ただいまの口コミ 48,229 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,652件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
顔のしわ・たるみ全体をしっかり改善したい方に!

フェイスリフト

フェイスリフトは切開手術によって気になるしわやたるみを改善する施術。効果的で持続期間も長いことから、世界的なスタンダードとなっています。ひとくちにフェイスリフトといってもさまざまな施術方法がありますので、代表的なものをご紹介します。

フェイスリフトとは?

セルフケアはいつか限界が?

フェイスリフトとは、頬や首まわり、目尻の下がりなど、顔のたるみやしわを全体的に取り除く切開手術です。現在行われているたるみやしわなどを解消する施術の中で最も効果が高く、持続期間も長いとされ、世界的なスタンダードとなっています。

肌のハリや弾力は真皮層にあるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンによって左右されます。成長期にはこれらの生成が活発なため、ダメージを受けても肌は自然に回復しますが、年齢を重ねるごとに生成量は減少していき、ある程度の年齢になると自力では元に戻らなくなってしまいます。これそこが、しわやたるみの原因です。

そんな顔のしわやたるみを解消するのがフェイスリフトです。ひとくちにフェイスリフトと言っても、顔の上1/3を引き上げる「前額リフト」、こめかみから頬の上部のたるみを引き上げる「こめかみリフト」というように施術部位によって細かく分けられ、また施術方法も、引き上げる筋組織や剥離する層によって「皮膚のみのリフト」「SMAS(表在性筋膜群)リフト」「リガメント法」などに分類されます。

施術は、耳の前後からからこめかみや額の側頭部、後頭部を切開し、必要な範囲まで皮下を剥離します。そこから、下垂したり移動したりしている組織を元の位置に戻した上で、余分な脂肪などを切除。最後に筋組織や皮膚を引き上げて縫合します。

術式にもよりますが、顔の両側を同時に行う場合の施術時間は約3時間〜6時間。およそ入院の必要はありませんが、施術内容によっては2〜3日の入院することもあるようです。術後1週間前後で抜糸するものの、2週間程は腫れや内出血が見られるので2週間〜4週間程度のダウンタイムをみておくといいでしょう。また、アフターケアのための定期的な検診やケアが必要になります。

フェイスリフトの適用部位

フェイスリフトは施術部位によって細かく分かれています。

フェイスリフトのメリット・デメリット

メリット

最大のメリットは、1回の施術で確実にリフトアップできることです。 即効性があり、効果の持続時間も長く、リガメント法やSMAS法であれば、靭帯や脂肪の処理によって過度の引き上げを必要としないため、より自然な仕上がりが可能だとされています。 施術には切開を要しますが、髪で隠れる部分やしわのラインに沿って切開するため、傷跡はほとんど目立たないようです。

  • 確実で即効性がある
  • 効果の持続時間が長い
  • 深いしわや広いたるみにも効果的
  • 体内に異物が残らない
デメリット

フェイスリフトは外科手術ですから、手術は少なからず腫れや内出血が生じます。 また、傷跡の縫合やアフターケアが適切でないと大きな傷が残るだけでなく、顔面神経の麻痺、内出血、皮膚壊死、血管損傷などのリスクもあります。 これらは医師の技術によるところが大きいので、経験豊富でリスクについてきちんと説明してくれる医師のもとでの施術をおすすめします。

  • ダウンタイムが長い
  • 入院が必要な場合がある
  • 目立たないながらも傷が残る
  • 過剰に引き上げると表情まで不自然になる可能性がある
  • 医師の技能力によって仕上がりに差が出る
  • 顔面神経麻痺、内出血、皮膚壊死、血管損傷などのリスクがある

フェイスリフトの代表的な施術方法

皮膚のみのリフト

皮膚のみのリフトは、耳の前やこめかみの皮膚のみを切除する方法です。
皮膚のみを引っ張り上げても効果は3ヵ月~6ヵ月くらいしか続かず、
さらに耳が引っ張られる、傷跡が汚く目立つなどといったトラブルが起きる場合もあり、最近ではあまり行われていません。

SMAS法

顔面の表情を作り出す筋肉が集まった「表在性筋膜群」をSMASといいます。SMAS法は、単に皮膚だけを引き上げるのではなく、SMASを持ち上げる施術です。 皮膚の深い層から引き上げられるためリフトアップ効果が高く、自然な仕上がりが期待できます。

顔面だけではなく首のたるみにも対応可能です。施術時間は約3〜5時間。施術直後の腫れは比較的少なく、ダウンタイムは1〜3週間程度です。耳の付け根付近を切開することが多く、髪で隠せる部分なので傷跡はほとんど目立ちません。

SMAS法の施術イメージ

リガメント法

顔の皮膚を骨に固定している強固な繊維組織、いわゆる「靭帯」をリガメントといいます。 SMASや皮膚はリガメントを介して骨に固定されているのですが、それらを一度切り離し、皮膚やSMASを引き上げ、再度固定するのがリガメント法です。 従来のフェイスリフトよりも強力かつ自然な引き上げが可能になり、目尻のしわ、眼瞼下瞼などのたるみ、顎のライン、首のたるみをはじめ、これまで難しかった

法令線や鼻、口もとの横のしわやたるみまで対応範囲が広がりました。施術時間は約4〜6時間、ダウンタイムは2〜4週間程度とSMAS法よりやや長めになりますが、SMAS法に比べ、高い効果と持続性が期待できるとされています。 皮膚、筋膜を引き上げる力もSMAS法より少ないため、傷跡がより目立たず、耳の変形なども起こりにくいといわれています。

リガメント法の施術イメージ

治療の流れ

STEP1

カウンセリング・診察

医師による診断を受け、施術方法やダウンタイムなどの説明を受けます。どの部位のしわやたるみを取り除きたいかなど、医師と納得のいくまで相談します。

STEP2

検査

問診、血液検査、レントゲンなどの検査を受け、健康状態を確認し、施術が可能かどうかを確認します。

STEP3

麻酔

局部麻酔、または全身麻酔をします。麻酔は大掛かりになればなるほど身体への負担が大きくなるので、事前に医師と確認し、納得した上で受けることが重要です。

STEP4

施術

麻酔が効いていることを確認し、施術を開始します。必要に応じて補助的な手術を併用します。所要時間は施術方法、範囲によって変わり、短いもので1〜2時間、長いものになると3〜6時間です。

STEP5

施術後

腫れ、内出血を最小限にするために施術部位をしっかりとサポーターやバンテージなどで圧迫・固定します。

STEP6

帰宅

施術方法、範囲によって異なりますが、入院をしないない場合はクリニックでしばらく休んだ後、帰宅します。

口コミPOINT

「施術後に腫れが出た」「しばらく腫れが続いた」といった口コミが寄せられています。
切開を伴う施術では避けられないものなので、ダウンタイムを長めにとり、無理をしないことが大切なようです。

STEP7

アフターケア

手術後3日~6日ほどで腫れがひき、術後1週間ほどで抜糸します。その後、定期的な検診やケアが必要になります。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

このような方にオススメ!
  • 加齢などにより、しわやたるみがかなりある方
  • 頬や顎など顔全体のたるみに悩んでいる方
  • 1度の施術で確実な効果を得たい方
  • 効果を持続させたい方
  • 皮膚を切ることに抵抗のない方
  • ダウンタイムが取れる方、時間に余裕のある方

みんなの口コミピックアップ

Uniさん
( 50代 女性 )

先生がリフトアップが得意と言われたので、そこが重点でした…

きっかけは、ネットをみて。 顔がガタガタなのと、アゴのラインをスッキリしたかったです。先生がリフトアップが得意と言われたので、そこが重点でした。手術前の説明、診断が5分くらいで終わったのに不信感がありました。顔にマジックで書かれ…続きを読む

こまんどーさん
( 30代 女性 )

うるおいコラーゲンリフトは、たるみがすごく気になる人より予防目的の方のほうが満足度が高いと思います…

うるおいコラーゲンリフト40本をお願いしました。 今までスプリングスレッドを他院で施術していましたが、今回は両国院にてうるおいコラーゲンを試してみました。脱毛やプラセンタ注射をしに通院しているので、雰囲気などに安心感がありました…続きを読む

ヒッピーさん
( 30代 女性 )

ほうれい線が気になり、溶ける繊維を入れる美肌治療を受けました…

ほうれい線が気になりカウンセリングに行きました。ネットで検索をし、有名な所なので安心できるかなーと思い選びました。カウンセリングをし不安でしたが気になるところは綺麗にしたいと思い施術を決意しました。美肌治療痛みはそんなになかったの…続きを読む

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!