • 女性
  • 愛知県

施術の内容・痛み・かかった時間

カウンセラーさんのカウンセリングや支払いの後、メイクが落ちてる事を確認の上、麻酔クリームを塗ってもらい、しばらく待合の椅子で待つように言われる。
名前を呼ばれて施術室へ移動。
自分の名前や施術名を口頭で確認後、台に寝て待機していると医師が来て、幅の確認。
やはりあっさりしているので、確認したい点や希望あれば、多少面倒くさそうにされようと、この時点できちんと言ってみるほうがいいのでは?と思う。
瞼の表や裏に数カ所麻酔注射。瞼裏はちくっとした痛み有り。表はそれほどではない。

痛みは麻酔のお陰で無いが、引っ張られている感覚は有り。
自分では力を抜いているつもりが、力を抜くように何度も促される。
そうこうするうちに10分ほどで終了、また10分ほど寝たままアイシングの後、看護師から術後の簡単な説明、クリニックを出る。

施術後どのような経過を辿りましたか?

自然な狭目のラインだったためか、腫れや幅の変化などは、ほぼ説明書やカウンセラーさんの説明の通りな感じだった。
腫れが大方治ってからは、それほど違和感は無いが、術後一ヶ月以内は、目に力をいれるような感じで上を見たりするなど、そんな時にまだ突っ張り感があったくらい。普段の違和感はあまり無く、ほぼ忘れて過ごしていた。
二ヶ月目以降は、それもだんだん軽減。今も、全く無い訳ではないが、普通にしていたら何も気にならない。

二ヶ月目からは、節目の時にできる二重の折り込みラインのクセが出来て来て、作り物感が軽減。術前にアイプチなどのクセが無いと、しばらくは織り込まれる部分に二重の皺ラインが無いので、分かる人には分かりやすい作り物感を感じさせるかもしれない。

満足度、良かった点など

術後、トラブルも特別な違和感も無く過ごせているし、ラインも狭目ですが自分的には一重とは大違いなので、満足です。
少しでも二重ラインがあると、目元の見え方は違うと思います。

湘南美容外科クリニック大阪心斎橋院

以前別の医院で埋没法を受けた時はかなり傷みがあったので、それに比べればほとんど傷みはありません

  • mr217さん
  • 30代
  • 女性
  • 大阪府

施術の内容・痛み・かかった時間

笑気麻酔をしてふわっとした状態で瞼に麻酔をしていきます。
少しチクッとする傷みはありましたが、我慢出来る範囲でした。施術中は瞼が引っ張られるような感覚はあります。
時間は20分くらいかなと思います。
以前別の医院で埋没法を受けた時はかなり傷みがあったので、それに比べればほとんど傷みはありません。

施術後どのような経過を辿りましたか?

施術後2週間が経ちましたが、瞼の腫れも内出血もなくすっかり落ち着きました。
施術直後から2日ほどは腫れていたと思いますが、それでも目立つほどではなくお化粧をして普通に外に出て買い物が出来るくらいの腫れです。
以前埋没法をした時は本当にしばらく誰にも会えないレベルの腫れと内出血だったので、びっくりしています。
術後1週間ほどは瞼に触れると少し傷みがありましたが、今は何の傷みも違和感もありません。
家族や友達に会ってもまったくバレていません。

満足度、良かった点など

腫れづらいとはいっても以前普通の埋没法を経験しているので、まったく腫れないということはないと覚悟していましたが、今回は本当にほとんど腫れも傷みもなく内出血もなかったことに驚きました。
ダウンタイムというか違和感があったのは2日ほどです。当日からお化粧も出来るので、アイシャドウ等でごまかして眼鏡でもかけてしまえば翌日でもほとんどわからないと思います。
私は何よりダウンタイムが少なく術後の痛みがないこと、そしてとれにくいことを最優先に考えていたので、すごく良かったです。もっと早くすれば良かったと思いました。
ただ、やはり埋没法にしては料金が高いかなと思います。この料金なら切開も可能なので…。
でも個人的には大満足です。

共立美容外科 福岡院

奥二重の私は、以前から埋没法に興味があったのですが腰が重く何年も行動には移しませんでした

  • さまこみさん
  • 20代
  • 女性
  • 福岡県

施術の内容・痛み・かかった時間

麻酔はチクっとする程度で
手術自体も痛くありませんでした。

麻酔した後に眼球とまぶたの間に金属板みたいなのを入れるのですが
これは少し痛みと気持ち悪さがあります。 でも、説明ときに教えてくれてたので良かったです。

かかった時間は手術自体は10~15分程度
そのあとオプションで冷やすのを付けたのでプラス10分
カウンセリングやお会計は2,30分
だったと思います。

施術後どのような経過を辿りましたか?

仕事帰りに施術し、その日はメガネして帰宅。腫れて左瞼は少し内出血してました
翌日休みだったので化粧もせず、塗り薬塗り過ごしました。腫れも内出血もまだあり

施術して二日後化粧して仕事へ
職場の人に目でかくなりましたね!と気付かれました笑
まだ腫れていたので分かりやすかったかと

1週間位して腫れも落ちつき内出血もほぼなくなりました。
2週間で気にならなくなりました

初日から痛みは全く無かったです。
一か月経った今、腫れも内出血もなく化粧も気にせず過ごしてます。

満足度、良かった点など

腫れもそんなに無く痛みもないので
良かったです。

ただ、自然なふたえを希望してカウンセリングでも見てもらい、施術したのですが
私の目が悪いのか
左だけ少し幅ができてるような感じがします。少しなので大丈夫ですが
もう少し自然にして欲しかったなと

右はいいので、私の目の問題かもです。

でも、施術して良かったです。
満足してます。

植村美容外科

埋没法の施術をうけて5日目になりますが、腫れも内出血も出ず、日に日に理想の二重ラインに近づいています

  • Reeeeさん
  • 10代
  • 女性
  • 新潟県

施術の内容・痛み・かかった時間

麻酔は目薬→注射(まぶた表)→注射(まぶた裏)という順番でした。目薬は沁みずに痛みもなく、まぶたへの注射も一瞬だけチクッとするだけでした。麻酔をしている際にも、先生方が優しく話しかけてくださり、力を抜いて受けることができました。
麻酔が終わると、ほとんど目の感覚はなくなり、触れているというのがわかる程度で、痛みなどは全くありませんでした。先生方が色々話しかけてくださり、会話をしている間に、20分程度であっというまに施術は終わりました。

施術後どのような経過を辿りましたか?

術後直後は目がつられるようなへんな感じがあり、腫れはむくんでいるぐらいでした。
術後1週間ほどは、目に違和感がありました。
腫れは、むくみ程ですが大体2週間で落ち着きます。
今、1ヶ月が経過しましたが違和感も腫れもなくなりとてもナチュラルな二重になりました。

満足度、良かった点など

術後直後は違和感しかなく、本当に大丈夫なのかという疑問と、二重幅を広くしすぎたという後悔がありました。
ですが、時が経つにつれて本当に落ち着いてきて、二重幅も希望していた通りになりました。
毎朝アイプチしたり、取れる心配もなくなり、メイクもとても簡単になりました。 施術をして本当に良かったです。大満足しています。

コスメディカルクリニック シンシア 銀座院

まぶたに線はあるが二重ではない状態で、眉毛をあげて目を大きく見せる癖がついていた

  • えいり09さん
  • 20代
  • 女性
  • 東京都

施術の内容・痛み・かかった時間

洗顔して、施術室に案内されて写真を撮った。そのあと院長がきて、二重の形を決めた。特に希望は聞かれず、ここでいいね~という感じ。私的には変に自分の希望を言って不自然になるよりは、こうやって完全お任せの方がいいと思った。
麻酔クリームを塗って30分くらい寝て、そのあと施術。ガスの麻酔もしたので、痛さは特に感じないが、意識はあるので面白かった。施術時間は10分ほどだった。

施術後どのような経過を辿りましたか?

施術当日
右目が麻酔のせいで半分しか開かない。
また血がにじんで腫れている状態。
痛みはなし。

2日目~4日目
内出血と腫れが続く。
プロテインやサプリを多く取っていたので、腫れは他の人よりは少ないかもしれない。枕を高くして寝た。寝起きの目ヤニが大量。

5日目~
会社に行く。腫れはまぁなくなってきたがまだ喰い込みが強く、目を伏せると整形の線がバレバレ。
さらに私は内出血がひどかったので、コンシーラーで隠したが、だいぶ不自然であったと思う。

12日目~
コンシーラーはいらなくなった
まだ喰い込み感はあるのと、左右差がある。

約1ヶ月の現在
喰い込み感と左右差がほとんどなくなり。
二重幅も自然な末広に。
目を閉じるとまだ目頭側に線がある。

満足度、良かった点など

ダウンタイムは、想像していたより内出血がひどくてきつかった。あと喰い込み感も強いので1週間は休みを取ればよかったと思った。

1ヶ月たった今はとても満足してる。
眉毛を上げる必要がなくなったせいか、額にシワが寄ることもなくなり、若々しい印象になれたと思う。
目も優しい感じになって、形もきれい。お任せして良かった。

二重整形を告白した芸能人

二重整形を告白した芸能人

以前から芸能人の“整形疑惑”は絶えません。しかし今は「二重整形を行った」とカミングアウトしたり、テレビ番組や書籍で特集を組んだりしている芸能人も存在します。
芸能人でもオープンにすることが増えてきたということは、それだけ二重整形が“メイク感覚”で行われているという証拠になるのかもしれません。
今回は噂や疑惑レベルではなく、二重整形を行ったというソースがある芸能人をご紹介します。

浜田ブリトニー

漫画家でタレントの浜田ブリトニーさんは2010年にテレビ番組で公開手術を行い、切開法で幅広の二重ラインを手に入れました。その際はギャルメイクに映える幅広の二重にしたため、メイクが薄くなるとともに片目が不自然に開きすぎてしまうという悩みが発生。「無理な整形は求めちゃいけない」と実感したそうです。
そこで2016年に二重の修正手術を受けました。しかし二重ラインが元に戻ってしまったため、数日後に再々手術を受けることに。修正手術は難易度が高いことは納得して施術を受けているので、想定の範囲内だったそうです。

【ブログでの情報発信】
浜田ブリトニー オフィシャルブログ:http://lineblog.me/britney/archives/10991369.html

KABA.ちゃん

2016年に体も戸籍も男性から女性へ変貌を遂げたタレントで振付師のKABA.ちゃんさん。その様子はテレビ番組でも特集されました。体だけではなく、顔も女性らしさを求めて二重を含めた整形手術を行ったと記者会見でも報告しています。

【記者会見での報告】
デイリースポーツ:https://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/12/0009381700.shtml

今井メロ

元スノーボードハーフパイプ選手でオリンピック出場経験のある今井メロさん。出演したテレビ番組や自著で二重整形を行っているとカミングアウトしています。術式は出演番組では「メスを入れた」と明かしているので、切開法が有力です。

【自著】
泣いて、病んで、でも笑って(双葉社)

吉川ちえ・ちか

双子ギャルモデルの吉川ちえさん、ちかさん姉妹も2014年に全切開法で二重整形を行いました。ずっと二重整形を考えていた仲良し姉妹が同時に手術を行った理由は「一緒に施術してダウンタイム過ごす方が絶対怖くない」からだそうです。
2人はそれぞれ個人ブログで経過を詳細にレポートしています。

【ブログでの情報発信】
吉川ちえblog:http://blog.crooz.jp/xochieox/ShowArticle/?no=3696
吉川ちかオフィシャルブログ:http://lineblog.me/yoshikawachika/archives/7751399.html

はるな愛

タレントのはるな愛さんも全身の整形手術をカミングアウトしている1人。SNSでの発信はありませんが、複数の出演番組で語っています。全身ということで、二重や鼻だけではなく、豊胸なども行っているようです。
しかも2009年の時点で手術とメンテナンス費用として約6,000万円を使っていると出演番組で話しているので、現在はもっと上積みがあるのかもしれません。

小森純

モデルの小森純さんも2011年に出演したテレビ番組で二重整形を告白しています。施術内容は埋没法。“プチ整形”は行っているものの、体にメスは入れていないそうです。

二重整形のおすすめクリニックランキング

二重整形のおすすめクリニックランキング

いざ二重整形を実行しようと決めたら、大切なのはクリニック選び。ただ安いだけでは不安が残りますし、高ければ安心というわけでもありません。無数にあるクリニックの中から選ぶためのポイントをご紹介します。

二重整形の名医を探す方法

執刀してもらう医師に対して「技術がある」ことや「信頼できる」ことは大切な要素。ネットを検索すると、クリニックのホームページや広告で「名医」「人気」という言葉も並んでいて、何を信用していいのかわからなくなる人も多くいます。
そこで大切なのは情報を集めるだけではなく「見極める」ことです。

二重整形の名医とは

高いお金を支払うのですから、腕のある医師に手術をしてほしいと願うのは当然のこと。しかし“名医”に明確な定義にはありません。
その中でも名医かどうかを判断するために欠かせないのは技術力。経験を積まなければ技術を習得することは不可能です。そのことから、経験の浅い名医はまず存在しないと考えていいでしょう。特に術後の見た目を重視し、人生を左右する美容整形において、技術力というのはとても大きな影響を及ぼします。経験年数、執刀経験は重要なファクターです。それに数ある整形手術の中でも二重、隆鼻術、豊胸など分野によっては得手不得手があるでしょう。受けたい施術をどれだけ行っているかを調べてみるのも手段です。
しかし、どれだけ二重整形を極めていても、中には患者に寄り添わない医師も存在します。技術力はあっても患者の話や希望を無視して淡々と進める医師は、決して名医であるとは言えません。クリニックに訪れる患者の大半は不安と希望を同時に抱いています。不安を1つずつ解消し、希望の施術で対応できる内容か、しっかりと寄り添いながらカウンセリングしてくれるかどうかもポイントです。
中には無理な要望を強引に受ける医師も存在します。施術としては可能でも、その人にとってベストではない手術になると美しい仕上がりにならないケースも十分です。

知名度だけで判断せず、受けたい施術が得意かどうかを踏まえ、実際にカウンセリングを受けて信頼できる医師かどうか。トータルで名医かどうかを判断することが大切と言えるでしょう。

ホームページで見るべきポイント

クリニックのホームページでは、施術を行う医師のプロフィールや経歴を公開していることが増えてきました。理念だけではなく専門分野、そこにかける思いなどが凝縮され、医師の“表情”が垣間見えるプロフィールが公開されています。
医師のプロフィールをよく見てみると、得意分野を明確に提示している医師もいますし、一見ベテランの医師でも美容医療の分野では経験が浅い医師、二重整形よりも他の施術が得意な医師、肩書は院長だけど施術は何年も行っていないなど、詳細な情報がわかるホームページも多いです。クリニックによっては分野ごとに専門医を作っているという情報もわかります。

経歴に関しては美容医療の経験はもちろん、技量のベースとなる医師としての経験をチェックするのも大切です。特に「日本形成外科学会専門医」の資格を持っているというは技術力のベースができあがっていると判断される材料の1つ。最低でも研修医として2年、形成外科医として6年以上の経験があり、症例数もこなしているので、ベースとなる技術が未熟であるという可能性は限りなく低くなります。
日本形成外科学会専門医の資格を持っていて、日本美容医療協会の適正認定医である医師の技量は安定している可能性が高いです。必ずしも優秀というわけではありませんが、医師を選ぶ際の判断材料になりえる情報だと考えていいでしょう。

今はクリニックのホームページや医師の個人ブログで、症例を写真付きで報告していることがあります。気になる医師を見つけた際はそちらも探してみるとより詳細な情報を得ることができるでしょう。

二重整形の名医を探すときの注意点

インターネットには情報があふれていますが、すべてを鵜呑みにしては危険です。得た情報は先程ご紹介したポイントである程度まで精査することはできますが、最終的にはクリニックに足を運び、担当医師と対面でカウンセリングを受けるということが大切になります。

カウンセリングを受ける際、医師がしっかりと目を見て、納得できるくらい説明を誠実にしてくれるかということを意識してください。
二重整形を得意としていなかったり、技術に自信がなかったり、嫌悪感を抱いていたり、カウンセリングをさっさと切り上げたり、あれこれと不要なオプションを追加したりしてくる医師も存在します。情報では名医のようでも、そのような医師は言語道断。互いに信頼関係を築くことはできません。
不安を払拭できない場合、他のクリニックにも足を運んでみたり、即決せずに一度冷静に考えてみたりするのもいいでしょう。ここで「今決めないと」と煽られることがあれば、その医師は患者に寄り添っているとは言えません。
しかし担当する医師も人間なので相性というものはあります。整形手術は今後を大きく左右しかねないことなので、あきらめずに信頼できる医師を根気よく探してください。

希望を伝えたら、医師の意見に耳を傾けることも大切です。時には希望通りのプランではなく「この方がより希望を叶えられる」というものを提示されることもあるでしょう。希望を否定されたと感じる前に、一度冷静になって話を聞いた方がいいこともあります。親身になってより良い治療法を提案してくれるだけではなく、施術内容や値段の説明、リスクやダウンタイムの経緯など、のしかかってくるだろう負担についてもしっかり説明してくれる誠実さは“名医の条件”です。

東京の二重整形おすすめクリニック

大阪の二重整形おすすめクリニック

名古屋の二重整形おすすめクリニック

福岡の二重整形おすすめクリニック

札幌の二重整形おすすめクリニック

仙台の二重整形おすすめクリニック

他エリアの二重整形おすすめクリニック