ただいまの口コミ 43,746 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,612件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
自身の血液を利用した細胞レベルでの若返り

ACR(PRP注入)療法

ACR療法は再生医療を応用した最新美容医療の1つ。自身の血液から抽出した成分を気になるシワやたるみ部分に注入し、細胞レベルで改善を目指します。アレルギーや感染のリスクが低く、ヒアルロン酸注入に比べ効果が長いという特徴があります。

ACR療法(PRP注入法)とは?

ACR療法(PRP注入法)とは、自身の血液を利用してシワやくすみ、たるみなどの改善を目指す治療です。まず血液を採取。それを遠心分離器にかけて成分を分離させ、血小板を凝縮したPRP(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿)を抽出し、注射器で気になる部分に注入するというものです。近年注目を集めている再生医療の1つで、歯科のインプラント、骨の再生、火傷や創傷治療といった医療分野でも幅広く用いられています。

血小板とは血液に含まれる細胞成分の1つです。傷ができると傷口に集まって血を止める「止血効果」があり、その際、血小板からはさまざまな成長因子が放出され、ダメージを受けた細胞を活性化し、壊れた血管や細胞を修復。これを「創傷治癒効果」といいます。さらに、成長因子の刺激によってコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成も促進されます。このような「血小板が放出する成長因子の働き」によって、細胞レベルからシワやたるみなどを改善しようというのがACR療法です。

ACR療法のメリットは、自身の血液から抽出したPRPを使用するためアレルギーや感染のリスクが低くい点です。これにより、ヒアルロン酸やコラーゲン注入が難しかった方でも受けられるようになりました。そして、ヒアルロン酸のように徐々に吸収されてしまうものではないので持続性が高くなっています。施術効果は2週間〜3ヵ月かけて徐々にあらわれます。即効性はありませんが、1~3年は持続するといわれています。

施術時間は麻酔を含めトータルで約1時間。入院の必要はなく、施術当日からメイク、シャワーが可能です。ただし、入浴や飲酒、運動は控えるようにしましょう。施術後2、3日は腫れが残り、さらに1週間~10日は内出血や青たんが出ることもありますが、どちらも自然におさまっていきます。万一、なかなか引かない場合はクリニックに相談してください。
なお、注入を誤ると膨らみやしこりが生じるケースもあることから、医師の技術力が仕上がりを左右するといえます。

進化する治療法

美容医療にACR療法が導入された当初は、画期的な治療でありながらも問題点が散見され、特に注入部に内出血や青たん、シコリや膨らみが生じるケースが少なからずありました。これらはPRPへの赤血球の混入が原因のひとつでしたが、最新の技術ではかなり改善されています。
ACR療法の効果は血小板の濃度と質に比例します。血小板が少ない方は血小板の濃度があまり上がらず効果が出にくいとされてきましたが、新しい技術によって高濃度の血小板が抽出できるようになっています。さらに、自身の血小板に不足している成分をプラスしてコラーゲンや細胞の再生能力をより高める施術も登場しています。

自身の血液から血小板と白血球を抽出して使用。従来のACR療法の濃縮率が最大で4倍程度なのに対して6~10倍となります。効果は2ヵ月くらいかけて得られ、1~2年持続性します。また、従来のACR療法では難しいとされていた細いちりめんジワにも適しています。

最新のPRP注入法です。自身の血液から血小板と白血球を抽出し、FGF(繊維芽細胞増殖因子)を添加します。従来のACR療法の濃縮率が最大で4倍程度なのに対して6~10倍となります。1~2週間程度で徐々に効果が出はじめ、3年以上持続性します。
ただし、使用されるFGFは化学的に作られたものなので、自身の血液を使用することに利点があるとされるACR療法に導入することに疑問の声もあります。

※クリニックによって名称が異なる場合があります。

PRPとPPPの違い

PPPとはPlatelet-Poor Plasmaの略で少血小板血漿のこと。ACR療法が肌の細胞の活性化させ、肌を細胞レベルから若返らせようというのに対して、PPP療法はジェル状のPPPを気になる部分に直接注入し、ボリュームを出すことでシワを改善させる治療です。注入物によってくぼみを埋めるという意味ではヒアルロン酸注入やコラーゲン注入と同じですが、PPPは薬剤を使わずに自身の血液から抽出した成分なのでアレルギーの心配が少ないといえます。
施術効果については、ACR療法(PRP注入法)は効果が感じられるまで2週間~3ヵ月かかり、1~3年持続。PPPは即効性があるものの、持続期間は3~4ヵ月と短期的です。そのため、ACR療法とPPP注入法を併用しているクリニックもあります。




ACR(PRP注入)療法のメリット・デメリット

メリット

  • 自分の血液を使うのでアレルギーや感染などのリスクが低い
  • 注入部位だけでなく、周辺の肌状態も良くなる
  • 細胞レベルから改善するので自然な仕上がり
  • 1日で施術治療可能
デメリット
  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 変化が徐々に現れるので効果が分かりにくい
  • 血小板が少ない方は効果が出にくい
  • 腫れや内出血、青たんが出ることがある
  • しこりができる場合がある
  • 治療費がやや高額

ACR(PRP注入)療法 施術の流れ

STEP1

カウンセリング・診察

医師による診断を受け、施術方法やアフターケア、ダウンタイム、デメリットなどの説明を受けます。

STEP2

麻酔

麻酔にはジェル麻酔やクリーム麻酔などが使用されます。

STEP3

採血

血液を採血します。採血量は施術内容やクリニックによって異なりますが、15~20cc程度です。

STEP4

PRP抽出

遠心分離器にかけて成分を分離させ、PRPを抽出します。

STEP5

注入

麻酔が効いていることを確認し、気になる部分にPRPを少量ずつ注入します。その後、注入部をアイシングします。

口コミPOINT

場所によっては注射の痛みを感じることもあるようですが、ほとんどが我慢できる範囲のようです。痛みに弱い方は施術前に相談しておきましょう。

STEP6

アフターケア

特別なアフターケアの必要はありませんが、腫れや内出血が長引く場合は医師に相談しましょう。クリニックの中には定期的な検診を取り入れているところもあります。

口コミPOINT

「ダウンタイムがないところが良い」という意見が多く見られます。「施術後に少し腫れが出た」という声もありますが、数日で気にならなくなったようです。

※こちらは一般的な施術の流れです。クリニックよって内容が異なります。

このような方にオススメ!
  • シワやたるみを改善したい方
  • 目の下のクマが気になる方
  • アレルギーがあってヒアルロン注入等が受けられない方
  • 持続性がある施術を求める方
  • 外科的な傷を作らない施術を求める方
  • 周囲に気付かれずに治療したい方
10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!