バックナンバー
第4回放送 口元エイジング編

今回の放送ではほうれい線に焦点を当てた「口元エイジング」をご紹介。
年齢とともに気になる部分の一つ、ほうれい線。そんなほうれい線には加齢による筋力の低下でできるミゾと頬骨など骨格によってできるミゾがあります。
治療方法はミゾの深さに応じて大きく3種類。ヒアルロン酸注射、糸によるつり上げ、切開によるリフトアップがあります。それぞれの治療方法をご紹介しましょう。

ミゾの浅いほうれい線を注射で簡単に解消!
ヒアルロン酸注射

まずはヒアルロン酸注射によるほうれい線治療をご紹介します。
解説してくださるのは品川美容外科の秦 真治(はた しんじ)先生。

解説・協力クリニック

品川美容外科渋谷院
東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館6F-A号

ヒアルロン酸注射のメリットは、ダウンタイム(回復期間)がほぼなく、注射直後から効果を実感できることだそう。また、ヒアルロン酸は異物ではなく、もともと体内にある物質のため安全性が高いとのこと。
一方、デメリットは繰り返し施術が必要なこと。個人差があるものの約3ヶ月から半年に1回のペースで注射が必要になります。

ここで、ヒアルロン酸注射を番組スタッフが疑似体験! 秦先生がシミュレーションしながら解説してくださいました。

使用するのは“マイクロカニューレ”という注射器。マイクロカニューレとは先端が丸い針のことで、従来の先端が尖った針よりも刺激が少なく、内出血がほぼ抑えられるのが特徴とのこと。そして、1ヶ所から注入するので注射跡が目立たない方法だそうです。

続いて施術です。ほうれい線の先端部分に針穴を1ヶ所開け、そこからマイクロカニューレを小鼻あたりまで挿入。 バランスを調整しながら、小鼻部分から口元まで順に注入していきます。

次は春巻きの皮を皮膚に見立て、ほうれい線を作りヒアルロン酸を注入してみました。施術時間はわずか5分。しっかりほうれい線のミゾが埋まりました!

編集部コメント

ヒアルロン酸注射というのはよく耳にしていましたが、こんなに簡単な方法でほうれい線を埋めて目立たなくできるとは驚きです。ただ、ヒアルロン酸を入れすぎてしまうと不自然になることもありそう……。それだけに、よいドクターにめぐり会えるかどうかがポイントになりそうですね!

糸で中度のほうれい線を引き上げる!
溶ける糸によるリフトアップ

次は、注射では埋まりきらない中度のほうれい線に向いているのが「糸によるつり上げ」です。 こちらについて解説してくださるのは、新宿ラクル美容外科クリニックの山本厚志先生。

解説・協力クリニック

新宿ラクル美容外科クリニック
東京都新宿区西新宿7-11-15 サンフル西新宿2F

そもそも糸を使った施術にはどのようなものがあるのでしょうか?
「3Dリフトロングという円すい状のバイオコーンのついた道具を使って皮膚を引っ張り上げるという糸のリフトがあります」と山本先生。
従来はトゲが固定された糸でこめかみまで結び、つり上げていましたが、最近では、2本の針に溶ける糸がついた3Dリフトロングで引っ張る治療が人気なんだそう。

3Dリフトロングの特徴は、糸についている円すい状のバイオコーン。
このコーンが糸の結び目と結び目の間を一定範囲動くことで、従来おこることのあった皮膚のひきつった感覚が軽減されるとのこと。

デメリットは、年配の方などたるみの強い場合には引っ張り上げきれないことだそうです。

最近ほうれい線が気になるという番組スタッフが疑似体験!
まずはカウンセリング。たるみが気になる部分をマーキング、ほうれい線に影響を与えるたるみをデザインしたら、続いて糸を入れる場所を決めます。

基本的に1本の針はこめかみから頭部にかけて、もう1本の針はこめかみから頬まで入れ、糸を残したまま針を抜きます。今回のスタッフの場合、右側のほうれい線をとるために縦3本、頬の上に折り返して1本、計4本の使用がベストとのこと。

続いて鶏肉を頭部に見立てて、糸によるつり上げ効果を検証!
進入点から左右方向に1本ずつ挿入すると、もともと約13cmだった距離が約11cmに! 個人差はあるものの、平均で2cmほど引き上がるそうです。

施術前後の写真を見てみましょう。
頬のくぼみがすっきりとなくなり、若返ったように見えますよね。このように、中度のたるみからくるほうれい線は糸によるつり上げで対処できるそうです。

ダウンタイムは、腫れの少ない人なら1~3日で落ち着き、長い人でも約1週間で腫れはほとんどなくなるそうです。

編集部コメント

糸によるつり上げ治療は、溶ける糸とバイオコーンというトゲがポイントなのですね。 トゲのついた糸を肌の中に入れるなんて痛そうですが、トゲも皮下で柔らかくなり徐々に吸収されるので痛みがないそうです。

重度のたるみはメスで直接引っ張り上げる
切開によるリフトアップ

続いてご紹介するのはメスを使ったリフトアップです。
この治療を解説してくださるのは新宿中央クリニックの平田 亮先生。

解説・協力クリニック

新宿中央クリニック
東京都新宿区西新宿1丁目19-5 新宿幸容ビル6F

新宿中央クリニックでは重度のほうれい線に対して「ミニリフト」と呼ばれる切開リフトアップを行っているそう。 これは、耳の前で切開して頬を持ち上げ、ほうれい線を改善するのだそうです。

メリットはたるみを劇的に改善できること、また他の治療に比べて持続期間が圧倒的に長いこと。実際に5年以上はもつそうです。
デメリットはメスで切開するので、腫れや内出血がおさまるまでに約1週間かかってしまうことだそうです。また、傷跡の赤みが数ヶ月出る可能性があり、長い人で約半年続くこともあるとのこと。

ここで番組スタッフが切開によるリフトアップを疑似体験!
まずは、ほうれい線の位置と切開部分をデザイン。術後の傷跡が目立ちにくい、耳たぶギリギリが切開ポイントだそうです。耳の前から切開し、表皮を剥がしてつなぎ合わせてほうれい線を引き上げます。

続いて、春巻きの皮を皮膚に見立てて施術。ほうれい線の位置と切開部分をデザインし、麻酔をかけた後、切開して皮膚を剥離します。

その後、頬のたるみごと皮膚を引き上げて、余った皮膚を切除し、細かく縫合していきます。一般的な外科手術よりもとても細かく縫合することで傷口がよりキレイに治っていくそう。

これでリフトアップ完了。
施術時間は約1時間半とのこと。

リフトアップ前後の写真でもしっかり頬が引き上がっているのがわかりますね! 半年で傷跡も目立たなくなります。

編集部コメント

切開によるリフトアップは、3種類のほうれい線治療の中でも劇的な効果が得られ、持続性も高いことがメリットということです。症例紹介でもかなり若返っているのが見受けられました! 気になる手術の様子も動画でじっくりお届けしているのでぜひご覧くださいね。

第4回 口元エイジング ほうれい線編のまとめ

第4回放送「口元エイジング ほうれい線編」はいかがでしたか?
ヒアルロン酸注射、糸によるつり上げ、メスを使った切開リフトアップの3種類の治療方法をご紹介しましたが、ほうれい線治療はミゾの深さやたるみ具合によって適切な治療方法を選ぶ必要がありますので、担当医師の診断がとても重要ということですね。ほうれい線が気になっている方は、ぜひ今回解説してくださったクリニックへ相談してみてくださいね。

ドクターが答えるドレクエ広場

他では聞けない美容医療の悩み相談「ドレクエ広場」では、美容医療系ポータルサイト「口コミ広場」に寄せられたお悩みや疑問に専門家が回答!

「多汗症の手術をすると
 他の場所から大量に汗が出るって本当?」

今回のテーマ「多汗症の手術をすると他の場所から大量に汗が出るって本当?」に答えてくださったのはコムロ美容外科の小室 好一先生。

解説・協力クリニック

コムロ美容外科 東京銀座院
東京都中央区銀座1-6-8 DEAR GINZA 8F

手術をすると他の場所から大量に汗が出るとよく聞きますが、それは本当なのでしょうか? 小室先生へストレートに疑問をぶつけてみました。
「はい、本当です。ETS(内視鏡手術)で皮膚の下の交感神経を遮断することによって手や顔の汗をとることは可能です。ただ、代償性発汗といって、手の汗は止まってもその分他の部分から出てしまうのです」(小室先生)

汗の発生を司る交感神経を遮断すると汗を止めることができますが、その部位の汗を止めても、出る汗の量が減るわけではないので、結局、他の部位から大量に汗が出てしまうそう。小室先生も、「トータル的に発汗量は同じではないかと思います。こういった治療は確かに進んでいますが、患者さまは用心なさったほうがいいのではないかと私は考えています」とおっしゃっています。

基本的に、多汗症の手術によってコンプレックスだった部位の汗を止めることができ、ストレスも軽減できますが、施術した以外の部位から汗が出てしまうこともあるようです。

編集部コメント

コンプレックスだった部位の多汗症を治しても、他の部位から汗が出てしまうとは驚きです。また、他の部位といっても、それらはもともと汗腺が多く汗の出やすい部位なので、そこが新たな悩みにつながる可能性も……。治療を検討している方はメリット・デメリットをよく考え、また医師にしっかり相談したうえで治療に踏み切るようにしてください。

第4回放送でご協力いただいたクリニック

品川美容外科渋谷院

所在地 東京都 渋谷区

最寄駅 渋谷駅 徒歩2分

エリア 渋谷

営業時間 AM10:00~PM8:00

  口コミ54

手術後の通院なしで若返り!シワやタルミなど、アンチエイジングのお悩みならご相談ください!

新宿ラクル美容外科クリニック新宿院

所在地 東京都 新宿区

最寄駅 新宿西口駅 徒歩2分

エリア 新宿

営業時間 10:00 ~ 20:00

  口コミ57

糸に微小な突起がついており、この突起に皮膚をひっかけることでシワやたるみを改善することのできるリフトアップ治療です。

吸収される糸を使用しますが、糸の刺激からコラーゲンやエラスチンが増殖されるので、...

新宿中央クリニック

所在地 東京都 新宿区

最寄駅 新宿駅 徒歩5分

エリア 新宿

営業時間 完全予約制 10時00分~18時00分

  口コミ87

若返り・アンチエイジング

体力や筋力は適度な運動やジムに通うなど、鍛えることが可能です。しかし、いくら鍛えても顔の衰え・老化は防ぐことはできません。 当院では、そんな緩んで落ちてきた筋肉、たるみを引...

コムロ美容外科東京銀座院

所在地 東京都 中央区

最寄駅 銀座一丁目駅 徒歩1分

エリア 銀座一丁目

営業時間 10:00~19:00 (OPは~21:00)

  口コミ28

頬のシワやたるみを取る場合には、皮膚だけを切除して耳の後ろへ引っ張る方法が主流でしたが、当院では頬の脇から側頭にかけての皮膚とその下にある筋膜を引っ張りあげるようにして、シワ・たるみを解消します。

...

次回の放送 美肌革命編 シミ・そばかす

第5回放送は「美肌革命編 シミ・そばかす」です。シミやそばかす、肝斑などそれぞれに最適な治療をご紹介!