ただいまの口コミ 46,723 件!

 

クリニックを探す (登録クリニック2,639件)

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!
今や薄毛が治療できる時代!あなたに合ったAGA治療は?

AGAの治療

薄毛とはなんらかの原因で毛髪の成長サイクル(毛周期)が乱れ、髪が細くなったり、抜け落ちたりしてしまう状態です。ひと口に薄毛といってもAGA(男性型脱毛症)をはじめ、円形脱毛症、老人性脱毛症、粃糠性(ひこうせい)脱毛症、また、女性の薄毛であるびまん性脱毛症、分娩後脱毛症などがあります。ここでは、日本人男性の薄毛で最も多いといわれているAGAの発症メカニズムとその治療法について紹介します。

AGAの原因とは?

毛髪は毛周期と呼ばれるサイクルによって成長と脱毛を繰り返しています。毛周期が正常であれば毛髪は健やかに育ちますが、なんらかの影響によって毛周期が乱れると、抜け毛や薄毛などの症状が現れます。
抜け毛や薄毛を感じている日本人男性は1200万人以上で、成人男性の約30%。その多くはAGAだといわれています。
AGA とはAndrogenetic Alopeciaの略で、正式名称は男性型脱毛症といいます。主に30〜50代に多くみられますが、近年では20代にも増えているといわれます。

AGAの主な原因物質はDHT(=5α-ジヒドロテストステロン)です。DHTは毛髪の成長に重要な毛母細胞の機能を弱めてしまうため、大量に発生すると毛周期の成長期が短くなり、毛髪が十分に育たなくなります。すると細く短い産毛状態や頭皮に達する前に毛髪が抜けてしまい薄毛が目立つようになるのです。
DHTは5α-リダクターゼという酵素とテストステロンという男性ホルモンが結びついて生まれます。どちらも誰もが持つ物質ですが、5α-リダクターゼの量には個人差があります。5α-リダクターゼを多く持っていればそれだけテストステロンと結びついてDHTの量が増え、AGAの発症・重症化に繋がります。
この5α-リダクターゼの量とDHTの感受性には遺伝的要素があるといわれますが、あくまでも「薄毛になりやすい体質が遺伝する」だけで遺伝したからといって必ずしもAGAを発症するものではありません。

なお、AGAは進行型のため、放っておくと症状は徐々にひどくなります。初期段階は額の生え際や頭頂部のどちらか一方、もしくは両方が薄くなりますが、次第に頭部全体が薄くなっていきます。
また、少ないながら女性も発症します。女性の場合は頭頂部の広い範囲に症状が現れるため、脱毛部分の境界が曖昧でAGAだと気づくのが遅れることもあるようです。
それだけに、AGAは早期発見・早期治療が大原則。現在では、有効な治療法が開発されていますから、違ったセルフケアによって症状を悪化させてしまうことのないよう、早めに医療機関を受診することをおすすめします。
このようにAGAはあくまでも成長期が短縮しているだけで発毛・育毛機能が失われたわけではありませんから、適切な治療をすれば毛髪の成長を促すことは可能なのです。

DHTの発生

5α-リダクターゼとテストステロンが結びつくことで、AGAの原因物質であるDHTが発生。DHTの量が多いほどAGAの発症率は高くなります

AGAの毛周期

正常な毛周期の場合、成長期は2~6年あり、その間に毛髪は長く太く成長します。 しかしAGAでは成長期が短縮され、毛髪がしっかり成長しきれずに休止期へ移行。そのまま脱毛してしまいます。

毛髪の軟毛化

直径30μmより小さいものを軟毛と呼びます。軟毛はメラニン色素も少なく、色が淡いため、より毛量が少なく感じます。

外用薬(ミノキシジル)

AGA治療薬の代表的な成分の1つにミノキシジルがあります。
1960年代後半にアメリカで高血圧症治療のために開発された成分で、血圧を下げる経口薬として使われていました。その副作用として患者の体毛が濃くなる事例が多数みられたことから発毛効果の研究が進められ、1980年代にFDA(米国食品医薬品局)の認証を得て、 脱毛症治療の外用薬として販売されるようになりました。

薄毛は頭皮の血行が悪くなり、毛根に栄養が行き渡らずに毛髪の成長が抑制されて起こると考えられています。ミノキシジルには毛細血管を拡張させる働きがあるため、血液の循環が良くなり、毛髪の発毛・育毛を促進します。ただし、AGAの主な原因であるDHTを抑制する作用はありませんから、クリニックではDHTを抑制する内服薬(プロペシア®など)と組み合わせた治療を推奨することが多いようです。

海外ではミノキシジルを主成分とした内服薬が流通していますが日本では認可されていません。唯一、ミノキシジルを含有するのは市販の外用発毛剤「リアップ®シリーズ」(大正製薬株式会社)のみとなっています。WEBサイトを通じて海外製品を個人輸入する方もいるようですが、副作用の報告がありますので注意が必要です。
また、ミノキシジルは男女ともに使用できますが、女性の場合は妊娠中や授乳期間に使用すると胎児に影響を与える可能性があるといわれます。使用には十分注意を払ってください。

主な副作用
  • 頭皮のかゆみやアレルギー反応
  • 循環器疾患
  • 不整脈
  • 動悸
  • 頭痛
  • 皮膚の紅潮
  • ニキビ
  • かすみ目
  • 四肢のしびれ
  • 胸の痛み
  • 急激な体重増加
  • 下肢のむくみ
  • 性欲の減退や不能
メリット
  • 内服薬との併用が可能
  • ホームケアなので比較的取り入れやすい
  • 市販薬として手軽に購入できる
  • 女性でも使用できる
デメリット
  • 副作用が出ることがある
  • AGAの根本治療にはならない  
  • 継続的な使用が必要
このような方にオススメ!
  • 手軽にAGAの治療を始めたい方

内服薬(プロペシア®/フィナステリド)

AGA治療の代表的な内服薬成分にフィナステリドがあります。世界で唯一AGAの治療薬として医学的効果が証明されたもので、日本でも同成分を用いたプロペシア®(MSD株式会社)が2005年に厚生労働省によって承認されています。薄毛治療の主流だった外用薬に対し、内服薬であるプロペシア®は「飲む育毛剤」とも呼ばれ、その登場によってAGA治療がより身近になりました。

もともとフィナステリドは前立腺肥大症の治療に用いられていました。それを服用した患者に発毛が見られたことから研究が進められ、1997年にAGAの治療薬としてFDA(米国食品医薬品局)が認可しました。
育毛剤などの外用薬は毛髪の成長を促すものがほとんどですが、フィナステリドはAGAの主な原因とされるDHTの生成を抑制し、抜け毛を防止するものです。
日本で承認を受けたプロペシア®は医療用医薬品のためクリニックでの処方が必須です。最近ではWEBサイトを通じて個人輸入する方もいるようですが、副作用の報告もありますので必ずクリニックで診察を受け、正しく服用するようにしましょう。

また、プロペシア®は女性の服用が禁止されています。特に妊娠中の女性の場合、子供に性殖器障害をもたらす可能性があるため、薬に触れることも避けるよう指導されています。それだけに、プロペシアを服用している男性も周囲の女性への配慮が必要となります。

主な副作用
  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 精子の減少
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 動機や激しい息切れ 
  • 発疹
メリット
  • 医学的に有効性が認められている
  • 飲み薬なので手軽に取り入れやすい
  • 高い確率で薄毛の進行を抑制することができる
  • 外用薬との併用が可能
デメリット
  • 女性は服用できない 
  • 高齢になると効果が出にくくなる 
  • 服用を止めると薄毛が進行する 
  • 副作用のリスクがある 
このような方にオススメ!
  • 男性の方
  • 若年層から中年層の方
  • 健康に問題がない方

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーは注射器などで頭皮に有効成分を直接注入し、患部に栄養を効果的に供給することで毛髪再生を促す治療です。使用される有効成分はミノキシジルやフィナステリドなどにビタミン、たんぱく質、アミノ酸成分などを配合したもので、クリニックによって内容が異なります。さらに内服薬を併用すると発毛効果がより高まるとされており、多くのクリニックで施術とともに内服薬が処方されています。

育毛セラピーは大きく2つに分けられます。1つが注射器による「メソセラピー」、もう1つが注射器を使用しない「アクシダーム」です。
メソセラピーは極細針の注射器で有効成分を頭皮下に注入。多少なりと痛みを伴うため、痛みに弱い方には麻酔や保冷剤、冷却スプレーが用いられます。治療は1〜2週間隔で3~6ヵ月程度が一般的です。
一方のアクシダームは頭皮表面にミクロの穴を一時的に開け、有効成分を導入するものです。エレクトロポレーションといわれる独自の電気的な作用によって皮膚表面の細胞の結合やバリア機能を一時的に麻痺させ、その間に有効成分を導入。メソセラピーよりも痛みが少なく、短時間に多くの有効成分が導入できます。治療は1クール3週間~1ヵ月間隔で3~6回程度が目安となります。どちらも1回の施術は20~30分です。

メリット
  • 1回の施術の時間が短い
  • ダウンタイムがほとんどない
  • 内服薬と組み合わせて効果を高めることができる
デメリット
  • 効果を実感するまでに時間がかかる
  • 施術時に痛みを感じることがある
  • 副作用の心配がある
  • 女性にはフィナステリドが使用できない
このような方にオススメ!
  • 毛髪が全体的に薄くなっている方
  • エステや育毛サロンで効果が得られない方
  • AGAおよびAGA以外の薄毛に悩んでいる方
  • 女性の方
  • プロペシア®で思うような効果を得られなかった方

みんなの口コミピックアップ

Dadanさん
( 30代 男性 )

HARG療法がモニターで安くなっていたため、また、水光注射であまり痛みがないということで選びました…

育毛・発毛は最後にする覚悟でハーグ療法を選びました。モニターで安くなっていたため、また、水光注射であまり痛みがないということで選びました。あまり期待しない方がいいと正直に言っていただいたので良かったです。 ちょっと不安になったの…続きを読む

まぐろんさん
( 40代 男性 )

抜け毛・薄毛に育毛剤等は思うような結果が得られなかったが、HARGは再生医療とのことで試してみました…

20代後半より抜け毛・薄毛が気になりはじめ、育毛剤等試してみるも思うような結果が得られなかったが、HARGは再生医療とのことで、副作用の心配もなく受けられると聞いたので、試してみようと思いました。まずは「HARGの開発者のクリニッ…続きを読む

ガオガオ69さん
( 20代 女性 )

髪の量は少ない方だったが出産後抜け毛が増え全体的に薄くなったと感じたため、ハーグ療法を受けました…

もともと髪の量は少ない方だったが、出産後抜け毛が増え全体的に薄くなったと感じたため。千葉県内で一番実績があり、口コミの評判も良かったため。施術前のカウンセリングは丁寧で、悩みに対してキチンと対応してくれたので、好感がもてた。ハーグ…続きを読む

10,000件超の口コミだから分かるリアルな実態!